北条加蓮「凛てプロデューサーのこと好きだよね?」

2017年2月4日THE IDOLM@STERコP

1: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 20:57:05.52 ID:+gfMD0l80
渋谷凛(※以下凛表記)「は?」

加蓮「好きだよね?」

凛「いや、なんなの急に」

加蓮「良いから……好きだよね?」

凛「良くないんだけど……」

加蓮「どうなの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413115015



2: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 21:10:11.01 ID:UAJSfQsFO
凛「いや別に……プロデューサーは、私をアイドルとしてここまで育ててくれたし」

凛「そこには感謝してるし、信頼はしてるよ」

加蓮「じゃあ、好きじゃないの?」

凛「いや……好きか嫌いかで言うなら、それはもちろん好きだよ」

加蓮「やっぱり好きなんだよね?」

凛「度合いで言うなら、加蓮や奈緒と変わらないよ……ラブじゃなくてライクね、ライク」

加蓮「えぇー……」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:33:20.61 ID:Geq0cOVvO
期待

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:34:38.36 ID:CiLJjBVzo
コPさん来た。期待

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:41:27.81 ID:VgB7duhgo
しぶりんのちょっと素直なトコ見てみたい

6: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 21:48:28.67 ID:UAJSfQsFO
凛「何?なにか不満?」

加蓮「だってさー……」

凛「だって……何?」

加蓮「この前さ……――」


――
―――

―事務所―

凛「……プロデューサー、遅いな」

 prrrrrrr

凛「! プロデューサーからだ」ピッ

凛「もしもし?プロデューサー?」

モバP(※以下P表記)『あぁ凛……悪い、急な打ち合わせが入っちゃってさ、そっちに戻るのかなり遅くなりそうなんだ』

凛「えっ……じゃあ……」

P『すまんが、食事はまた今度な』

凛「そっか……」

P『悪いな』

凛「……ううん!仕事だし、しょうがないよ」

P『今度、ちゃんと埋め合わせするから』

凛「良いよ別に、気にしてないから」

P『そうか?』

凛「うん、平気だよ。本当に平気。全然平気。気にしてないよ。全く気にしてない。これっぽっちも気にしてない。強がりとかじゃないからね。本当だからね。大丈夫だから。本当に強がってなんかないから。大丈夫大丈夫。本当に大丈夫。しょうがないよ、仕事なんだから。食事くらいなら、機会はいつでもあるしね。無理に今日じゃなくても、大丈夫だよ」

P『それなら良かった。それじゃ、お疲れ!また明日な』

凛「うん、また明日。お疲れ様」

 ピッ

凛「はぁ……」

凛「二人で食事……楽しみにしてたのにな……行きたかったな……」シュン

―――
――

加蓮「――……ていう事があったでしょ?」

凛「……うん、あったかも」

7: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 21:51:14.45 ID:UAJSfQsFO
加蓮「好きだよね?」

凛「信頼はしてるよ」

加蓮「好きじゃないの?」

凛「好きか嫌いかなら、好きだよ」

加蓮「好きなんだよね?」

凛「ライクね、ライク」

加蓮「えぇー……」

11: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 22:15:02.32 ID:UAJSfQsFO
凛「何?なにか不満?」

加蓮「だってさー……」

凛「だって……何?」

加蓮「この前さ……――」


――
―――

P「あれ?えっと……」ガサガサ

瑞樹「この書類でしょ?わかるわ」パサッ

P「あぁ、そうです。ありがとうございます」

瑞樹「どういたしまして」

―――

P「……よしっ」カタカタカタ タンッ

P「そしたら……」ガタッ

瑞樹「コーヒーでしょ?わかるわ」コトッ

P「あぁ、そうです。ありがとうございます」

瑞樹「どういたしまして」

P「いつもいつも、よく俺のしたい事とかわかりますね」

瑞樹「プロデューサーの事なら、なんでもわかるわ」

P「はははっ、すごいですね」

瑞樹「ふふっ」

凛「……」

12: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 22:21:12.70 ID:UAJSfQsFO
―――――――

P「あれ?えっと……」ガサガサ

凛「この書類でしょ?わかるよ」パサッ

P「いや、手帳をどこにやったか探してたんだけど」

凛「あれ?」

―――

P「……よしっ」カタカタカタ タンッ

P「そしたら……」ガタッ

凛「コーヒーでしょ?わかるよ」コトッ

P「いや、トイレに行こうと思ってたんだけど」

凛「あれ?」

―――
――

加蓮「――……ていう事があったでしょ?」

凛「……うん、あったかも」

13: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 22:22:37.46 ID:UAJSfQsFO
加蓮「好きだよね?」

凛「信頼はしてるよ」

加蓮「好きじゃないの?」

凛「好きか嫌いかなら、好きだよ」

加蓮「好きなんだよね?」

凛「ライクね、ライク」

加蓮「えぇー……」

15: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 22:43:00.16 ID:UAJSfQsFO
凛「何?なにか不満?」

加蓮「だってさー……」

凛「だって……何?」

加蓮「この前さ……――」


――
―――

雪美「……ごちそう……さま……」

P「ん?もう良いのか?」

雪美「……うん……平気……」

P「そうか」

雪美「……それとも……もっと……食べないと……ダメ……?」

P「いや、無理に食べる必要なんてないよ。それに、女の子らしくて可愛いと思うぞ」ナデナデ

雪美「……ふふっ……」

凛「……」

17: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 22:58:43.83 ID:UAJSfQsFO
―――――――

凛「ごちそうさま」

P「ん?もう良いのか?」

凛「うん、平気」

P「いや、いつももっと食べてるだろ。どうしたんだ?どこか悪いのか?」

凛「あれ?えっと……いや、別に」

P「じゃあ、どうしたんだ?いつもの半分も食べてないぞ」

凛「えっと……ダイエット……」

P「ダイエット!?そんな体重増えたのか?」

凛「え、いや……別に……」

P「じゃあ、なんでダイエットなんて……そもそも凛は細過ぎるくらいだし、必要ないだろ」

凛「あ……えっと……」

P「それに、そんな食事の量を減らすダイエットなんて体に悪いし、お前は忙しいんだからちゃんと食べて体力をつけないといけないし……」

凛「あぅ……」

P「もしどうしてもダイエットしたいなら、勝手にやらないで、まず俺やトレーナーさん達に相談しないと……そうしたら、それ用にレッスンのメニューとかも考えられるし、それに……」

凛「ごめん……」

―――
――

加蓮「――……ていう事があったでしょ?」

凛「……うん、あったかも」

18: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 23:00:45.82 ID:UAJSfQsFO
加蓮「好きだよね?」

凛「信頼はしてるよ」

加蓮「好きじゃないの?」

凛「好きか嫌いかなら、好きだよ」

加蓮「好きなんだよね?」

凛「ライクね、ライク」

加蓮「えぇー……」

22: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 23:34:33.15 ID:UAJSfQsFO
凛「何?なにか不満?」

加蓮「だってさー……」

凛「だって……何?」

加蓮「この前さ……――」


――
―――

かな子「んーっ!おいしー!」パクパクモグモグ

P「……かな子は本当に美味しそうに沢山食べるよな」

かな子「あれっ、Pさん居たんですか!?うぅ……こんなに食べてるところ見られちゃった……恥ずかしい」

P「ん?何が恥ずかしいんだ?」

かな子「だって、みっともないじゃないですか……こんなにバクバク食べて……しかもお菓子ばっかり……」

P「そんな事ないぞ。むしろ美味しそうに沢山食べる女の子は、とても可愛いと思うぞ」

かな子「そ、そうですか……?」

P「あぁ。それにかな子は食べてる所が、一番可愛いと思うぞ」ナデナデ

かな子「そっ、そうですか?……えへへ」

凛「……」

23: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 23:53:05.43 ID:UAJSfQsFO
凛「うん、美味しい」パクパクモグモグ

P「ん?珍しいな、凛がそんなにお菓子食べてるなんて」

凛「あれ?う、うん……ちょっとお腹空いちゃって」

P「んんっ?お腹空いたからって、ご飯も食べずにそんなにお菓子食べてるのか?」

凛「え、いや……その……」

P「っていうか、ちょっと前はダイエットしてるとかでご飯の量減らしてたよな?それなのに、今度はお菓子ばっかりそんなに食べて、何やってるんだ!体に悪いぞ!」

凛「えっと……」

P「それに凛はかなり細いんだから、ちょっとスタイル崩すだけですぐにわかるし、衣装とかだって合わなくなるぞ?もうアイドルやって短くないんだし、そういった事にももっと意識をだな……」

凛「ごめん……」

―――
――

加蓮「――……ていう事があったでしょ?」

凛「……うん、あったかも」

24: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/12(日) 23:55:43.43 ID:UAJSfQsFO
加蓮「好きだよね?」

凛「信頼はしてるよ」

加蓮「好きじゃないの?」

凛「好きか嫌いかなら、好きだよ」

加蓮「好きなんだよね?」

凛「ライクね、ライク」

加蓮「えぇー……」

26: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/13(月) 00:22:11.94 ID:fRMUcHCSO
凛「何?なにか不満?」

加蓮「だってさー……」

凛「だって……何?」

加蓮「この前さ……――」


――
―――

P「ただいま戻りましたー」

みく「にゃー、Pちゃんおかえりー」

P「おぅ、みくか、ただいま」

みく「ちひろさんも買い出しとかでいなくて、事務所はみく一人だけで退屈だったにゃ!Pちゃん、構ってー」

P「あーはいはい」ナデナデ

みく「うにゃぁー」スリスリ

P「……んー、しかしみくは、この前の制服メガネの前川さんも知的な感じで可愛かったよな……猫キャラやめて、そっちの方向で売り出しても良いかもなぁ」

みく「嫌だにゃ!みくは自分を曲げないよ!」

P「はははっ!嘘だよ、やっぱり猫キャラが一番可愛いよな」ナデナデ

みく「ふにゃぁ」

凛「……」

27: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/13(月) 00:35:45.76 ID:fRMUcHCSO
―――――――

P「ただいま戻りましたー」

凛「にゃー、プロデューサーおかえり」

P「は?何やってんだ?」

凛「あれ?」

P「え、何?猫キャラやりたいのか?」

凛「にゃー」

P「んー……でもなぁ、今までの凛のキャラってのがあるしなぁ……」

凛「嫌だにゃ!凛は自分を曲げないにゃ!」

P「……俺、実は犬キャラの方が好きだし、凛にはその方があってるし可愛いと思うな」

凛「凛は自分を曲げないわん!」

P「でもやっぱり、いつも通りの凛が一番可愛いな」

凛「私は自分を曲げないよ」

―――
――

加蓮「――……ていう事があったでしょ?」

凛「……うん、あったかも」

28: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/13(月) 00:37:07.65 ID:fRMUcHCSO
加蓮「好きだよね?」

凛「信頼はしてるよ」

加蓮「好きじゃないの?」

凛「好きか嫌いかなら、好きだよ」

加蓮「好きなんだよね?」

凛「ライクね、ライク」

加蓮「えぇー……」

31: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/13(月) 00:57:57.34 ID:fRMUcHCSO
凛「何?なにか不満?」

加蓮「だってさー……」

凛「だって……何?」

加蓮「この前さ……――」


――
―――

ちひろ「プロデューサーさんて、どんな女の人が好みなんですか?」

P「急になんですか?」

ちひろ「いえ、単純にちょっと気になりまして」

P「んー、そうですねぇ……素直な人ですかね」

ちひろ「素直な人ですか」

P「はい、俺は鈍くて疎いですから……素直に何でも言ってくれる人が良いですね」

ちひろ「なるほど、そうですか」

P「はい」

凛「……」

32: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/13(月) 01:01:23.79 ID:fRMUcHCSO
―――――――

凛「プロデューサー」

P「どうした?」

凛「大好き、愛してる」

P「そうか、ありがとう」

凛「結婚して」

P「16になったらな」

―――
――

加蓮「――……ていう事があったでしょ?」

凛「……うん、あったかも」

34: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/13(月) 01:02:26.55 ID:fRMUcHCSO
加蓮「好きだよね?」

凛「信頼はしてるよ」

加蓮「好きじゃないの?」

凛「好きか嫌いかなら、好きだよ」

加蓮「好きなんだよね?」

凛「ライクね、ライク」

加蓮「えぇー……」

37: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/13(月) 01:18:37.81 ID:fRMUcHCSO
 ガチャッ

P「ただいま戻りましたー」

凛「あ、おかえり」

加蓮「おかえりー」

P「悪いな、待たせて」

凛「ううん、平気だよ……今日はもう仕事無いんでしょ?帰ろ?」

P「あぁ、そうだな……それじゃ、お疲れ様でーす!お先に失礼しまーす」

凛「お疲れ様です。加蓮、また明日ね」

加蓮「うん、また明日」

凛「それじゃプロデューサー、帰ろ」ギュッ

P「凛、結婚して引退するのは16になってからなんだから、外に出たら腕組むのはちゃんと止めとけよ?」

凛「わかってるよ」ギュー

 スタスタ ガチャッ バタン

加蓮「……」

加蓮「……好きって、なんなんだろう」

瑞樹「……その気持ち、わかるわ」

加蓮「良かった……わかってくれる人が居て……」

おわり

38: ◆g74pqHDcWqgo 2014/10/13(月) 01:22:52.66 ID:fRMUcHCSO
という訳で、おわり

ssで度々出てくる、プロデューサー大好きだけど空回りしちゃう凛が大好き

毎回、こんな雑なコピペを読んでくれて、ありがとう

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 01:25:14.34 ID:iONzF4nSO
森見さんもコピペ使ってるしゃーない

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 01:40:51.16 ID:WdldaGpeo
おつ

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 01:41:50.65 ID:B+R0VvDzo
おつ
わからないわ

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 09:03:09.47 ID:EWQ1fSUio
おつ
わかるわ

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 09:17:07.84 ID:tdqnKU1DO
このプロデューサー食えって言ったり食うなって言ったり忙しいな
後、凛ちゃんでにゃあにゃあ言うのはアウトだろwww

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 21:53:53.36 ID:E7jmHc2hO
おっつおっつばっちし☆

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/14(火) 01:12:28.58 ID:8vK44vxFo
>結婚して引退するのは16になってから

引退間近じゃねーか!!

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/15(水) 12:38:41.65 ID:XLPS0BwHo
いいコピペだった、かけ値なしに

元スレ
タイトル:北条加蓮「凛てプロデューサーのこと好きだよね?」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413806381/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP