THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 15:53:44.72 ID:BVCznoj90
765プロ事務所(朝)

P「よし、レッスン行くぞ!」

真「え~。またですか~?」

真美「兄ちゃんが来てからまだレッスンしかしてないよー」

P「そうだ。お前らはまだまだ未熟だからな」

真「そんな事言ってもう3ヶ月もレッスンしかしてないじゃないですか!」

P「まだ3ヶ月しか、の間違いだろ?まだ後3ヶ月はレッスンを続けてもらうつもりだぞ?」

美希「美希そろそろオーディション受たいの!」

響「そうだぞ!今の自分達なら絶対受かると思うぞ」

P「確かにお前たちなら受かるかもしれないな」

美希「なら!」

P「だが、このまま受かって多少人気出たところで、今のお前らならせいぜいCランク止まりなのは目に見えている」

P「Aランクを目指せるレベルになるまではオーディションを受けさせるつもりはない」

真「仕事しながらでもレッスンはできますよ!」

P「それではどちらも中途半端になるだろう?」

美希「そんな事ないの!竜宮小町だってちゃんと出来てるの!」

P「竜宮がトップアイドルになれるとは限らないだろう?そういう事は竜宮がトップアイドルになってから言え」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392533624

PAGE TOP