やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: スレ立て代行 2013/11/18(月) 17:25:07.90 ID:dxSAOQp3o

※e-mobileなので1レスごとに支援レスをお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384763107

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/18(火) 00:59:51.90 ID:i4AkySiY0

モバマスSSです。
杏「飴くれ」

P「あげるから働け」

杏「ん。飴次第だね」

P「今なら特別に二個あげるぞ」

杏「むむ。最近いいように使われてる気がするんだけど…」

P「むしろそれは俺のセリフなんだけどな」

杏「そうかな」

P「そうだよ」

杏「まぁ、飴二個貰ったわけだし、その分は頑張るよ」

P「そうだ。その意気だ。印税生活まで付き進め」

杏「言われなくても分かってるよ。それじゃ行ってくる」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371484791

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 00:20:19.02 ID:z52hQHcY0

モバマスSSです。

夕美「~♪」

P「お、やけに機嫌がいいな。どうした?」

夕美「あ、プロデューサーさん。いやね、新しく庭にこれを植えたんだよ」

P「ん?なんだこれ?」

夕美「瑠璃柳って言うんだよ。今植えて秋頃には花がなるかな」

P「柳かぁ…」

夕美「何かあるの?」

P「いやな、青々とした春の柳は植えるなって言葉があってさ」

夕美「なんで?」

P「意味は忘れちゃったんだよなぁ…」

夕美「今植えないと見れないから植えちゃったけどね。そもそも瑠璃柳はナス科だけどね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371136818

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 22:42:00.76 ID:pmc/dcOM0
モバマスSSです。

ペキッ

楓「あら…?」

楓(何か踏んだかしら…)

楓「気のせいかしら」

楓(久々にちひろさんやPさんと飲んだから、酔ったんですかね…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370785320

THE IDOLM@STER

1: ◆RfwyoP3XQY 2013/06/21(金) 20:01:39.22 ID:fmpK820S0
モバマスSSです。

ちひろ「皆最近忙しいですねぇ…」

P「そうですね」

P(こりゃ、暫く穂乃香と東北には行けないだろうなぁ…)

柚「それは今、暇なアタシに対するイヤミかなー?」

P「いやいや、そういうわけじゃないって。柚だって今まで仕事してたじゃないか」

柚「ま。そうだけどねー」

柚「あ、そうだ。今からバトミントンしよーっ」

P「今から?」

柚「うん。丁度お昼時間だし、Pさん空いてるでしょ?」

P「いや、俺は休みじゃないんだけどさ…」

ちひろ「いいですよ。行ってきてください」

P「いいんですか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371812498

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 21:19:09.17 ID:V/ZcR1Uqo
P「男子力を上げようと思うんですよ」

ちひろ「………?」

P「お、ちひろさんが困惑してるぜ、珍しい」

ちひろ「というか唐突すぎますよ、そもそも何ですかソレ?」

P「俺も知りません」

ちひろ「えぇ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468585148

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/13(水) 19:08:53.08 ID:awZ2du6Po
【晶葉のラボ】

P「お邪魔しまーす」

晶葉「…………」
カチャカチャ

ロボ「ウサウサー」

P「出迎えてくれるのはウサちゃんだけか、寂しいぞ」

晶葉「ん?来てたのかP」

P「ああ、ちと用事があってな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468404532

THE IDOLM@STER

1: ◆1ksIWCqdi2 2016/06/10(金) 20:26:37.75 ID:pZlLs7zxo
杏「それはとっても幸せな事だと思わない?」

P「え、そりゃあまあ…うーん?」

杏「何さその微妙な反応は」

P「一口には感想を言い難いというか何というか」

杏「今をときめくアイドルの杏だよ?何が不満なのさ~」

P「どっちかというと不満というか不安」

杏「マリッジブルーってやつ?プロデューサーの臆病者っ!」

P「気が早いなオイ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465557997

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 20:18:54.10 ID:+j8DHJcoo
冷え込みが続き雪も見え始めたこの頃
一人の少女が街を歩いていた

雪美「……………………」

その姿はまるで着ぐるみの様だ
厚着に厚着に重ねもこもこと着ぶくれしている

雪美「………………………」

寒くないように風邪をひかぬようにと
彼女のためを想ったのだろうその衣装は
彼女が愛されている証拠であり見るだけで暖かさを感じる

雪美「………P……どうして…」

しかし、そんな彼女の心は今、冷え切っていた

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454066333

THE IDOLM@STER

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 17:56:18.56 ID:FPoxba7Wo
P「流石だぜ博士!」

晶葉「くれぐれも悪用するんじゃないぞー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453107378

PAGE TOP