THE IDOLM@STER

1: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:15:24.96 ID:EmVV3w/E0
P「また変わった仕事ですね」

ちひろ「妊婦に対する世間的な認知を、体験を通して広めようという狙いみたいですね」

P「はあ。まあ俺も、電車とかで席を譲る程度しかしてないですけど」

ちひろ「妊婦さんの大変さは、ならないとわからないみたいですしね。無理解な周囲による深刻なマタニティーハラスメントも、新たな社会問題となりつつあるそうですよ」

P「そうなんですか」

ちひろ「だから今回は、妊婦の生活や行動を体験したり妊婦の介助法を学んで社会的な理解を深める番組にするそうです」

P「なるほど。しかし妊婦体験って、具体的には?」

ちひろ「ジャーン。妊婦体験ジャケットです。これを身につけて服を着ると、体型も妊婦さんになるし付けている人も重さとか重心とか妊婦の体験ができるんですよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372666524


2: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:20:35.74 ID:EmVV3w/E0
3: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:22:23.68 ID:EmVV3w/E0
P「こういうものがあるんですね。しかしそうなると、対象は事務所でも年長者の娘になりそうですね。誰が……」

龍崎薫「せんせぇ、おはよう!」

P「……ないな」

ちひろ「ですね」

薫「? どうしたの?」

P「いや、妊婦になる体験の仕事なんだが、さすがに薫にはちょっと早いなと思って」

薫「えーっ! かおる、やってみたい!」

P「え? いやいや、早いって。それにいくらなんでも、薫には大っきいからこのジャケット」

ちひろ「まずは腰痛防止コルセットを巻いてから、そう。それで肩からベルトを仮どめするわね」

薫「はぁい」

P「ちょ、なにやってんですか!」

4: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:25:45.99 ID:EmVV3w/E0
ちひろ「まあまあ。実際に誰にお仕事をしてもらうかはともかく、将来のためにこういう体験をしておくのもいいんじゃないですか」

P「しかし……こんな小さいサイズもあるんですか」

ちひろ「日本人は小柄な人も多いですし。はい、できたわよ」

薫「うわあ、おなかがおっきくておもいよ。それにおかあさんみたいに、おっぱいがある」フニフニ

P(妊婦姿の薫……背中にはランドセル……なんというか、背徳感が……)

ちひろ「そうよ。おっぱいは、赤ちゃんのためにおおきくなるのよ」

薫「じゃあ、しずくちゃんがおかあさんになるときはたいへんだね」

P「……想像してしまった」

6: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:30:46.15 ID:EmVV3w/E0
及川雫「これ、胸がすごくキツいですねー」

ちひろ「雫ちゃんは自前の胸で、ジャケットを圧迫しちゃってるわね」

P「雫!? いつの間に……って、うおお!! ジャケットの上は浴衣か!! ものすごいことになってるな」

薫「うわあーすごいねー!」

P(ロケットおっぱいという言葉があるが、まさしく二段式ロケットおっぱいだな」

雫「じゅうぶん大きな浴衣にしたのに、スソが足りなくなっちゃいましたー」

P「そりゃそうだろうな」

7: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:32:32.89 ID:EmVV3w/E0
凛「新曲のステップ、ちょっと難しいんだ」

智香「じゃあ一緒に自主トレしようよっ☆」

まゆ「まゆもちょっと、見てみたいですねぇ」

凛「でもまゆはダンスでも、仕草が可愛らしくてうらやましいな」

まゆ「凛ちゃんこそ、情熱的でかっこいいですよぉ?」

智香「うんうん。ダンスって個性でるよね」

凛「でも……だからこそ、まゆには負けたくないな」

まゆ「それはまゆもですよぉ? 凛ちゃんも智香ちゃんもお友達でアイドルとしては仲間ですけどぉ、ライバルでもありますからねぇ」

智香「えへへ。青春してるよねっ☆ アタシ達……あれ?」

雫「あ、みなさんおはようございますー!」

凛「おはよ……」ギョッ

8: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:34:54.76 ID:EmVV3w/E0
智香「し、雫ちゃんっ? ど、どうしたのっ! そのお腹……」

まゆ「まさか赤ちゃんが……」

薫「そうなんだよ。かおるたちねえ、妊婦さんだよ」

凛「か、薫まで……」

智香「お、お相手は誰なのっ!?」

まゆ「まさかとは思いますけどぉ……」ゴゴゴゴゴ

P「まてまて、話を聞いてくれ。ほら、これを2人は今つけているんだ」

凛「なにこれ?」

ちひろ「妊婦体験ジャケットよ。今ね、妊婦の体験をリポするお仕事がきてるのよ」

智香「び、びっくりしたよっ!」

P「ほらほら、薫と雫は収録だろ。それ外して局へ向かってくれ」

薫「はぁい」

雫「がんばりますねー」

10: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:38:29.68 ID:EmVV3w/E0
まゆ「妊婦さんの体験をするお仕事ですかぁ? なるほどぉ。えへへ」

P「? どうした、まゆ」

まゆ「このお仕事ぉ、まゆがやってみたいなぁって思いますよぉ」

P「え? あ、いや、さすがに高校生のみんなはちょっとな。もっと年長の誰かにやってもらおうと思ってるんだ」

まゆ「だいじょうぶですよぉ。それにまゆ達みたいな高校生が理解を深めるのも、世のためだと思いますよぉ」

P「うーん。そうかあ? 凛、どう思う?」

凛「まゆの言うことももっともだけど、私はやりたいとは思わないかな」

ちひろ「じゃあとりあえずまゆちゃん、試しに付けてみる?」

まゆ「はぁい。お願いしますねぇ」

11: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:41:11.38 ID:EmVV3w/E0
ちひろ「はい。準備できましたので、まゆちゃん入りますよ」

智香「まゆちゃん、どうぞっ☆」

まゆ「まゆ、Pさんに認知してもらうために来たんですよ。うふ……ステキですよね……これって産めってこと? ねぇ、貴方も産めって……言ってくれますよね?  ねぇ? うふ……まゆの子共、可愛がってくれますか?」

P「……そういう懐かしいセリフを、微妙に言い回しを変えて使わないでくれよ」

まゆ「えへへ。でもこれぇ、思ったよりもずっとお腹が重くてたいへんですねぇ」サスサス

P「うーん。私服がフリフリだから、ナチュラルにマタニティドレス姿になってるな……薫の時も思ったが、小柄だからよけいにお腹が目立つな」

まゆ「うふふ。Pさぁん……ううん、あなたぁ」

P「え?」

凛「え?」

14: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:45:22.53 ID:EmVV3w/E0
まゆ「まゆ、幸せですよぉ……えへへ」ギュッ

P「あの……まゆ? なぜ俺の腕を掴む?」

凛「まゆ、なんでプロデューサーにもたれ掛かってるの?」

まゆ「お腹が大きくて、一人だと立ってるのも大変なんですよぉ」

P「お、おお。それならここに座ったらどうだ」

まゆ「はぁい。じゃあ、あなたぁ」

P「……俺か?」キョロキョロ

まゆ「手ぇ」

P「え?」

まゆ「手ぇひいてくださぁい」

P「ええ!?」

まゆ「お腹が重くてぇ」

P「あ、ああ。そうか。それじゃあ……しょうがないよな、うん」

16: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:49:00.32 ID:EmVV3w/E0
まゆ「えへへへへ」ギュッ

凛「……ちひろさん、それ私もつけてみたい」

ちひろ「え? い、いいけど……じゃあこっちへ」

まゆ「あなたぁ? もうこの子の名前、考えてくれましたかぁ?」

P「あのな、まゆ……」

まゆ「ほら、ベビー服ももうすぐ編みあがるんですよぉ」アミアミ

P「いつの間に……」

ちひろ「はい、準備できました」

P「え?」

智香「凛ちゃん入りますよっ☆」

19: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:53:16.82 ID:EmVV3w/E0
P「ん? 凛……? ってそのお腹は妊婦体験ジャケットか!! やらないんじゃなかったのか!?」

凛「ふーん、アンタがこの子のパパ? ……まあ、悪くないかな……」

P「……だからそういうの、やめてくれって」

P(ジャケットの上は制服だから、まゆとはまた違った意味で背徳感がすごいな……)

凛「座っていいかな。お腹が重くて」

P「あ、ああ。じゃあこっちに」

凛「うん、ありがと」ギュッ

P「あの……」

凛「パパが優しくて嬉しいって、この子も言ってるよ」サスサス

P「どの子が!?」

まゆ「赤ちゃんのお父さんは、やさしいですよねぇ」サスサス

P(凛とまゆに左右からもたれかかられ、腕を抱かれてるこの状況……)

まゆ「……あなたぁ、まゆ今とっても幸せですよぉ」ウットリ

凛「……これが女としての喜びなんだね」ウットリ

P(どうすればいいんだ……)

22: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:56:30.24 ID:EmVV3w/E0
凛「でもまゆは、妊婦でも仕草が可愛らしくてうらやましいな」

まゆ「凛ちゃんこそ、妊婦でもかっこいいですよぉ?」

智香「うんうん。妊婦って個性でるよね」

P「智香、悪いが黙っててくれないか」

凛「でもだからこそ、まゆには負けたくないな」

まゆ「それはまゆもですよぉ? 凛ちゃんはお友達でアイドルとしては仲間ですけどぉ、妊婦としてはライバルでもありますからねぇ」

P「それはなんのライバルで、何を競ってるんだ!?」

智香「えへへ。妊娠してるよねっ☆ 二人とも」

P「頼むから黙っててくれ、智香」

23: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 17:59:56.91 ID:EmVV3w/E0
まゆ「それであなたぁ、この子の名前はぁ? まゆ、早くこの子に名前で話しかけてあげたいんですけどぉ」

凛「そうだね、その方がより愛情を持って呼びかけられて、胎教にもいいと思う」

P「いやいや、2人とも。あのな、ちょっと聞いてくれ。そもそも……」

凛「あっ……」

P「え? ど、どうした?」

凛「今、動いた」

P「いや、動かない。動かないから!」

まゆ「この子も今、動きましたよぉ? あなたぁ」

P「おーい、裕子(堀裕子)! いるんだろ裕子? 裕子が動かしてるんだろー!?」

智香「? 裕子ちゃんは来てませんよっ?」

26: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:02:15.09 ID:EmVV3w/E0
智香「? 裕子ちゃんは来てませんよっ?」

凛「ふふっ。元気な子で嬉しいよ……」

P「凛、あのな、これはあくまでも仕事であって、しかも妊婦さんに対する世間の理解とマナーの向上をだな」

凛「お父さんに似たんだね……ふふっ」

まゆ「ねぇ。あなたも嬉しいですよねぇ」

P「おーい、凛とまゆ。俺を無視してお腹に話しかけるのはやめろー」

28: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:04:28.45 ID:EmVV3w/E0
北条加蓮「おはよう。あ、いたいた。智香ちゃん、今日は一緒にダンスレッスンどうかな」

智香「あ、おはよう加蓮ちゃんっ☆ アタシはいいけど、体調は大丈夫なのっ?」

加蓮「うん。最近は仕事が忙しいのに、体調はむしろいいんだ。お医者様も完治って言ってもいい、って」

智香「すごいね! よかったねっ☆」

加蓮「なんかさ、アイドルってハードで……自分には無理って決めつけてたけど、プロデューサーとがんばってきて良かったって最近は思うんだ」

智香「うん。加蓮ちゃん、がんばってたもんねっ☆」

加蓮「体調も心配ないし、これからは体力をもっとつけて、がんばる」

智香「がんばれ! がんばれっ! 加蓮ちゃーんっ☆」

加蓮「はは、ありがとう。ところでプロデューサーは……」ギョッ

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 18:08:29.05 ID:eS1Pr4Loo
31: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:08:52.50 ID:EmVV3w/E0
まゆ「あなたぁ。ほら、まゆのお腹にふれてみてくださいよぉ」

凛「ほら、パパ。この子もまってるよ」

P「ふ、2人とも俺の手をお腹へ引っ張っていくな」

加蓮「な、ななな、ななななななな」

P「あっ、加蓮! と、智香、加蓮が誤解しないよう説明してくれ」

智香「はいっ☆ あのね加蓮ちゃん」ゴニョゴニョ

加蓮「え? あ、ああ、ただの体験用のジャケットで……なるほど」

ちひろ「まゆちゃんも凛ちゃんも、試着でノリノリなのよ」

加蓮「ふうん……」

まゆ「もちろん出産には立ち会ってくれますよねぇ?」ギュッ

凛「ひっひっふー。呼吸法って難しいね……ねえ、パパも一緒に練習しようよ」ギュッ

加蓮「……ちひろさん」

ちひろ「はいはい、準備できてるわよ」

智香「え? 加蓮ちゃんもやってみるのっ?」

32: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:11:49.91 ID:EmVV3w/E0
まゆ「あなたぁ」

凛「パパ」

P「だ、誰かどうにかしてくれ!」

加蓮「Pさん!」

P「おお、加蓮。助けてく……加蓮? そのお腹は……加蓮までまさか……しかもジャケットの上は病衣って……」

加蓮「ごめんなさい……」

P「い、いや好奇心だろ? 別に怒ったわけじゃないから、謝らなくていいんだ」

加蓮「ごめんなさいPさん。やっぱり私、産みたいの!」

P「……」

ちひろ「みんなにジャケット着せといてなんだけど、プロデューサーさん困ってるわね」

智香「頭抱えて、動かなくなっちゃいましたねっ」

34: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:14:55.65 ID:EmVV3w/E0
加蓮「お医者様は、私の身体は出産に耐えられないだろうって……最悪、赤ちゃんと引き替えに私は……でも、でも……」ポロポロ

P「さっき、ほぼ完治と言われた、とか話してなかったか?」

加蓮「せめて一目でもPさんとの子の顔が見られたら、私……私……」ギュッ

まゆ「……なかなか個性を活かした設定で攻めてきましたねぇ、加蓮ちゃんはぁ」

凛「強敵」

37: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:17:18.48 ID:EmVV3w/E0
加蓮「Pさん、この子に名前をつけて欲しいの。私みたいな儚い名前じゃなくて、強く育ってくれそうな強い名前を……」

凛「じゃあきらり、とかどうかな」

まゆ「真奈美、も強そうですよねぇ」

ちひろ「亜季、もいいと思うわ」

智香「確かに『加蓮ちゃんの子供』じゃあ今いち呼びにくいよねッ!  このアタシが名付け親になってあげるよッ! そうだね……群馬に吹く寒風っという意味でッ! 『からっ風』という名前はどうかなッ!?」

まゆ「じゃあこの候補の中からぁ」

凛「どうやって決める?」

ちひろ「ダーツとかどうかしら?」

智香「はい。ダーツ用意しましたっ☆」

ちひろ「じゃあプロデューサーさん、投げてください」

P「え? なんだかわかりませんけど、こうですか?」スッ

智香「はい! 決まりましたっ☆」

P「え? なにが?」

ちひろ「プロデューサーさんと加蓮ちゃんの間に産まれた子の名前は、『パジェロ』に決定です」

40: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:19:21.59 ID:EmVV3w/E0
加蓮「みんな、勝手に決めないで。ねえ、Pさん」

P「そ、そうだぞみんな。これは体験であって……」

加蓮「私の名前から、一字取るとかどうかな? 私がいなくなっても、Pさんとこの子が私を忘れないように……」

P「いや、だから問題はそこじゃなくて」

まゆ「加蓮ちゃんから一字を取るならぁ」

凛「蓮の字は使いたいかな」

ちひろ「それでもって強そうな名前というと……」

智香「アレクサンダー・ガー蓮はどうかなッ!」

まゆ「加蓮ちゃんとぉ響きも似てるし、強そうですねぇ」

凛「強敵」

42: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:21:24.83 ID:EmVV3w/E0
アレクサンダー・ガーレン
http://i.imgur.com/bSAcZqZ.jpg
43: 画像先輩ありがとうございます ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:22:27.04 ID:EmVV3w/E0
加蓮「私の命を、夢を、この子が引き継いでくれます。いつかきっと、光のさすステージに立ってくれるわ」

P「いや、まず加蓮にライブのオファーが入ってるからな」

加蓮「ごめんね、赤ちゃん。弱いお母さんで、ごめんね」

P(メンタルは結構強いと思うんだが……)

P(しかし……左右と後ろを妊婦姿のまゆ凛加蓮に囲まれて……これ以上の事態の悪化は避けたい! 絶対に避けたい!!)

城ヶ崎美嘉「おはー★ 今日はオフなんだけど、なーんかヒマで来ちゃったー……えっ!?」

P(……終わりだ……)

44: 気づくのが遅れました ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:25:05.37 ID:EmVV3w/E0
ちひろ「パニックになる前に説明しておくわね」

智香「カクカクシカジカで、みんな妊婦さんなんだよ」

美嘉「え? ああビックリした。妊婦さんねえ、みんなよくやる……」

まゆ「あなたぁ」ギューッ

凛「パパ」ギューッ

加蓮「Pさん……」ギューッ

美嘉「ねえ……」

ちひろ「はいはい」

智香「じゃあ、あっちで着替えようねっ☆」

45: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:28:04.32 ID:EmVV3w/E0
~その頃 クラリス宅~

クラリス「!」

大和亜季「どうしたでありますか? クラリス先輩」

クラリス「今なにか……私にとても関係のあるイベントが、事務所で起こっている……そんな気配を感じたのですが……」

亜季「?」

47: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:31:49.94 ID:EmVV3w/E0
P「はあ。まあ今更もう驚きはしないけど、この状況はどうやれば終わるんだ?」

ちひろ「はい、じゃあ美嘉ちゃん入りまーす」

P「はいはい。もうこうなったら、何人でも……おおおおおっ!?」

美嘉「マタニティー美嘉登場~♪ どうよ、アタシ、決まってるっしょ! せっかくの妊婦姿なんだから、イチバン可愛く、セクシーに撮ってほしいな★ プロデューサーからみて、アタシはイケてる感じする?////」

P(いつも布の少ない露出多め衣装の美嘉が、フリフリのマタニティードレスで真っ赤になってる……)

P「か、可愛いぞ。うん」

美嘉「でもこの衣装、ちょっと刺激的すぎて莉嘉には着せられないねっ♪」

P「あー……しかし美嘉が着てるのを見たら、着たいって騒ぎそうだな」

美嘉「アハハ、かもね。でもお腹……重いね、これ。おっと」グラッ

P「あぶない!」ダッ

ガシッ

49: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:34:42.67 ID:EmVV3w/E0
P「大丈夫か美嘉!? お腹とかなんともないか?」

美嘉「ちょ、プロデューサー!」

P「痛むのか!? 大丈夫か?」

美嘉「だ、抱きつかれて……か、顔も近いよ! は、恥ずかしいって……////」

P「え? あ、わ、悪い」

美嘉「あ、ううん。嫌じゃないけどビックリして……////」

P「で、大丈夫なのか?」

美嘉「え?」

P「お、お腹は」

美嘉「プッ、ははははは。もープロデューサー、これジャケットだよ。そんな真剣になっちゃってー★」

P「え? あ、そ、そうか。ははは」

美嘉「でも……ふうん。へえ////」

50: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:36:46.19 ID:EmVV3w/E0
P「? なんだよ?」

美嘉「プロデューサー、きっといい旦那さんになるね。奥さんとか子供思いの、さ////」

P「そ、そんなことはないぞ。お、俺は亭主関白になるつもりだからな!」

美嘉「あ、やっぱりちょっとお腹痛いかも……」

P「え、ちょ、大変だ。い、今、医者を呼ぶからな!」

美嘉「……ぷっ」

P「美嘉!?」

美嘉「あはははははは! ほーらね」

P「あっ! い、今のはほら……」

美嘉「はいはい。いいパパになりそうで、アタシも安心したよ」

P「? なんで美嘉が安心するんだ?」

美嘉「な、なんでもないよ//// それよりほら、もうお腹から手をはなしてよ////////」

51: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:38:44.22 ID:EmVV3w/E0
まゆ「……」

加蓮「……」

凛「……」

まゆ「あえて、あくまでも体験であることから逸脱しないことを前提にぃ」

加蓮「普段とのギャップをアピールする、かあ……」

凛「強敵」

P「はあ……ちょっともうこれ以上、人が増えないように事務所に鍵をかけられないかな……」

神谷奈緒「凛、来てるー?」

凛「あ、奈緒」

奈緒「こないだ話してた、フニャコフニャ夫A原作のアイドル育成ものアニメ持ってきてやったぞ。これがその『プロデューサー猿』って作品の……!?」ギョギョー

P「……俺、泣いてもいいかな」

53: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:42:25.25 ID:EmVV3w/E0
奈緒「な、な、なんだよ!? どうなってんだよ!!」

ちひろ「はいはい奈緒ちゃん、これはね……」カクカクシカジカ

奈緒「はあ? バッカじゃねーの。わざわざ妊婦さんのカッコなんて……」

まゆ「あなたぁ」キャッキャ

凛「パパ」ギユッ

加蓮「Pさん」グイッ

美嘉「プロデューサー////」モジモジ

奈緒「……」

57: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:45:10.11 ID:EmVV3w/E0
ちひろ「やりたい? 奈緒ちゃんも」

奈緒「は、はァ!? な、なんであたしが妊婦なんて…っ! てゆーか無理に決まってんだろ! べ、べつに可愛いマタニティードレスとか…興味ねぇ…し。きっ、興味ねぇからな! ホントだからなっ!!」

智香「はいはい。じゃあ、あっちへ行こうねっ☆」

奈緒「ちょ、やんないって言ってんだろ! 押すなよ!」

智香「? 押してないよっ?」

P「どうしたんだ? 奈緒は」

凛「……強敵の予感」

59: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:48:33.16 ID:EmVV3w/E0
智香「はい、じゃあ奈緒ちゃんの入場でーすっ☆」

奈緒「ちょ、見るなよ! 絶対こっち見るなよ////」

P「奈緒……これはちょっと新鮮だな。ジャケットの上はドレス姿か」

奈緒「だから見るなって言ってるだろ! 恥ずかしい……あっち見ろよ////」

P「お腹重そうだけど、大丈夫か?」

奈緒「はあ? 別に重くないし////」

P「え? いやだって、妊娠してるわけだから……」

奈緒「してねーし! 妊娠なんてしてないから。これはちょっとかな子のクッキーが美味しすぎて食べ過ぎただけだから!! 黙って1人で産もうとか考えてないから!!!」

P「奈緒……」ギユッ

奈緒「な、なんだよ。手なんか握るなよ」

P「強がるな……俺も……俺も一緒にいるから」

61: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:51:10.70 ID:EmVV3w/E0
奈緒「妊婦姿も……まァ、悪くは……ないか」

まゆ「強がりな自分をぉ……」

加蓮「いつも通り演出しつつ……」

美嘉「母としての決意を演出する……」

凛「強敵」

まゆ「Pさんも、思わずのせられちゃってますねぇ……」

加蓮「私も路線変更しようかな」

美嘉「参考になるね★」

凛「私も、出会った当初の路線でいこうかな?」

62: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:53:21.26 ID:EmVV3w/E0
ちひろ「はいはーい。じゃあ後がつかえてるので、どんどんいきますねー!」

P「え? ああっ!」

65: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:56:11.63 ID:EmVV3w/E0

橘ありす「妊娠はマタニティーの会社が喜ぶことです。みんな躍らされているんですよ。……これは、その……違います。違いますけど産みます」

67: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 18:57:38.91 ID:EmVV3w/E0

ヘレン「知ってると思うけど……。妊娠でも出産でも、私は世界レベルじゃないと意味がないと思ってる。そして私にはその素質がある。そうでしょう? いいわ。証明してあげる」

69: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:00:13.27 ID:EmVV3w/E0

斉藤洋子「妊婦の道化師、参上!」

70: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:01:45.79 ID:EmVV3w/E0

神崎蘭子「ククク、私の妊娠を見抜くとは、アナタも『瞳』の持ち主のようね……。私の出産に身を焼かれぬよう、せいぜい気をつけなさい。フフ、フフフフフ(訳:大切な思い出をくれてありがとう、産みます!!)」

71: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:03:12.14 ID:EmVV3w/E0

安部菜々「キャハっ☆ マタニティー17歳!」

75: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:05:01.81 ID:EmVV3w/E0

森久保乃々「もう……ここで産みますし……」

76: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:06:28.56 ID:EmVV3w/E0

緒方智絵里「Pさんとだったら……妊婦のお仕事もいいかも……」

78: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:08:27.85 ID:EmVV3w/E0

持田亜里沙(右手)[ウサコ、アカチャン欲しいウサー!]

80: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:14:21.08 ID:EmVV3w/E0

片桐早苗「妊娠はタイホレベルだけど、P君、今日は許したげる♪」

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 19:16:02.80 ID:eS1Pr4Loo
82: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:16:46.83 ID:EmVV3w/E0

大原みちる「フゴフゴフゴフゴ、フゴフゴフゴ? フゴフゴ!」フゴフゴ

85: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:19:12.89 ID:EmVV3w/E0
前川みく「みくの、にゃん婦姿……どうかにゃ?」

P「ちひろさん! いい加減にしてください!! こんなにみんなに着せまくってどうするんですか!?」

みく「にゃ……にゃん婦姿は……?」

P「みく、取り込んでいるからとりあえず後でな」

みく「え……ひどくない?」

88: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:25:08.30 ID:EmVV3w/E0
ちひろ「じぶんでやっといてあれですけど……これだけ妊婦姿のアイドルが増えると、壮観ですね」

三好紗南「モバPSP『俺の担当アイドルがこんなに可愛いわけがないポータブルが続くわけがない』って、カンジですね!」

P「……やめてくれ」

白坂小梅「修羅場……みせて、あげる」

P「いや、ホントにやめてくれ」

89: 美優さんマダー? 2013/07/01(月) 19:28:36.83 ID:eS1Pr4Loo
91: 画像先輩本当にありがとうございます ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:30:39.77 ID:EmVV3w/E0
ちひろ「じゃあ最後の妊婦さん、入りまーす!」

一同「「!!!」」

P「ちょっとちひろさん! もういい加減に……え?」

智香「ひゃっほーう☆ せっかくだから、アタシも挑戦してみましたよっ!」

まゆ「智香ちゃん、妊婦ジャケットの上からぁ……」

加蓮「フレッシュチアガールの衣装……」

美嘉「妊婦チアガール……」

奈緒「その上ダンスまで……」

凛「強敵」

95: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:33:41.35 ID:EmVV3w/E0
ちひろ「これは高得点が期待できそうよね」

まゆ「ま、まあそうですよねぇ……」

加蓮「自分らしさという個性を出して……」

美嘉「普段と違うアピールだもんね……」

奈緒「強さもアピールしてるし……」

凛「強敵」

97: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:38:06.57 ID:EmVV3w/E0
ちひろ「さあ、プロデューサーさんの反応はいかに! ……あれ?」

智香「これ、お腹がとっても重たいんですけど、普段アタシはチアリーディングで鍛えてますからねっ☆ それっ、ワン! ツー! ワン! ツー!」

P「……」

智香「いけいけ! ゴーゴー! シンデレラ! YA!」ビシッ

ちひろ「プロデューサーさんの様子が今までと違って……顔が怖いんだけど」

P「智香」

智香「フレー! フレー! えっ?」

P「なにをしている?」

智香「えっ? ダンスですけどっ? この重さやバランスでも、ちゃんと踊れるんですよっ! すごいでしょっ☆ それっ!」

P「……智香」

智香「チアで鍛えてますからねっ! 鍛えた身体で魅せちゃいますよっ☆」

P「智香!」

智香「え?」

P「なんでダンスをしている!!!」

智香「えっ!?」ビクッ

99: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:41:01.82 ID:EmVV3w/E0
P「そんな身重の身体で踊ったりして、赤ちゃんや智香自身になにかあったらどうするんだ!」

智香「えっ? あの……」

P「まだ赤ちゃんはお腹の中にいても、智香はもうお母さんなんだぞ。そのお母さんが、赤ちゃんのこと考えないでいてどうする」

智香「えっと、その……ごめんなさい?」

P「もう智香の身体は、智香一人のものじゃないんだぞ? もっと赤ちゃんを大事にしてあげないとだめじゃないか」

智香「……はい」ボロッ

P「わかればいい。ほら、あっちでちょっと休もう」

智香「はい……ごめんなさいプロデューサーさんっ……ごめんね赤ちゃん……」

P「もういいから。ほら、ゆっくりとな……」

バタン

100: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:43:08.89 ID:EmVV3w/E0
まゆ「……えっとぉ」

凛「あれ?」

加蓮「これって……」

美嘉「もしかして?」

奈緒「逃げたなあああぁぁぁっっっ!!!」

ちひろ「あらあら。それにしても……結局このお仕事、誰にやってもらうのかしら?」

101: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:47:22.48 ID:EmVV3w/E0
~後日~

川島瑞樹「今の私は一人の妊婦よ」

高垣楓「妖精(ニンフ)のような妊婦……ふふっ」

ちひろ「まあ、順当な人選ですね」

凛「適任」

P「当たり前ですよ。なにを期待してたんですか」

ちひろ「というか……ここに至るまでに、色々とエキセントリックな姿を見てきたので」

P「それは確かに……落ち着いたあの二人のマタニティー姿が、なんだかひどく新鮮な普通さを感じますね」

まゆ「まゆがやりたかったですけどぉ」

美嘉「アタシもちょっと残念かなー★」

智香「まあまあっ。また機会はあるよっ☆」

103: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:50:40.18 ID:EmVV3w/E0
クラリス「それにしても……」ジー

智香「えっ? な、なんですかっ?」

クラリス「いえ、智香さんはやはり……出産は右腋からされるのでしょうか?」

亜季「そうそう。智香先輩は、やはり6本の牙を持つ白い象が胎内に入る夢を見て懐妊されるのでありますか?」

智香「……それはお釈迦様のお母さんの逸話じゃないですかっ! そんなわけないですよっ☆」

お わ り

104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 19:53:16.98 ID:ZsnQSElo0
マタニティーモードでPを誘惑するプレイが流行りそうやな。
105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 19:55:21.85 ID:sYtQTrt+0
>>104
その流れで凛あたり想像妊娠しそうで怖いわw
106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 19:58:30.00 ID:ifixO3Epo
超乙
すごく面白かった
107: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 19:58:48.39 ID:EmVV3w/E0
以上で終わりです。
お付き合いいただいた方、そして画像先輩、本当にありがとうございました。
108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 19:59:34.16 ID:cUR9zQnEo
おっつおっつ面白かった
112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 20:29:24.16 ID:Aa8BW5Bmo
乙。

P「おっ、かな子もジャケット着たのか」
かな子「なんのことですか?」

ってネタがいつくるかいつくるかと身構えてたが来なくて安堵した

114: イベント走ってたら貼る暇がない 2013/07/01(月) 21:05:02.47 ID:eS1Pr4Loo
115: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 21:15:28.66 ID:EmVV3w/E0
画像先輩、本当にありがとうございます。
116: ◆hhWakiPNok 2013/07/01(月) 23:38:44.92 ID:LnU7cEYAO
というか、今気がついた。
美優さんは、本気度が高すぎて体験では良くなかろうと思い、出しませんでした。
画像先輩、ごめんなさい。
また今度、良いポジで書かせていただきますので。
117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/04(木) 19:50:41.23 ID:h6BIbRx7o


元スレ
タイトル:モバP「妊婦体験?」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372666524/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/15(火) 22:39:57.97 ID:C+TOVVCDo
モバマスのフリーマーケットのお話です
やさしい仏のようなモバPは、いないので注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442324397

ドラゴンボール

以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:40:41.78 ID:LjfPrVJf0

悟飯、クリリン、ブルマの3人はサイヤ人の戦闘で死んだ仲間たちを生き返らせるため、ドラゴンボールを求めてナメック星にやってきていた…。 

到着早々、フリーザの手下に宇宙船を壊されたブルマたちは地球に帰ることが出来なくなってしまう…。

悟飯とクリリンはドラゴンボールを集めに向かった集落で、フリーザたちの虐殺行為を目の当たりにする…。

集落からデンデを救い出した悟飯とクリリンはブルマの元へと帰ってきていた…。

THE IDOLM@STER

1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/29(水)18:22:49 ID:u7l
輝子「し、親友の……家って、結構広いんだな……」

輝子「ちひろさんに教えてもらった時……本当にここかと思ったぞ…」

P「あぁ……そうか」

P「(なんで輝子が俺の家に泊まりに来たかというと……)」

P「(それは数時間前の出来事が原因だった……)」

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 00:16:43.05 ID:2laMeP0Eo
凛「卯月…」

凛「抜け駆けしないって約束したよね?」

凛「なんで休日にプロデューサーといるのかな?」

凛「二人してどこ行こうとしてるのかな?」

凛「手なんか繋いで…」

凛「ふーん、そう、そうなんだ」

凛「へぇー…」

凛「いいよ、分 か っ た よ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373296602

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆R1OJ1Fo.YQ 2015/08/12(水) 22:46:36.87 ID:Q2O0QO5V0
蒼龍「どこでこんなの見つけたの?」

飛龍「青葉ちゃんが要らない物を捨ててたから貰ってきたんだよー」

蒼龍「へぇー。で、なんで持ってきたの?」

飛龍「みんなでやろうと思って」

蒼龍「でもこれ5人用だね?私以外に誰とやるの?」

飛龍「提督と赤城さんとー…加賀さん」

蒼龍「…赤城さんと提督ならまだしも、あの加賀さんやってくれるのかな」

飛龍「赤城さんいればやってくれるでしょ、多分」

蒼龍「そういうもんかなぁ…」

飛龍「そういうもんだよきっと、加賀さん赤城さんの事大好きだし」

蒼龍「一航戦の仲間として、ね」

飛龍「うるさいな、とりあえず2人が来たら誘ってみるよ」

蒼龍「怒られなきゃいいけど…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439387196

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/06(金) 21:19:31.79 ID:KZHBcU1F0
P「上から85-55-81だろ」

みく「……え?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386332371

THE IDOLM@STER

1: ◆cad9vEEdTSaN 2016/11/27(日) 11:33:26.62 ID:1gy56OCBO

P「プロデューサーとアイドルの恋愛はご法度」

P「みんな魅了的で可愛い女の子だけど、手を出すわけにはいかない」

P「みんながトップアイドルになるまで、そういった事は考えられない……って言ってたら」

凛「ずっと、一緒だよ。今までも……これからも」 ランクs

卯月「えへへ……大好きな人と一緒に、これからずっと歩いていける……頰が、ニヤけちゃいますっ」ランクs

みりあ「フリフリを着て、ダンスもして……次は、真っ白なドレスが着たいなー♪」ランクs

アナスタシア「プロデューサー。今度一緒にロシア……お家に、帰りましょう。グランマが、挨拶したいです」ランクs

加蓮「Pさんは、あたしの夢……なんでも、叶えちゃうんだね」ランクs

志希「んー……研究対象の匂いにすっかり夢中、アタシったらすっかりキミ中毒♪ 共依存までまっしぐらー♪」ランクs

楓「プロデューサー。私、今夜はシェリーが飲みたいです……なんて♪」ランクs

P「あわわわわわわわわわわわ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480214006

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆ngCxH3SH2s 2015/05/24(日) 13:39:17.49 ID:f1lPWlrq0

※山城とケッコン済み設定

時雨「幸せ太り……ねえ?」山城「」の続編かも

執務室

山城「本当に…姉様に掃除なんかを手伝わせてしまっていいのでしょうか……」

扶桑「いいのよ、山城。ほら、今日はこんなに空が青いわ……。
お洗濯日和はお掃除日和。さあ、頑張りましょう?」

山城「ありがとうございます、姉様……。
では姉様は机や本棚をお願いします。私は床をやりますので」

扶桑「了解よ。任せてちょうだい……」

山城「まったく、あの提督……世間はお休みだっていうのに、
執務室の掃除は私たちに任せて出張だなんて」ブツブツ

扶桑「ふふっ……それを言うなら、
『折角のお休みの日にに提督がいなくて不幸だわ……』でしょう?」

山城「は、はあ!?そんな事思ってないですし!!?全然!全く!ちっとも!!
大体、今日だって熱が37℃もあったのにこんなの微熱だよとか言って、
出張に出かけるとか……本当、軍人のくしてちっとも自己管理できてないし!
相変わらず私より体力ないし!近視だし!小遣いあんまあげてないのに相変わらずお土産沢山買ってくるし!!」

扶桑「ふふっ……山城、惚気も程度を弁えてね……はぁ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432442347

THE IDOLM@STER

1: ◆mTQtXPIEW. 2014/06/29(日) 01:49:49.15 ID:iIZmXhEvo
ちひろ「どうしてですか?」

モバP(以下P)「…実は、昔の同級生のほとんどが、もう結婚しているんですよ」

ちひろ「は、はぁ」

P「それで、そいつらとたまに飲みに行くんですが…すごい惚気られるんです」

ちひろ「……え? 惚気られるって……だったら、羨ましいってなるんじゃないんですか?」

P「なりますよ、そりゃ」

ちひろ「…?」

P「話を聞いてて最初は、くそーっ羨ましいなー!って思いましたよ。…でも、そのあとが…」

ちひろ「そのあと?」

P「酒で酔って、あいつら、どんどん惚気より愚痴の方が多くなっていったんですよ…」

ちひろ「あっ」

P「嫁に相手にされない。家庭を持つ苦しみ。そしてーー」

P「自分の金がない!!」

ちひろ「それは…辛いですねぇ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403974189

PAGE TOP