THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 23:13:31.00 ID:Oz99fLc30
モバP自宅

のあ「あなた、起きて。仕事の時間よ」 ユサユサ

モバP「ん~、おはようございます」

のあ「おはよう。朝食はできているから。先に顔を洗ってきなさい」

モバP「はい」

のあ「美味しい?」

モバP「ええ! とっても! のあさんの作るご飯は、美味しいですね!」

のあ「そう。以前のイベントの時から、食べる事にも作ることにも、興味ができたわ」

モバP「最近、料理の本を随分と読んでますからね。俺としては、ありがたい限りで」

モバP「それでは、行ってきます」

のあ「あなた、忘れものよ」

モバP「え? 財布もハンカチも」

  チュッ

のあ「私の愛よ。いってらっしゃい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454163210

THE IDOLM@STER

1: ◆Yhyk1z6v2k 2014/10/18(土) 22:21:42.52 ID:RBIawtkj0
注意! Pがアイドル達からナメられる話です。

P「ああ。確かにお前らから見れば、俺はナメられても仕方ないダメな男だろうさ」

P「だがな、俺にもプライドが……」

春香「言いたいことはそれだけですか?」

P「は、春香!?」

春香「誰もいないと思って油断してましたか?」

P「くっ……」

春香「ふふふ……本当にダメなプロデューサーさん♪」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413638495

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:20:07.91 ID:YVIBM8tk0
事務所

凛「は?」

P「ほら、あれ、あるだろ。ホームセンターとかで売ってるさあ、出っ張ってるところとかに貼り付けるやつ」

凛「それを貼り付けるの?」

P「そう、蹴られると痛いだろ?」

凛「いや、蹴られたことないからなんとも言えないけど・・・」

P「えっ、蹴ってくるだろ、出会いがしらとか」

凛「それPにだけじゃないの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460643597

PAGE TOP