けものフレンズ

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 22:49:58.98 ID:ZfFi+SyN0

……
-図書館

アライグマ「ハカセ! おしえて欲しいことがあるのだー!」

ハカセ「……いいでしょう。おしえてあげるのです」

ミミズク「ただでおしえてしまって、よいのですか?」

ハカセ「めいろを抜けてきたと言っても、もんだいを読む読まないどころか、ループにさえ気づかずでたらめに走り回っただけ。めちゃくちゃです。ただのまぐれなのです。りょうりなどできるはずもないのです」

ミミズク「たしかに」

ハカセ「むしろこーいう底抜けのあほには、図書館があらされないうちに、とっととお帰りねがうです」

ミミズク「さっさとおしえて帰らせるですね」

アライグマ「? さっきからなにをこそこそしているのだ?」

フェネック「まーまーアライさん。ゆっくり待とうよー」

ハカセ「こほん。おしえてやるのです。あなたがなんなのかを」

フェネック「あー、いやいやぁ、それはもう知ってい」

ハカセ「あなたは………………」

ハカセ「レズです!!!!」

フェネック「…………は?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490708998

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/29(水) 19:54:59.07 ID:u8+WOZSb0
被告、証人、判決で安価取ります

安価先が意味不明の場合や、判決が重過ぎる場合は自動的に下にずらします

ずれる安価先が無い場合は再安価にします

名探偵コナン

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 12:11:28.335 ID:AZYyaqMW0
コナン「うおっさんきゅー博士!」

阿笠博士「しかしこんな物何に使うんじゃ?」

コナン「ま、いいから。とにかくさんきゅー、博士」

阿笠博士「くれぐれも悪用するんじゃないぞー」

コナン「っと、早速>>6で試してみっかw」

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/11(水) 01:53:01.61 ID:zXdKeK0XO
漣「ため息ついたと思ったら、いきなり何言ってんですか、ご主人様?」

提督「おっぱい触りたいって言ったんだよ」

漣「一応、言っておきますが、セクハラですからねそれ……あまり調子に乗ってるとぶっ飛ばしますよ、ご主人様?」

提督「……俺は触りたいんだよ、おっぱいを! 女の子の柔らかなおっぱいを触りたいんだ!」

漣「大声でセクハラ発言キタコレ!」

提督「触りたい、触りたいんだよぉ……」

漣「うわぁ……重症ですねー、ご主人様」

提督「どこか俺におっぱいを触らしてくれる優しい女の子はいないだろうか?」

漣「もうこれぶっ飛ばしてもいいですよね?」

提督「俺は真面目に聞いてるんだ! 茶化さないでくれ」

漣「うわぁ、どん引きを通り越してかわいそうに思えてきました」

提督「かわいそうだと思うなら、誰でもいいからおっぱいを触らせてくれそうな子を教えてくれ!」

漣「そうですねー、>>5あたりとかいいんじゃないっすかねー?(適当」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423587181

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆/Pbzx9FKd2 2017/01/04(水) 23:51:19.31 ID:3DVoJnOF0
不定期更新

最後の深海棲艦の消滅を確認してから半年の月日が流れた。

敵の脅威は去ったもののその傷跡は深海のように深く爪痕を残した。

ラジオ『―あの戦いから半年我々の被害は多い、しかし今こそ手を取り合って一日でも早い復興を―』ガガガ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483541479

Fate

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/30(月) 20:02:29.48 ID:fPwOL1MY0
・マリオとfateのSSです

・書留少しありです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427713349

THE IDOLM@STER

1: ◆KakafR9KkQ 2017/03/29(水) 09:09:10.88 ID:Fdb4Q9AA0
私、最上静香は今とても急いでいる 親友との約束に遅れそうなのだ

遅れる理由は仕事のためで、そもそも仕事がこんなに建て込んでいるのは明日とても大切な用事があるからで、その用事は彼女絡みで、だから遅れるのは……

と、言い訳しても仕方無いので、私は今平日の都会を早歩きで渡っている

やっと待ち合わせのカフェに着いて、彼女の姿を探す

よく考えてみたら彼女と直接会うのは何年ぶりだろうか、前回会った時の彼女はまともな状態では無かったし…… つまり私は今の彼女の姿を知らないのだ

少し不安だったがそれは杞憂だった、カフェのオープンテラスを少し見回せば彼女はすぐに見付けられた

おしゃれなカフェにとびきりの美人、彼女は圧倒的な存在感を放っていた

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490746150

その他

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 14:18:21.848 ID:ZV2bvrCH0NIKU
大男「おいおい、二回戦は女かよ。今年の大会はどうなってんだ?」

女騎士「女だからといって見くびるな!」

その他

1: ◆3UO.XRpYJ2 2017/03/29(水) 14:34:00.37 ID:+SI3khJM0

男「…………」カリカリ

先輩「やっ」

男「……あ、先輩。お疲れ様です」

先輩「どうもどうも、お疲れ様。それで、どう?」

男「ダメですね。今年も、先輩と二人きりになりそうです」

先輩「あ~やっぱりか~。今年こそは新入部員入ってくるの期待してたんだけどな~」

男「しょうがないですよ。元々文芸部なんてそんなものです」

先輩「まぁ、そうだよねぇ」

男「運動できる人は運動部に行きますし、できない人にだって文化部を選ぶ権利があるわけです」

先輩「ワープロ部、将棋部、囲碁部、あと吹奏楽部と……。他になんかあったっけ?」

男「演劇部写真部美術部放送部ですよ。まったく、私立みたいに人がたくさんいるわけじゃないのに部活だけは多いんだから」

先輩「勧誘は?」

男「一応やったはやったんですけど……どんな反応されたか聞きたいですか?」

先輩「一応聞いておこうかな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490765640

その他

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 12:54:29.485 ID:E83cPdGZ0
勃ったら書く

PAGE TOP