THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 00:13:52.14 ID:SEHNt/H10
凛「たまの休みにぶらぶら散歩……こういうのも悪くないね」

凛「ん? あれは……?」

武内P「…………」

凛「プロデューサー!? なんでこんなところに……?」サッ

凛(……って、なんで隠れてるんだろ。私)

凛(別に後ろめたいことしてるわけでもないし、普通に挨拶するくらい……)

凛「…………」

凛(……それにしても)

凛(プロデューサーの私服姿……初めて見たな)

凛(…………)

凛(結構……良いかも)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451315631

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 20:12:34.06 ID:ujyl7QlQ0

きっかけは単なる気まぐれだった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445425953

その他

1: ◆BEcuACNawuaE 2016/05/02(月) 22:06:19.87 ID:hxg9Q7/i0

「……はい、それでは以上で面接試験を終了させていただきます。お疲れ様でした」
「はい、ありがとうございました! 失礼いたします!」

 スーツ姿の青年が部屋を出たのを確認したのと同時に、私はため息を吐いた。彼は見るからに貼りつけたような笑顔を終始崩さずにいて、こちらからの質問にもその笑顔と同様に作り物めいた答えを繰り返していた。

『私はサークルの代表を務め……』
『海外にボランティアに行き……』
『数々のイベントを成功させ……』

 自分では独自性の高い答えをしていたつもりだろうが、数々の就活生を面接してきた私にとっては、彼もまた『量産型の就活生』の枠を出なかった。そう、就活のために作り上げた輝かしく見える自分を、壁に向かってアピールしているに過ぎない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462194379

THE IDOLM@STER

1: ◆p87g/NEjJem6 2014/05/30(金) 00:12:04.49 ID:h82iFyRM0
すごく短いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401376324

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 19:28:40.64 ID:vJE8+1kh0

凛「別に、仲良くなりたいわけじゃないけど、もう少し、くだけて接してくれても良いよね」

凛「プライベートじゃ、一度も会ったことないし」

凛「いや、遊びたいとかじゃなくてね」

凛「――未央、聞いてる?」

本田未央「しぶりんったら、プロデューサーが大好きなんだからっ!」

凛「未央」

未央「ごめんちゃいっ。それで、なんの話だっけ?」

凛「プロデューサーの、私に対する態度」

未央「なにか悪いっけ?」

凛「もう長い付き合いだし、もっとくだけても良いと思うの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388226520

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 21:09:12.70 ID:2lgG7dcr0
愛野渚「ハッピークリスマス、プロデューサーッ!」

モバP「ハッピークリスマス、渚。えらくご機嫌だな」

渚「今から大事な一戦があるからね。興奮するに決まってるよ」

P「テレビ中継で、バスケの試合でもするのか」

渚「違う、違う。試合をするのは、私とプロデューサーさッ!」

P「……なんで?」

渚「まず、プロデューサーにはお世話になってるから、今日のためにプレゼントを用意したんだ」

P「おう、ありがとう」

渚「けど、タダ渡すだけじゃ、面白くないでしょ? だから、私と1on1で勝てたら、その場であげる!」

P「まあ、構わんが、俺が負けたら?」

渚「そうだなァ……一緒に街をぶらついてから、あげることにしようか」

P「勝てるイメージが浮かばないんだが……」

渚「当然、負ける気はないよッ! ほら、早く行こう、プロデューサー!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387973352

その他

1: ◆BEcuACNawuaE 2015/01/03(土)11:21:33 ID:2Fm
ある森の中にある学校。
表向きは名門として知られてはいるが、
その実態は全国からスタイルのいい女子学生を集め、強制的に悪の組織の手先にする、
悪の組織の下部組織である。

さらに、集められた女子生徒に与えられた制服は、
丈が異様に短いチェックのプリーツスカートとローファーとソックスだけであるため、
女子生徒たちはトップレス姿を強制された上に下着すら着けられない。
当然ながら、むき出しのおっぱいを隠そうとする女子生徒もいたが、
同じくトップレス姿の若い女教師に厳しく注意された。

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/08(土) 22:43:59.48 ID:Lx2Tcoaao
短いSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394286239

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/28(火) 21:29:52.01 ID:vKUFmkvh0

アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作SSです

よろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488284991

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/07(金) 23:44:26.81 ID:zMOsQc5F0
アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作SSです

よろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475851466

PAGE TOP