ガヴリールドロップアウト

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2017/04/09(日) 21:14:05.788 ID:PwC+Au8q0
ガヴリール「二郎に行こう」

ヴィーネ「ジロウ?」

ガヴリール「ヴィーネ二郎知らないの?」

ヴィーネ「うん」

ガヴリール「まぁとりあえず行ってみようよ」

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 23:48:10.91 ID:v4aCYTBt0

提督「ついでに那珂ちゃんも!」

朝潮「朝潮、出ます!」

大潮「行っきまっすよ~!」

満潮「満潮、出るわ」

荒潮「荒潮、華麗に出撃よ」

霰「霰、抜錨します」

霞「霞、出るわ!」

那珂「那珂ちゃんはついでじゃないよ~!」

―――こうして、わたしたちと那珂ちゃんの【 FL作戦 】が、始まった―――

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443970090

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆7SHIicilOU 2016/03/26(土) 17:47:51.92 ID:rMZXZWC1o
【アケぼの】

曙「……! このっ!」

提督「IB236AエリアルBCBC236[BC]41236EX覚醒236EX」

曙「ぬがぁぁぁぁ!!! ちょっとは手加減してよ!」

提督「手加減することは相手に対して礼を失した行いだと昔言われてなー」

曙「ただでさえこういうテレビゲーム? とか慣れてないのに……」

提督「でも一応持ちキャラ使わないようにしてんだぜ? キリノとか共通コンボしか打てねぇよ」

曙「私はそもそもコンボがなにかすら知らないわよ!」

提督「だからとりあえずはCPUとやって操作になれて練習をしっかりしろって言ったじゃないか」

曙「……だって」

提督「ん?」

曙「私だって漣とかみたいに同じもので一緒に遊んだりしたかったの! 馬鹿! クソ提督!」

 バタン

提督「ありゃー……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458982071

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 22:17:41.97 ID:FbaRNMTY0
八幡「うおっ、どうしたんだお前・・・その怪我」

沙希(比企谷があたしの眼帯を見て驚く)

沙希「別に・・・階段で転んだだけ」

八幡「・・・そうか、その、大丈夫なのか?」

沙希「・・・2、3日で治るってさ」

沙希(こいつが心配してくれる。それだけで嬉しくなる単純な自分が少し嫌いだし)

沙希(それでつい素っ気なくしてしまう自分は、大嫌いだ)

沙希「片目だけで遠近感狂っちゃうから・・・それはちょっと不便かな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486300661

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 00:21:13.61 ID:w5HXQhdc0
シンデレラジオのもしものお話です
例によって、今回だけでも見れるのでよければどうぞ

あと、一部のアイドルが、アイドルではなく一般人として登場するので
それがイヤな方はお気をつけ下さいませ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385997673

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 18:28:21.32 ID:1T3KgKxB0
潮「曙ちゃん! 曙ちゃん!」

曙「なによ」

潮「曙ちゃんって提督のことが好きなんだよね!」

曙「……は? ごめん、意味が分からない。あれと私のやりとりを見てよく言えるわね」

潮「私知っているよ? 曙ちゃんはつい好きな人にキツくなっちゃうツンデレさんなんだよね? インターネットに書いてあったもん!」

曙「……そのインターネットが嘘をついているかもしれないじゃない」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488792501

THE IDOLM@STER, その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/26(月) 17:51:19.31 ID:qbZmhicG0

「……プロデューサーさん」

「ん……何、どうしたの……?」

「いえ、えっと、用みたいなことは特に何もないんですけど……その、ちゃんと居てくれてるかなーって思って」

「居てくれてるか、って……こんなに近くで、こんなにくっついて、こんなに抱き締めあってるのに?」

「こんなにしてるのに、です。……目の前には、もうそれしか見えないくらいプロデューサーさんの顔が見えて。濡れた吐息の焼けそうな熱さまで感じられるくらいくっついてて。固さも柔らかさも何もかも、心地よく伝わってくる心臓の音まで分かるくらい抱き締めあってて。……でも、それでもです。だって……」

「だって?」

「……だって、こんなの幸せ過ぎます。一日の間をずっとずうっと、プロデューサーさんと一緒にいられるなんて。こんなに近くで、寄り添って、二人で明日までを迎えられるなんて。幸せで……幸せすぎて、まるで、夢みたいで」

「夢。……不安になっちゃったんだ」

「はい。……こんな本当の夢みたいに幸せな時間、本当は、本当に夢なんじゃないかって。私、不安で」

「そっかぁ。――それは、僕に解決してあげられる?」

「もらえます。きっと、プロデューサーさんにしか解いてもらえません」

「どうすればいい?」

「簡単です。ちょっと触れてくれれば、それで……」

「触れれば?」

「はい」

「でもそれ、今日こうして一緒になってから何度も――というか、ついさっきだってしたような気がするんだけど」

「……足りなくなっちゃったんです。さっき不安を消してくれたあれじゃ、もう、今の不安には足りないんです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482742279

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 23:40:26.41 ID:5ovZolB80
みりあ「みてみてー! 蘭子ちゃんみたい?」

蘭子「フフフ……小さき悪魔が纏う黒衣の誘惑よ……! (みちあちゃんとってもかわいいね!)」

みりあ「えへへ、褒められちゃった」

蘭子「我も魔王の宴に相応しき真の姿をこのグリモワールに…… (私も新しいライブの衣装考えて描いてみたんです!)」

みりあ「わぁ! 魔王の蘭子ちゃんすごーい!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367332826

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 21:13:06.32 ID:xWSJ89xE0
ヲ級「ドウシヨウカ……」

提督「くっ……[ピーーー]なら殺せぇっ!」

ヲ級「殺スモノカ……貴様ハ貴重ナ情報源ダカラナ」

提督「尋問して私から重要な情報を引き出そうという訳か……」

ヲ級「クックックッ……マア、ソウナルナ」

提督「クソっ、どんな尋問をされたところで私は吐かないぞ!絶対だ!絶対だからな!!」

ヲ級「ソンナ強ガリヲ言ッテイラレルノモ今ノ内ダゾ」

提督「相当な自身があるようだな……しかし私はどんな尋問・拷問にも耐えられるように普段から色々な状況を想定して訓練しているぞ!」

ヲ級「ナラバ……味ワッテミルガイイ!」グイッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1491739986

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 16:22:08.33 ID:DpKbyvZNO

「……ねぇ、雫」

「はいー。なんでしょうー?」

「なんだかんやでこうして潜っちゃったわけだけど……今日も、その、これで?」

「もちろんこれで、ですよー」

「そっかぁ」

「はい。初めての時から、この前も、昨日も、ずっとずうっとこうしてきましたしー。今日も、このままでいたいですー」

「まあうん、確かに初めの時からずっとこうだけれども」

「プロデューサーさんは、私とこうしているの、嫌ですか?」

「や、嫌とかじゃないよ。ないんだけどさ」

「えへへ、それなら良かったですー。私も、プロデューサーさんとこうしていられると、とぉーても嬉しいですから」

「雫が喜んでくれるのは嬉しいよ。……ただ、ちょっと」

「? なんですかー?」

「いや、今日はいつにも増して近いなーというか。くっついてるなーというか、抱き締められてるなーというか」

「駄目でしたかー?」

「駄目というか」

「でも、こうしてぎゅうーってすると幸せですよー? 気持ちよくてー。心地よくてー」

「まあ、幸せなのは幸せかなーとも思うけど」

「でしょうー? 私、プロデューサーさんとこうしていると、とってもとぉーっても幸せになれるんです。胸がとくんとくんしてー。お腹の奥がぽかぽかしてー。ほっぺがゆるゆる緩んだりー。ちょっと熱いくらいあったかくて、いっぱい幸せなんですー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482304928

PAGE TOP