THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/29(水) 23:47:39.65 ID:TnHKzzhDO

のらりくらりといきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414594059

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/30(日) 16:20:11.80 ID:8s65Atj0o

– 執務室 –

提督「なんだなんだ村雨、休憩から戻っていきなり」

村雨「これから白露型のみんなとドッジボールをして遊ぶんですけど~」

村雨「あと一人いると5vs5でいい感じになるのよね~」

村雨「そこで、提督も一緒にどう?って話よ」

提督「はあ…」

・最後まで一気に投下します

※前作

【艦これ】村雨「村雨の素敵な一日、見せたげる♪」

今回のお話と設定は同じですが、読んでいなくても特に支障はありません。もしよかったらどうぞ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477812011

化物語, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆EHGCl/.tFA 2014/01/08(水) 18:03:47.76 ID:kXzV57rP0
 これは、

     『物語シリーズ』

         ×

『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』

のクロス小説です。

舞台は俺ガイル寄りで、期間的には俺ガイルは夏休み前。
物語シリーズは、皆、怪異から脱出したパラレルワールドとお考えください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389171827

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/18(月) 17:31:00.15 ID:oFHCSoqmo
初投稿です。
知識不足など至らぬ点があるかもしれませんがよろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468830659

その他

1: ◆hs5MwVGbLE 2016/02/29(月) 14:44:27.62 ID:iTEjKVyh0
大学からの帰り道、僕は日々の生活にマンネリを感じていた。

休日にバイトのシフトを入れていること以外は毎日同じことの繰り返し。変化のない日常。

このまま卒業して、就職して、歳を取っておっさんになって爺さんになることに若干の恐怖さえ感じていた。

僕は刺激を欲していた。

そんなときだった。

ロリ悪魔「おにーさん、悪いことしない?」

金髪のロングヘアーで黒いワンピースに悪魔のような翼を生やして空を飛ぶ、見た目小学生くらいの女の子に声をかけられた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456724667

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/17(月) 20:08:29.14 ID:wxcG5XTdo
男「今、うつ病の患者さんが増えているそうですね」

医者「はい、今の世の中は多種多様なストレスであふれ返っていますから」

医者「そういったストレスにやられてうつ病になってしまう……という患者さんが多いのです」

男「色んな生き方ができるようになった一方、新しいストレスも増えたというわけですね」

医者「あ、そうだ。せっかくですから、新しいうつ病の患者さんたちをご紹介しましょう」

男「新しいうつ病? いわゆる“新型うつ”というやつですか?」

医者「いえ、それとはまた違います」

男「違う……? となると、さらに新しいタイプのうつ病ということですか」

医者「そういうことになりますね。ではこちらへどうぞ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492427308

その他

1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:01:40.621 ID:z5eJ0xpg0
先生「そんな!…分かったわよ!すれば満足なんでしょ!?だからもうご飯を食べるのやめなさい!」

男「!!?」

>>3

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆UKP3F95F2. 2015/11/11(水) 15:27:49.33 ID:daaQCP36O
天龍「って言っても今更誰も怖がらねえか」

天龍「俺も最近は戦闘よりも駆逐艦たちの子守りがほとんどだしな」

天龍「懐いてくれるのはうれしいんだけどなんだかもやもやするなあ」

天龍「なんか自信なくなってきたのかなあ」

天龍「あーやめやめ!今日は休暇貰って街にでもでて気晴らしでもすっか!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447223269

THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/12/31(土) 01:08:47.94 ID:PNlBW6o/0
ラッシャイマセェー? アリャットゴザッシタァー ココロガオドルナ!

モバP(以降P表記ぽよ~☆)「うっわ、流石年末。めっちゃ混んでるな…」ガラガラッ

P「えーっと、空いてる席、空いてる席…」

時子「…」

P「…」

P「……」

P「よし、空いてないから諦めるか」メールデシテー メールナノデシテー ソナター?

P「ん?」ピッ

『アァン?』

P「…」チラッ

時子「…」クイクイッ

P「……」

P「さてと、別の店探すか」

時子「アァ?」

ギョーザオマタセシヤッシタァー ソコノラーユヲトッテクレ マッテローヨ

時子「あれだけしっかり目を合わせておいて無視しようだなんて、随分良い度胸してるじゃない」

P「いやぁ、折角1人でのんびり飲んでるところを邪魔したらあかんかなぁ~、って」

P「んで今更だけど相席で良かったのか?」

時子「人の顔を見てコソコソ逃げる豚には一から躾し直す必要があるでしょう?今だけ我慢してあげるわ。額を擦り付けなさい」

P「あ、トッキーそこのドリンクメニュー取って?」

時子「もう一度そのフザけた呼び方したらこの店の裏メニューにしてあげるわ」スッ

P「サンキュートッキー」

時子「ちょっと店員。厨房を使わせてもらうわよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483114127

PAGE TOP