艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆ag9TZfREZs 2017/05/24(水) 22:41:29.72 ID:DlJlduFF0
キャラ崩壊注意
エロ描写注意
亀更新注意

憲兵「ハッ! 周辺住民の間で噂が立っていたため、私が調査しました!」

憲兵「僭越ながら、自分の第一印象でランキング付けさせてもらっています!」

憲兵「尚、本調査は、所属する提督、憲兵、艦娘には極秘で行われたものです!」

大本営「睦月型は立派な海軍の兵士である、ただちに報告したまえ」

憲兵「ハッ!」

睦月型の卑猥な噂とは?
↓1~5、コンマ下位3つは事実無根のデマですが……

※発表は順不同です

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆HQD7.GGuaY 2017/05/25(木) 01:31:52.57 ID:uLehxDhk0

・艦これと初期のあの漫画のパロです、世界観は基本艦これです。
・思いつきなので短編です、すぐ終わります。
・ツッコミ所は沢山在りますが、あの漫画遵守って事で許して(懇願)

天龍「はっ!こんな訳の分からねぇもんを後生大事にしてるなんてほんと訳分かんねぇなー電は」

電「…わ、訳の分からない物なんかじゃないのです!これは…司令官さんが電にくれたとって大事なパズルなのです!」大事に抱え

天龍「へっ!そんなつまんねーもんよりもっと演習や実戦で力付けろっての!俺もお前も艦娘なんだぜ?敵を倒してナンボだろ!」

電「い…電は…皆も…本当は沈めた敵も…助けたいのです…」

天龍「は?」

電「だ、誰だって…どんな相手だって…!本当は…沈んだり…死んじゃったり…したくない筈なのです…!」キッ

天龍「なっさけねぇ…!俺ぁお前みたいなへなちょこチビを見てるとイライラして来るぜ!」フンッ

電「う、うぅ…」ビクビク

雷「こらーっ!天龍!またうちの妹をいじめてるのねっ!!」タタタッ

天龍「げっ!雷…!」

雷「もうっ!いい加減にしないと司令官に言いつけるんだからっ!!」ギロッ

天龍「ちっ…うっぜぇ…」

北上「どしたの天龍ー?」

天龍「おう、北上か…何でもねーよ。ここに居るとチビ共がうっせーし…飯でも行こうぜ」スタスタ

北上「良いよ、まー駆逐艦ってのはウザいのばっかだしねー」スタスタ

雷「ウザくなんかないわよっ!天龍と北上さんの意地悪っ!!」アッカンベー

電「あ、あの…雷ちゃん…ありがとうなのです…」

雷「はぁ…、電が優しいのは分かってるけど…偶にはガツンと言わないとダメよ?」

電「でも…天龍さんの言い分も…間違ってないのです…」

雷「ん…まぁ、そうね…雷達は艦娘…深海棲艦と戦うのが本来の使命だし…」

電「……でも、電は…本当は皆が仲良く出来る世界が欲しいのです…」俯き

雷「電…」

電「…」

雷「……あ、と…ところで…その司令官に貰ったパズルはどう?完成したの?」

電「あ、ま…まだなのです!だけどこれ…とっても面白いのです!昨日も結構夜更かししちゃって…夢中なのです!」

雷「そうなの。早く出来ると良いわね!確か完成したら…」

電「なのです!願いが叶うって…司令官さんは言ってたのです!」

雷「ふーん。ちょっと信じられないけど…どんな願いをしたの?」

電「それは秘密なのです!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495643512

艦隊これくしょん -艦これ-

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 23:15:57.26 ID:gqMv0ECD0
このスレは>>1が艦これをプレイしてみたいと思うキッカケになった艦娘が
つい10分前にドロップされた記念に衝動的に立てたものです。

・キャラ設定? いいえ、知らない子ですね
・即興SSにより書き溜めなし
・地文あり
・内容は短編連作

艦これ愛だけは十二分なので、ハートの広い提督方は是非お付き合いをば。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406988947

けものフレンズ, ジョジョの奇妙な物語

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/28 19:47:51.750 ID:qCGNDHPI0.net
サーバル「その独特な髪型はナマコのフレンズに違いないよ!」

仗助「おい……小動物、あんた……今おれのこの頭のことなんつった!」

サーバル「ナマコだよ!それにわたしは小動物じゃなくてフレンズ!サーバルキャットのサーバルだよ!」

仗助「おれの頭にケチつけてムカつかせたヤツぁ何モンだろうーーーとゆるさねえ!このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」

サーバル「ええっ!?サザエのフレンズなのかい!?わけがわからないよ!」

仗助「ドラァーーーーッ!!!」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 22:40:32.32 ID:NDJfb4sn0

雪乃「始まるよ!」

八幡「誰だお前」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439041232

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆xW69XHZIXl2A 2015/08/19(水) 19:11:01.92 ID:gaaXSgNZ0
■部室————————–

いろは「先輩ー、ひまですー」ぐだぐだ

八幡「で、お前いつまでいるわけ?」

いろは「なんで肩肘つきながら本読んでるんですか?」

八幡「いや、話聞けよ」

いろは「文字が多い本読んでる俺かっこいいーアピールですかー。うげー。気持ち悪いですよー」

八幡「だったら、お前の机にうつ伏せスタイルは、なんなんだよ?」

八幡「ぐだぐだして、常に上目づかいの私かわいいーアピールですかー。本当にかわいいですねー」

いろは「えへへー。先輩にかわいいって言ってもらえたー」ぐだぐだ

八幡「あー。はいはい」

八幡(あざといあざとい)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439979061

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23 10:07:55.168 ID:vtQEZCJO0.net
魔王 「へっ……いいだろう、教えてやるよ」

魔王 「10年前、お前の糞親父とその一行が今日のお前みたいに俺様に挑んできた」

~10年前~

俺 「魔王!!!!!」

魔王 「俺!!!!」

俺 「はあああああああ!!!」

ザシュ………!!

俺 「!?」

俺 「」胸から剣が生えてる俺

ポタ……ポタ……

俺 「魔法使い……なぜ………」

魔王 「はーはっはっはっ!!よくやった魔法使い!!」

魔法使い 「光栄です魔王様」

俺 「まさか……なんでだ……魔法使い……好きだったのに」

魔法使い 「キモいのよ!!さっさと死んじゃいなさいこの童貞!!」

俺 「そんな……奴だったなんて……俺と旅をしていたのきのあの優しい笑顔は嘘だったんだな……」

魔法使い 「そんなことも見抜けないからあんたは一生童貞なのよwwwwww」

俺 「くっ……」(とはいえここで勇者の血を絶やすわけにはいかない>>5と中だし種付けセックスして子孫を残さなければ……)

その他

1: アキタコマチ23号 ◆5wgEDG6NW86j 2017/03/23(木) 20:42:26.01 ID:xjTQEupu0

※この作品はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

※一次創作作品です。面白そうな話(主観です)を思いついたので投下します。

.

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490269346

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 13:16:58.55 ID:bGKhngeS0

ほのぼの百合百合しいバスの最後尾に私は座っていた。
いつも通りいちゃいちゃする3組+私+運転手――あれ。
何か、毛色の違う人が。
誰や、あんたと思ったら――。
何と、小学生からの付き合いのヤンキーちゃんだ。
バスに乗って帰るなんて珍しい。
私は、肩までの金髪ヘッドをぽんぽんと叩く。
どうしたのかと聞くと、バイクが壊れてしまったとのこと。
あらあら。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493785018

PAGE TOP