THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 13:09:39.18 ID:xmk0BEHy0
伊織「いきなりアンタは何を言い出すのよ?」

響「この前ピヨコが見てたアニメでそんなことやってたんだ」

伊織「響が見た、ってことは・・・また小鳥は事務所でアニメ見てたの?懲りないヤツね・・・」

響「伊織はテニスできるんだよね?」

伊織「まぁ、できるわね」

響「じゃあちょっとやってみようよ!」

伊織「は?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411099769

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:27:06.65 ID:xp0Nvkny0
小鳥「は、はい、どうぞ」

社長「うむ、遠慮なく言ってくれたまえ」

P「この事務所、すごく疲れます」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395926826

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 20:34:00.07 ID:a9H2BqDx0
真「はい」

P「……一応聞くが、どうしてだ」

真「もう、王子様扱いされるのはイヤなんです」

P「また随分と贅沢な悩みもあったもんだな」

真「マジメに聞いてください!」

P「別に、茶化してるわけじゃないさ。ただ、そこまで嫌がる理由が俺には分からん」

真「……プロデューサーにも話したと思いますけど、ボクは女の子らしくなりたくてアイドルになったんです」

真「なのに、もらえる仕事はどれも『真王子』ばかり求められて……」

P「全然女の子らしくなれない。それが不満、ってことか」

P「……なぁ、真。お前、自分が何言ってるか分かってんのか?」

真「小娘が生意気な口を利くな、って言いたいんですか」

P「そこまで言うつもりはないがな。まぁ、そんなところだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377948839

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 04:10:55.29 ID:bI35FBZL0

材木座「♪~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431112245

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 15:24:41.59 ID:yPLa0ChG0
おばたP「どーも!花より男子,花沢類役の小〇旬です」シュンデスシュンデスシュンデス

おばたP「今日は新しいアイドルをスカウトしにいこうと思います」

おばたP「よしっ最初はモデルの撮影現場にでも行ってみようか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497594281

サザエさん, ちびまる子

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/28(月) 23:28:41.84 ID:jU88LyJJ0
まる子「……」シュン!

マスオ「…」シュン!

波平「はぁ!」シュッ!シュッ!

マスオ「ふん!」バシッ

波平「はぁ!」ドン!

まる子「うっ…」

マスオ「てりゃぁ!」

まる子「…」ナイフ取り出す

マスオ「!?」

まる子「……」サクッ

まる子「ふぅ二体一は流石にキツいねぇ」

キートン「まる子よ、今ごろ気がついたか」

マスオ「僕の肌に傷をつけるとはいいナイフだねぇ…デザインから見てみまつ屋で売っている物…あの形状毒か…」

波平「平気か?マスオ君」

マスオ「問題ないですよ、お義父さん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503930521

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/28 02:56:20 ID:1Xl
彡(゚)(゚)「で、AIって具体的に何ができるんや?」

(´・ω・`)「AIは学習と行動しかできないよ」

彡(゚)(゚)「ファッ!?なーにがAIや!!無能やんけ!!」

AI「原ちゃんは無能、覚えました」

(´・ω・`)「酷いなぁ、まぁこれが簡単に言えば学習だよ」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/29 00:36:02.961 ID:EplXj9dY0.net
青年「こんにちは」

村娘「あら、旅人さん?」

青年「はい。ここは……いい村ですね」

村娘「お上手ね。だけど、この村にはなんの用で?」

青年「えぇと……ボク、大陸の歴史について調べて回っていて……」

青年「この村で歴史に詳しい人というと、どの方になるでしょう?」

村娘「歴史に詳しいというと、やっぱり長老ね」

青年「長老さんはどちらに?」

村娘「あの家にいるわ」

青年「ありがとうございます!」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/28 21:33:02.378 ID:c/KJXoFE0.net
ガタンゴトン… ガタンゴトン…

男(はぁ~……今日も一日が始まる)

男(会社じゃ課長に毎日のようにいびられ、仕事も成果を出せずリストラ寸前)

男(家じゃ妻にはATM扱い、まだ幼い息子には早くもナメられっぱなし)

男(こんな人生があと何十年も続くなんて、耐えられない……)

男(いっそ、自分の手で終わらせてしまうか)

男(痴漢やって人生終わらせよっと)ナデナデ

女「キャーッ!!!」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/29 02:28:10.553 ID:el+KXMCk0.net
友人「くくくっ♪ムキになっちゃってさぁ、もしかして図星だった?実はあたしのこと大好きだった?」

友人「ねーねー怒んなよぅ♪あたしが可愛くて優しくて面白いのがわるいんだしさっ。あー、あたしってなんて罪な女っ!」

友人「そーだなー。……じゃあ、付き合っちゃおっか。友達みたいな、っつーかこんなノリでさ、そういうカップルもアリじゃないかなーって。」

友人「まーとりあえず、デート代と食事代はそっち持ちでー、月に1回はプレゼントくれてー、なんでもあたしの言うこと聞いてくれるのが条件だけどっ。」

友人「ち、ちょいちょいっ。冗談だってーの!本気にすんなよっ、まったく。……あー、じゃあ仕方ないなぁ。」

友人「じゃあっ……今までみたいに、あたしとバカなこと一緒にやってくれるってだけで、許してあげるっ♪感謝したまえよっ、ふふん!」

友人「あー待った待った、ちょい待ち。それプラス、もーいっこ条件出しとくわ。えっとね……」

友人「今度から一緒に遊びに行くときは、手をしっかり繋ぐことっ!恥ずかしがったりしたら、許さないかんねっ!ひひひ♪」

PAGE TOP