THE IDOLM@STER

1: ◆mQIjrp0Om6 2017/05/06(土) 18:28:51.54 ID:oH0KdVi30
モバP「可愛い過ぎて辛い」

ちひろ「誰がですか?」

モバP「桃華」

ちひろ「そうですか」

カタカタカタカタカタカタカタ

モバP「待って待ってお願い聞いて?」

ちひろ「嫌ですよ、勤務中の私語は慎んでください」

モバP「厳しすぎる….」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494062931

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/07/31 04:51:09 ID:jm9xVNWg
モバマスSSです
地の文ありです

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/23(水) 20:08:32.42 ID:VIPwODKx0
多分短くなります。

書き溜めがないのでゆっくりと行きます。

P(事務所に忘れ物取りに戻ってきたら……)

やよい「……」コソコソ

P(まるで江戸時代の泥棒みたいな格好したやよいがコソコソしてる)

やよい「……」キョロキョロ

P(なにしてるんだ……?)

やよい「……」テテテテ……

P(俺の机に?)

やよい「……」ストッ

P(座った!?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406113702

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/06/28(水) 00:59:06.55 ID:L2CaMULxo
大和「ごめんなさい遅くなっちゃって!」

矢矧「大丈夫、皆今来たとこだから」

霞「矢矧さんってホントそういうとこイケメンよね」

初霜「はい、大和さんメニューです」

大和「ありがとう初霜ちゃん。今日はこれで全員?」

霞「そうね。雪風たちは遠征だったから」

矢矧「まぁ急だったもの。仕方ないわ」

初霜「その、すみません……」

大和「気にしないで。初霜ちゃんに声かけてもらえて嬉しかったし……あ、間宮さん、コレとコレとコレもお願いします」

矢矧「大和、この後晩御飯なんだから、抑えておきなさいよ?」

大和「霞ちゃ~ん、矢矧がいじめますぅ」

霞「至極真っ当な忠告だと思うけど」

大和「分かってますよぅ。私だって、提督のご飯が食べられないのは嫌ですから」

初霜「そういえば今日は提督がお食事当番の日でしたね」

矢矧「駆逐艦のシフトは覚えてないのに、そういうとこだけしっかりしてるんだから」

霞「どっちかというと艦隊司令官が厨房に立ってることに異を唱えるところじゃないかしら」

間宮「おまちどうさま、お先にドリンクです」

矢矧「とりあえず、乾杯しちゃいましょうか」

大和「はい、じゃあ発起人の初霜ちゃん」

初霜「えぇっ!? っと、そのぉ~……か、乾杯!」

「「「乾杯!」」」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆4kE3eKwVM2 2015/04/11(土) 03:49:28.38 ID:qApFnE770
上目遣いに頼む戸塚の手には二枚の旅行チケットが握られている。突然の出来事に俺の身体は硬直してしまっていた。

「うん、八幡と、行きたいんだ…」

そんな身を捩ってお願いするな。危うく抱きしめそうになるだろ。硬直しててよかった、ナイス俺の身体。

「そ、そうか。俺は別に問題ないから大丈夫だぞ」

普通ならここで周りを見回してからかうやつがいないか確認するところだが、戸塚は男だ、心配ない。

「ほんと?…よかったぁ」

ほっと胸を撫で下ろしながら言う戸塚だったが、俺はチケットに書かれている文字に目が止まった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428691768

賭博黙示録カイジ

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/01 01:36:07.348 ID:d5k7qC/N0.net
和也「カイジ……!!助けてくれぇぇ~!!」

カイジ「和也ッ……!助ける……!助けてやる……!」

和也「頼むぅぅぅ~~!!」

カイジ「ああっ!!助けてやるぞ……!」

和也「カイジッ……!!カイジィ……!!」

カイジ「和也ッ!!助けるぞ!!」

和也「本当か……?カイジィ~~~!!」

カイジ「和也ッ……!和也ッ……!」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/31 21:31:22.184 ID:1NXZOLci0.net
妹「最近お兄ちゃんが元気ない、つらそう」

妹「お兄ちゃんが元気ないと私まで元気じゃなくなっちゃうみたいでなんかやだ」

妹「そこで、学校一の超キュートで魅惑的で可憐な天才である私がお兄ちゃんを元気にさせようってわけ」

妹「最初はとりあえず……>>5とかから始めてみようかな」

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/01 08:44:17 ID:m9voNYBE

男「……」モグモグ

ダッハッハ! だからちげーってば――

男「あーうるせえ」ボソ

男(このアパート壁薄すぎだろ……)

コツコツコツ

男「はあ……廊下歩く音まで聞こえるってどうなんだよ」

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/12 00:14:48 ID:8j76rJvg
男「抹茶フラペチーノ」

幼馴染「でも私抹茶飲めないのよねー」

男「ああ、知ってる」

幼馴染「・・そうじゃなくて」

幼馴染「せっかく2人で来たんだし飲み比べとかしたいじゃん!・・とか思わないわけ?」

男「・・うーん、まあオレはこれも好きだしな。いただき」チュー

幼馴染み「あー!私のキャラメルフラペチーノ~!!」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/31 00:00:42.860 ID:1NXZOLci0.net
妹「猛烈にエッチがしたい」

妹「正直お兄ちゃんになら処女捧げてもいい」

妹「でも親バレしたら確実に死ぬ、社会的にも家庭的にも死ぬ」

妹「なんかいい方法ないかなぁ…考えろ私の脳細胞、全神経を子孫繁栄と恋愛成就のために集中させて…」

妹「……あっ、>>5とかどうかな…?」

PAGE TOP