THE IDOLM@STER

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/06/30(金) 12:19:12.42 ID:EJIj/W+V0

パッションアイドルの堀裕子は自称・エスパーだ。

「私はさいきっくを使えるんです!」

彼女は常日頃から豪語している。

だが、私は、彼女が超能力をコントロール出来ているとは思えない。

堀裕子は、普段持ち歩いているスプーンを曲げることができない。

箱の中に隠した物体を透視することもできない。

天候を変えることはできないし、1分後に何が起きるのかすら予測できない。

前に、同じ事務所に所属するアイドルの渋谷凛が「ハナコ」という名前の犬を事務所に連れてきたことがある。

堀裕子はハナコを見るなり「可愛いですね!」とだらしない表情を浮かべ、手を伸ばした。

「ムムッ…! 見えます! ハナコちゃんが私になつく未来が見えます!」

彼女は顔をほころばせたまま、そう言った。

5秒後、堀裕子は手を?まれた。

彼女は泣いた。

「こんなはずでは」と悶えた。

それでも彼女は自分がエスパーであることを信じて疑っていない。

根拠もなしに「任せてください!」と言い、胸を張る。

「さいきっくにできないことはないんですよ!」と言い、満面の笑みを浮かべる。

残念ながら、私は超能力の類を信じていない。

私は怪奇現象やUFOといった話は苦手だ。

私と彼女とでは価値観がまるで違うらしい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498792752

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆E7idzvHwo6 2017/08/06(日) 15:21:50.15 ID:4xxdG3jx0
艦これSS、三作目の投稿です。

暑いので書いてみました。
特に誰にフォーカスをあてたわけではありません。

だいぶ久しぶりなので、ちょっと変な部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502000509

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 23:08:24.30 ID:jWL5xzCl0
モバマスSSです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396361304

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 12:32:33.19 ID:2aVg5aRY0
季節は梅雨、雨上がり。

紫陽花が咲き乱れ、その間で島風が遊んでいる。

島風「進むのおっそーい!捕まえたー!」

レア駆逐レシピを回し過ぎたせいで今日は鎮守府のほぼ全てが休日。

そして、昼時、甘味所「間宮」で電は慰められていた。

電「電(いなづま)は”でん”じゃないのです…」

雷「そんなに落ち込んじゃ駄目よ、電。司令官もそのうち間違えなくなるわよ」

暁「つらいときには暁を頼っていいのよ。お姉ちゃんなんだから」

響「電、このあんみつ美味しいよ。一口食べるかい?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426563152

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/20(月) 23:47:33.87 ID:qxWZ4+vfO
八幡 「はぁ」(今日は戸塚とあまり話せなかったな。こんな日は早く帰って小町に会いたい)

タッタッタ

八幡 (なぜだろう…嫌な予感がするな)

<せんぱぁ~い!

八幡 「・・・」(先輩なんていっぱいいるもんな。俺には関係ない。無視だ、無視)

ギュッ

いろは 「先輩って呼んでるじゃないですか!なんで無視するんですか?」ウルウル

八幡 「あー、先輩って俺の事だったの?てっきり別の奴呼んでるのかと思ったわ」(ていうかすごく近いんだけど…)

いろは 「えー?ひどくないですか?先輩なら私が呼んでるって分かってくれると思ってたんですけど」ヨヨヨ

八幡 「アーワルイワルイ。んでなんか用か?早く部室行かないと怒られんだけど」

いろは 「あ、あのですね。ここではちょっと///…なのでこの教室に入ってください」

八幡 (まぁ生徒会の手伝いではなさそうだな)

八幡 「なるべく早くしてくれよ?」

いろは 「すぐに終わりますよ……..すぐに」ニコッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429541253

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/10(木) 21:09:56.98 ID:QLdMf2K10
先輩「あ?喧嘩売ってんのか?」

後輩「別に悪意は無いですよ、事実を言っただけです。可愛らしい胸をお持ちで…ぐうっ!」

先輩「おらおら、クソ弱いくせに調子乗んじゃねえぞ」ギリギリ

後輩「ぐ、うぅ…やめ、やめて…」

後輩「ごべんなさい、ごべんなさいい…調子に乗ってました…私は哀れなウジ虫です…」

先輩「多少デカいからって、世の貧乳を否定できる権利を持ってると思うんじゃねえよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502366996

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/05 20:26:39 ID:vIp
異世界人「お前空飛べないの?」

俺「あ、はい」

異世界人「子供でも使えるタイムワープ使えないの?」

俺「あ、はい」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/06 00:58:36 ID:dUF
設定
彡[゚][゚] 年収750万
J( '-`)し 年収90万
彡(゚)(゚)25歳ニート年収0万
(´・ω・`)23歳社会人年収300万

その他

1: ◆AL.FJZZSBs 2017/02/13 23:25:48 ID:vRQ8S922
「──おりゃーーー!」ドサァッ

「またえらい買い込んできたな、妹よ」

「そりゃそうでしょ。女子中学生がバレンタインにかける情熱を重さや体積で表せば、スーパーの袋まるひとつ分くらいにはなっちゃうって」フンス

「ほほう、それほどまでに情熱を向ける相手がいるって事か」

「まあ実際にはバドミントン部のみんな、男女問わず送りあいっこするからね」

「なんじゃそりゃ、ロマンスじゃないじゃん」

「可愛い妹が誰かのものにならなくて良かったね!」

「どうせなら俺と気の合いそうな義弟を連れてきてくれよな」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/09 21:35:50.115 ID:se0NDWBl0.net
男「これ、俺が言ってたのと違ってるよ?」

新人「えっ」

男「俺はこうするように教えたはずだけどなあ……」

新人「えっ、あっ」

男「違う?」

新人「す、すみませんでした……」

男「まぁ、若いうちは覚えることが仕事だから」
男(なんとかごまかせたな)

PAGE TOP