THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/20(日) 16:32:32.73 ID:jmAQEjOeO
ちひろ「あら彼氏もいないのにおめでたい頭ですね」

p「ホモじゃないです(断言)」

p「と言うか結婚しておいた方がアイドルのみんなも安心して接してくれると思うんですよ」

ちひろ「ホモですし問題ないんじゃないですか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503214352

THE IDOLM@STER

1: ◆RfwyoP3XQY 2013/08/22(木) 01:58:17.83 ID:3ejw1Cpv0
モバマスSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377104297

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/20(日) 02:26:30.01 ID:vDGlAd8Q0
事務所

モバP「結婚したのか、俺以外のヤツと…」

凛「で、どうしてこんなことになったわけ?」

未央「えー、これには海よりも深いわけがありまして」

凛「……いいから教えてよ。これでも忙しいんだから」

未央「ストップッ!蒼い剣出すのは勘弁してよぉ!ちゃんと話すからさ!」

卯月「実は、未央ちゃんが冗談半分で裕子ちゃんを煽ったのがきっかけでして」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503163589

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:06:54.57 ID:j7o8wPBs0
伊織「いや…じゃないわよ!アンタねアイドルにっとってはイメージは最重要なのよ!?」

P「承知しております」

伊織「その今まで作ってきたイメージを急に崩したらファンが減るかもしれないのよ!?」

P「全くその通りで」

伊織「何で分かってんのにこんな事態になったのよ!!」

P「いや…その……」

伊織「さっさと答えなさいよ!何で!千早が!

「みんなのきもち」をカバーするなんて事になったのよ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455545214

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/08/15(火) 15:38:46.76 ID:HtopkqH80
※エログロOKだけどスカトロ系は自分が無理なのでなし。

提督「さて、まずは誰から虐めようか…」

>>3

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/20(日) 20:41:10.55 ID:LayDDlAE0

勇者「伝説の剣が抜けねぇ」
の続き

王の間

王様「よくぞ来た。勇者娘よ」

勇者娘「お呼び頂き光栄です王様」

王様「魔王が滅びてから10年、何故か再び魔王が復活してしまった」

王様「しかし、先代勇者の血を引く勇者娘であれば、復活した魔王を再び倒す事ができるであろう!」

勇者娘「はい!必ずや倒して見せます!」

王様「うむ!その言葉を待っていた!兵士達よ例の物を持って参れ!!!」

ゴロゴロゴロ

勇者娘「こ、これは!」

王様「お主の父が使っていたとされる伝説のナイフじゃ。これさえあれば魔王も倒せるであろう」

勇者娘「ありがとうございます!パシッ必ずや魔王を・・・・」

王様「どうした勇者娘よ?受け取って良いのだぞ?」

勇者娘「あ、はい!いえ!あの!」

勇者娘 (え、なにコレめっちゃ重いんですけどぉぉぉ!!!!)

勇者娘「王様!!失礼ですが、後日再び受け取りに来てもよろしいでしょうか!?」

王様「一体どうしたのだ!勇者娘よ!ただ握り持ち帰るだけで良いのだぞ?」

勇者娘「き、緊張のあまり手汗が酷くて握れないので後日ゴム手袋をして受け取りに参ります!」

王様「なんとwそういうことであったかハッハッハ」

王様「よかろう。先代、勇者も緊張には弱かった部分もあったからのうハッハッハ!」

王様「では後日受け取りに参れ」

勇者娘「はい!失礼致します!」

勇者娘 (さて、どうしよっかな・・・)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503229270

その他

1: ◆VcYmVurqQM 2017/08/20(日) 01:30:13.47 ID:8yyPI5jBo
王様「勇者よ、魔王討伐の選別としてどうのつるぎと50Gを与えよう」
女勇者「お心遣い感謝いたします。必ずや魔王を倒してまいります」
王様「うむ」

女勇者「まずは酒場に入って仲間を集めよう、って痛い!」
店員「いらっしゃ・・どうかされましたかお嬢さん」
女勇者「入口のドアで指をっ。すいませんが私の代わりにドアを開けてもらえませんかイテテ」
店員「え、ええ。どうぞお入りください」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503160213

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/20(日) 19:51:15.11 ID:bWcKJxNsO
剣士「俺は、世界一強い!!だから、見せてやるよ、俺の力を!!!うおおおおおお!!」

勇者「お願いします!」

強そうな怪物「ギャオオオオオオ!!」

剣士「おっと…ごめん!急にお腹の調子が悪くなったから俺は降りる!あとは頼む仲間たち!」

勇者「な…なんじゃそりゃ」

僧侶「腰が引けてる…」

魔法使い「だっさ」

最初はただ、調子の良い奴だけだとしか思わなかった。

強そうな敵「ギャオオオス!」

剣士「…す…すまん、戦おうと思ってたのだが今度は更年期障害で…」

勇者「またかい」 

僧侶「そんな更年期障害って急に襲ってくるのかなあ」

強そうな敵「おらああああああ!!」

剣士「あいたたた…もう多分足首粉砕骨折したから戦えないかも……」

勇者「出た…」

魔法使い「この腰抜け野郎…」 

正直、うざいときもあった。でも

魔法使い「…」 

剣士「何、黄昏てんだ」

魔法使い「……うっせー」

剣士「気にすることはない、ああやって感情的になるのは、お前が本当に僧侶を心配しているからだ、あいつもわかってるさ」

魔法使い「う…うっせー!!!…………お、怒ってねーかなあいつ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503226275

名探偵コナン

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/20(水) 23:44:49.85 ID:op+b5VhkO
コナン「何を訳のわかんねー事を」

阿笠「実はの、暇潰しに凄い物を発明してしまったんじゃよ!」

コナン「凄い物?」

阿笠「何と……。未来を見る事が出来る機械じゃよ!」

コナン「どこの青ダヌキのパクリだよ。どーせろくでもねーもんなんだろ?」

阿笠「む、見る前から否定するとは。論理的な探偵とは言えんのう!」

コナン「ぐ……。そこまで言うなら、見せて貰おうじゃねーか!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408545889

ドラゴンボール

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/17 19:47:57.747 ID:K3EADA3l0.net
トランクス(未来)「あぁ…今日も一日、仕事頑張ったな~」ガタッ

時の界王神「お疲れ様! 今日の修正は中々手強かったわね…」

トランクス「本当ですよ!! なんでサタンさんとフリーザ手を組んで世界を滅ぼしたりしてるんですか!?」

これは、ザマスとの戦い後にタイムパトローラーとなったトランクスの話である(ゼノバース的なノリ)

トランクス(やべぇストレス溜まってきた…何かしら発散しねぇとマジでキレそう)

時の界王神「うわっ!? ちょっ…トランクス!」

トランクス「…どうしたんですか?」

時の界王神「異常な時代を発見してしまったわ…今すぐ行ってくれないかしら?」

トランクス「残業ですか!?」

時の界王神「仕方ないわよ」

時の界王神「その時代の現状を資料として渡しておくわっ! 受け取りなさい!!」ボイッ

パサッ

トランクスは数枚の資料を受け取る。

PAGE TOP