THE IDOLM@STER

1: ◆jduRT8bHyo 2017/08/22(火) 20:50:10.46 ID:Eo53XMUN0
・未央と未央の兄の話です。
・というわけで、オリキャラで未央の兄が出ます。
・地の文が多いです。
・それでもよろしければ、ぜひどうぞ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503402610

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 23:25:01.84 ID:bdB0xB6y0
時雨「提督、帰投したよ」

提督「うむ。ご苦ろ…」

夕立「提督さーんっ! 今日も夕立がMVPだったぽいー!!」ダキッ

提督「おわっ?!」ドターンッ

夕立「今日潰したのはねっ、ヲ級とル級と! えーと、えーと……とにかく褒めて褒めてー!!」

提督「わ、分かった! 分かったから降りてくれ」

夕立「はっ……ちょっと興奮し過ぎちゃったかしら…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466087101

THE IDOLM@STER

1: ◆pdkDwyOMVs 2017/08/22(火) 06:43:47.09 ID:SInPf2jZo
「りんののとブンドドって似てるよな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503351826

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:52:32.74 ID:ETTqvqHo0
P「晶葉から預かってきた」

泰葉「あの」

P「お、どうした」

泰葉「それと私達に何の関係が…?」

泉「同意見。っていうか私はどちらかというと作る側じゃない…?」

P「作るか? そんないかれたもん」

泉「いや作らないけど…」

P「そういうこった。ここにいるのはウチの事務所から選び抜いた理性的メンバーだ」

千秋「結局は実験台ってことね? 頭が痛くなるわ…」ハァ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503334352

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22 21:21:20.172 ID:0akRQJmV0.net
比企谷「…」

雪ノ下「…」ペラッ

由比ヶ浜「やっはろー」ガラッ

雪ノ下「こんにちは」

比企谷「うっす」

由比ヶ浜「うー」

雪ノ下「珍しいわね由比ヶ浜さんマスクなんかして」

由比ヶ浜「花粉症がひどくてさーもう最悪…」ズビッ

雪ノ下「そう…目も真っ赤ね…」

由比ヶ浜「目薬も差してるんだけどあんま効果なくて…ヘックチッ!!」

比企谷「…」ギュッ

由比ヶ浜「……」

雪ノ下「……」

雪ノ下「…比企谷くん?なんで由比ヶ浜さんに抱きついているのかしら?」

由比ヶ浜「ひひひひひヒヒッキー!!?///」

比企谷「……ッ!!??」

比企谷「すすすすすすまんっ!!///」サッ

雪ノ下「…比企谷くん短いお付き合いだったわね面会には行ってあげるわ」

比企谷「おい待ってくれまだ俺は社会的に死にたくない」

雪ノ下「塀の中にいる人はみんなそう言うのよ」

比企谷「違うんだ気づいたら体が勝手に動いて…由比ヶ浜に抱きつくつもりなんかこれっぽっちもなかったんだって!」

由比ヶ浜「ななななにそれ!それもそれで…ヘックチッ!!」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/20 02:26:10 ID:AHB
僕「あっくん、キチガイチンポハンター3返して」
あっくん「? 借りてない」
僕「貸したよ」
あっくん「ああ、そういえば、だい君がうちから勝手に持って行ったわ」
僕「返してもらって」
あっくん「だい君ち東京やねん」
僕「郵便で送ってもらって」
あっくん「だい君死んでん」
僕「キチガイチンポハンター3返して…」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26 00:15:38.849 ID:KGbLpZJS0.net
兄「死ぬかも」

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/04 03:32:58 ID:0O71LnaM
高校に入学して1年目の寒い冬、俺に初めての彼女ができた。

初恋は近くのケーキ屋のお姉さん。いつも赤いアクセサリーを身に着けていたお姉さん。

理由を聞くと、名前にアカがはいっているから。彼女は「子供っぽいでしょ?」と笑いながら、小学生でさらに幼い俺に言った。

俺は彼女の笑顔が好きだった。とてもかわいくて、魅力的で、元気な笑顔。

その笑顔を見るために、嫌いなケーキを親にねだった。
俺はスポンジが嫌いだ。

彼女はとてもおとなに見えた。大人なんて何が大人なのかわからないけれど、あれが大人なんだろうと、母親を見ながら思った。俺の母親の笑い方は下品だった。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/08/09(水) 20:28:55.92 ID:vk76e8LA0
これは麻里愛(マリア)が完全に女になる前の話

ニコニコ寮
両津とマリアの部屋

チュル…チュププッ

両津「グォォォ…ンガァァ…」

クチュ、ピチャッ
ヌチャヌチャ

両津「グォォ、ん…ん…?」モゾッ

ジュプッ、ジュルルルッ
チュパチュパ、レロレロ

両津「ムニャ…う…?な、なんだ…?
チンポが気持ちいいぞ…?」ゴシゴシ

マリア「んっ…んっ…あむ…」グプッ、グプッ、グプッ

マリア「んむ…ちゅぽっ、両様、おはようございます」ペロッ

両津が目覚めると、マリアが両津のチンポを口に含み、頭を上下に動かしていた

その他

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/19 00:22:18.10 ID:hUUDg/rH0.net
J( ‘ー`)し「85年の阪神日本一の日に設定したわ、行ってらっしゃい!」
彡(゚)(゚)「行くでえええ」

彡(゚)(゚)「あれ?これは・・・飛行機の中・・・坂本九・・・(アカン)」
彡(゚)(゚)「でも・・・機長!機長!油圧が逝ってます!油圧がアカンのですよ!」
機長「こマ?ほんまや!何とかいける!横田に行くで!!!」

彡(゚)(゚)「おおおお!無事着陸成功や」

PAGE TOP