THE IDOLM@STER

1: ◆a5k6MQnQtIgi 2017/08/27(日) 00:31:51.50 ID:9KCKQJrFO
一部の人にとっては不快に感じる表現があります
また文章もガバガバかつ下手なのでその辺りはご容赦ください

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/20(水) 05:09:28.18 ID:qPb0xTcx0

最近世界がおかしい。

それに気が付いたのは、深海棲艦に……潜水ソ級の雷撃を受けた時からかしら?

激痛に視界が歪み、頭の中が真っ白になった。艤装はペシャンコに曲がり、轟沈したんだと理解した。

目が覚めた時、私は入渠施設に浸かっていた。聞いたところによると、どうやら轟沈ではなく大破して気絶してしまったらしい。

それからだ。意識の戻った私には、世界の有様が少し違って見えた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468958967

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 20:27:19.48 ID:wRgVTB9B0
律子「私がデューサーをやるんですね」

P「よろしくな」

律子「任せてください」

春香「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406806029

THE IDOLM@STER

1: ◆NVPtD76/Wg 2016/04/20(水) 20:45:57.81 ID:9iBHVTB60
・P視点
・地の文あり
・BUMP OF CHICKENの同名曲とのクロスSS

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461152751

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/12(火) 01:11:03.36 ID:G916eMva0
八幡「由比ヶ浜と雪ノ下が生主してる?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430648349/

今度はヒロイン別々で書いてみました

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431360653

その他

1: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17 19:41:19 ID:7D3egraA
幼「なっちゃった…」

男「いやだっ!」

幼「だって、お父さんの転勤なんだから、仕方ないじゃん!」

男「い、行かないでよ、幼ちゃん!」

幼「もう決まった事なんだから…」

男「いやだ!いやだ!」

幼「わ、わたしだって、行きたくないよっ!」

幼「男くんと、離れたくないよ!」

男・幼「うわーーーーーーーん!」

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/22 23:02:13 ID:b/K8ZcQo
妹「きょうね、ようちえんでどろだんごつくったの。はい、あげる」

兄「おーすごいなー!ありがとな」

妹「えへへ」てれ

妹「なでなではー」

兄「はいはい」なでなで

妹「えへへへ」

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/07 16:55:35 ID:QZSOmzwk
一式陸攻「乗ってる人からは、一式陸攻って呼ばれてる」

一式陸攻「ボクは開戦当初、大活躍したんだ」

一式陸攻「イギリスの戦艦を沈めたのにも貢献しているんだよ?」

一式陸攻「すっごく低く飛んでね……、それこそ海面に当たりそうなくらいに」

一式陸攻「対空砲火の中、お腹に抱えた魚雷を発射する」

一式陸攻「ボクは、傷だらけになりながらも 何とか任務を成功させた」

一式陸攻「ふふっ、誇らしかったな」

その他

1: ◆TiKUvGS/sQ 2017/09/02 00:41:21 ID:/U.yLKwE
男「催眠術覚えたから幼馴染に悪戯しよう」

男「てのは冗談で、幼って最近悩み事があるのかため息多いから、催眠術であいつの悩みを聞こうって訳だ」

男「取り敢えず電話して幼馴染を呼ぶか」

ーーーーー

「もしもし? 男どうしたの?」

ジョジョの奇妙な物語, とある魔術の禁書目録

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 14:57:34.28 ID:IvnFQGVR0

とある研究所

研究員 「それじゃあ空条承太郎君、次はこのテスト
なんだが…

承太郎 「ったく…どうして俺がこんなことに
付き合わなきゃいけないんだぜ…」

ジョセフ 『おい承太郎!』

承太郎 『なんだジジイ、こちとらエジプトから
帰ってきてまだ10日…俺は疲れているんだ
それに明日からは学校に行かなきゃいけねぇ』

ジョセフ 『そのことなんが承太郎、お前出席日数
足りてるのか?』

承太郎 『…………』

ジョセフ 『そこでだ承太郎!学園都市という所へ
行ってみないか?』

承太郎 『あ?学園都市だと…?』

ジョセフ 『SPW財団も支援している超技術が発達
した都市で超能力者を開発している所なんじゃ』

承太郎 『超能力?スタンド使いじゃないのか?』

ジョセフ 『いや人工的にじゃ、そこでだ承太郎
お前には学園都市の能力者をスタンド使いから
見てどうなのか聞きたいとSPW財団のものが
言っておってだな…』

承太郎 『………』

ジョセフ 『もちろん住む所を提供するし住む分には
不自由させん!だからどうじゃ承太郎!』

承太郎 そこを離れようとする

ジョセフ 『承太郎!』

承太郎 『勘違いするなジジイ、誰が行かないと
行った』

ジョセフ 『ということは?』

承太郎 『SPW財団には旅のことで随分世話になった
その借りを返すだけだ』

ジョセフ 『相変わらず素直じゃないのぉ』

※この話は上条さんの代わりに承太郎がいるという
設定です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482904654

PAGE TOP