艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/05(火) 20:58:53.65 ID:TUToinu60
響「熱いね……」グデェ

雷「熱いわね……」グッタリ

電「熱いのです」しおしお

暁「熱い熱い言ってるから余計熱くなるのよ!そんなのレディの言う事じゃないわ!」!かすんぷ

雷「この熱さがどうにかなるのなら、レディじゃなくたっていいわ……」

響「クーラーを……」

電「今日は壊れていて使えないのです……」

響「……うぅ……熱い……死ぬ……」

暁「っ!だから熱い熱いって言わないでよね!」

雷「でも熱いものは仕方ないじゃない……」

暁「うっ、それは……そうだけど……」

電「何か涼しくなるような事でもすればいいのです……」

暁「そうよ、それだわ!」

雷「それで何か案はあるの?」

暁「ふにゅっ」

響「…………怖い話なんてどうかな?」

暁「ふええぇぇっ!?」

雷「いいわね、それ!」

暁「で、でもでもっ、もっと他にも涼しくなるような事が……。ほ、ほら海に出るとか!」

響「遠征で嫌になるほど海に出てるじゃないか」

電「えっと、怖いお話に聞き入ってたら熱いのも忘れられると思うのです」

暁「じゃあ、えっとえっと……」

雷「あ~、もしかして暁怖いんだぁ~」

暁「こここ、怖くなんてないわよ?全然平気だし?」

響「なんで疑問形なのかな……」

暁「と、とにかく怖い話なんて平気へっちゃらだもんっ!」

雷「なら一番手は暁で決まりねっ!」

暁「ふぇぇぇぇっ!?」

雷「怖くないんでしょ?」

暁「そ、それは……」ごにょごにょ

響「決まりだね」

暁「響っ?」

電「ごめんなさい暁ちゃん。電もちょっと聞いてみたいのです……」

暁「電までっ!?」

響「そういうわけだから観念するんだね」

暁「うぅ~……」

暁「し、仕方ないわねっ。泣いても知らないんだからっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1504612733

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 23:36:17.01 ID:+4lCa91a0
スレタイの通りアイドルのユニットでRPGのパーティを組んだらどんな感じになるかというものです

注意
このssには作者の妄想がたくさん含まれています
このアイドルがこうなのはおかしい!ということもあるかもしれませんが作者の個人的な考えなのでご了承ください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1504276576

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 16:52:36.25 ID:D5z3cHBio
杏「ぬいぐるみ汚れたった」

亜里沙「あらぁ、そしたら洗わないとね」

杏「おねーちゃん洗って」

亜里沙「うふふ、一緒に洗いましょう♪」

杏「えー」

亜里沙「洗わないぬいぐるみには雑菌がいっぱい」

杏「うげぇ」

亜里沙「おねえさんもウサコちゃんをキレイにするから、一緒に、ね?」

杏「しょーがないな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396165956

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆LbeDggmp36 2015/05/14(木) 22:24:18.93 ID:k9k8I1z70
注意
・八幡と結衣が付き合ってる設定です。
・キャラ崩壊してます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431609848

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13 17:58:06.715 ID:yr4HoITV0.net
いつもと何も変わりない部室
いつものように、いつもの場所で彼女は本を読んでいるかのように見えた
「どうした?」
居眠りでもしているのだろうか、口元を注視すると、微かに光る液体が見える
「眠ってるの?」
この状態を見て、起きていると言うやつは少ないと思うが
一応「そうみたいだな」と返しておいた
今日は天気も良い、程良く暖かい
眠くなるのも仕方ないというものだ
「俺も少し寝るかな」
そう言い、彼女の横にイスを並べる
「なにしてるの?」
「見てわかるだろ、ベッドを作っているんだ」
「うん、それはわかるけど、なんでそこに?」
「枕があるからな」
呟くように言い、俺はお手製ベッドに寝転がり、枕に頭を乗せた

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 23:06:25.44 ID:SMHTvTKto
夕方 765プロ

真「じゃ、おつかれさまでしたー!」

雪歩「お疲れ様でしたー」

P「おう、お疲れ。レッスンで疲れただろうからゆっくり休んでくれよ」

P(……二人がいなくなっただけで急に静かになったな)

P(そういえば今の時間は音無さんも律子も、他のみんなも外に出てるから誰もいないのか)

P(……留守番しながら仕事でもするか。……ん?)

P(机の上に紙袋? さっきまでは無かったよな……もしかして二人のどちらかの忘れものか?)

P(一応確認してメール送っておくか……えっと、中身は)

P(……ッ!? こ、これは……スパッツ!? しかもこれは確か―-)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395237985

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/27 12:05:28.496 ID:ZASGVMkSM.net
ご存じだろうか。
貴方が持っているそのチンポは貴方とは別の人格を持っていることを。
そして、チンポたちは貴方がたが眠っている間にテレパシーで会話していることを。

これは、あるチンポたちの物語である。

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 22:53:28.38 ID:TZTdOi3y0
ガチャ

みく「あ゛ー、疲れたー、今日もライブ負けたし何があかんねやろ…」

みく「明日レッスン前にプロデューサーに聞こかなー」

みく「ま、明日にしてとりあえず晩御飯にしよかー」

ピンポーン

みく「誰やろ?宅急便かな?」

ピンポーン

みく「はいはーい」

ガチャ

法子「みくちゃーん!」

みく「は?法子?」

法子「今晩泊めて!」

みく「は?は!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424613208

ONEPIECE

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/03 17:11:31.291 ID:k7u/s7nid.net
ルフィ「他は誰も無理?」

ルフィ「うーん」

ルフィ「今日はやめとくか!またみんな集まれるときにしようぜ!」

ブルック「…」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/31 21:56:01.831 ID:o44OANwHa.net
俺くん「どこいったんやろ……あれぇ?ヤバイ次使うプリントとかも入れてたのにな……」アワアワ

陽キャ「wwww 俺くんどしたんww なんか探してんの?」

俺くん「あ……うん……。筆箱、なくなって……」ボソボソ

陽キャ「そうwww まあ頑張れやwwww」

お前らくん(陽キャのやつ……。さっき俺くんの筆箱ゴミ箱に捨ててたクセに……!)

お前らくん「おい……」

陽キャ「ん……?なんやお前らwww」

俺くん「お前らくん……」ウルウル

お前らくん「>>4

PAGE TOP