まほ「みんなで鍋をつつくことになった」

ガールズ&パンツァー

 ◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 00:33:19.87 ID:7otjrutH0

まほ「なったんだがな…」 

アンチョビ「だがな、じゃない!何だこれは!」

まほ「そうだな、パンツだ」

カチューシャ「パンツね」

ケイ「ショーツ、でいいのかしら?」

ダージリン「具体的にはみほさんの下着ね」



 

※こういうSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467473599

 

◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 00:37:33.75 ID:7otjrutH0
アンチョビ「わかるよ!見れば!なんで鍋の具材にパンツが並んでるんだ!!」

まほ「なんでだろうな」

ダージリン「皆目検討も……」

ケイ「Mysteryね」

カチューシャ「食べるの?これ?」

梓「え?食べるんですか……」

◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 00:42:05.78 ID:7otjrutH0
アンチョビ「食べるわけないだろ!見てみたいよ!食べるやつ!!」

カチューシャ「……そこまで言うならノンナを」

アンチョビ「呼ぶなよ!お前が言うと本当に食べるだろ!そいつ!!」

まほ「妄信とは時に恐ろしいものね…..」

ケイ「Crazy……」

ダージリン「まず、自分で食べず仲間に食べさせようという発想がちょっと…..」

 

◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 00:46:28.29 ID:7otjrutH0
アンチョビ「あぁ!もう!まず誰だよ、これを用意したのは!!!」

まほ「わたしだ」

アンチョビ「お前か!」

まほ「わたしの実家でやってるからな、鍋パーティー」

アンチョビ「そうだな!大人数が入っても大丈夫な家ってここぐらいだな!!!」

アンチョビ「西住流の家に招かれたって言う最初の感動を返してほしいくらいだよ!」

まほ「そんなにたいした家では……」

アンチョビ「たいした家だよ!パンツさえ食卓に並ばなければ!」

 

◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 00:50:50.80 ID:7otjrutH0
アンチョビ「そもそも、何で用意した?」

まほ「喜ぶと思って…..」

アンチョビ「誰が喜ぶんだよ!!!」

カチューシャ「……」

ダージリン「……」

ケイ「……」

梓「…….(モジモジ///」

アンチョビ「聞いたわたしが馬鹿だったよ!全員だよ、チクショー!!!」

ケイ「Wait!わたしも数に入ってるの?!」

ダージリン「心外ですわ」

カチューシャ「さすがにわたしもこれはちょっと…..」

まほ「え?」

 

◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 00:54:08.16 ID:7otjrutH0
まほ「そうなのか、みほの対戦校の隊長は全員そういうものだとばかり……」

アンチョビ「お前だけだよ!」

まほ「いや、さすがにわたしも妹のパンツを食べようとは…..」

アンチョビ「じゃあなんで用意しようと思ったんだよ!」

アンチョビ「なんで一番いい皿の上に置いたんだよ!!」

まほ「いや、なぜだろう…..」

アンチョビ「あぁ、もう!」

 

◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 00:59:34.53 ID:7otjrutH0
アンチョビ「それで、どうするんだよこれ……」

まほ「誰も食べないなら置いておくよりほかないな」

ダージリン「異様な光景ですわよね、いまさらだけれど」

アンチョビ「本当にな!」

カチューシャ「叫びっぱなしで疲れない?」

アンチョビ「疲れてるよ!皿の上のパンツを見たときから!」

ケイ「ねぇ、もうパンツは置いといてお鍋食べない?最初に入れたお肉がもう硬くなってるの」

梓「あぁ、高そうなお肉なのに…..」

アンチョビ「お前ら……」

 

以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/07/03(日) 01:00:51.21 ID:yPy1FdQh0
ミカさんは西に流されてるようだけど澤ちゃんがいるのは高ポイント
◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 01:09:40.59 ID:7otjrutH0
梓「あの、今更なんですけど、わたし本当に何も用意しなくてよかったんですか?」

まほ「あぁ、気にすることはないよ。君は一人年下で参加が決まったのも急だったから」

アンチョビ「そう、そこ!なんで大洗だけ隊長じゃなくて…..」

梓「あぁ、ごめんなさい!わたし、澤梓です。うさぎさんチーム…あ、M3リーの車長をやってます」

アンチョビ「あぁ、そんなにかしこまらなくていい。知ってると思うがわたしはアンツィオの総帥、アンチョビだ」

ダージリン「安斎さん、挨拶はそれくらいにしてそろそろお鍋を」

アンチョビ「ア ン チョ ビ !総帥アンチョビだ!」

ケイ「…..(モグモグ」

カチューシャ「……(モソモソ」

アンチョビ「こら!何も言わず食い始めるな!!っていうか、肉ばっかりとりすぎ!」

まほ「さぁ、君も遠慮なく…..わたしが取り分けるから」

梓「そんな、先輩、それも西住隊長のお姉さんにそんなこと」

まほ「遠慮をすることはないよ」

アンチョビ「もう!野菜も取れよ!!」

 

10  ◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 01:22:03.81 ID:7otjrutH0
梓「でもこのお肉、本当においしい、お野菜も…..」

アンチョビ「あぁ、奮発してイベリコ豚を買ったんだ」

まほ「牛肉はわたしとケイからだな」

ケイ「That’right!長崎和牛よ」

ダージリン「あら、アメリカ産ではなかったのね」

まほ「わたしも和牛だ。鹿児島産の黒毛和牛」

梓「こ、高級品じゃないですか!」

カチューシャ「デザートに青森産のりんごを用意しているわ!」

ダージリン「私もデザートを。あとは紅茶かしら」

アンチョビ「見事にカロリーが高いものばかりだな」

まほ「野菜もあるだろう。こちらは熊本産だ。うちと懇意の業者に特に旬のものを選んでもらった」

梓「あの、わたし本当にいただいても?」

ケイ「No Problem!後輩なんだから厚意に甘えなさい♪」

ダージリン「遠慮や謙遜は美徳だけれど、今はそれを見せるべき場ではないわ」

カチューシャ「そうそう。遠慮なんて要らないのよ」

11  ◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 01:31:28.35 ID:7otjrutH0
まほ「もぐもぐ…..いや、しかし本当に美味いな」

アンツィオ「この野菜甘い。なぁ、この野菜を卸した業者紹介してくれよ」

まほ「かまわないが、アンツィオからでは遠いだろ」

アンチョビ「いやいや、多少遠くても美味いものには労を惜しまないさ。この前スイートポテトを焼いたときは大洗から…….」

アンチョビ「って、そうだ!大洗だよ。澤梓!」

梓「ふぁ、ふぁい?!(モゴモグ」

アンチョビ「あぁ、食べてからでいい。ゆっくり食べろ」

アンチョビ「なんで大洗だけ隊長の西住さんじゃなくて、副隊長ですらない一年生の子なんだ?」

まほ「あぁ、それならみほが『わたしはまだ実家に戻るのは気が引けるし、そういう会だったら次期隊長の澤さんを』と」

梓「わたしなんかが次期隊長だなんて…..」

ダージリン「それだけ期待されているのよ。頑張りなさい」

梓「は、はい!」

 

12  ◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 01:37:17.19 ID:7otjrutH0
まほ「それで、みほのパンツなんだがな」

アンチョビ「あぁ、もうせっかく忘れてたのになんだよ…..」

まほ「スライスしてみた」

アンチョビ「お前頭おかしいんじゃないのか?」

カチューシャ「スライスって言うより、短冊状に切り取っただけ?」

まほ「肉を見て思いついた」

アンチョビ「思いついたから何なんだよ…..食うのかこれ?」

まほ「……食べるのか?」

アンチョビ「食べるわけないだろ!」

まほ「そうか……」

アンチョビ「なんで残念そうなんだよ……」

ケイ「でもショーツなんて食べておいしいのかしら?」

梓「さぁ?たぶんおいしくはないと思うんですけど」

まほ「誰か食べてみるか?」

カチューシャ「ノンナを」

ダージリン「呼ばなくていいわよ……」

 

13  ◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 01:44:30.38 ID:7otjrutH0
まほ「ふぅ、少し食べ過ぎたな」

ケイ「ちょっと多いかと思ったけど食べきっちゃったわね」

アンチョビ「野菜以外な」

カチューシャ「ちょっと!デザートもあるのよ!!」

ダージリン「そういうのは別腹って言うでしょう」

梓「あ、わたしりんごをむきますね」

まほ「いや、菊代さんにお願いしよう」

アンチョビ「お手伝いさんがいるってすごいよな…..」

カチューシャ「フン、ノンナだってすごいんだから」

ダージリン「あなたチームメイトを何だと思ってるの?」

ケイ「人の事言えるかしら?」

ダージリン「あれは伝統よ」

 

14  ◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 01:49:59.40 ID:7otjrutH0
アンチョビ「今日は世話になったな」

ケイ「思いのほか平和なPartyだったわね」

ダージリン「えぇ、そうね」

カチューシャ「そうね、楽しかったわ。また呼ばれてやってもいいわ」

梓「本当にありがとうございました。それにお土産まで……」

まほ「気にしなくていい。今度また来てほしい。……みほと一緒に、ね?」

梓「は、はい//////」

まほ「それじゃ、皆気をつけて」

一同「「「「お世話になりましたー」」」」」

15  ◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 01:53:34.79 ID:7otjrutH0
アンチョビ「パンツが出てきたときはどうなるかと思ったけど、なんだかんだで楽しかったな」

アンチョビ「あいつらと会うのは今度は大学かな?大学では負けない….じゃなくて勝つ!」

アンチョビ「そういえば、お土産……やけに軽いな」

アンチョビ「……」パカッ

アンチョビ「パンツだーぁぁぁあああ!」

アンチョビ「パンツだアホーっ!」

※普通のお菓子も入ってました

終わり

16  ◆45SR4r0flud5[saga sage] 2016/07/03(日) 01:55:00.32 ID:7otjrutH0
終わりです。普通のほのぼのした鍋会をかけてよかったです。
珍しく澤ちゃんが普通で安心しました。

HTML依頼出してきます。今回はパソコンからだから大丈夫のはず…..

17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/07/03(日) 07:42:47.78 ID:YW7xNT2Yo
18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/07/03(日) 10:18:52.89 ID:kkBWzMBAo
変態がいないガルパンSSを久しぶりに見たような気がする

19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 10:25:08.90 ID:Anac0Ta80
いや思いっきりいるだろ
20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/07/03(日) 13:57:41.97 ID:rTwGMM6Io
食べてないからセーフ

 

元スレ
タイトル:まほ「みんなで鍋をつつくことになった」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467473599/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です 

Similar Posts:


PAGE TOP