ほむら「まどかが苛められてる」

魔法少女まどか☆マギカ

見たいSSカテゴリーは??

見たいSSカテゴリーは??
  • Add your answer
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:09:57.33 ID:Jq7wKkMdO
男「学校来んなよ、ブス」

女「きゃはは、髪の毛切ってイメチェンしちゃおうよ」

まどか「…」

さやか「…まどか」

まどか「…さやか…ちゃん…」

さやか「…こっち、見んじゃないわよ」

さやか「私まで同類だと思われるでしょ?きゃはははは!!」

和子「はいはい皆さん、ホームルーム始まりますよ」

和子「…お願いだから、私のいないところでしてくださいね」

「はーい」

まどか「…」

ほむら「…」

ほむら「…?」

ほむら「…!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449846597



    

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:13:38.78 ID:Jq7wKkMdO
ほむら(…え?どうして?)

ほむら(…どうしてまどかがいじめられてるの?)

ほむら(…私に対するドッキリ?)

ほむら(…いえ…私はまだ転校してきたばかり…そんな事ありえないわよ)

ほむら(…ちょっと待って)

ほむら(…今までのループで一番頭が回らないわ)

和子「さ、暁美さん、いらっしゃい」

ほむら(…とりあえず、様子を見ましょう)

スタスタ

「わ、綺麗な髪」

「お前とは大違いだな、鹿目」グイッ

まどか「…痛…いよ…」

ほむら「…」

ほむら(…落ち着くのよ暁美ほむら、今こいつを殺した所で私の正体がバレるだけ)

ほむら(…)ピキピキ

和子「…暁美さん…?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:13:56.94 ID:c3s01pn9O
それでも志筑さんなら…
志筑さんならなんとかしてくれる…!
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:16:45.66 ID:Jq7wKkMdO
ほむら「…暁美ほむらです、よろしく」

「声も綺麗!」

ほむら(…そう言いつつ、まどかの髪の毛からは手を話さないのね、こいつら)

ほむら(…先生は何をしてるの…!?)

和子「…」カタカタ

ほむら(…こいつ…)

ほむら(…落ち着きなさい、私)

ほむら(何か理由があるに違いないわ、ええ、そうよ)

「…暁美さんってどこの学校いってたの!??」

ほむら「…ミッション系よ」

「わー!凄い!」

まどか「…」ポツン

ほむら「…あの…」

「何何!?聞きたい事があるなら聞いてよ!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:19:06.56 ID:Jq7wKkMdO
ほむら「…あの人は…」

仁美「…あぁ、鹿目さんですの」

仁美「彼女のことは気にしなくてよろしいですわ、居ないので」

ほむら「…え?」

さやか「転校生ー、理解が遅いなぁ!にしし!」

さやか「居ないんだよ、い、な、い」

仁美「鹿目まどかさんは、この教室にはいらっしゃいません」ニコッ

ほむら「…あぁ」

ほむら(…ダメだ、親友であるはずの2人もこの有様)

ほむら(…殺してやろうかしら)

ガタン!

スタスタ

「え?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:21:10.80 ID:aS98jNZm0
叛逆後かと思った
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:21:59.04 ID:Jq7wKkMdO
ほむら「体調が悪いんだけれど」

ほむら「連れていってもらえる?保健室」

まどか「…え?」

ほむら「あなたに言ってるのよ」

まどか「…」

ほむら「…?」

まどか「…私は、いい…よ」

ほむら「…は?」

まどか「…そ、それより…皆と話してきてよ…」

ほむら「…」

ほむら「…」ガシッ!

まどか「…へ!?」

ほむら「いいから付いてきなさいと言ってるのよ!」

まどか「わ、ちょ!」

ガラッ!

「転校生こえー」

「早くも目をつけられたね、あのピンク頭」

「転校生さん、美人だなあ、ほんと大違い!」

ほむら(…聞こえてるのよ!クズ共!)

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:24:53.29 ID:Jq7wKkMdO
ほむら「…どういう事?」

まどか「…なに、が?」

ほむら「…何じゃない!どうしてあなたは黙っているの!?」

まどか「…」

ほむら「あんな目に遭って黙っているなんておかしいわ!」

まどか「…そんなの、変だよ」

まどか「…私は、あなたの事知らないのに…」

ほむら「…っ!」

ほむら(…そう、私があなたを思えば思うほど、私達にはズレが生まれる)

ほむら(…それはどう仕様もないこと、だってあなたは私を知らないんだもの…!)

ほむら(…でも!だからって!)

ほむら「…こんなの、あんまりじゃない」

まどか「…?…???」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:26:39.09 ID:Jq7wKkMdO
ほむら(…ここで声を荒らげても、彼女を不安にさせるだけ)

ほむら「…」

ほむら「…いえ、ごめんなさい」

まどか「…」

ほむら「…あんな露骨に…少し、驚いたものだから」

まどか「…」

まどか「…あ、そんな事より、体調大丈夫?」

まどか「…早く保健室に行こう?」

ほむら「…えぇ、そうね」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:30:05.61 ID:Jq7wKkMdO
保健室

まどか「…えへへ、ごめんね、驚かせちゃって」

ほむら「…」

まどか「…いつもだから、気にしないで」

ほむら「…」

ほむら「…鹿目…まどか」

まどか「…ん?」

ほむら「…あなたは…自分の人生が…尊いと思う?」

ほむら「…家族や…」

ほむら「…家族を、大切にしてる?」

まどか「…」

まどか「…うん、大切だよ」

まどか「…私は、私の身の回りの人、誰が居なくなっても、悲しいよ」

ほむら「…」

ほむら「…」

まどか「じゃ、私は行くね!」

ほむら「…えぇ」

ほむら「…」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:33:06.74 ID:Jq7wKkMdO
ほむら(…訳が、分からないわ)

ほむら(…まどかには、別に苛められる理由なんて見当たらない)

ほむら(…今回も、至って普通のまどかだ)

ほむら(…だったら、どうして…)

ほむら(…どうして、彼女の周りだけ、こうも違っているの?)

ほむら「…考え事も、させてくれないのね」

ほむら「…出ていきなさい…!」

「やあ」

「僕は君と契約した覚えはないんだけどな」

ほむら「…出ていけって言ってるのよ…!」

ほむら「…インキュベーター…!!」

QB「そんなに邪険にしないでおくれよ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:37:28.51 ID:Jq7wKkMdO
QB「僕の記録にも残っていない、魔法少女がいるなんてね」

QB「抜け道はあるだろうけど、僕と契約を交わしていない魔法少女なんて前代未聞だ」

QB「君は、何者だい?」

QB「どうして僕らの名前を知っているんだい?」

ほむら「…そんな事はどうだっていい…!」

ほむら「…出ていきなさい…!」

QB「そうもいかないよ、やっと希望が見えたんだから」

ほむら「…!」ギリッ

ほむら「あなた達のように…!奇跡を餌にして人の不幸をあざ笑う奴らに、希望の何がわかるのよ!!」

QB「…」

ほむら「…これが最後の忠告よ、出ていきなさい」

QB「やれやれ、話もできないなんてね」スッ

ほむら「…はぁ…はぁ…」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:39:36.62 ID:Jq7wKkMdO

ほむら「…ん…」

ほむら「…1時間くらい、寝てしまったかしら」

ほむら「…転校初日から、相対というのも印象悪いわよね」

ほむら「…戻ろう」

さやか「ほらぁ!!」ガスッ!

まどか「…」

さやか「何とかいいなよ、まどかぁ!!!」

ほむら「…な…」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:42:34.47 ID:Jq7wKkMdO
さやか「何?あんた声も出せないの?」

まどか「…」

まどか「…痛いよ…さやかちゃん」

さやか「…そういう態度がムカつくんだよねー」

さやか「…痛いならさぁ!痛いなりに喚いてみなよ!!」ベリッ!!

まどか「…っ!!!!!」

まどか「あぁぁぁぁぁああああああ!!!!!」

「ひゅー、爪」

「やるなぁ、さやか」

さやか「へっへーん、見てなよ、もっと面白いことしてあげるからさ」

ほむら「…何て…事…を…」

まどか「…」チラッ

ほむら「…!」

まどか「…」ニコッ

ほむら「…!!!!!」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:47:50.22 ID:Jq7wKkMdO
ほむら(あぁ、もうダメだ)

ほむら(…まだ、耐えられる、そう思っていたけど)

ほむら(ダメだわ、やっぱり)

ほむら(殺す)

ほむら(まどかを虐めてる奴ら、全員)

ほむら(殺して、やる)

ほむら「…」チャキッ

「何してるお前ら、席につけ席に」

さやか「…ちっ」

「おーい、美樹、入って早々舌打ちは先生傷つくなぁ、ははは」

「よーし、授業始めるぞー、昨日の続きな」

ほむら(…あぁ、そうか)

ほむら(…「まどか」は、居ないんだ)

ほむら(…この教室に「まどか」なんて居なくて、居るのは)

ほむら(皆の遊び道具の、鹿目まどかが居るんだ)

まどか「…」ポタポタ

ほむら「…」ギリッ!!!!!!

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 00:51:09.32 ID:Jq7wKkMdO
「2人一組で英文読み合いな」

さやか「仁美ー、やろー」

仁美「えぇ」

「…ん?どうした?鹿目、ペアが居ないのか?」

まどか「…」

「しょうがない奴だな、廊下で読んでろ」

まどか「…」

まどか「…はい」

クスクス

「馬鹿みたい、早く死んじゃえばいいのに」

「ほんとあいつ惨めだよな」

ほむら「いえ」

「ん?どうした…えーと」

ほむら「…転校生の、暁美ほむら、です」

「お、そうか、どうした?」

ほむら「ペアなら、居ます」

まどか「…え?」

ほむら「…さ、まどか」

ほむら「…まずは、男の人の会話からよ」

Similar Posts:


PAGE TOP