やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/19(木) 22:03:39.06 ID:M8hK68eP0
ぶっちゃけ序盤でネタ切れ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1508418218

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ぶたごり 2015/06/13(土) 02:55:57.63 ID:QIskN4q10
思いつき短編です。
一気に投下します。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434131747

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 00:35:02.33 ID:0YMncJtI0
八幡(公園でかくれんぼをしていたらいつの間にか皆いなくなっていた・・・)

八幡(珍しくクラスメートの男子が「ひきがやあそぼーぜ!笑」なんて言ってわくわくした自分が恥ずかしい)

八幡(てゆうかかくれんぼするとか言って皆すぐにどっか行ったこと八幡知ってるよ・・・?)

八幡(どうせ明日学校でネタにされるのだろう・・・はぁ死にたい・・・)

八幡(いつまでもこんな所で隠れてないで家に帰って小町と千葉テレビでも見るか・・・。ん?人影・・・?)

雪乃「お、お姉ちゃん・・・どこぉ・・・?」

八幡「!?」

雪乃「ひぃっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433777692

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 07:28:37.95 ID:HzWa6+nt0
山なし落ちなし短し

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433888907

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:24:37.77 ID:yp5/hc9L0
いろは「責任、取って下さいね」ボソッ

八幡「!?」

そう耳元で突然言われた俺は何も言えなかった。おいこういう時なんて言えばいいんだおい。

八幡「あ・・・あの・・・その・・・」

いろは「・・・んっ」チュッ

八幡「!!?」

なん・・・だと・・・。一色の奴が俺にキスキス行為を!?

いろは「んん・・・」

八幡「んぐ・・・」

長い。30秒は唇くっつけてるぞ。ちょっとこれモノレールの中だしこんなん他の客に見られたらたまったもんじゃない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433683467

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 06:53:30.85 ID:rWwUT+Bv0
【破滅への輪舞曲】

カラオケ 個室

八幡「イクセンコウネンーノー ユーウーウーツーガー♪」

モニター「82点」ババーン

八幡「ふぅ……」

八幡(やはりカラオケは一人で来るに限るな。思い切り歌えるし、他のやつらに合わせる必要もないし)

八幡(……せっかくだし電波ソングでも歌ってみるか)

八幡(たぶん自力で歌いきるの無理だからガイドボーカルも入れて、と……)ピッ

スピーカー<デーッ デーッ デーデーデデッデー

八幡「アサアサモーニンヨルヨルナイナイ ヤッバイ ペッラペラー♪」

八幡「ワンツースリーフォーファイ イロハニホヘト ヒー フー ミツ……ドモ……エ」

八幡(やだこれ一人でもめちゃくちゃ恥ずかしい! 聞くのは好きだけど歌うのは無理!)

八幡「……消すか」ガタッ

八幡「……いや、次の曲決まってからにしよ」スッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507931610

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 20:16:03.60 ID:3j1VXW/Z0
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。SS
短かいです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433675753

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 23:04:22.70 ID:y0RnULtA0
・ギャグです
・12巻のネタバレ含みます
・いきおいです

陽乃「君たちの関係って共依存なんだよ」

八幡「…」(悔しい…だが言い返せない)

「ちょっびと待った!」

陽乃「なに…この声は?」

陽乃(ウソ、今この場には私と比企谷くんしかいないはずなのに…)

八幡「この声はもしかして…」

「愛はいつでもそこにある、人が気づかないだけで」

陽乃「………だれ?」

八幡「あ、あなたは…まさか」

マッカン様「人はそうよぶ、いつどこで誰がつけたか、マッカン様と」

マッカン様「ちゃお!」

八幡「本物だ!!本物のマッカン様だああ!!!」

陽乃「ひ、比企谷くんこの人?知ってるの?」

八幡「はあ!?あんた何いってんだよ!!マッカン様だぞ!?あのマッカン様だぞ!?知らねえのかよ!!真の千葉県民なら常識だろ!!」

陽乃「な、なにそんなにムキになってるのかな…さすがのお姉さんもひいちゃうよ」

八幡「マッカン教の教祖様でマックスコーヒーをこよなく愛する人々にとって生き神様同然である!偉大で素晴らしい崇高な尊敬する存在…」

八幡「おお…まさか本人に会えるとはありがたや!ありがたや!」ポロポロ

陽乃(しらねえよ…つーか泣くな!!)

マッカン様「話は聞かせてもらったよ。ようするに君は八幡くん達に共依存をやめさせたいんだね」

陽乃「えっ?は、はあ…まあそうですけど」ゾクッ

陽乃(なんなのかなこの人?人の事情に首突っ込んでこないでよ!
今大事な話してる途中なのに)

マッカン様「なら3人の依存先を別の物に変更しちゃえばいい」

陽乃「えっ?」

陽乃(なにする気なのこの空き缶(マッカン)ボディ男
っていうか比企谷くんいつまで拝んでいるの!?)

八幡「ありがたや…ありがたや」

マッカン様「君、これを飲みたまえ」

八幡「こ、これは飲んだ人が3人しかいない…あの伝説のマックスコーヒー!?」

マッカン様「さあ~たんとお飲み!!」

八幡「びゃあ¨ぁ¨¨ぁうまひぃ¨ぃぃ!!!」

陽乃「ちょ!ひ、比企谷くん…マスオさんみたいな奇声やめて!!お願いだから!」

八幡「マックスコーヒー最高おおおぉぉぉぉぉ!!!」プリニー踊り

マッカン様「これで解決だね」

陽乃「どこが!?」

マッカン様「彼の依存先はマックスコーヒーに変わった」

陽乃「…………はあっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507817062

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/04 00:22:13.171 ID:qDosa5DG0.net
雪乃「お疲れ様でした」
店長「お疲れ様でした雪ノ下さん。今日は廃棄が多めに出たから好きなの持ってって頂戴」
雪乃「いつも有難うございます」<ガサゴソ

PAGE TOP