やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆gIYX1xRWqRqj 2013/11/22(金) 10:58:17.72 ID:/SL6zkYoo
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のSSです。
主人公である比企谷八幡がひたすら温泉街でのんべんだらりと過ごすだけの内容なので、シリアスどころかコメディもありません。
会話文も一切ない時の文のみの構成ですから、その点はどうぞご了承ください。

最後に、主人公比企谷八幡のキャラクタが完全に別人になっております。ご寛恕いただけますよう、よろしくお願い申し上げます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385085497

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 1 ◆otNZqYYssM 2014/02/14(金) 23:42:54.67 ID:TKOcO1dq0
2月14日それは男にとって夢の日であり絶望の日である

勝者は多くの物を手にいれ弱者は手にいれることが出来ない

それが、このバレンタインデーというものだ

そう考えれば小学生の頃から俺たちは社会の現実……弱肉強食を身をもって体験していると言える

こんな風習を作ったお菓子メーカよ

爆発しろ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392388974

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 09:15:20.24 ID:2/fzRR70O
※八巻キャラネタバレ注意

いろは「ねえねえ先輩」

八幡「なんだよ」

いろは「葉山先輩のことどう思います?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385597720

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆xW69XHZIXl2A 2015/08/21(金) 20:21:49.51 ID:oV0XJ64v0
■部室

雪乃「さて、みんな帰ったわね」

雪乃「あとは戸締りをして鍵を返却するだけ…」

雪乃「あら?これは…」

雪乃「はぁ、まったく…比企谷くんが体操服を忘れて帰っているわ」

雪乃「仕方ないから、今日は私が持って帰って、明日の朝、比企谷くんに渡してあげましょう」ジュルリ

---そう、始まりはごく普通な出来事でした----

それがまさか、あんな事態になるなんて

一体誰が予想できたのでしょうか

■次の日の朝

目覚まし時計「ピピピピピピ」

雪乃「ふぅ…朝ね」

雪乃「…」

雪乃「!!!!!????」

雪乃「なんで私は比企谷くんの体操服を着て寝ているの!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440156109

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/28(火) 19:53:45.66 ID:WFQAZVTZ0
小町(お兄ちゃんが、中学生の頃の話)

八幡(・・・また、ふられた)

八幡(また、俺の勘違いだった)

八幡(明日には皆知ってるんだろうな・・・また、皆に馬鹿にされる。きっと)

八幡(なんであんな奴のこと好きになったんだ。昨日の自分を殴りたい)

八幡(ずっと・・・こんな感じなんだろうか)

八幡(誰かを好きになっても、ただの気の迷いで。誰からも好きになってもらえないまま)

八幡(・・・・・・悲しいな・・・なんで生きてるんだ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490698425

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/20(金) 13:00:01.22 ID:SXO57ntO0
姫菜「もう~、ノッてくれてもいいじゃない~」

八幡「いきなりなに言い出すんだよ。それにどうしてここに来るんだ?」

姫菜「せっかくここでヒキタニくんを見つけたし一緒にお話しようかな~って」

八幡「そういや今日は三浦が来てなかったな」

姫菜「うん、優美子は風邪でお休み」

八幡「葉山達はどうしたんだよ」

姫菜「運動部の人達で集まってなんかやるみたい」

八幡「由比ヶ浜は?」

姫菜「雪ノ下さんのとこ」

八幡「あいつも薄情だな……海老名さんも連れて行きゃいいのに」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463716801

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆3pCIhha3Cw 2016/04/05(火) 00:00:01.36 ID:ZViUw7WE0
※エロ注意

結衣「ヒッキー!やっはろー」

八幡「おう」

結衣母「ヒッキーく~ん。久しぶり~♪」ズイ

八幡「ど、どうも……」

結衣「ちょ、ママ!別に久しぶりじゃないじゃん!」

結衣母「え~。うちに来る事も多いのにママ、お茶を出す時以外は中々会えないもの~」

結衣「そりゃ、勉強しに来てるんだし」

結衣母「でも、たまに勉強以外の事もしてるのかしら?」クスクス

結衣「そそ、そんな事ないもん!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459782001

ソードアート・オンライン, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆Ah4JR3K0.Got 2014/03/27(木) 15:12:34.90 ID:3uYF9X83o

慣れないことはするもんじゃない。

高校の入学式に向かう俺の前に、突如車に轢かれそうな犬が現れる!

俺は反射的に、何処かの物語の主人公のようなヒロイックな行動をとった。つまり、犬を助けるべく車の前に飛び込んだのだ。

しかし、現実は甘くない。俺の中にいる何かが目覚めるわけでも、奇跡の力で助けられるわけでもなく、ドンという鈍い音を立てながら、俺は車に撥ねられた。

まあ、犬は無事だったそうだし、俺も死ななかっただけ運が良かったのかもしれない。ただ、全治3週間と言う長い期間が、微分子レベルで存在していた”友達をつくれる可能性”を潰してしまったようだ。

中学時代のボッチライフを繰り返さないために、わざわざ同じ中学のやつらがいかない高校にしたが、無駄になってしまった。いや、そもそも事故にあわなくたって友達ができなかった可能性もあるけどな! 実際できない気がする。あれ、もしかしてたいして変わらないんじゃね?

そう考えたら、友達を作る努力をはじめからあきらめることで、無駄な努力をせずに済んだのかもしれない。おお、俺って超ポジティブじゃん。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395900754

シャドーハーツ, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/26(金) 01:46:14.94 ID:SZHC4siA0
シャドウバースと俺ガイルのssです
本編のストーリーと世界観がよく分からないのでガバガバ進行です
ご注意ください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472143574

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆3pCIhha3Cw 2015/08/24(月) 00:00:10.75 ID:y8k2j2n/0

※エロ注意
※短いです
結衣母「いいわよ~」八幡「」結衣「ママ!?」
とは似てますが続編ではありません

結衣「だ、黙らないでよ!」

八幡「ガハマちゃん、いくらなんでもそれはないんじゃないかな?」

結衣「どうして陽乃さんのマネ!?なんか似てるし!」

八幡「あのね、うちって母が強く怖いんだよー」

結衣「もういいから!それ!」

八幡「本人の前じゃできねぇな。で?……俺達、一応恋人同士だよな?」

結衣「一応じゃないし!ゆきのんとか陽乃さんの事で色々あったけど今じゃあたし達、ちゃんとした恋人じゃん!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440342010

PAGE TOP