やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆xW69XHZIXl2A 2015/12/04(金) 11:53:26.04 ID:WhT3m+Tc0
■結衣「名探偵っスか!?雪乃ちゃん!」

結衣「ゆきのんは近所でも評判の美人高校生だよ」

結衣「この世のすべての犯罪者は、たとえ同じ学校の生徒だろうが」

結衣「決して容赦することなく警察に通報するくらいの心構えだよ」

「タスケテー」

結衣「って、さっそく事件みたい!」

戸塚「助けてー!悪質なストーカーが追いかけてきて!」

結衣「悪質なストーカー!?」

八幡「ウエヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ//」

八幡「戸塚ーーーーーお医者さんごっこしようぜーーーー」

八幡「大丈夫だーーーーー。男同士でやることだからーーーー何も問題ねーよーー」

八幡「うへへへへへへへへへへへへ//」

ピーポーピーポー

警察「おとなしくしなさい!」

八幡「ち、違う!俺は変態じゃない!変態という名の紳士…」

警察「そういうのはいいから!」

結衣(死んだ目で半笑いのヒッキーがマジ怖かったから、ゆきのんじゃなくて警察呼んじゃった…)

「さすが雪乃ちゃん!登場せずに事件解決!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449197605

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/11(木) 09:00:11.84 ID:OZno6X+50
八幡「はぁ、だりぃな……」葉山「やった!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418084883/
の続きです。

※イメージ画像
http://i.imgur.com/GY663ap.jpg

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418256001

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 09:28:13.77 ID:A9mSzAcG0
トボトボ

八幡「……はぁ」

八幡「明日からテストとかだりいな……」

八幡「数学はまた赤点なんだろうし……」

八幡「……憂鬱だ」

葉山「やった!!」ビシッ

八幡「!?」ビクッ

振り返るとそこには、素っ裸で股間に葉っぱを一枚だけ着けている葉山隼人の姿があった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418084883

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/17(日) 23:22:21.01 ID:LRCyQILQ0
キーンコーンカーンコーン

いつも通り学校が終わり、義務を終えた生徒達はそれぞれ帰り支度を始めたり、部活動へと向かったりする。

八幡「さて、部室に向かうとするか」

八幡「ん……あれは……」

リア充女「ちょっと○○く~ん。こんなとこでくっつかないでよ~」

リア充男「いいだろ~? どうせ誰も見てないんだし~」

リア充女「でも~」

ちょっと? 俺ここにいるんですけど? ステルスヒッキー効果高すぎだろ。

八幡「けっ……」

八幡「リア充、爆発しろ」

リア充男「あれ? なんか踏んだような……」

リア充女「カチカチ言うんだけど~?」

ドカーンッッ!!!

八幡「!?!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408285329

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 01:06:58.69 ID:+Tuax3LO0

――比企谷家、深夜。比企谷八幡、二十五歳。比企谷小町、二十三歳。

小町「お兄ちゃん、まだ起きてたんだ?」

八幡(家族の寝静まった頃。居間で少し親父の日本酒を飲んでいると、小町が顔を出した)

八幡「まあ。お前もまだ起きてたのかよ、さっきおやすみっつったろ」

小町「うーん、なんか寝れなくて。何見てるの?アルバム?」

八幡「ああ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409760408

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆8eicORCe.6 2014/07/29(火)00:55:00 ID:y9tQlNmwu
八幡「罪悪感が半端ない……」

一色率いる生徒会のボランティア活動を何とか成功に終わらせ、奉仕部に平穏が戻ってきた日も浅いうちに。
俺は雪ノ下と由比ヶ浜をオカズに抜いてしまった。
雪ノ下はレイプで、由比ヶ浜は何故かイチャラブという謎の補正まである。

八幡「賢者モードのせいにもできない……」

冷静になった、だから自己嫌悪してる一一とは言えない。
ただひたすらに彼女たちのあられもない姿を妄想して興奮したのである。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 05:46:53.53 ID:Z0W1YyTk0
『比企谷くん、明けましておめでとうございます。元気にしていますか?
今年の六月、結婚することが決まりました。』

八幡(高校時代の恩師から、そんな風に書かれた年賀状が届いた)

八幡(平塚静という名前の横には、見たことも聞いたこともない男性の名前が書かれている)

八幡「誰か早くもらってあげて、って冗談はもう言えないな」

八幡「おめでとう、平塚先生」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409086003

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2015/11/26(木) 21:17:12.244 ID:hwG/OWUr0
八幡「いや、だから脇の下に頼みがあるんだよ」

雪ノ下「脇の下って私のこと…?」

八幡「お前以外に誰が居るんだよ」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: sabanomisoni 2014/08/03(日) 14:09:40.78 ID:kh9w3K7m0
 自分の中の正義と社会の正義、どちらに従うべきかという話がある。
前者に従えば他人に迷惑をかけてしまうかもしれないし、周りから
白い目で見られる可能性が高い。
よって、多くの人は後者に従う。理不尽だと思うことに対しても、
それが社会の常識だと言われれば納得してしまう、いや、納得するふりをする。
自分の中の正義を押し殺して、他人に合わせる。もう自分の正義など持っていないという
人もいるかもしれない。
皆他人に対して、自分に対して嘘をつきながら生きていく。
中には自分の正義を貫いて「偉人」とよばれるまでになった人もいるが、そんなのはごくまれに起こる例外だ。
すなわち、社会の中で生きるということは、嘘の中に生きるということと同義なのである。

しかし、これがぼっちの場合になるとすべてが逆転する。
自分の中の正義に従ったってそもそも他人に関わらないので迷惑もかけない。
周囲に白い目で見られるどころか眼中に入りさえもしない。何それ悲しい。
とにかく、ぼっちというのは、自分の正義に従って生きることのできる、
自由かつ誠実な生き物で、その生き方は偉人と呼ばれる人たちのそれと同じだ。
つまり、ぼっち=偉人という方程式ができあがってしまうのだ。
そうとなると、ぼっちのなかのぼっちたる俺は、偉人の中の偉人ということになる。
なんだ、おれ最強じゃん。こんな100年に1人の逸材の俺には、過度の罵倒や、
暴力行使をやめるべきである。やめてくれないかなぁ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407042570

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆0NaiNtVZPPaZ 2014/08/16(土) 16:59:16.81 ID:IKPI76/v0
微エロとキャラ崩壊注意

雪乃「LINE?」結衣「そう!みんなでやろうよ!」
こっちもよろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408175946

PAGE TOP