咲-Saki-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 10:33:17.61 ID:Ts3dS1r00
洋榎「あ゙ー、喉痛い」

絹恵「久しぶりに来たなあ、風邪」

洋榎「せやなー、ここ一年ずっと健康優良児でおったのに……」ゴホゴホ

絹恵「徹夜とかしたん?」

洋榎「んー……アレが悪かったんかなあ」

絹恵「アレ?」

洋榎「合宿終わった日にな、3年生組でカラオケ行ったねん。
   その後日付変わるまでファミレスでダベってたんがなー」

絹恵「あー、あの帰りがえらい遅かった時」

洋榎「せや。土曜やからって遊び呆けてたもんなあ。
   あの帰り道はエグいくらい寒かったわ」

絹恵「じゃあそれが原因で間違いないな」

洋榎「やな。ただでさえ疲れとったのに……
   せめて厚着しとけばよかったわ」ゴホゴホ

絹恵「でもなんでそんな夜遅うなってもうたん?」

洋榎「ダベってたら長くなったねん……
   進路のこととか話してたらあっという間に時計がてっぺんやったで」

絹恵「まあ話してたら時間てすぐ経つしなー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419816797

咲-Saki-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/20(日) 20:35:05.52 ID:vUMWru840

和「うふふ、ならもっと頑張りますね」シュッシュッ

界「ん…いいぞ和、その調子だ…」

和「だんだんと大きくなってきますね」シュッシュッ

界「ふ…そろそろ、出る…っ」ブルッ

和「いいですよ。出してください」シュッシュッ

界「イク……っ」ドクドクドクッ

和「ふふっ、たくさん出ましたね」

界「和がうまいからだよ」ムクッ

和「あ…また大きくなって…」

咲-Saki-

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/18(火) 10:03:20.18 ID:nYGGT7Yi0
和「咲さん、私…出来ちゃったみたいです」

咲「えっ…ホントに」

和「ええ。病院へいったら…」

-荒川病院-

華菜「京太郎のお腹にはたぶん赤ちゃんがいるし!無免許だけど華菜ちゃんの勘はよく当たるし!」

ハギヨシ「京太郎くん、どうでしたか?」

京太郎「ハギヨシさんの赤ちゃんが、お腹の中にいるって…」

ハギヨシ「京太郎くんとの子供が!私嬉しいです!」

憩「検査したけど原村さんも陽性やな、おめでとさん!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395104600

咲-Saki-

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/07(金) 00:51:52.43 ID:8zqdkF5F0
書き溜めはない。

ゆっくり

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415289102

咲-Saki-

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2015/10/17(土) 07:44:44.513 ID:NyVmSYK10
昨日早々に寝落ちしてしまってなんかもったいないので

咲-Saki-

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 11:22:11.23 ID:cM2qH6P50
気分転換に書きました。
クッソ短いです。それでもよければ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399947721

咲-Saki-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/17(日) 22:29:28.71 ID:wyfiEhdXO
新宿 雀荘

怜「なんや?もう終わりなん?」

やえ「あぁ……悪いなこの後予定があって」

怜「………………そか」

やえ「そ、それじゃあ失礼!」

バタン!

モブA「わ、私も!」ドタドタ

モブB「すみませんでした!」ドタドタ

バタン!!!!

怜「はぁ……………………」

怜(五万か……)つジャラジャラ

怜(たかが五万やろ、最後までやってけや)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468762168

咲-Saki-

以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/02(土) 23:35:19.04 ID:xxCS/FZR0
爽「聞くには聞くけど、それは私に相談することなのか? シスターなり牧師さんなり、この辺は探せばいるじゃないか」 

揺杏「んー。まあ、人間関係に関することだし私個人に詳しいやつに訊いたほうがいいのかなぁと」 

爽「よし、いじめでも恋愛でも遠慮なく相談しなさい。私はお前の味方だよ」 

揺杏「悪いけど、爽の期待してそうなセンセーショナルな話題ではないよ」 

爽「そっか……」 

揺杏「あからさまに凹むなよ」 

爽「私の中の野次馬根性が見る見るうちに萎んでいくのを感じる……」 

揺杏「堂々とクズみたいなこと言うね!」 

PAGE TOP