艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 22:58:05.34 ID:lfi3BUCGo
-提督室-

提督「寂しくなるよなぁ。今日限りで引退だなんて」

提督「役目が終わったら、やっぱり解体かなぁ」

提督「かつて世話になったし、思い入れもあったけど……」

提督「時代の波には逆らえないのか、残念だ」

提督「今までよく頑張った。あけぼの、お疲れ様」

青葉(……青葉、き、聞いちゃいました! 大変です!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394805485

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 20:29:52.97 ID:jJP+Kgmb0

島風「え? 私ですか?」

翔鶴「うんそう、貴女よ」

赤城「まぁ、可愛らしい子ね」ニコ

島風「えへへ! ありがとうございます!」

翔鶴「」ニコニコ

赤城「」ニコニコ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451820592

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/24(土) 00:58:32.07 ID:/EPokdzt0

提督「ただし満潮を除く」

満潮「ほんと何なの? イジメなの?」

提督「違うんだ。満潮なら分かるだろう? 私はどちらかというと、満潮にイジメられる側の人間だ」

満潮「澄ました顔で言わないで」

提督「それにしても朝潮たちは今頃、遥か彼方、北方海域へ遠征中かぁ……」

満潮「帰投は一週間以上先みたいだし……よくもまぁ私をハブにしてくれたわね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445615911

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 22:37:56.28 ID:04RHVrJn0
秋津洲(やっと帰ってきたと思ったら……よっぽどこってり絞られたかも?)

提督「うぅ……」

秋津洲「とりあえずコート脱いでこっち渡すかも。部屋で着るものじゃないでしょー」

提督「あれだけ万全の準備をして臨んでも未だに2-4攻略できないし……」

秋津洲「どんなに頑張っても結果が出ないことなんて勝負事じゃザラかも。練度は上がってるんだから、切り替えて次また頑張ればいいかも」

提督「艦娘からの信頼もないし……」

秋津洲「信頼なんて目に見えないもの気にしてもしょうがないかも。皆仕事はちゃんとこなしてくれるんだからそれでいいんじゃない?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447076276

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/12(水) 21:40:10.35 ID:guEnQ10L0
まぁ、すぐに終わると思います

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492000810

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/24(水) 22:22:08 ID:LY5SHGi2
「キサマラガウミダサレタリユウハタダヒトツ……オロカナカンムスヲ、ミナゾコニシズメルコトダ!」

今、目の前にいる深海の姫様――空母棲姫は生まれてすぐの私達に説明する

「ヤツラハナンドモリクニアルワレワレノスミカヲオソイ、シンリャクシテキタ。ソノタビニアタラシイセンリョクヲフヤシタガ、イマモナオヤツラノゲキタイハオロカ、アシドメスラシッパイシテイル」

どうやら、艦娘とは私達の平和を脅かす存在らしい。姫様はそんな敵に対してご立腹のようだ

「ヤツラカラコレイジョウ、ワレラノスミカヲウバワレテハナラナイ。キサマラノカツヤク、キタイシテイル。サア、スグサマハイチニツケ!」

『イエッサー!』

部屋に居た者達は一斉に返事をする。ただし誰も声を発したわけじゃないから、部屋に響き渡ることはない

「……オマエノシキスルクチクカンタチヲツレテコイ。キライノハイチヲサセルンダ」

「ショウチシマシタ」

空母棲姫の側にいた彼女――軽巡棲姫は頷いて部屋を後にした

―・―・―・―・―

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 22:30:15.92 ID:4rBvVc9Go

文学オマージュ作品
独自設定
短い

良ければ見てってください。

前作品
「私は今日も待っている」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454419815

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 04:34:56.39 ID:5wQUmt4T0

翔鶴「赤城さん! 大変です! 加賀さんが提督の心に立てこもったまま出てきません!」

赤城「なんですって!? それは一大事です!」

翔鶴「出てくるよう私たちでお願いしたのですが、全く聞き入れてもらえず。それで同じ一航戦の赤城さんにも説得をお願いしたいのです!」

赤城「分かりました! 現場に急ぎましょう!」

<号外! 号外ですよ! なんと一航戦の加賀さんが提督の心に入り込んでしまいました!
<ちょっとどういうことか説明するネ!<まあまあ落ち着いてください<おい暴れだしたぞ!誰か取り押さえろ!

翔鶴「野次馬が多いですね。通してください! お願いします!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463340896

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 02:29:41.48 ID:nhA9dGJC0
提督「榛名と付き合ってもう長い。しかし、最近の榛名は様子がおかしいように思う」

提督「何か俺に隠れてコソコソしていて、そこで俺が出て行くと疚しさを隠すためか、妙に空々しい文句を並べたてる」

提督「浮気に違いない。許せん! だから榛名を尾行する!」

榛名「提督と男女の交際をさせてもらって長いです。でも、最近の提督は少し変な気がします!」

榛名「お忍びのような雰囲気で周りを気にしていることがあって、そこで榛名が声をかけると、幽霊に遭遇したかのように肩を震わせて飛び上がります」

榛名「浮気に違いありません! 勝手は榛名が許しません! なので提督を尾行します!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436722171

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/29(火) 22:05:29.57 ID:ITH0T3h80

黄色いまん丸な満月が大きい秋夜。

人通りもまばらに、街灯もぽつぽつと暗がりを挟み込む路。

空母水鬼は揚々と鹿爪らしく歩いていた。

「深海棲艦も陸上歩行ができるのですか」と浜風が聞く。

当たり前である。足が歩くためにあるというのは艦娘だろうと深海棲艦だろうと同じである。

「なるほど。私たちは一致しています。私たちは椅子や机なんかよりかは近い存在なのでしょう。彼ら道具は歩きませんから」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443531929

PAGE TOP