艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆LrICwp0Awk 2017/05/09(火) 23:59:23.12 ID:kyb5yQ4d0
・初投稿です
・こっちの板で書いてますが(そういうシーンは)ないです
・ガバガバ文章

はい、よーいスタート(棒読み)

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆GFAFNejGqE 2016/05/14(土) 22:18:13.23 ID:dKzFlHmk0

※一応前置きしておきますが、いつものような色恋沙汰です

ローマ「――提督、このローマに何かご命令が?」

提督「ああ……とても、重要な任務だ」

ローマ(……凄く真剣な表情。よほどの事なのね……)

ローマ「……私に何をしろと?」

提督「うむ……」

ローマ「…………」

提督「(ゴクリ)…………俺を」

提督「俺を……『兄さん』と呼んでみてくれないかっ!?」

ローマ「…………は?」

提督「頼む、一回でいい。一回だけでいいから、なっ?」

ローマ「……あの、意味が解らないのだけれど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463231893

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆GFAFNejGqE 2016/02/19(金) 00:00:17.95 ID:aknJ+CP+0

 【第一夜】

こんな夢を見た。

俺は腕組をして座っている。俺の前では、幼さを残した顔立ちの女が、布団に横たわっている。普段は二つ結いにしている髪をほどき、枕に敷いて、細く息を吐いている。

「もう死ぬぞ」

女が静かにそう言う。白い肌には微かに血の色が差し、唇も瑞々しく、とても死にそうには見えないが、女は静かに、だがはっきりと、死ぬと言った。

「そうか、もう死ぬか」

俺も、これは確かに死ぬな、と思ったので、女の顔を覗き込みながら聞いてみた。

「うむ、死ぬ」

女がぱっちりと目を開け、俺を見つめ返す。黒曜石のようなつやと深みのある真っ黒な目に、俺の姿が映し出されている。

その目を見て俺は、これでも死ぬのかな、と思い返し、女の耳元でまた聞いた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455807617

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 21:38:40.47 ID:vsxoik9eo
艦これの叢雲主役のSSになります。
投稿初心者ですので、何か問題がありましたらご指導お願いします。
既に書き溜めておりますので順次投下していきたいと思います。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423917520

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆PNslrjjjOc 2016/11/13(日) 15:05:56.38 ID:cY2/TLsC0

※一部キャラ崩壊が激しい場面があります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479017156

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆vVnRDWXUNzh3 2017/03/17(金) 22:57:01.04 ID:+hc7lDaB0

10歳の時に両親が事故でまとめて死んでから、俺は無神論者として生きることに決めた。

両親は日曜のミサには毎週必ず出席していたし、三度の食事と起床就寝時のお祈りも一度もサボらず続けていた。それだけ信仰心に溢れる二人の最後が、「不幸にも」運転手が居眠りをしていたトラックの追突で車ごとぺしゃんこだ。

こんな理不尽、神様がいないとしか結論の仕様が無い。
もし仮に両親の不幸が信仰心の不足だというのなら、あれ以上の信仰を捧げなければ助けてくれない業突く張りの神様などこちらから願い下げである。

以来15年、俺の人生は多少の挫折も経験しつつ特に不自由なく過ごしている。

やはり神様はいないか、既に死んだか、或いはいたとしても大して必要な存在じゃないのだろう。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489759020

艦隊これくしょん -艦これ-

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/25(月) 23:08:09.71 ID:OjCRkenW0
※艦隊これくしょんのSSになります 短いです
※キャラ崩壊しています
※というよりシモネタ等色々とひどいです
※これらが苦手な方は、ご注意ください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408975679

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆ag9TZfREZs 2017/05/06(土) 22:44:19.73 ID:BIVNMBZe0
キャラ崩壊注意
酒の席の話注意
>>0��は笑いの度合いを表します

提督「えー、普段鎮守府の運営に関わっている俺たちですが……」

提督「今日は肩書や役職など忘れて、思いっきり楽しみましょう」

提督「念のため確認するが……憲兵?」

憲兵「……」

憲兵「不問に処す!!」クワッ

提督「FOOOOOO!」

整備士「FOOOOOO!」

3人「「乾杯~!!」」

PAGE TOP