Fate

1: ◆Q5myJ/tozY 2015/08/21(金) 02:36:50.82 ID:YUyLOx2p0
綺礼「これも時代の流れというものか、、、」ポチポチッ

綺礼「スタートダッシュキャンペーンだとか宣伝されているな。折角だから始めてみるか」ポチッ

ーインストール中ー

~~~~~~~
~~~~~~~

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440092210

Fate

1: ◆xdATigB/bMnM 2017/05/14(日) 20:02:41.12 ID:7h0746D7o
士郎「桜ー体温計おいとくから、ちゃんと計るんだぞー」

桜「は、はい…ありがとうございます」ゴホッゴホッ

士郎「あと、濡れタオルはここ、冷えピタはここ、水おいとくからちゃんと定期的に飲むんだぞ…ええと、他には…」

大河「もう、士郎ったら。桜ちゃんがちょっと熱が出たからって心配しすぎよう」

士郎「ばか、何がおこるかわかんないだろ、風邪は万病の元って言うし」

桜「せ、先輩。そんなに気を配ってくれなくても大丈夫ですよ」ゴホッゴホッ

士郎「そんな事言いながら、また咳いてるじゃないか」

大河「士郎ーそろそろ学校いかないと遅れちゃうわよ、桜ちゃんの事心配するのもほどほどにしときなさいよ」

士郎「藤ねえだって桜が心配で職場に少し遅れますって連絡入れてたじゃないか」

大河「むぅ…仕方ないじゃないの…だって心配だもの」

士郎「まぁ、もう少しで遠坂が来るからそれまでの辛抱だな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494759760

Fate

1: ◆LYNKFR8PTk 2014/11/02(日) 10:50:37.15 ID:1EjAEsTC0
野崎くん×fate/sn
※fate側は設定無視、キャラ少ない、キャラ崩壊などの要素があります。それでもいい方はどうぞ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414893027

Fate

1: ◆xdATigB/bMnM 2017/05/10(水) 00:47:41.32 ID:n6ZVplo3o
桜「はー…良いお湯でした」

士郎「桜ー風呂あがったか?」

桜「はい、お先に頂きました。先輩が入っても大丈夫ですよ」

士郎「サンキュ。それじゃあ風呂入ってくる」

桜「あ、先輩?タオル切れてたので、新しいの持って行った方が良いですよ?」

士郎「ん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494344861

Fate

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 03:03:00.82 ID:MS+8fvLW0
母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」のパロです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494266580

Fate

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/04(木) 17:29:50 ID:aPNgoKQc
セイバー「なんですか、それ?」

士郎「ゴーヤをネットに這わせて育てるんだ」

セイバー「ああ、そうすると葉が生い茂って日光を遮るわけですね」

士郎「そうそう」

Fate

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/26(木) 00:04:57.65 ID:/bQX4xEK0

~召喚の間~

マシュ「先輩!無事、石が溜まりました!」

ぐだ子「よーし、これだけの石を捧げれば来てくれるよね」

ぐだ子「念願の山の翁!」

呪腕「いよいよですな、主殿」

ぐだ子「ありゃ、ハサン達どうしたの」

百貌「初代様がいらっしゃるのだろう、我らが出迎えない訳にも行くまい」

静謐「緊張、します」

マシュ「これは……普段は先輩にべったりな静謐のハサンさんまで真面目に待機されています」

ぐだ子「それだけ山の翁が特別なサーヴァントだって事だよね……」

ぐだ子「尚の事、頑張らないと!」フンフン

マシュ「先輩もやる気ですね……!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485356697

Fate

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 11:39:31.82 ID:cFFGS+YZ0
シュゥゥゥゥゥゥ

マシュ「……レイシフト、無事完了です」

マシュ「周辺索敵……異常なし」

マショ「先輩、ここは安全なようですね」

ぐだ子「うん、そうだね、ところでマシュ」

マシュ「はい?」

ぐだ子「背、伸びた?」

マシュ「いえ、別にそんなことはないか……と……」

ぐだ子「そうかなあ……何か見上げるくらいに大きく感じるんだけど」

マシュ「……先輩?」

ぐだ子「ん?」

マシュ「……あの、下半身は?」

ぐだ子「え?」

マシュ「下半身は……どちらに?」

ぐだ子「は?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484879971

Fate

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 03:56:38.38 ID:ra5dNiV00

~召喚陣~

ジャンヌ「裁定者、ジャンヌ・ダルクです」

ジャンヌ「宜しくお願いしますね、マスター」

ぐだ子「お、おおー!ジャンヌ・ダルクさん!有名な英霊さんが来てくれた!」

マシュ「やりましたね!先輩!」

エリザ「はー、これで少しは楽になるかしらね」

ぐだ子「うう、今まではマシュとエリザに頼りきりだったからねえ」

ジャンヌ「あの……」

ぐだ子「あ、ごめんね、私はマスターのぐだ子!宜しくね!」

ぐだ子「これから一緒に、頑張っていこうね!」

ジャンヌ「はい、精一杯お力になりますね」

そう言って、聖女様は笑ってくれた。

凄く頼りになりそうな笑顔だった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486839398

Fate

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 18:03:30.39 ID:Qefj5fQa0
プリズマ☆イリヤのssです。

勢いで書いただけなのと、
一部fate本編の設定も混ざっているので、
ツッコミどころ満載だと思いますが予めご了承ください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415005400

PAGE TOP