ONEPIECE

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/13 20:55:06.444 ID:/0cf96oX0.net
ーグランドライン後半の海“新世界”ー

ナミ「う~~んいい天気!」

ブルック「ヨホホホ! なんだか開放的な気分になりますねぇ」

ブルック「というわけでパンツ見せて貰ってもいいですか?」

ナミ「いいわけあるかっ!」ビシッ

ロビン「フフッ」

ゾロ「グガァ……zzz」

ルフィ「あ~腹減ったなぁ~~」

ルフィ「サンジ~~飯まだかーー?」

サンジ「あと少しで出来る! 大人しく待ってろ!」

ONEPIECE

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/19(火) 00:54:29.30 ID:waSlVxxg0

ウソップ「ル、ルフィお前何言ってんだ…!?」

ルフィ「おいおいちゃんと聞いといてくれよウソップ」

ルフィ「吹雪はよ、解体することにしたんだ」

ルフィ「初期艦として色々世話になったが、この船の航海はここまでだ」

ウソップ「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408377259

ONEPIECE

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/25(日) 12:22:36.834 ID:osHXgC+O0XMAS
センゴク「いいからいえ!」

出川「……出川○○(出川父親の名前)だよ」

センゴク「違う!本当の父親の名前だ!」

出川「はぁ~!!今いったのは本当の父親だよ。えっ俺の母親浮気してたの?」

センゴク「お前の父親は、ゴールドロジャーだ!」

出川「っつーか誰だよその人!?俺、モロ日本人顔じゃん」

ザワザワ

モブ「海賊王の息子が生きていた!?」

ONEPIECE

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/10(木) 00:51:20.11 ID:JOi2MOdmo
ナミ「いいルフィ?」

ナミ「今日はあんたとお客さんの二人きりでトークをしてもらうわけだけど……」

ナミ「相手はものすごく真面目な人だから、いつものノリでふざけちゃダメよ! 分かった?」

ルフィ「分かってるって! しししっ!」

ナミ(ああ、心配だわ……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457538679

ONEPIECE

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2017/02/02(木) 14:03:15.555 ID:tN673imu00202
ゾロ「…あ?」

チョッパー「なっ…///」

サンジ「何だ藪から棒に」

ルフィ「セーヨク?何だそれ」

ウソップ「性欲だよ性欲。人間の三大欲求の一つだぞ」

ルフィ「だから何だそれ」

ウソップ「まぁお前にはこういう話向かねぇだろうが…ぶっちゃけ一番気になってんだ」

ウソップ「ルフィ、お前エロい事考えたりすんのか?」

ルフィ「えろいこと?って何だ?」

ゾロ「止めとけ こいつに聞くだけ時間のムダだ」

ウソップ「いやだってよ、じゃぁ何で抜いてんだって話だろ」

ルフィ「ウ、ウソップ…お前さっきから何言ってんだ?おかしくなっちまったのか?」オロオロ

ウソップ「おかしいのはテメーだよっ!!」

ONEPIECE

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/25(日) 11:42:21.676 ID:osHXgC+O0XMAS
ギン(くそ……意識が朦朧としている)

ギン(食べ物はくれねぇし……コックにボコボコにされるし……)

ギン(クリーク海賊団の総隊長が……なんてザマだ……)

サンジ「……」

ギン「!」

コトッ

サンジ「食えよ」

ギン「!!!」ゴクリ

ギン(これは……カレー!!)

ONEPIECE

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/17(土) 15:37:16.281 ID:mqzctMGW0
シャンクス「馬鹿ヤロォーーーー!悪魔の実を食べたら泳げなくなるんだぞ!」

ぼく「元々泳げないんで……はい……」

ONEPIECE

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/14(月) 22:38:47.001 ID:ESjQJGfm0
ルフィ「おーい! ナミー! 進路変更だー!」

ナミ「ハァ? どうしてよ」

ルフィ「ゾロが試し斬りしたいんだってよ。だから試し斬りできそうな場所へ行ってくれ」

ウソップ「いや、試し斬りできそうな場所ってどんな場所だよ。それじゃ大雑把すぎるだろ。もっと具体的に言えって」

ルフィ「んー、そうだな。よし。じゃあ、『試し斬りしやすい島』だ。そこを目指そう」

ウソップ「なんら変わりねえよ! 『場所』が『島』に変わっただけでほぼ一緒じゃねえか!」

ロビン「海軍の監視網から離れていて、そこそこの人口が望める島がいいんじゃないかしら」

ルフィ「ああ、じゃあそれで」

ナミ「そうは言っても……このあたりにそんな島あるの? 詳細な海図が無い現状じゃどうしようもないわよ」

チョッパー「お、おい! みんな! 大変だ! 誰かが漂流してるぞ! かなり傷ついてるみたいだ!」

ウソップ「なに!? やばいぞ、急いで引き上げねえと! 死んじまう前に!」

ルフィ「フランキー!」

フランキー「おう、任せろ!」

ロビン「この付近の住人かしら。もしかしたら、近くの島に人が住んでいるのかもしれない」

ルフィ「そっか! じゃあその島を襲えばいいんだな!? チョッパー、治療してやってくれ! 情報を聞き出すんだ!」

チョッパー「ああ!」

PAGE TOP