THE IDOLM@STER

1: ◆7SHIicilOU 2014/07/14(月) 18:25:12.75 ID:tzQxSdFRo

杏「杏が休みを求めるわけ」

と、同じ事務所のお話
読まなくても問題ないだろうけど読んだほうが杏の心情がわかりやすいかも

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405329912

THE IDOLM@STER

1: ◆K1k1KYRick 2015/03/31(火) 07:04:08.40 ID:+TfL1tIio
※拓海の一人称SSで、童貞Pを拓海が襲う話
※藤本里奈が専属プロデューサーと一線越えてる(描写なし)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427753048

THE IDOLM@STER

1: ◆K1k1KYRick 2015/03/24(火) 06:42:40.69 ID:1m772emPo
※みりあちゃん必須
※Pが普通にアイドルに手を出すので注意、一応相思相愛です
※処女喪失、フェラ、ごっくん、中出し要素あり

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427146960

THE IDOLM@STER

1: ◆K1k1KYRick 2015/03/10(火) 16:56:29.88 ID:7HEPEV3X0
「珍しいわね、プロデューサー君から誘ってくるなんて」
都心部からやや離れたネオンの海の片隅に、その居酒屋は隠れるように存在していた。
ここの老主人の作る山菜の肴は絶品と評判であり
元婦警の片桐早苗は事件の聞き込みのために度々この居酒屋に足を運んでいた。
情報通の店主は有益な情報を何度も提供し、彼女の検挙率に多大な貢献をした。
料理も情報も旨いという早苗にとって二重にありがたい店だった。

「いえ……迷惑でしたか?」
その早苗の隣にはがっしりとした巨躯を丸めて座っている男がいた。
彼はただ手元の清酒に映る自分の顔を見つめている。

「ううん。お酒が飲めるのに不満なんてないわ」
早苗は生ビールのお代わりを頼みながら三杯目のビールジョッキを
ごくごくと喉を鳴らしつつ飲み干していった。
「プロデューサー君も、どぉ? ハラミ美味しいよ」
「……はい」
プロデューサーの前に早苗の分けた鮭のハラミが置かれた。
彼はそれをチビチビとつまむとグッと一気に清酒を煽った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425974189

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/18(水) 18:20:24.53 ID:/0w1uoYRo
P「意識高い系ってのが流行っているそうだ」

P「多感な少女達との交流がメインの我が仕事」

P「意識を高めるのは良いことかもしれない」

P「早速取り入れていこう!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447838424

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 22:45:21.73 ID:NGn6RX+b0
アイドルマスターシンデレラガールズです。結城晴と的場梨沙のお話です。
お風呂ですけど、ただ風呂入るだけです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488116721

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 16:43:06.64 ID:bwUm7kA20
のんびりと書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416382976

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/24(水) 02:29:02.49 ID:qDBE/XsBo
ガチャッ

P「おはようございまーす!」

シーン……

P「ん?」

P(おかしいな……誰もいないぞ……)

P「あっ!」

P「しまった、今日は事務所がお休みじゃないか!」

P(何で休みの日に出勤してきてんだ俺は……)

P「…………」

P「まぁ、ちょっとゆっくりしていくか……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1366738142

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 23:38:47.29 ID:NnvlfDsso
芳乃「左様ー」

モバP(以下P)「さようー、って言われても」

芳乃「今日のわたくしを見てー、何か異変に気付きませぬかー」

P「えぇ~? 特に変わったようには……あっ!」

芳乃「ティンときましたかー」

P「……髪切った?」

芳乃「……違いますがー、良い線をついているのでしてー」

P「えーなんだろ……わからん。いつもの芳乃に見えるけどなぁ……」ジロジロ

芳乃「もっと近づいてよく観察してみるのでしてー」ぐいぐい

P「近い近い近い! ……あれ?」

芳乃「じーっ」

P「……なんかすごく……良い匂いがする……」クンカクンカ

芳乃「…………///」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488033527

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/23(土) 00:57:33.19 ID:wrCEFFr10
いつものように出社して、いつものようにみんなと笑顔で過ごす。

そして悲しいかないつものように1人の家に帰ってくる。

そんな日々がもうしばらく続くと思っていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1361548653

PAGE TOP