THE IDOLM@STER

1: ◆R4LxbbyKhE 2016/06/18(土) 19:33:17.93 ID:cHBACs0n0
【モバマスSS】です

――――エレベーター内

志希「むふふー、どうでしょすごいでしょー! まだ試作段階だから量は少ないけどねー」プシュープシュープシュー

志希P「またあなたはそんな変なものを……毎回言っていると思いますが、騒ぎを起こしたら怒られるのは自分なんですよ」

志希「細かいことは気にしないきにしなーい♪ これ、キミや李衣菜ちゃん達と北海道に行った時に閃いた奴なんだ」プシュープシュープシュー

志希P「あぁ、そういえば野性的な匂いを抽出すればどうのと言っていましたね……できたんですか!?」

志希「にゃは、流石に全部抽出するのは無理だったから、いくつかの成分の作成や細かい調整はあたしのほうでやったよー」プシュープシュープシュー

志希P「だとしても凄まじいことです。相変わらずそういうこと得意ですね志希さんは……それで」

志希「なになに?」プシュープシュープシュー

志希P「さっきからなにを?」

志希「よくぞ聞いてくれました! 実はね、この香水使った回数によって解放される野性の強さが変化するようにあたしは作ったの」プシュープシュープシュー

志希P「はぁ」

志希「それで予想だと6回以上香水ふりかけちゃうと、もう人間やめちゃうレベルの凶暴な野性が現れるはずなんだけど、どうかにゃ~?」

志希P「……」

ドクンッ

志希P「…………いえ? とくになにも」

志希「あれっ!? おっかしいなー、試しに自分に1回ふりかけてみた時はすぐに効果が現れたのに……ホントになにもないの~?」ジトーッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466245997

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/02(金) 23:10:03.46 ID:cvuQn6zBo
やよい「はわっ!や、焼肉祭りですか!?」

雪歩「そうだよ」

やよい「焼肉ということは、食べるのはお肉なんですね!?」

雪歩「そうだよ、タンパク質の塊を食べるんだよ」

やよい「うっうー私も鳥肉とか好きです!」

雪歩「私は鶏肉なんか食べないよ」

やよい「えぇ!?ということはブタ肉ですか!?」

雪歩「豚肉も違うよ」

やよい「それじゃあ、一体なに肉を食べるんですか?」

雪歩「牛肉だよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472825403

THE IDOLM@STER

1: ◆BAS9sRqc3g 2017/05/08(月) 22:38:11.40 ID:MThphImuo

琴葉「あぁ、プロデューサーお疲れ様です」

P「ん」

琴葉「……」そぉ~

P「……。ん?どうした?」

琴葉「いえ、すみません。何でもないんです」

P「そうなのか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494250691

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 00:43:57.70 ID:O8njsXha0

乃々「どうすればいいんでしょうか・・・」

まゆ「スー・・・スー」zzz

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506440637

THE IDOLM@STER

1: ◆AyvLkOoV8s 2015/10/08(木) 19:16:49.65 ID:9sJl4GSH0
ーー柵に閉ざされた、とある館の奥。

ーーさらに柵と記念碑と、茂みと霧を越えた奥の奥。

ーーそこには、三匹の豚の彫刻と共に、はるか昔に封印された黒魔女がいて。

ーー人々の欲望を手繰り寄せながら、復活の時を待ち望んでいた。

ーーそして。

ーー今日もまた一人、魔女の甘い罠に囚われた人間が……餌として館に訪れる。

ゴロゴロゴロ

ピシャアアアッ

モバP「とときィン……かな子ォゥ……10連ガチャアアア……!!」ヨロヨロ

黒魔女ちひろ(以下ちひろ)「おやおや……よく来てくれましたね」ニコニコ

ちひろ「小梅ちゃん、この方に紅茶でも出してあげなさい」

小梅「う、うん……!」トタトタ

トポポポポポ

カチャ

小梅「ど、どうぞ……!」

ちひろ「……さて。わざわざこんな辺境の館に、ようこそおいでくださいました」ペコ

ちひろ「はるばるこのような所にいらっしゃった理由など、大方予想はつきますが……」

ちひろ「貴方は、一体どのような望みを持ってこの館に?」ニコ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444299409

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 00:46:01.49 ID:Z33UcU7D0
初ssです
書き溜めありますのでサクサクいきます
短いです
キャラに違和感を感じるかもしれませんが、できれば見逃していただければ幸いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481384761

THE IDOLM@STER

1: ◆ROiGFUMIKA 2017/10/27(金) 00:10:27.91 ID:iRLQJglJ0
自室の書棚、その最上部左端。

そこあるのは一冊の国語辞典。

何の変哲もない、ごく普通の辞典です。

しかし、私にとっては少しだけ特別なものなのでした。

ええ、そうですね。

今から語るのは、その辞典にまつわるお話です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509030627

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/26(木) 23:41:18.91 ID:d/nRQnN+o
真美「まこちんのバカァ!!」

真「僕が事務所に着いて早々に馬鹿発言は酷くない?」

亜美「ヒドくないよこのスカポンタン!!」

真「スカポンタンとか初めて言われたよ」

真美「ギャーギャー!!」

亜美「ワーワー!!」

真「ああもう!なんで二人はそんなに怒ってるのさ?」

春香「真……」

真「春香?ちょうど良かった!聞いてよ真美達がなんか怒って――」

春香「真のおたんちん!!」

真「お、おたんちん?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509028878

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 23:16:08.47 ID:YU+5BIPJo

小鳥「この番組は、エネルギー問題に一石を投じる」

律子「765プロダクションの提供でお送りいたします」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370787368

THE IDOLM@STER

1: ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/25(水) 21:54:48.94 ID:8N2uv+mG0

===

瞬間、時間が止まったと言ってしまってもいいと思う。

場所は例によって例の如くの我らが765プロ劇場。
その第二企画室の場において、星梨花が口にしたこの一言が発端だ。

「つまり、ファンの人たちを勃起させればいいんですね?」

まさかと耳を疑った。でも残念ながら現実だ。
その証拠にさっきまではあれだけ騒がしかったハズの室内が、今は水を打ったようにシンと静まり返っている。

とはいえ、それも無理からぬことだろう。

なぜなら「クレシェンドブルー」の新曲お披露目イベントの段取り確認の最中に、
天使のような女の子が、無垢な少女が”勃起”という、卑猥な単語を突然口にしたのだから。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1508936088

PAGE TOP