THE IDOLM@STER

1: ◆NVPtD76/Wg 2016/05/19(木) 20:39:25.50 ID:d9/+VqDT0

・モバマスの26歳アイドルたちが駄弁るだけのSSです

・ヤマもオチもありません、温かい目でご覧ください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463657965

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 18:03:29.16 ID:IH4qB3ia0
※ここに警告文のあるものとする

乃々「は?」

杏「しばらく帰ってこれないってさ」

幸子「なんでまたそんなことを……あの人もよく解らないですねぇ」

卯月「まるでTOKIOみたいですね!」

杏「まあ同じアイドルだし、不思議ではないよね」

乃々「TOKIOをアイドル界の基準にしないでほしいんですけど…」

輝子「あの人たちはアイドルっていうよりも…農耕民族って感じだな…」

まゆ「TOKIOだけでなく、日本人は農耕民族ですよ?」

杏「つまり日本人は全員TOKIOだった…?」

卯月「一億総アイドル。夢が広がりますね!」

幸子「みんなアイドルだったら、ボクたちの存在意義がなくなっちゃうじゃないですか」

乃々「じゃあもりくぼ達は必要の無い存在だったんですか……」

まゆ「必要のないものは処分されちゃうんですよぉ?」

卯月「巷で話題の断捨離ってやつですね」

乃々「つまり今死んでおけば断捨離ブームに乗れるのでは…?」

杏「必要ないものを処分できる上にブームにも乗れる。お得じゃん」

輝子「じゃあ首吊ろっか」

卯月「ヒャッホーゥ!波に乗りますよー!」

幸子「待ってください!なんでそんな死に対して好感触なんですか!?」

杏「人はいつか死ぬからね。来る死に備えて今のうちに好感度上げとこう」

輝子「メメント・モリ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465549408

THE IDOLM@STER

1: ◆RfwyoP3XQY 2017/09/03(日) 16:27:38.82 ID:cXuXQ3MG0
モバマスSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1504423658

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/27(日) 00:01:39.13 ID:nRbk3gC6o
※スレタイと本文はあまり関係ありません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480172498

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 00:59:52.61 ID:1WVHckZXo
秋風温泉ガチャをネタ元にしたSSです
内容はぶっちゃけ蘭子かな子芳乃とのハーレムエロなんで苦手な方はブラウザバック推奨
鈍筆かつ書き溜めつつの投下なので速度もお察し
それでも大丈夫だという方のみお進み下さい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423670392

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 21:47:35.10 ID:kk6jit6So
P「ああ……うん」

十早「仕事は増えてますし、歌も歌えて、アイドルとしては充実しているはずなんです。
   それなのになぜか最近、違和感があるというか……」

P「……」

十早「何かが足りないんです。というより、何かが欠けてしまったというか」

P「欠けてる、ね。うん、欠けてるか……確かに」

十早「このままではまるで、自分が自分でなくなってしまうような……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487422054

THE IDOLM@STER

1: ◆a5k6MQnQtIgi 2017/08/27(日) 00:31:51.50 ID:9KCKQJrFO
一部の人にとっては不快に感じる表現があります
また文章もガバガバかつ下手なのでその辺りはご容赦ください

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 20:27:19.48 ID:wRgVTB9B0
律子「私がデューサーをやるんですね」

P「よろしくな」

律子「任せてください」

春香「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406806029

THE IDOLM@STER

1: ◆NVPtD76/Wg 2016/04/20(水) 20:45:57.81 ID:9iBHVTB60
・P視点
・地の文あり
・BUMP OF CHICKENの同名曲とのクロスSS

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461152751

THE IDOLM@STER

1: 名前なんか必要ねぇんだよ! 2017/09/01 15:44:21 ID:0mqCKprU
この前のイベントの準備準備!の為にいつものCPのPちゃん(?歳)と杏ちゃん
(17歳)ときらり(17歳)の3人できらりんルームで打ち合わせする予定だったにぃ☆ 
ハピハピな気持ちでお仕事しようと思ってぇ、コンビニで飲み物とお菓子を買ってからぁ、でも杏ちゃんは滅多に時間通りに来ないからぁ、 
そこでしこたまお茶を飲んでPちゃんと杏ちゃんを待ってお喋りしはじめたんだにぃ☆ 
2人でとときら学園とかCPとかの思い出話を楽しみながらPちゃんが買ってきてくれたケーキを口の中に入れあったよぉ☆
しばらくしたら、杏ちゃんから今日は2人きりだね頑張ってねきらりって連絡がきて、きらりんルームにPちゃんと一緒だって気づいて心がひくひくして来るし、あっつい気持ちが出口を求めて顔の中でぐるぐるしていゆ。うきゃー!
CPのPちゃんにハピハピキャンディを舐めさせながら、Pちゃんを直視出来ないでいたら、 
先にPちゃんが口数の減ったきらりの顔をどうしたのですかってドバーっと覗き込んできたにぃ!
それと同時にきらりもにょわー!って声を出したよぉ。もう顔中、赤くなってゆ、 
2人で出した気まずい雰囲気をきらりは手を弄ってぽーっとしながら、Pちゃんは首に手を伸ばしながらお互い誤魔化しあったにぃ
照れまみれのきらりに寄り添ってPちゃんは理由も聞かずに優しく声をかけてくれたりしたよぉ。ああ~~たまらないにぃ☆
しばらくそのまま時間を過ごしてから又お話ししあうともう気が狂う程気持ちいいんだよぉ 
鮮やかな色彩の一室に佇む黒服の彼は明らかに異質な存在感を持っており目を逸らそうともどうしても目に留まる
それは心の内における彼の在り方と同様なのだという事に諸星は気付いてしまった
 彼女の言う「ハピハピ」な心に刺さった一点の黒い染みはどうしようも無くそれまでの平穏を掻き乱している
気付かぬ内に彼は諸星の一番深い所に根差していた
心の中で育っていく彼の大きさに侵食されつつある
その腫瘍が腫れ上がるのを拒絶も切除もできないまま、かといってどうすればいいか諸星にはわからない
恋とはそういう病である
乙女心と恋心でずるずるして気持ちが良い
Pちゃんも様子のおかしくなったきらりに気をつかっていゆ
困惑まみれのPちゃんを見ていたら、思い切り泣いちゃったにぃ 
それからは、どうしたらいいかわからなくてもうめちゃくちゃにPちゃんに抱き着いて、 
キスをしあい、二回も愛し合ったよぉ。もう一度やりたいにぃ☆ 
やはり二人きりでハピハピまみれになると最高だねぇ!こんな、変態ハピハピアイドルとイケナイあそびをしないかにぃ? 
ああ~~早くPちゃんまみれになりたいにぃ☆ 
ましゅまろほっぺ指先でぷにぷにしてハピハピな関係続けていけたら最高だよぉ☆わしは163*90*53,おっさんは165*75*60、や 
糞まみれでやりたいやつ、至急、メールくれや。 
土方姿のまま浣腸して、糞だらけでやろうや。

PAGE TOP