響「テニス対卓球って本当にできるのかな?」

THE IDOLM@STER

アンケートへの回答ありがとうございました。

今後のまとめ記事の参考にさせて頂きます。

要望等あればいつでもご連絡ください。

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 13:09:39.18 ID:xmk0BEHy0
伊織「いきなりアンタは何を言い出すのよ?」

響「この前ピヨコが見てたアニメでそんなことやってたんだ」

伊織「響が見た、ってことは・・・また小鳥は事務所でアニメ見てたの?懲りないヤツね・・・」

響「伊織はテニスできるんだよね?」

伊織「まぁ、できるわね」

響「じゃあちょっとやってみようよ!」

伊織「は?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411099769


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:11:05.85 ID:xmk0BEHy0
そんなわけで近所の卓球できるところにやってきました

響「よし、伊織!どっからでも来い!」

伊織「ふーん、言ったわね?それじゃあ・・・」

響「あ、ちょっと待った伊織!サーブはテニスみたいに打ってみてよ!」

伊織「は?テニスみたいに?」

響「うん、こういう感じで、ジャンプして上から」

伊織「・・・アンタ何言ってるの?自コートで1バウンドさせなきゃいけないのよ?そんなの無理に決まってるじゃない」

響「いいから、やってみてよ!」

伊織「・・・」ヒョイ パシン!

カッ! ピュン!

響「伊織ぃ・・・球、自分のコートにかすりもしてないぞ?」

伊織「当たり前じゃない!」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:13:05.94 ID:xmk0BEHy0
響「スピードは出るけど弾道が高くなりすぎるね、どうにかできないかな?」

伊織「・・・響、まだやらせる気なの?」

響「当たり前だぞ、まだ一回失敗しただけじゃないか!ねぇ伊織、何かいい案ない?」

伊織「・・・そうね、じゃあ高く跳ねさせてみるとかどうかしら?」

響「お、それなら上手くいきそうだね!じゃあ早速やってみてよ!」

伊織「・・・」ヒョイ パシン!

カッ! スカッ

響「伊織、また違うとこ飛んでっちゃったぞ?」

伊織「ちょっと待って、これ難しいのよ・・・もう一回」ヒョイ パシン!

カッ! スカッ

響「お、今度は惜しかったね!」

伊織「ふむ・・・じゃあこんなもんかしら」ヒョイ パシン!

カッ! カッ

伊織「や、やったわ!響、今の見・・・」

パシン! カッ!

伊織「!?」コッコッコッコッコロコロコロ…

響「伊織・・・油断大敵だぞ」

伊織「アンタはホントなんなのよ!?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:14:55.55 ID:xmk0BEHy0
響「それじゃあ伊織、サーブはそれで頼むぞ!」

伊織「えー・・・まだやるの?」

響「当たり前じゃないか、まだ試合も始まってないぞ」

伊織「・・・じゃあいきなりスマッシュで返すのはやめてくれる?流石にあれをサーブ後に取るのはちょっと無理だから」

響「うーん・・・しょうがないね、わかったよ」

伊織「なんで微妙に偉そうなのよ、アンタは」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:16:32.18 ID:xmk0BEHy0
響「」カッ! コッ!

伊織「」カッ! コッ!

響「・・・普通だね」カッ! コッ!

伊織「そりゃそうでしょうよ」カッ! コッ!

響「そうだ!ねぇ伊織、それじゃあ何かテニスっぽいことしてよ!」カッ! コッ!

伊織「テニスっぽいことってなによ・・・」カッ! コッ!

響「うーん・・・じゃあ伊織はテニスって言えばなんだと思う?」カッ! コッ!

伊織「そりゃあ、やっぱりアタックじゃないかしら」カッ! コッ!

響「だったらそれをやってみてよ!」カッ! コッ!

伊織「え?アタック?卓球で?」カッ! コッ!

響「うん」カッ! コッ!

伊織「え、アタック・・・?」カッ! コッ!

響「早く早く!」カンッ! コッ!

伊織「ちょ、ちょっと待って・・・」

伊織(え、えぇ?この弾道の球をアタックってどうすれば・・・えーと、じゃあしゃがみこんで打てば)

伊織「・・・ふっ!」スッ パシンッ!

ガンッ!

伊織「っきゃあ!」

響「い、伊織!?大丈夫か!?」

伊織「だ、大丈夫、ぶつけたのはラケットだけだから」

響「そっか、それはよかった・・・けど伊織」

伊織「何よ?」

響「ラケットは大事にしないとダメだぞ?」

伊織「誰のせいだと思ってんのよ!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:17:58.31 ID:xmk0BEHy0
響「けど怪我がなくてよかったね」

伊織「そうね・・・流石にちょっと無茶があったわ」

響「うん、これはやめておこう」

伊織「そうね」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:20:01.15 ID:xmk0BEHy0
響「ねぇ伊織、何か他にテニスっぽいことないか?」カッ! コッ!

伊織「他にと言われても・・・すぐには思いつかないけど」カッ! コッ!

響「うーん・・・じゃあ、卓球になくてテニスにあるショットとか何かないかな?」カッ! コッ!

伊織「そうね・・・ロブとか?」カッ! コッ!

響「じゃあそれやってみてよ」カッ! コッ!

伊織「・・・はい」カッ! フワッ

響「ふーん・・・」コッ パシンッ!

伊織「わっ!」コッ! スカッ

響「これで10-2だね、じゃあ次」カッ! コッ コッ

伊織「・・・」カッ! フワッ

響「・・・」コッ パシンッ!

伊織「んっ!」コッ! スカッ

響「これで11-2・・・それじゃあ次いくさー」カッ! コッ コッ

伊織「・・・」カッ! フワッ

響「・・・」コッ パシンッ!

伊織「・・・ふっ!」コッ! カッ! フワッ

響「・・・」コッ パシンッ!

伊織「はっ!」コッ! カッ! フワッ

響「・・・」コッ パシンッ!

伊織「くっ・・・!」コッ! カッ! フワッ

響「・・・」コッ パシンッ!

伊織「ちょっと待って今気づいたけど」コッ! カッ! フワッ

響「ん?」コッ パシンッ!

伊織「卓球でただロブ打ってもこうなるだけよね、相手の後ろに打てる訳じゃないし」コッ! カッ! フワッ

響「そうだね」コッ パシンッ!

伊織「だからやめなさいよ!」コッ! カッ! フワッ

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:21:50.10 ID:xmk0BEHy0
響「ちなみに伊織、ロブは卓球でもあるぞ」

伊織「そうなの?」

響「うん、ロビングとも言うんだけど」

伊織「そうなんだ・・・響」

響「ん?」

伊織「そういうことは先に言いなさいよ!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:24:00.77 ID:xmk0BEHy0
響「ねぇ伊織、それじゃあなにか必殺技とか打てないか?」カッ! コッ!

伊織「・・・必殺技?アンタは一体なにを言い出すのよ?それってテニスと関係あるの?」カッ! コッ!

響「アニメではそんなことやってたんだ」カッ! コッ!

伊織「あっそう・・・」カッ! コッ!

響「それで、何かないか?」カッ! コッ!

伊織「そんなこと言われても・・・じゃあ必殺技って、具体的にどんな風になれば必殺技なのかしら」カッ! コッ!

響「うーん・・・まぁ、とりあえず確実に点が取れればいいんじゃないか?」カッ! コッ!

伊織「確実に点、ね。ふむ・・・」カッ! コッ!

響「うん」カッ! コッ!

伊織「・・・響」カッ! コッ!

響「ん?」カッ! コッ!

伊織「あそこにハム蔵逃げ出してきてる」カッ! コッ!

響「えっ!?」クルッ

カッ! コッコッコッコッコロコロコロ…

響「・・・?伊織、どこだ?見当たらないぞ?」キョロキョロ

伊織「・・・」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:26:02.36 ID:xmk0BEHy0
響「・・・うぎゃーっ!伊織、自分を騙したのか!?」

伊織「悪かったわよ、咄嗟に思いついたのがそれだったの」

響「よーし、今度は騙されないぞ!さぁ伊織、どっからでも来い!」

伊織「まぁそうね、私だってそう何度もこんな手が通用するとは思ってないわよ・・・っと」スッ

響「ん、どうしたんだ?誰からかメール?」

伊織「うん、プロデューサーから。今日暇みたいだしさっきちょっと呼んでみたのよ。それで、もうすぐここに着くって」

響「あ、そうなんだ?」

伊織「そうよ。・・・あら?どうやら話をしてるうちに来たみたいね」

響「お、ホントか?」

伊織「うん。ほら、あっち」

響「あっちか、えーっと・・・」クルッ

響「・・・?あれ、どこだ伊織?見当たらないぞ?」キョロキョロ

伊織「・・・」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:27:51.64 ID:xmk0BEHy0
響「・・・ふぅ、楽しかったね!」

伊織「そうね、なかなか楽しかったわ」

響「次はみんなとも一緒に来たいね、今度誘ってみようかな?」

伊織「いいんじゃないかしら、ここなら近いし。その時は私も誘いなさいよ?」

響「うん、もちろんさー!今から楽しみだね!」

伊織「そうね」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:29:49.73 ID:xmk0BEHy0
伊織「・・・ところでこれ、結局テニス対卓球はできてたって言えるのかしら?」

響「・・・?」

伊織「?」

響「・・・あっ!そういえばそういう話だったね!」

伊織「私の苦労はなんだったのよ!?」

終わり

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 13:31:03.33 ID:xmk0BEHy0
これで終わりです

読んで下さった方ありがとうございました

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 13:35:11.10 ID:VQixC2jCo
ひびいおかわいい
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 13:39:38.24 ID:I6rN5oY6o
乙です
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/19(金) 16:03:20.14 ID:rAAB3hAk0
響はアホかわいいなぁ!


元スレ
タイトル:響「テニス対卓球って本当にできるのかな?」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411099769/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP