P「島村、渋谷、本田、そろそろ支度しろ」

THE IDOLM@STER

アンケートへの回答ありがとうございました。

今後のまとめ記事の参考にさせて頂きます。

要望等あればいつでもご連絡ください。

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:02:57.34 ID:R4rh9x4/o
1月20日/朝/事務所

凛「ん、もうそんな時間?」

未央「うっし、今日の収録も張り切って行こーう!」

卯月「今日も頑張ろうね!二人とも!」

P「あと、俺は送り届けたら一度事務所に戻らなきゃならん。帰りは和久井さんにお願いしてあるからそっちで連絡取ってくれ」

凛「事務所戻ったら待ってた方がいい?」

P「いや、明日の予定だけ確認して帰宅で構わん。俺は姫川と川島さんを送った後三船さんのところまで車飛ばさなきゃならんからな」

凛「美優さんって…泊まりの仕事じゃん。結構遠いよ。間に合うの?」

P「撮影には間に合わなくていい。宿で先方に挨拶して帰る」

未央「それ、何時に帰れるの…?」

P「知らん、姫川次第だ」

友紀「なんであたしだけなのー?!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392649377


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:04:25.89 ID:R4rh9x4/o
P「まだいたのか姫川、早く行け」

友紀「もう出るよー!瑞樹さん、いこっ!」

瑞樹「そうね、少し余裕もって出ましょうか」

P「川島さん、くれぐれも姫川から目を離さないでくださいね?」

友紀「だかr」

瑞樹「ほら、いくわよ友紀ちゃん」グイグイ

バタン

卯月「ねぇねぇ、明日はオフだから終わったらみんなでご飯食べに行こうよ!」

未央「いいねぇ、何人か誘ってみようよー!」

凛「私は朝からレッスンだけどね…」

P「あと…安部、安部はどこ行った?」

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:05:41.57 ID:R4rh9x4/o
菜々「あっ、はーい、ナナは給湯室ですよー!」

P「あぁ、そこにいたのか。新春イベントの映像が回ってきてるから、先に確認しといてくれ」

菜々「はーい、見終わったら机の上においときますねー!」

P「あぁ、頼む」

凛「あ、私も見たいな」

卯月「私も私もー!」

未央「二人ばっかりずるいー!あたしも見たいぞー!」

P「置いておくから時間が空いたら見るといい。それよりもう出るぞ」

NG「はーい」

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:06:32.51 ID:R4rh9x4/o
1月20日/朝/営業車内

凛(助手席)「ねぇプロデューサー」

P「…何だ」

凛「今年は新年会ってしないの?去年はしたじゃん」

未央(後部座席)「あー、やってたねぇ」

卯月(後部座席)「そういえば忘年会もやってないよね?」

P「…クリスマスパーティはしただろう?」

凛「プロデューサーほとんどいなかったじゃん」

P「いなかったんじゃない…酔いつぶれた姫川を三船さんと…女子寮に運んでたんだよ」

未央「あー、友紀さんさっさと始めちゃってたもんねぇ」

卯月「シーズンオフは仕事も少ないーってね」

P「もどってきたら今度は高垣さんと片桐さんだ…。今度は木場さんと和久井さんに手を借りるハメになった」

未央「だから大人が少なかったんだ…」

凛「それなら尚更ちゃんとみんなで集まれる日作ろうよ」

卯月「それいいね!やりたいね!」

P「もうお前らも名前の売れたアイドルだからな、なかなか全員ってわけにはいかないだろう」

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:06:58.30 ID:R4rh9x4/o
未央「私たちも長い付き合いだもんねぇ」

P「2年少しを長いと感じるならそうなんだろうな」

未央「つっめたいなぁ…」

卯月「でも、みんなで盛り上がったりすることで事務所の団結も強まると思います」

P「そんなことしないと結束できないのか?」

凛「そんな言い方しなくても…」

P「…いや、すまない。悪かったよ、島村」

卯月「あっ、いえ、そんな」

P「まぁなんだ、アイドルたちが相談して集まったりするのには俺は関知しない。日程調整でなんとかなるなら申告しろ」

未央「うーん…」

凛「ねぇ、プr」

P「ほれ、着いたぞ、忘れ物のないように降りろ」

未央・卯月「はーい」

凛「………」

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:08:03.07 ID:R4rh9x4/o
1月20日/昼前/事務所

P「…っと、プリンタのトナー切れてんな」

ちひろ「おはようございまーす。ごめんなさい、予定より遅くなっちゃいました」

P「千川さん、おはようございます。ちょうどいいところに」

ちひろ「何ですか?超得ショップならお休みですよ?」

P「違います。プリンタのトナー切れちゃったんですけど、予備どこです?」

ちひろ「あぁ、ちょっと待ってくださいねー」パタパタ

弾んだ声「おっはようございまーす!」

控えめな声「おはようございます」

P「ん?――あぁ、おはよう」

弾んだ声「いやぁ今日も寒いねぇ、手袋が手放せないよ」

控えめな声「そうですね、春が待ち遠しいです」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:08:42.24 ID:R4rh9x4/o
ちひろ「あら、おはよう、美嘉ちゃん、智絵理ちゃん」

美嘉「あっ、おはようございます、ちひろさん」

智絵理「おっ、おはようございます」

P「あんまり見ない組み合わせだな」

美嘉「そう?結構仲良しだよ?」

智絵里「美嘉さんとは莉嘉ちゃんと3人でお買い物行ったりしてますよ」

ちひろ「あらあら、それは仲良しね」

P「ん?緒方は今日仕事入ってたか?」

智絵里「あ、いえ、こないだ実家に帰っていたのでおみやげを持ってきたんです」

ちひろ「あら、わざわざありがとう」

美嘉「智恵理ちゃん気が利くよねー、アタシより年下なのに」

P「確かに、俺が高校生の頃はそんな気は回せなかったろうなぁ」

ちひろ「プロデューサーさんの高校生の頃、かぁ」

智絵里「どんな高校生だったんですか?」

P「ん?……別に楽しい話はない。部活やって家に帰る、それだけの高校生活だ」

美嘉「部活?」

智絵里「何の部かt」

怒った声「だからそれはもう説明したじゃん!」

智絵里「ひっ」

苛立った声「説明になってないって言ってんだよ!」

<ガチャ

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:09:28.24 ID:R4rh9x4/o
P「帰れ」

美嘉「開口一番にそれ?!」

ちひろ「何ケンカしてるの?加蓮ちゃん、奈緒ちゃん」

加蓮「奈緒が終わったことをグチグチ言うから」

奈緒「加蓮がアタシのクーポン勝手に使ったのが悪いんだろ?!」

P「事情は分かった。出口はそっちだぞ」

加蓮「何で挨拶もなしに帰宅を促すの?!」

奈緒「そうだよPさん!DTBのDVD貸してやっただろ!」

P「…今は関係ない。緒方が怯えてるだろ」

智絵里「あぅ、いえ、そんな」

加蓮「あ…ご、ごめんね、智絵里」

奈緒「お、おう…すまんかった」

美嘉(かわいい)

P「にしても神谷も北条も今日はオフだろう?」

奈緒「凛がごはん食べに行こうって言うから」

加蓮「奈緒からその話聞いてね」

P「NGの連中とか?それ、晩飯じゃないか?」

なおかれん「えっ」

10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:10:47.96 ID:R4rh9x4/o
>>8 知ってる名前は出てくるかもしれないよ

P「今朝車の中で言ってたぞ」

加蓮「ちょっと奈緒、どういうこと?」

奈緒「え、だってほら」

加蓮「…『今日ごはん食べに行かない?』…なにこれホントに女子高生のメールなの?」

美嘉「しかもこれじゃお昼なのか夜なのか全然わかんないじゃん」

智絵里「えっと、これ、なんて返信したんですか?」

奈緒「『おk、加蓮にも言っとく』って」

加蓮「何でちゃんと聞かないのよ」

奈緒「う、ぐぬぬ」

ちひろ「まぁまぁ、せっかくだからゆっくりしていったら?」

美嘉「そうだよ、ゆっくりしていきなよ」

P「姉ヶ崎、お前はもうそろそろ出ろ」

美嘉「わかってるよー。…そろそろその呼び方やめない?」

P「わかりやすいだろう」

奈緒「そうだよ姉ヶ崎」

加蓮「姉ヶ崎ってなんかほんとにいそうだよね」

11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:11:19.83 ID:R4rh9x4/o
フレデリカ「でも妹ヶ崎はたぶんいないよねー」

奈緒「『いもがさき』だもんな!」

美嘉「ちょっと莉嘉のこと変n……」

一同「……………」

奈緒「ふふふフレデリカさん?!?!?」

加蓮「いつの間に…」

フレデリカ「チエリちゃんがその赤い箱出すとこからかなー」

ちひろ「ほぼ最初からね…」

美嘉「心臓に悪いよ…」

智絵里「フレデリカさんも今日はお休みじゃないんですか?」

フレデリカ「うん、休みだよー」

P「事務所に何しにきたんだ?」

フレデリカ「何にもー、ただ暇だったんだー」

P「お前らは事務所を集会所かなんかと勘違いしてないか…」

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:11:54.14 ID:R4rh9x4/o
美嘉「…あ、そろそろ出なきゃ!プロデューサー、ちひろさん、行ってきます!」

ガチャ

バタン

フレデリカ「プロデューサー、送ってあげないの?」

P「そうしてもやりたいが、今日中に仕上げなきゃいけない書類もたまっててな」

加蓮「プロデューサー、夏くらいから働きっぱなしじゃない?」

P「それが社会人だ」

奈緒「社畜の間違いだろ」

P「言ってろ」

智恵里「じゃ、じゃあ、私そろそろ帰りますね」

フレデリカ「えー、せっかく来たんだしゆっくりしていきなよー」

P「宮本も短大はどうしたんだよ…」

フレデリカ「それg」

正体不明の声「短大はどうしたんだい、フフッ」

P「どこですか高垣さん」

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:12:43.91 ID:R4rh9x4/o
楓「バレてしまいましたか」ガタガタッ

P「うぉ?!」バッ

ちひろ「つ、机の下に…」

楓「プロデューサーが戻ってくるまで席を温めておこうかと思いまして」

P「そこは森久保の席です」

加蓮(公認だったんだ…)

フレデリカ(しゃべってたのにー)

ちひろ「楓さんは午後からレッスンですよね?いつからいたんですか?」

楓「それが、レッスンの時間を間違えてしまいまして、10時ごろからここで待ってました」

P「…ずっと、ですか」

楓「はい」

ちひろ「え、でも鍵は?瑞樹さんが施錠して出発したはずじゃ…」

楓「午前のレッスンは留美さんたちだったので」

加蓮「あぁ、和久井さん合鍵持ってるもんね」

楓「留美さんに『楓、あなたのレッスンは午後からよ、しっかりなさい』って怒られちゃいました」

奈緒「プフッ、似てる」

P「それでわざわざ内側から鍵かけてここに潜んでたんですか」

智絵里(プロデューサーさん、何で気付かなかったんだろう…)

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:14:16.89 ID:R4rh9x4/o
加蓮「手が込んでるね」

フレデリカ「じゃあさ、みんなでごはん食べにいこーよ、みんな時間あるんでしょ?」

智絵里「じゃ、じゃあ私もご一緒してもいいですか?」

フレデリカ「だめなわけないじゃん、ほらほら早く準備ー」

奈緒「何食べる?」

加蓮「マックにしよーよ」

P「北条、ジャンクフードは控えろって言っただろ。何度も言わせるな」

加蓮「いいじゃん、年明けからは行ってなかったんだから」

フレデリカ「アタシはデザートのあるところがいいなー」

智絵里「じゃあ…向かいの通りを行ったところの洋食屋さんにしませんか?」

ちひろ「あ、瑞樹さんに教えてもらったんでしょ?」

智絵里「はい、ごちそうになりました」

奈緒「瑞樹さんのチョイスに間違いはないだろうな」

楓「焼き鳥たべたい」

P「あんた話聞いてたのかよ」

16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:15:13.64 ID:R4rh9x4/o
>>14
なにそれ面白そうだから書いてよ

奈緒「…Pさんも行かないか?」

ちひろ「行ってきたらいいんじゃないですか?」

P「…いや…こっちのめどが立たないと動けませんよ」

ちひろ「次回のPMFの書類でしょう?別に急ぎじゃ…」

P「今日は夕方からもう戻ってこれませんから」

加蓮「いいじゃん、行けないって言ってんだから」

智絵里「プロデューサーさん、忙しそうですし…」

奈緒「…うん…」

楓「今日はお姉さんのおごりです」フンスフンス

フレデリカ(お姉さん…?)

加蓮(お姉さん……?)

ちひろ(あ、ASKUL頼むの忘れてた)

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:15:54.06 ID:R4rh9x4/o
1月20日/昼過ぎ/事務所

ちひろ「行けばよかったじゃないですか」

P「だから、今日はこいつ仕上げて三船さんとこの現場行かないと」

ちひろ「確かにあの監督さんとは事務所的には初めてですけど…」

P「確実に1クールに1つ枠のある大河を押さえておけばもう少し仕事が入りやすくなるかな、と」

ちひろ「そんなこと言って、三船さんに気に使ってるんでしょう?」

P「…どうでしょうね」

ちひろ「三船さんの性格くらいもう分ってるでしょうに」

P「ずいぶん突っかかるじゃないですか」

ちひろ「あなたにそろそろ成長してほしいからですよ」

P「…善処します。ご迷惑をおかけしてるのは自覚してますから」

ちひろ「あぁもうぅ!そうじゃなくてぇえ!」

prrrrrr

P「…ん?あぁ失礼」

ちひろ「大事なとこで」ボソッ

P「Pです」

美嘉『プロデューサー!!どうしよう!?』

P「どうした、遅れてるのか?」

18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:16:35.41 ID:R4rh9x4/o
<タダイマー アレチエリチャンハ?

美嘉『違うの!パパが倒れたって莉嘉から電話で、ママも莉嘉も今病院で、でも仕事がどうしよう?!』

P「分かった、今タクシーか?」

<エキマデオクッテキマシタ アラソウナンデスカ

美嘉『パパに何かあったら、アタシ、莉嘉も、どうしよう!!!』

P「そうだな、で、今タクシーの中か?」

<プロデューサードウシタノ? ワタシモヨクワカラナイノ

美嘉『タクシーだけどパパが櫻井記念病院に!!!』

P「分かった、タクシーの運転手に代われ」

<ナオーキョウハナンカモッテナイノー? PSPシカネーヨ

美嘉『は?!何言ってんのこんな時に!!!』

P「いいから代われ」

<カエデサンナニノンデンノー? チャチャットオチャイレテキマシタ ンフッンフッ

美嘉『なんなの?!こっちが大変な時に!!!』

P「分かってるから代われって言ってんだよ、いいから早く早く代われ!!」

<Pサンガメズラシクオコッテル メズラシクナクナイ?

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:17:01.13 ID:R4rh9x4/o
美嘉『…ッ、わかったよ…」

受話器越し声『ゴソゴソ…お電話代わりました、○×タクシー運転手です」

P「お世話になります、オフィスセンカワのPと言います」

<プロデューサーイツモオコッテンジャン ソウカ?

運転手「オフィスセンカワ…、あぁ、はい」

P「すいませんが後部座席でおろおろしてるうちのアイドルの行き先を櫻井記念病院に変更をお願いしたいんですが」

<カエデサンソロソロジカンデスヨ チャチャットオチャノンジャイマスネ

運転手『えぇ、聞こえてましたよ、すぐに向かいます』

P「よろしくお願いします。このまま通話を切って城ヶ崎に携帯を渡してください」

<2カイメハチョット… !?

運転手『あぁ、どこかで見たことがあると思ったら姉ヶ崎さんですね。わかりました。それでは失礼します』

P「えぇ、失礼します」

ピッ

P(さて…)

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:17:36.24 ID:R4rh9x4/o
奈緒「か、楓さん、そんな落ち込まなくても…」

加蓮「そうだよ、1回目でもそんなに面白くなかったから」

楓「ぶぅ」

フレデリカ「膨れちゃったー、カエデさんかわいいねぇ」

ちひろ「プロデューサーさん?今の電話は…?」

P「姉ヶ崎は仕事に行けません」

ちひろ「え、それはどういう…」

P「宮本」

フレデリカ「んー?」

P「すまん、力を貸してくれ」

加蓮(あれ?)

フレデリカ「…どしたのいきなり?」

P「姉ヶ崎が仕事に行けなくなった。代役を頼みたい」

フレデリカ「うん、いいよー」

加蓮(軽っ)

奈緒(まだ何の仕事かも聞いてないのに)

楓(自分のことを棚にあげたな、ンフッ)

奈緒(こいつ…直接脳内に…ッ?!)

21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:18:35.93 ID:R4rh9x4/o
フレデリカ「何の仕事なの?」

P「雑誌のモデルだ、早く支度してくれ」

フレデリカ「モデルならさ、カエデさんのほうがよくない?」

P「いや、その…高垣さんは今からレッスンだからな」

奈緒(美嘉のモデル…仕事…あっ)

加蓮(むしろちょっと見たいけどね)

楓「……ちょりーっす」

奈緒「それ違うアイドルだよ楓さん」

フレデリカ「じゃどーやって行くの?」

P「俺が送っていく。千川さん、しばらく空けます」

ちひろ「はいはい、お帰りは何時ごろですか?」

P「宮本次第ですが、後ろはおそらく姫川と川島さんの回収と時間帯が被りますから夕方以降ですね」

ちひろ「了解しました、気を付けて行ってくださいね」

フレデリカ「はーい、行ってきまーすっ」

ガチャ

バタン

22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:21:28.89 ID:R4rh9x4/o
加蓮「……ねぇ、奈緒」

奈緒「……ん」

加蓮「プロデューサーって、あんな物言いもするんだね」

奈緒「…は?」

加蓮「いーっつも偉そうにしてるくせに、都合の悪いときばっか『力貸してくれ』ーだなんて」

奈緒「…っ!かr――」
楓「加蓮ちゃん」

加蓮「え?」

奈緒「楓さん?」

23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:22:22.62 ID:R4rh9x4/o

楓「――貴方は彼のこと、何も知らないのね」

24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:22:49.52 ID:R4rh9x4/o
奈緒「――!」ゾワッ

加蓮「え、それっt」

生意気な声「フッフーーン!!カワイイボクの出勤ですよ!!」バターン

楓「…もう行くわ」

加蓮「え、ちょっと楓さん!」

生意気な声「あっ楓さんおh…あれ、え、何で怒ってるんですか、ひゃぁ!髪をぐしゃぐしゃにしないでください!天使の羽がもげちゃいます!!」

加蓮「……何なの、一体」

25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:23:39.90 ID:R4rh9x4/o
1月20日/夕刻/某球団二軍本拠地前

P「川島さん、姫川、お疲れ様でした」

友紀「ただいまー!…あれ、フレちゃんじゃん、どしたの?」

フレデリカ「やっほー」

瑞樹「Pくん、ありがとう。…何かあったの?」

P「些細なことです」

フレデリカ「人のオフをつぶしておいてササイはないんじゃないのー?」

友紀「…オフ?」

P「…悪かったとは思ってる。手当に関しては千川さんと――」

フレデリカ「そんなのどうでもいーよ、その代わりちょっとお願いきいてほしーな?」

P「…却下だ」

フレデリカ「つれないなぁ、最後まで聞いてくれてもいいじゃん」

P「会社から手当はつく、それでいいだろう」

友紀「ねーねープロデューサー!今年のキャッツのセカンドは案外テラウチががんばるかもよ!」

P「いきなりなんだ、今日はテラウチに会ったのか?」

友紀「んーん、カワイコーチ!それとキョースケと、サネマツとー」

瑞樹「ハシモト君には彼が高校生の頃に会って以来だったわねぇ…月日が経つのは早いわ」

フレデリカ「ちょっとプロデューサー、アタシの話はまだ終わってないよー!」

P「なんでそんなに元気なんだよお前ら…」

26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:24:08.08 ID:R4rh9x4/o
1月20日/夕刻/事務所隣接駐車場

P「ほれ、姫川起きろ」

友紀「んぁ?んんぅー…」

瑞樹「ちょっとはしゃぎすぎちゃったのよね」

フレデリカ「あはっ、ユキちゃん子供みたーい」

P(姫川の方が年上なのに)

友紀「んんぅ、うるさぁい」ゴシゴシ

P「川島さん、合鍵持ってます?」

瑞樹「えっと、あら、そういえば早苗に渡したんだったわ」

P「そうですか、じゃあ鍵渡しますんで最後の戸締りお願いしますね」スッ

瑞樹「ちょっと待って、私明日オフなのよ。すぐ終わるからちょっとだけ待っててくれないかしら?」

P「いえ、この後三船さんの現場に…」

瑞樹「いけずねぇ。ちょっとだけ、ね?」

P「…わかりました。それなら上がりますか」

27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:24:35.91 ID:R4rh9x4/o
フレデリカ「じゃあアタシユキちゃん連れて帰るねー」

P「すまんな、宮本、ありがとう」

フレデリカ「いいっていいって、恩は返してもらうけどねー」

友紀「んふぅ、今年ナカイは外野で使うんだーい…」

フレデリカ「ほら、ユキちゃん、しっかり立ってよ――じゃあねプロデューサー」

P「あぁ、お疲れ」

瑞樹「それじゃ、お願いねP君」

P「早めにお願いしますね」

瑞樹「女を急かすなんて、なってないわね」

P「………」

28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:25:08.47 ID:R4rh9x4/o
1月20日/夕刻/事務所

P(千川さんはもういないか…)

瑞樹「ねぇP君、せっかく二人きりなんだし、ちょっとだけいいかしら?」

P(!?二人きり!?しまった?!)

瑞樹「失礼ね、変な顔しちゃって。取って食ったりしないわよ」クスッ

P「あ、いえ、別に」

瑞樹「そっちに掛けて、テーブル越しならいいでしょう?」

P「は、はい」

瑞樹「――単刀直入に言うわね、P君」

P「っ、はい」

瑞樹「…もう少し、なんとかならない?」

P(単刀直入ってこれでいいのか?)

P「言ってる意味がわかりません」

瑞樹「トボけたってだめよ、何を隠してるの?」

P「だから、言ってる意味がわかりません。今日の仕事、気に入りませんでしたか?」

瑞樹「そうじゃないわよ。あなたの采配は完璧よ。そこじゃないの」

P「だったら、何ですか」

29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:25:44.91 ID:R4rh9x4/o

瑞樹「――気に入らないわ」

30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:26:27.98 ID:R4rh9x4/o
P「担当を変えろっても、ここにプロデューサーは僕しかいません」

瑞樹「……ふぅ……」

P「――誰かから、何か聞きましたね?」

瑞樹「こっちの質問には答えないくせに」

P「だからお答えしています。『言ってる意味がわかりません』」

瑞樹「あぁ言えばこう言うんだから」

P「お互い様です」

瑞樹「安心して。私が聞いたのは多分貴方が隠してることじゃないわよ」

P「そんなに僕に隠し事をさせたいんですか」

瑞樹「P君」

P「はい」

瑞樹「あなたのことを知ってもらうには、この事務所のアイドルは少し幼い子が多いわ」

P「今日の川島さんは、随分わかりにくい物言いをしますね」

瑞樹「分かりやすく喋るのは得意なんだけどね」

瑞樹「でも、わかりにくいのは貴方の方よ」

瑞樹「今日だって美優のところに行くのは汚い打算や狡い戦略のためじゃないんでしょう?」

P「川島さん」

瑞樹「何かしら」

P「どんな意図かは知りませんが、そういう言われ方をするのはひどく心外です」

31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:26:53.61 ID:R4rh9x4/o
瑞樹「…えぇ、そうね。ごめんなさい。言い過ぎたわ」

P「僕はね、川島さん」

P「この事務所のアイドルには大きくなってもらいたい」

P「そのための土台や箱づくりをするのが僕、あるいは千川さんの役目です」

P「その役割を自覚していること、それに向けて動いていること、そんな気持ちを極力表に出さないようにしていること」

P「川島さんはそのことがわかりにくいと仰っているのでしょう」

瑞樹「そう、ね」

P「そんなの、見せたくないでしょう?」

瑞樹「そうなの?」

P「学校の先生に『俺はお前たちのことを想っているからこそ叱るんだ』なんて言っちゃう人、いませんでした?」

瑞樹「あぁ――その先はいいわ、理解したもの」

P「そういうことです」

32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:27:27.19 ID:R4rh9x4/o
瑞樹「…ふぅ…」

瑞樹「言いたいことはわかったわ」

瑞樹「でも、それと現状は別よ」

P(誤魔化せなかったかー)

P「それに関しては理解者がいると思っています」

瑞樹「理解者?」

P「ええ。川島さんも、その一人になってもらったつもりですが?」

瑞樹「…は?」

P「僕の考え、嘘偽りなく全部言いましたよ?」

瑞樹「………」

瑞樹「…ふぅ。全く、この子は」

P「子ども扱いですか」

瑞樹「そこまで聞かされたら、仕方ないわよねぇ…」

瑞樹「いいわ、フォローはしてあげる」

P「いや、別にフォローしてほしいとかじゃないんですけど」

瑞樹「するっていってりゅのよ!」

P(噛んだ)

33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:27:53.98 ID:R4rh9x4/o
瑞樹「こうなったら仕方ないわね、お姉さんがひと肌脱いであげるわ」フンス

P「は、はい…あの、もう行っていいですか」スッ

瑞樹「そうね――ね、P君」

P「なんですか」

瑞樹「あなたの名前、事務所に入る以前にも聞いたことがあるんだけど」

P「あぁ、僕は業界でも有名人ですからね。【鋼の社畜】と言えば僕です」

瑞樹「【ちひろの手先】とも呼ばれてるわ」

P「そっちは心外です」

瑞樹「そっちじゃなくて――いえ、今はいいわ」

P「それにしても、流石は川島さんですね。あ、鍵閉めますね」

瑞樹「あら、珍しく褒めてくれるの?」バタン

P「ええ、正直自分の信条や信念なんかアイドルの皆は知らないし、別にそれでもいいかと思ってやってきましたから」

P「…実は今ちょっとだけうれしいんですよ」

瑞樹「なに言ってるのよ。そんなことくらい――」

34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:28:30.22 ID:R4rh9x4/o

瑞樹「――わかるわ」

35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:28:59.69 ID:R4rh9x4/o
1月20日/夜/某県撮影班宿舎(旅館)/監督の部屋

P「うちの三船は如何ですか?うまくやっていますか?」

監督「あぁ、彼女の雰囲気なら問題ないだろう。年齢以上の色気がある」

P「困りますよ?彼女はうちの大切なアイドルです」

監督「ははっ、センカワさんとこの子に変な気を起こすことはないよ」

P「おや、他の事務所ならいいと?」

監督「ははは、こんな年寄にそんな気概はないよ。嫁さんだけで精一杯さ」

P「年寄とは随分じゃあないですか」

監督「三船君やほかの若い演者をみてればそうも思うさ。P君、君はいくつになる?」

P「確か監督の息子さんと同い年だったはずですね」

監督「おや、誰かから聞いたかね」

P「えぇ、局にいる知人から。単純にお話のタネになればと思いまして」

監督「本当にそれだけかい?」

P「ご想像にお任せします」

監督「…食えないね、君は」

P「ええ、僕は女性が好きですから」

36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:29:27.22 ID:R4rh9x4/o
監督「はっはっは、言うじゃないか」

P「…さて、遅くまでお邪魔してしまいましたね」

監督「残念だな、車でなければ一杯つきあってもらったのに」

P「それなら次回もうちのアイドルを使ってもらわなければいけませんね」

監督「狡いね、君は」

P「…最近よく言われます」

監督「そうだ、三船君のところに顔を出していくんだろう?」

P「えぇ、そのつもりです」

監督「彼女、少し緊張していたようだからね、声をかけてくれると彼女も喜ぶだろう」

P「…ご迷惑を?」

監督「そうじゃない。ただ彼女の本来の顔が見たいだけさ」

P「そのあたりは…私ではどうでしょうね」

監督「さぁ、どうだろうね」

P「――それでは、失礼させていただきます」

監督「あぁ。気を付けてな」パタン

P(思ったより気さくな人だったな)

37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:30:02.63 ID:R4rh9x4/o
1月20日/夜/某県撮影班宿舎/三船美優の部屋

トントン

落ち着いた声「はい」

P「Pです。三船さん、今大丈夫ですか?」

スッ

美優「Pさん、遠いところわざわざありがとうございます」

P「いえ、撮影お疲れ様でした」

美優「今お茶を入れますね」

P「あ、いえ、お構いなく」

P(二人きり、か…)

美優「すいません、さっきまで温泉に行っていまして」

P「…お休みのところ、申し訳ありません」

美優「い、いえ、そんなこと…」

P「如何でしたか、今日の撮影は」

美優「実は、今日何度か失敗してしまいまして…」

P「緊張していたそうですね。監督さんも少し心配されてましたよ」

美優「そう、ですか…」

P「安心してください。後ろ向きなことは何も仰ってはいませんでした。むしろ評価は上々です」

美優「それを聞いて安心しました」

P「三船さん」

美優「はい?」

P「この仕事は貴方にとって大事なものとなるでしょう。なぜか分かりますか?」

38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:30:31.01 ID:R4rh9x4/o
美優「…事務所初の時代劇だから、ですか?」

P「事務所の話じゃありません。三船さんの話です」

美優「私、ですか…」

P「確かに、主役級よりは1枚落ちる仕事です。

P「ですが、何度台本を読んでもこの役を演じている姿は三船さんしか思い浮かびませんでした」

美優「そんな、私なんかが…」

P「いいえ、貴方でないと出来ません」

美優「じゃあ…」

P「大和撫子」

美優「…え?」

P「慎ましやかで凛として清楚、一歩引いて男性を立てることも忘れない女性のことです。…だいぶ自己解釈も混じってはいますが」

美優「そ、そんな、私なんかが…」

P「そうですね、今の三船さんには足りないものもあります」

美優「…足りない、もの」

P「そうです。それが何なのかはこの仕事を通じて探してみてもいいんじゃないでしょうか?」

美優「………」

P「――さて、そろそろ帰らないと」

美優「えっ、もう、ですか?」

P「定時は過ぎてますから」

美優「…ふふっ」

P「…なんですか?」

美優「プロデューサーさん、ずるいですね」

39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:31:02.00 ID:R4rh9x4/o
P「またそれですか…」

美優「誰かに言われたんでしょう?」

P「えぇ…あー、監督さんに、ね」

美優「プロデューサーさん、私、この仕事がんばってみます」

P「そうでないと困ります」

美優「そうですね、ふふっ」

P「さて、お邪魔しました」

美優「はい、お気をつけて帰って下さいね」

P「ええ、それでは、失礼します」スッ

パタン

美優「大和撫子、か」

美優「…本当に、ずるい人」

40: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:31:40.36 ID:R4rh9x4/o
1月20日/真夜中の5分前/事務所前

P(あー、結局こんな時間かー)

P(PMFの申請書類と演出表もまだできてないし、来週の休暇はまた流れるんじゃないかこれ)

カチャ、ガチッ

P(…ん?あれ?)

ガチッガチッ ガチャ ガチャッ

P(鍵、開いてる…?千川か?)

キィ

P「お疲れ様です…?千川さん?いるんですか?」

冷静な声「遅かったわね。いえ、まずはお帰りなさい」

41: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:32:12.26 ID:R4rh9x4/o
P「……和久井さん?」

留美「P君、ちょっとここで待ってて」スッ

P「え、え、何ですか?」

留美「いいから待ってなさい」

P「…はい」

キィ ガチャ バタン

P(仮眠室?誰かまた事務所で飲み会でもしてたのか?)

キィ ガチャ バタン

寝ぼけた声「ん、お帰り、プロデューサー」

P「あ、姉ヶ崎?」

留美「この子、ずっとあなたのこと待ってたのよ」

P「――ッ!和久井さん!!」

留美「何かしら」

P「何かしらじゃないだろ!未成年をこんな時間まで引っ張って!何考えてんだ!」

42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:32:43.80 ID:R4rh9x4/o
美嘉「ち、違うよプロデューサー!アタシが留美さんに頼んだんだよ!」

P「お前もお前だ!親御さんが…、親御さんが…ん?」

P「いやいやちょっと待て!親父さんが倒れたのにこんなとこで何やってんだ早く戻れ!!」

P「和久井さん、車出してください!あ、いやこんな時間だからやっぱ俺が!」

美嘉「ちょ、ちょっと落ち着いてよプロデューサー!!」

留美「…珍しいものが見れたわ…」

P「これが落ち着いていられるか!ほら早く支度しろ!」

美嘉「あ、あのね、プロデューサー…」

P「何だトイレなら早くしろ!」

美嘉「ばっ、ばばば馬鹿じゃないの?!」

留美「…プッ」

P「だったらなんだ、ほらコート持って来い!」

美嘉「うちのパパ…ぎ、ぎっくり腰だったんだって…」

P「ぎっくり腰だと?!そりゃ大変……え?なんだって?」

美嘉「ぎ、ぎっくり腰です」

P「」

43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:33:17.82 ID:R4rh9x4/o
留美「プッ…プフッ…」

美嘉「えっと、だから、その、ごめんなさいっ!」

美嘉「それと…あの、ありが、とう」

P「あ、ああ、いやそれは宮本に言ってやってくれ。あいつが助っ人してくれたんだ」

美嘉「フレデリカさんが?」

P「あぁ、よくやってくれた。お前の仕事をこれからそっくり渡してやりたいくらいだ」

美嘉「う、そ、それは困る…」

P「大体、うろたえすぎなんだよ。まともに会話もできないから運転手に代わってもらおうってのにケータイを離しもしない」

美嘉「だ、だから!ごめんって言ってるじゃん!」

留美「ほら、P君も憂さ晴らしはもういいでしょう?」

P「和久井さん…僕はちょっと怒ってるんですよ?」

P「事情があったとはいえ、未成年をこんな時間まで」

留美「あら、お母様には許可は取ってきたわ」

P「…そんな簡単に許可下りました?」

留美「そ、それは…」

美嘉「ママ、留美さんの『わくわく☆花嫁クッキング』毎週見てるからね」

44: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:33:47.98 ID:R4rh9x4/o
P「あぁ、ファンだったのか」

留美「改めてそんなタイトルの番組が日本中で垂れ流されていると知って死にたくなったわ…」

P「好評ですよ?ファンレターだってジャカジャカ来てましたし」

留美「それが複雑だって言ってるのよ…」

美嘉「ママ、お父さんは倒れたって慌てて家出たから夕飯の用意できてなくってさー、ちょうど凛ちゃんから一緒にごはん食べようって電話があったから莉嘉と一緒に出てきたんだ」

留美「そこに居合わせた私が事務所の鍵を開けるように頼まれたのよ」

P「和久井さんも一緒に夕飯食べに行ったんですか?」

留美「何?年増が若い子と一緒にご飯食べちゃいけないの?」

P「そんなこと言ってません」

美嘉「留美さん、プロデューサーの代わりに仕事してくれてたんだよ」

P「え…?」

P「…あっ、PMFの…」

留美「P君、来週休暇の予定してるんでしょう?ちひろさんから聞いたわ」

P「それは…」

留美「私がやったんじゃ細かい見落としや記載漏れがあるかもしれないから、あとの見直しはお願いするわ。明日以降に」

P「…ありがとうございます、和久井さん。手当は千川さんと相談して――」

留美「ねぇ、P君」

P「え、はい」

留美「そうやって冷たいフリするのはもういいんじゃないかしら」

P「それは――」

美嘉「ねぇプロデューサー」

P「…何だ」

45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:34:17.10 ID:R4rh9x4/o
美嘉「今日、アタシが電話した時、代役立てる前に病院に向かわせたよね?何で?」

P「何でって何だ」

美嘉「だーかーらー!もし代役見つかんなかったらー、とかあるじゃん」

P「どうにでもなる」

美嘉「案外いい加減なんだね」

P「どのみちあの状態でお前に仕事なんかできるわけないだろ」

美嘉「う…、まあ、そうなんだけどさ」

P「その話はもういいだろ、ほら、早く帰るぞ」

留美「私も送ってもらえる?」

P「女子寮の方が近いですけど、構いませんよ」

留美「何言ってるの、用事が済んだんだから一秒でも早く美嘉ちゃんを送り届けないと」

美嘉「そんなに気を遣わなくても」

P「いや、確かにその通りですね。送って行って車に二人きりなのも親御さんの心象を悪くするかもしれません」

留美「あら、じゃあ美嘉ちゃんを送った後は送り狼になるのかしら?」

P「冗談でしょう?」

留美「……流石に傷ついたわ」

P「僕だって妙な疑いかけられて傷つきました」

46: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:34:46.46 ID:R4rh9x4/o
美嘉「そういえば、プロデューサーって彼女とかいないの?」

P「そんなのつくる暇なんかないんだよ」

留美「機会はあるのに」

P「どこに転がってるんですかそんなの。大体……」

美嘉「大体、何?」

P「……作ったとして、お前らにかける手間が多すぎてどうせ会う機会なんかない」

留美「アイドルを作物みたいに言わないでほしいわ」

P「大切に育てる、って意味では同じです」

美嘉「出荷するの?」

P「仕事に行かせるのがそれに近いな」

留美「でも過去に恋人くらいいたんでしょう?」

P「…僕の話はもういいでしょう。夜更かしは肌に悪いですよ」

留美「最悪ね」

美嘉「プロデューサー、今のはないよ…」

P「…いいから早く出てください。僕だって早く帰りたいんですよ…」

47: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:35:31.09 ID:R4rh9x4/o
1月21日/深夜/車内

留美「いつの間にか日付変わっちゃったわね」

P「ええ、和久井さん朝から仕事なのにすいません」

留美「P君が謝ることないわ。私が好きでやったことだもの」

P「そうですか」

留美「……………」

P「……………」

留美「……………」

P「……………」

留美「……………」

P「……………」

留美「…会話を盛り上げようって気持ちはないの?」

P「彼女みたいなこと言うんですね」

留美「あら、昔の彼女にそんなこと言われたの?」

P「そんなこと」

留美「はいはい、関係ないわね」

49: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:36:06.02 ID:R4rh9x4/o
P「和久井さんも今日はつっかかってきますね」

留美「『も』とは?」

P「三船さんのところに出る前、川島さんにありがたいお話をしていただきました」

留美「どんな話?」

P「概ね、『アイドルにもっと優しく接しろ』ってことでした」

留美「同感だわ」クスッ

P「態度が悪いと思われてるなら少し見直してみようかと思います」

留美「貴方が冷たいなんて思ったことはないわ」

P「さっきの話ですか?」

留美「今日、若い子たちと一緒に食事に行った、って話はしたでしょう?」

P「ええ」

留美「凛ちゃんと未央ちゃんがね、あなたが冷たい、って言ってたわ」

P「告げ口してもいいんですか?」

留美「あぁ、名前を出すつもりはなかったんだけど、口が滑ったわ」

P「安心してください。僕は『何も聞いてません』」

留美「でもね」

P「はい」

留美「それを聞いた奈…Nちゃんとうd、ゴホン、Uちゃんが怒り出しちゃって」

P「隠す気あります?もういいですよ」

留美「それでね」

50: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:37:41.31 ID:R4rh9x4/o
 奈緒『お前らPさんが普段どんな仕事してんのか知ってるのかよ!』
 
 卯月『プロデューサーさんはそんな嫌な人じゃないよ!」

51: 〉48ワイ外野手、ぎっくり腰で開幕絶望的 2014/02/18(火) 00:38:47.04 ID:R4rh9x4/o
留美「…ってね」

P(島村が…?意外だな、コメントは普通だけど)

留美「それから、今日事務所で楓と加蓮ちゃんがひと悶着起こしたそうよ」

P「何ですかそれ」

留美「加蓮ちゃんが言うには」

 楓『――貴方は彼のこと、何も知らないのね』

留美「…って言われたって」

P「はぁ」

留美「楓が見たこともないくらい冷たい目をしてたそうよ」

P(なにそれすげぇ怖い)

留美「それで、加蓮ちゃん」

52: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:39:49.75 ID:R4rh9x4/o
 加蓮『楓さんとプロデューサー、付き合ってるんじゃない?』

53: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/18(火) 00:40:07.25 ID:R4rh9x4/o
P「子どもか!!…あ、子どもだった」

留美「あんまり真剣な顔で言うから、ほかの子たちも考え込んでたわ」クスクス

P「馬鹿馬鹿しいですね」

留美「可愛いじゃない、女子高生ってのはああいう風にあるべきじゃないかしら」

P「和久井さんも高校時代は色恋にキャーキャー言ってたってことですね?」

留美「…ごめんなさい、私はそんな可愛い女子高生ではなかったわ」

P「深い意味はないんですが…」

留美「何?」

P「羨ましいですか?北条や本田達がそういう高校生活を送っていることが」

留美「そうね、私にもこんな高校生活があったんじゃないか、って思うとなんだか複雑な気分よ」

P「和久井さん」

留美「何よ、馬鹿にするの?」

P「最近、そう思えるようになってきたんですが」

留美「何の話?」

P「僕は、自分の学生時代のことが嫌いでした。いえ、今でもそんなにいい思い出じゃありませんが」

留美「………」

Similar Posts:


PAGE TOP