首藤葵「葵の部屋でモバマスアイドルをおもてなしするっちゃ!」

THE IDOLM@STER

アンケートへの回答ありがとうございました。

今後のまとめ記事の参考にさせて頂きます。

要望等あればいつでもご連絡ください。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:00:12.66 ID:XBOjWqW/0
アイドルマスターシンデレラガールズに登場する首藤葵ちゃんが主役の二次創作SSです。

【諸注意】

・アホ丸出し
・ゆえの微キャラ崩壊

以上をふまえた上で、のんびりお楽しみいただけたら幸いです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502982002


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:00:55.49 ID:XBOjWqW/0
首藤「えー、唐突にはじまりましたあたしのコーナー。葵の部屋へようこそようこそ」

首藤「あっ、まずは自己紹介かな?あたしは首藤葵。13歳のおもてなし若女将アイドルっちゃ」

首藤「いやこのおもてなし若女将アイドルってあたしが考えたんと違うよ。何かPが分かりやすいから言っとけみたいな事を」

首藤「というのもあたしの実家は料亭をやっててね。誰かをおもてなしするっていう事には昔から馴染みがあるというか。よく手伝いなんかもしてたんよ」
   
首藤「若女将っていうのは照れるけど…。まぁそれの由来も実家からきてるっちゃ」

首藤「でまぁ、そんなあたしがお送りするこのコーナー、葵の部屋」
   
首藤「…まぁ簡単に言ったらただのんびりゲストさんとお話するっていうゆるいものなんよ」

首藤「あたしの実家の料亭のようにのんびりくつろげる空間をお届け…みたいな。そんな感じでやっていくつもりっちゃ」

首藤「…そろそろゲストさん来るかな?」

十時「葵ちゃ~~ん!こんにち…」

十時「えっこの部屋寒くないですか?」

首藤「あっ、愛梨さん。ようこそいらっしゃいました」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:01:34.55 ID:XBOjWqW/0
十時「あっはい。えっちょっ葵ちゃ~ん。冷房ききすぎかも~」

首藤「…記念すべきあたしのコーナー…。放送事故だけは避けたかったっ…!!」

首藤「なので冷房MAXでお送りしています」

十時「あっ」

十時「確かに日頃の私の行いが悪かったです」

十時「でも私にも寒いっていう感覚はあって…」

十時「葵ちゃんはなんか着物でだいぶ厚着してるけど私は…」

首藤「なるほどっ。じゃあ…18℃くらいにする?」

十時「いやもう適温で大丈夫。24℃くらいで大丈夫」

首藤「了解っちゃ」ピピピ

首藤「…いきなり手荒いおもてなしで申し訳ない」

十時「あっいやうん」

首藤「…Pからの指示だったんよ。愛梨さん…。むやみに服を脱ぐ癖について考え直して欲しいって…」

十時「はい………」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:02:22.50 ID:XBOjWqW/0
首藤「とまあこの話はこれくらいにして」

首藤「愛梨さんとは色んな話をしたかったんよね~」

十時「私も葵ちゃんと話してみたかったんだ~」

十時「私の場合、料理はお菓子作りが中心だけど~、葵ちゃんは和食が得意で魚もさばけちゃうんだよね?」

十時「魚さばくのってすごく難しそう~。私にはできなさそうだなぁ」

首藤「Let’s try」

十時「ふぇっ?」

首藤「ここに生きたドジョウがやたらいます」ドン

十時「ええええええええええええ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:02:58.04 ID:XBOjWqW/0
首藤「がんばって。まずは掴むところから。あたしは歌ってるっちゃ」

十時「えっ?何かアドバイス…」

~~~♪

首藤「なにかっありそっな高いブルースカイ♪」

十時「えっ音源あるんですかってひゃああああああああ」

首藤「会いたいから焼いちゃおうアップルパイ♪」

十時「あっあっあっ激しいいいいいいいいいいい動きがあああああああ」

首藤「きーみの笑顔見たいんだもん♪」

十時「あっ!!!!服の中に!!!!!!あッあッあッ////////」

首藤「イエーーーーイ!!!!」ダダダダ

十時「あ~っ!!!!葵ちゃんが!!間奏中にドジョウを!!!!さばっあっあっ///////こっちのもとってぇ////////」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:03:34.27 ID:XBOjWqW/0
しばらくのち

首藤「どうだった?」

十時「なんというか、料理人さんは偉大だなぁって思いました」

十時「あと葵ちゃんのためらいのなさ。さすがだよ~」

首藤「へっへー。大分の女をあなどってもらっては困るっちゃ」 

首藤「まぁでもあたしアップルパイ焼いたことないんだけど」

首藤「今度教えてもらえると…。嬉しいっちゃ」

十時「もちろんいいよ~」

十時「あっ。やっと落ち着いてきた」

首藤「まぁ今までのんびりくつろぐゆるいおもてなし空間からは遠かったからね」

十時「認めちゃうんだ」

首藤「なんか大人の横やりがね。ドジョウのさばき方にトライとか急に言ってきて」

十時「いやでも葵ちゃんもなんか色々ノッてたっていうか楽しんでたような」

首藤「ここからは穏やかな葵の部屋を…」

首藤「ささ、お茶が入ったよ…。どうぞ」

十時「ありがとう~」

首藤「…………………」

首藤「お茶っちゃ」ボソ

十時「ブッフwwwwwwww」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:04:09.86 ID:XBOjWqW/0
十時「ゲッホ、ゲホゲホ」

十時「葵ちゃ~ん。今のはちょっと不意打ち…」

首藤「ごめん。急に思いついて…」

十時「葵ちゃんってそんな子でしたっけ…」

首藤「あたしは愛梨さんが思いの外ツッコんでくれてるのが新鮮っちゃ」

十時「私だってやる時はやるんだよ」

首藤「さて、そんな愛梨さんですが」

十時「あっはい」

首藤「先日、ライブにてアップルパイ・プリンセスを披露されていましたが」

十時「はい~。そうなんです~」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:04:49.86 ID:XBOjWqW/0
首藤「どういった心境で歌ってたのか聞かせてほしいっちゃ」

首藤「あたしもね、いつかみんなの前で歌うから。イメージをつかんでおきたいんよ」

十時「そうだなぁ…」

十時「この間のアップルパイ・プリンセスは何か特別な物だった気がするんだよね…」

十時「何か、誰かから後押しされながら歌っていたような…。よく分からないんだけど…」

首藤「ファンの人達の応援って事?」

十時「それもあるんだけど、なんだろう。まるで身近な人のような…」

十時「あったかくて、なんだか不思議な気持ちでした」

首藤「…よく分からんけど、ライブにはそういう、神様みたいなのがいるのかな」

十時「かもね!それで私何だか泣けてきて。今も目頭が熱くなってきちゃいました」

P「」サッ

P「」ピピピピピピピ 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:05:47.71 ID:XBOjWqW/0
首藤「はぇ~。あたしもセンターとかになったらわかるんかなあ」

十時「きっとわかるよ~。ところで葵ちゃんは、自分のデビュー曲、どんなのが歌いたい?」

首藤「そうやねぇ…。元気な曲もいいし、かわいい系も歌ってみたいし…」

十時「うんうん」

十時「和風な曲も合いそうだねえ」

首藤「おー!!歌いたいっちゃ!!」

十時「楽しみだね~!」

十時「ところでこの部屋寒くないですか?」

首藤「うん」

十時「あ~っ!!!!冷房が最大になってる~!!!!!!!!」

十時「誰のしわざですか?えっ、プロデューサー?」

十時「あつくなってきたって言ったから?ってそれは目頭ですよ~!!!!!!私をなんだと思ってるんですか~!」

十時「痴女ォ!?!?!?もう許しませ~ん!!!!」ダダダダダダ

首藤「…………………」

首藤「お茶おいしい」ズズッ

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:06:26.16 ID:XBOjWqW/0
しばらくのち

首藤「まぁこんな感じでやればおいしい肉じゃがができるっちゃ」

十時「ただいまぁ~…」

首藤「おかえり~。肉じゃが食べる?」

十時「えっ。つくったの?」

首藤「まぁ設備がないからこれは説明用の作り置きだけどよかったら」

首藤「ところでプロデューサーは?」

十時「早苗さんに引き渡してきました~」

首藤「終わりやね」

十時「はぁ~。いっぱい走ったら暑くなってきちゃいました~」スルッ

首藤「肉じゃが没収」

十時「あぅう。ウソですウソです~」

P「やっぱり痴女じゃないか」

片桐「フンッ」バキィ

P「ホピィーーーーーーーー」

首藤「…………………」

十時「…………………」

首藤「肉じゃがどうぞ」

十時「いただきま~す!」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:07:04.37 ID:XBOjWqW/0
首藤「レンジはあったからちゃんとあったかいよ~」

十時「あっおいしい!!!!」

首藤「よかったぁ。やっとおもてなしらしいおもてなしができた気がするっちゃ」

十時「ホントにおいしい~。私にも作れるかなぁ」

首藤「作れる作れる。後でレシピ教えるっちゃ。そしてこれもどうぞ」

十時「わっ重箱!?!?」

首藤「よかったら晩ごはんに持ってって~」

十時「えっ、そっ、いいの??」

首藤「もちろん!多かったら誰かとわけて食べて~」

首藤「そしてもしおいしかったら…」

首藤「ウチの実家の料亭もぜひっ」

首藤(決まった…!!)

十時「わぁあ。なんか気を遣わせてごめんね~」

首藤「いーのいーの」

十時「葵ちゃんは優しいなぁ~」

首藤「いやいや~」

十時「…ふふふ。そんな優しい葵ちゃんに…。私からもプレゼントがあります!」

首藤「えっ?」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:07:44.55 ID:XBOjWqW/0
十時「葵ちゃん…。今日!今、収録しているのは何月何日ですかっ!?」

首藤「え、8月18…あっ!!!!!」

十時「ふっふっふ~。という訳で、ケーキを作って持ってきましたよ!!」

首藤「ええぇえっ!!!!ほ、ほんと…??」

十時「ほんとです!」

十時(と、そろそろハッピーバースデーのBGMが流れるはず)

\なにかっありそうな高いブルースカイ♪/

十時「ほ?」

首藤「あっ!もしかしてこれ?」

十時「えっあっうん、それそれ…。開けていいよ?あれ、やっぱり仕切り直し…?」

スタッフ「アッヤベ」

十時「あわわわわ、ちょちょちょ…」おろおろ

バシャン!!

十時「あっ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:08:27.70 ID:XBOjWqW/0
首藤「やったー!じゃあオープン…ってあああーっ!!!!!!ドジョウが~!!!!!!」

十時「ひゃああああああああああああああああああああ服にいいいいいいいい!!!!服の中にいいいいいいいい」

首藤「よーし助けるっちゃ!!」

首藤「えっ!!!!時間ないからもう収録終わり!?!?」

首藤「じゃあ歌います」

十時「葵ちゃん!?!?!?!?」

首藤「レッツゴー♪」

首藤「バターとりんご♪」

十時「ひゃああああああああ!!!!!!あっあっあっあっ、あ~ッ//////////////」

ドッタンバッタン

片桐「………………………」

片桐「打ち切りかな、コレは」

葵の部屋    終

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 00:09:03.18 ID:XBOjWqW/0
葵ちゃん誕生日おめでとう。
初めてここにSS投下しました。すごく緊張した。
じゃあ自分は葵Pと十時軍に殺される前にHTML化依頼して逃げます。
読んでくださった方がいましたらありがとうございます。
バイチャっちゃ
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/20(日) 04:54:47.06 ID:AzOkBPDC0
これは期待の新人
おつ


元スレ
タイトル:首藤葵「葵の部屋でモバマスアイドルをおもてなしするっちゃ!」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502982002/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP