いろは「雪ノ下先輩って、先輩の事好きなんですか?」雪乃「ええ、それが?」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

 

 

アクセス過多等で繋がりづらい症状が頻繁に出ていたため、サイトを移転することになりました。

 

新サイトは下記の通りです。

 

URL:https://ss-m.net
RSS:https://ss-m.net/feed

 
 
 
引き続き、皆様に楽しんでいただけるようまとめていきますので、よろしくお願い致します。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 20:16:03.60 ID:3j1VXW/Z0
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。SS
短かいです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433675753


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 20:18:12.90 ID:3j1VXW/Z0
いろは「雪ノ下先輩って、先輩の事好きなんですか?」

雪乃「ええ、それが?」

いろは「え?、か、簡単に認めるんですね。」

雪乃「ええ、隠してもしかたがないわ。それにあなたもそうでしょ?」

いろは「え、い、いえ、そう・・・ですけど、知ってたんですか?」

雪乃「おそらくとは思っていたのだけど、今確認出来たわ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 20:22:53.35 ID:3j1VXW/Z0
いろは「かっ、カマかけたんですか」

雪乃「私は答えたもの。いけなかったかしら」

いろは「い、いえでも雪ノ下先輩みたいな人が簡単に認めると思っていなかったというか」

雪乃「虚言は吐かないの。真剣な質問のようだったし」

いろは「だ、だれに聞かれてもそんな簡単に答えるんですか?」

雪乃「まさか。答えたくない時は”答える必要はない”と答えるだけよ。」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 20:28:02.73 ID:3j1VXW/Z0
いろは「で、でも、あの先輩とですよ。雪ノ下先輩とじゃつりあわないというか・・」

雪乃「容姿ということを言っているのなら、あなたとだって、とてもお似合いとは思えないけれど」

いろは「う、それは。で、でも全くそんな様子見せてませんよね」

雪乃「そうね。やはりひと目のあるところでというのは・・ちょっと困るかしら」

いろは「それって雪ノ下先輩も先輩と噂になるの恥ずかしいと思ってるってことじゃないんですか?」

雪乃「当然でしょう。好きな人と噂になるんですもの。私もそういう経験は無いのだし」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 20:30:49.76 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「そういう意味ではあなたを尊敬しているのよ。」

いろは「?」

雪乃「あなたのようなアピールは、彼に対してはとても効果的だと思うから・・。私も簡単にああいうことができれば・・とも思うのだけど」

いろは「(想像できない・・)」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:05:24.45 ID:3j1VXW/Z0
いろは「じゃあ本当に校内で噂になったりしたらどうするんですか?」

雪乃「その時はしかたないわね。でも比企谷くんと私がそうだなんて誰も信じないだろうけどく(クスクス)」

いろは「それってやっぱり二人は似合わないと思ってるんじゃないんですか?」

雪乃「一般論よ。おそらく他人から見ればそうなのではないか?というだけね。もっとも他人の評価なんて私の気持ちには関係があるとは思えないけど」

いろは「・・・・」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:06:10.06 ID:3j1VXW/Z0
いろは「でも、前に葉山先輩との噂が流れた時そんなに困ったって風でもなかったですよね?」

雪乃「そんなこともあったわね。まあ気にはならないわ。むしろ葉山くんのほうが大変かもね。興味はないけれど」

いろは「でもほら、先輩に聞かれたら困るとか」

雪乃「あの時は私より先に彼の耳に入っていたのだけれど。それに彼はあの噂の原因になった時にその場にいたのよ」

いろは「そうなんですか?」

雪乃「ええ。本当に彼に疑われたとしたら何かしらの対処をするけれど、それはないでしょう。それ以外はどうでもいいわ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:06:59.98 ID:3j1VXW/Z0
いろは「そ、そうですか?やっぱり妬む娘とかいると思うんですけど」

雪乃「いるでしょうね。昔はそれでひどい仕打ちを受けたことも有るのだけれど・・・」

いろは「やっぱりそういうこと有りますよね」

雪乃「そうね、でももう実害がある・・と言うほどのことにはならないでしょうね。」

いろは「実害・・・無いですかね?」

雪乃「あるとしたら、そんな気概や度胸が有る人なんて、三浦さんと・・あとはあなたぐらいかしらね(ニコッ)」

いろは「(ゾクッ)」

雪乃「まあ有るなら叩き潰すだけね。知ってる?こうみえて、私けっこう強いのよ」

いろは「・・・(見たまんま強そうだし怖いですけど)」

雪乃「何か?」

いろは「いえ、なんでもないです」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:29:47.17 ID:3j1VXW/Z0
いろは「でも先輩ですよ、先輩。どういうところが好きなんですか?雪ノ下先輩みたいな人が好きになる要素ないって思うんですけど」

雪乃「一概にどこがとは言えないのだけど・・・、そうね、少なくともあなたが好きなところは私もすべてそうだと思うわ」

いろは「・・・・・、ででも、先輩って専業主夫希望とか言ってるダメ人間ですよ。将来性ゼロっていうか」

雪乃「それが何か問題あるかしら。本当にそう思っているのなら、むしろ私に有利といえる、と考えているのだけど」

いろは「は?」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:30:57.00 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「現在の日本においては、女性のみの収入で家族を養う収入を得続けるのはとても大変なの。そもそも女性が定年まで働ける場所というのがかなり限定されてしまうわね」

いろは「はあ」

雪乃「その上で出産や育児の休暇をとった後でも元のポジションで復帰できる職種や企業となると、相応の学歴がないと難しいでしょうね。私なら可能だと思っているわ」

いろは「い、育児って・・」

雪乃「(クスクス)」

いろは「からかったんですか・・」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:34:33.89 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「でも実際にはそんな事にはならないと思うわ」

いろは「え?」

雪乃「彼の言っていた”労働観”と”仕事の極意”って覚えてる?あれは穿って言えば”自分の能力に最適でストレス無く生きていける仕事を選択する”ととることができるのではないかしら」

いろは「・・・」

雪乃「もっとも”穿つ”の方向が逆なのが彼らしいのだけど(クスクス)」

いろは「はあ」

雪乃「それが何かはわからないけど、きっと自分に最適な職業を選択すると思うわ。”最適な”というのを”楽な”と置き換えるべきかもしれないけれど」

いろは「あー、なんかそっちのほうが先輩らしいですね」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:38:50.17 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「でもそれで構わないと思うわ。私も以前は”能力のあるものはそれを行使し社会の役に立つ義務がある”なんてことを本気で考えてたこともあるけれど・・」

いろは「ゆ、雪ノ下先輩らしいですね」

雪乃「本当にそうね。彼の言うことは向上心や野心といったものではないけど、決して否定されなければならないものではない」

いろは「・・・」

雪乃「今の私はそういった生き方も肯定できる」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:39:53.23 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「ひょっとすると教師なんて向いているのかもしれないわね。楽だ、なんて言うと平塚先生に怒られてしまいそうだけれど」

いろは「えー、そうですか?」

雪乃「ええ、だって反面教師なんて言葉もあるもの(クスクス)」

いろは「・・・あーなるほど」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:48:13.93 ID:3j1VXW/Z0
いろは「でも本当に養ってくれるような人がいたらそのままヒモになりそうな気がしません?」

雪乃「そうかしら?私はむしろ、一人で生きていけるプランをいくつも考えていても不思議はないと思っているわ。」

いろは「そうですか?」

雪乃「そういう女性を本気で射止められる、とは思っていないんじゃないかしら」

いろは「それはそうかもですけど」

雪乃「そうよ、だってあなたや由比ヶ浜さんみたいな人から好意を受けて、タダ戸惑ってしまうような人よ。(クスクス)」

いろは「それはたしかに」

雪乃「ええ、そうよ。そもそもモテるタイプではないもの(クスクス)」

いろは「それ、今雪ノ下先輩が言いますか・・」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 21:49:31.41 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「あら、まだ納得出来ないって顔ね?あなたも知っているでしょう。基本的に疑り深く用心深い。」

雪乃「だから徹底的にリスクを潰して、それでも自分の周りの状況を完全に他人の行動に任せておく事ができない。」

雪乃「そして動くときは動く。最良と言わなくてもより良い結果を出そうとする。特に誰か他の人の為に動くときは特に。彼はそういう人よね」

いろは「まあ、確かに・・」

雪乃「その誰かが私であればいいのだけれどね、ふふ」

いろは「・・・」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:07:35.91 ID:3j1VXW/Z0
いろは「でもそれって結衣先輩も先輩のこと好きって事はわかってるんですね」

雪乃「確認したわけではないのだけれど、おそらくそうよね。」

いろは「確認って、あんなのバレバレじゃないですか」

雪乃「もちろん好意を抱いてるということはわかるのだけれど、私にはどの程度・・という事を推測する自信はないの」

いろは「?、どうしてですか?」

雪乃「私にとっては、いままでそういったことを判断する基準が、私への敵意だったからよ」

いろは「?」

雪乃「さっき妬むって話をしたのはあなたでしょう。そういうことよ。由比ヶ浜さんはそういうことをしない人だから・・」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:08:07.15 ID:3j1VXW/Z0
いろは「じゃあ結衣先輩が先に告白したらどうするんですか?」

雪乃「わからないわね。由比ヶ浜さんは本当に大切な友達。ここで三人で過ごす時間も本当に大事なものなの。変わらずにいられればと・・ずっと考えているのだけれど・・」

いろは「でも恋愛でそういうのって絶対うまく行きませんよ」

雪乃「やはりそうよね。それでもここは、私達が自分をごまかしたり・・そういうもっとも忌諱する事をしてまで守りたかった場所。とても大切なのよ」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:08:49.64 ID:3j1VXW/Z0
いろは「でも・・それじゃ・・その・・先へ進めないじゃないですか」

雪乃「私だって迷うことぐらい有るのよ。ずっと考えているし、答えが出せる気がしない。こんな問題自体はじめてだもの」

いろは「・・・・」

雪乃「いずれ由比ヶ浜さんとはきちんと話をしないといけないと思っているのだけれど、今はその覚悟が出来ない・・私らしくないというのは自覚しているのだけれどね」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:10:00.30 ID:3j1VXW/Z0
いろは「でも先に由比ヶ浜さんが先輩と付き合い始めたらどうするんですか?」

雪乃「もちろんその時は戦う・・・私にとっても彼は”本物”かも知れないもの。あなたも聞いてたんでしょ」

いろは「・・知ってたんですか?」

雪乃「あんなところにいればね。ふふ」

いろは「・・・・」

雪乃「自分をごまかして身を引いて・・由比ヶ浜さんもそういうことを望んではいないと思うの」

いろは「それなら自分が先に告白するとか思わないんですか?」

雪乃「考えてるわ。その時はもう決めてあるの」

いろは「?」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:24:19.50 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「私と彼は今勝負をしているの。審判が平塚先生の主観によるものというのが少々不満ではあるのだけど・・」

いろは「勝負?」

雪乃「そうね、私と彼のどちらが・・・、まあ内容はいいわ。その勝負の敗者は勝者の言うことをなんでも聞くというものなの」

いろは「な、なんでもって、先輩が、い、いかがわしい事とか言ったらどうするんですか」

雪乃「いかがわしいというのは、彼が私の体を求めたら・・とか、そういうことかしら?」

いろは「か、からだって・・」

雪乃「もしそうならそれで構わないと思っているのだけど」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:25:04.19 ID:3j1VXW/Z0
いろは「な、いくらなんでもそれは」

雪乃「ふふふ、まあそうね。高校生の賭け事の賞品としては、あまり常識的とはいえないかも」

いろは「あたりまえです。非常識です」

雪乃「もちろんそうね。彼なら言うとしても冗談でしょうね。冗談でも平塚先生なら文字通り力ずくで止めると思うけれど、くすくす」

いろは「そういうのはありえないとわかって勝負するって、それってずるくないですか」

雪乃「あら、そうなっても構わないって言うのは本当よ。」

いろは「な・・」

雪乃「だって、私がOKと答えた時、彼がどういう反応をすると思う?」

いろは「・・・」

雪乃「私はとても見てみたいのだけれど、(クスクス)」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:25:33.06 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「それにもちろんわざと負けるつもりはないわ。私こう見えて勝負事は大好きだし、勝ち負けには拘るタイプなの」

いろは「(みてればわかりますけどねー)」

雪乃「何か?」

いろは「いえ、なんでもないです」

雪乃「そう。だから私が勝った時には、彼を望む・・告白としては・・きっと忘れようがないものになると思うわ」

いろは「な・・」

雪ノ下「そうね”あなたのすべてをよこしなさい”とでも言ってみようかしら。(クスクス)」

いろは「あの、からかってるわけじゃないですよね」

雪ノ下「ん、どうしてかしら?」

いろは「さっきからほんとに楽しそうなので・・・」

雪乃「だって本気だもの」

いろは「・・・」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:39:12.56 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「ところで、一色さんは、葉山くんのことはもういいのかしら?」

いろは「あ、あははは。えー」

雪乃「話したくないなら別に構わないわ。もっとも”どちらも”なんて思っているような人は不愉快に感じるけれど」

いろは「なんか怒ってません?(ゾクッ)」

雪乃「そう?・・中途半端な気持ちの小娘が・・・」

いろは「(ビクッ)」

雪乃「・・なんて、思ってないわよ(ニコッ)」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:39:38.26 ID:3j1VXW/Z0
いろは「い、今はもう先輩だけです。葉山先輩は吹っ切れたというか・・先輩に近づく口実というか・・。」

雪乃「あら、簡単に認めるのね」

いろは「雪ノ下先輩にそこまで話させたら私が言わないわけにいかないじゃないですか・・何かそういうの卑怯だし・・。」

雪乃「ふふ、やっぱりあなったって可愛いのね。でもあなたには譲る気も負ける気もない事にはかわりないけれど」

いろは「わ、私だって負けませんから!」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:40:12.81 ID:3j1VXW/Z0
(ガタッ)

雪乃「誰っ!」

(タタタタ)

いろは「エイッ」

(ガラガラ)

いろは「せ、先輩!」

雪乃「ひ、ひっ比企谷くん!」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:48:00.46 ID:3j1VXW/Z0
八幡「う、う・・す・・・」

雪乃「き、今日は来れないんじゃ、い、イエ、いつから・・、き、聞いていたのかしら?」

八幡「い、いや・・・ちょっと前から・・というか・・・」

雪乃「そ、そう」

八幡「あ・・・、おれちょっと用が・・」

雪乃「待ちなさい」

八幡「ハイッ!」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:50:07.31 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「は、入ってきなさい」

八幡「あ、いや・・」

雪乃「そ、そう。ならそのまま。い、一色さん、なにか言うことがあるなら先に言ってはどう?」

いろは「あ、あたしですか!雪ノ下先輩っずるっ!」

雪乃「な、なにも無いなら帰っても結構よ」

いろは「じ、じゃあ、し、失礼します」

(ダダダダダ)

八幡「あ、じゃあ俺も」

雪乃「あ、あなたは待ちなさいと言ったでしょう」

八幡「ハイッ!」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:57:34.49 ID:3j1VXW/Z0
(す~~~ーつ、はあーっ)

(す~~~ーつ、はあーっ)

(す~~~ーつ、はあーっ)

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:58:13.92 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「では、比企谷くん、入ってらっしゃい」

八幡「い、いや、でもだな」

雪乃「比企谷くん、これでも私、今動揺してるの」

八幡「・・」

雪乃「聞かれてしまった以上、明日からのあなたへの対応を・・」

八幡「・・」

雪乃「そうねアプローチの手段であるとか、そういうものを考える必要があるのだけれど」

八幡「・・」

雪乃「今一人になれるのであれば・・、とても冷静に、私にとって最良の方法を考えられると思うわ」

八幡「・・」

雪乃「例えば、そうね、・・一色さんのようにあなたに接してみるとか・・ふふ」

八幡「(ビクッ)」

雪乃「女性に免疫のないあなたに対処できるかしら?」

八幡「・・」

雪乃「状況を利用して揺さぶりをかけ、情報を引き出す・・・あなた得意よね?」

八幡「・・」

雪乃「今日の内にそれをしておくほうが、よりベターだと思うのだけれど」

八幡「う」

雪乃「わかったら入ってきてそこに掛けなさい。」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:58:44.49 ID:3j1VXW/Z0
(ガラガラ)

(ドスッ)

雪乃「よろしい」

八幡「・・・」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:59:15.86 ID:3j1VXW/Z0
雪乃「じゃあ、比企谷くん・・」

八幡「ああ」

雪乃「お話をしましょうか」






43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 22:59:46.14 ID:3j1VXW/Z0
以上です
お付き合いありがとうございました
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:02:39.39 ID:C8xlm1p00
乙!
面白かった!
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:12:58.62 ID:s7X8gJaMo

最近いろはす作品増えてたけどやはりゆきのんも良いな


元スレ
タイトル:いろは「雪ノ下先輩って、先輩の事好きなんですか?」雪乃「ええ、それが?」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433675753
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP