モバP「とりあえずアイドルをお仕置きする」

THE IDOLM@STER

見たいSSカテゴリーは??

見たいSSカテゴリーは??
  • Add your answer
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 19:54:00.27 ID:tjvQ9I1DO
安価スレです。

最初の悪い子

>>3

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415876040


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 19:54:27.06 ID:EzbtuWvLo
した
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 19:54:45.44 ID:yR4N+oYPO
きばさん
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 20:03:26.41 ID:tjvQ9I1DO
P(Lv10)「あ、木場さん!」

P「俺のコップ勝手に使わないでください!」

真奈美「ん?あぁこれ君のだったのか」

真奈美「すぐ飲みきって返すよ」ゴクゴク

P「いえ!ゆっくり飲んで構いません!」

P「そのかわり!悪い子にはお仕置きします!」

━━━━OPT━━━━

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 20:05:34.77 ID:tjvQ9I1DO
OPT……
……お尻ペンペンタイム
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 20:08:12.56 ID:tjvQ9I1DO
P「いくぞ!」

真奈美「わっ!?いきなり何を……まさか」

P「お尻ぺんぺんだ!」

ヒュッ

パシィン

真奈美「くっ!」+1

パシィン

真奈美「くぁっ……!」+3

パシィン

真奈美「いっ!?」+10

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 20:08:14.76 ID:3gWA9/6eo
おっぱいタイム
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 20:08:36.04 ID:yR4N+oYPO
おマンパンパンタイム
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 20:11:27.29 ID:tjvQ9I1DO
「あっ……ぅあっ……!」+1+1

「ぴ、Pっ……!?」+3

「くぅっ……んぅっ……!」+10+1

「んはぁ……!」+10

「だ、だめだ……これっ……以上はぁっ……!」+1+1+2

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 20:13:41.09 ID:tjvQ9I1DO
total
+44G

P「まぁ、こんなもんか」

真奈美「はぁ……はぁ……」ビクッ

P「次から気をつけてくださいね」

真奈美「あ、あぁ……」

真奈美(すごかった……)

真奈美(またPのコップ使おう……)

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 20:15:22.87 ID:tjvQ9I1DO
こんな感じでぺんぺんしていきます

次は下2

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/13(木) 20:17:34.77 ID:z7PlqR6J0
先輩
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 20:17:37.79 ID:oi92xYdgO
志希
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 21:53:18.59 ID:tjvQ9I1DO
P「ふぅ、エナドリ飲むか」

P「ぐぁぁぁ!?視力が4.8ぐらいにぃ!」

志希「お~、成功したみたいだね」

P「志希!?何か入れたな!?」

志希「サンプルが欲しかったからねぇ」

P「ちくしょー!」

P「お仕置きだ!」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 21:55:28.08 ID:tjvQ9I1DO
志希「にゃっふっふ~」

志希「つかまえてご

ガシィッ

志希「へっ?」

ドサァッ

志希「わっ、ちょっ」

P「いわゆるまんぐり返しみたいな大勢だな」

P「さぁ!いくぜ」

━━━OPT━━━

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 21:58:12.76 ID:tjvQ9I1DO
P「悪い子には……」

グググッ

P「お仕置きだっ!」

バシィィィィン!

志希「ひぐぅっ……!?」+50

志希「い、今の……すご……!?」ビクン

パシィン

志希「ひゃっ……!」+1

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:01:13.69 ID:tjvQ9I1DO
「あんっ……やぁっ……!」+1+1

「らめっ……はぁっ……!」+1+3

「んっはぁ……!」+10

「い、いっ……!」+1

「くぅ……んっ……!」+2+3

「くっ……はぁん……!」+3+2

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:02:44.43 ID:tjvQ9I1DO
P「とどめだ」

バシィィ!

志希「いぃっ!」+1

志希「ふわぁぁ……!」プシャァァ

total
+79G

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:04:06.42 ID:tjvQ9I1DO
P「結構いったな」

P「もうするなよ」

志希「んっ……はぁい……」ビクンビクン

志希(こんなの初めてぇ……♪)

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:09:51.24 ID:tjvQ9I1DO

下2

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:10:21.95 ID:JOOCNi3co
法子
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/13(木) 22:10:25.35 ID:fZQRz9xDO
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 10:00:52.95 ID:2HBPbftDO
P「はぁぁん?」

P「ボクチンが大事にとっておいたプゥリンが誰かに食べられておる!?」

海「どうした?Pさん」モグモグ

P「聞いてくれ!誰かが俺が大事に大事にしていたプリンを食べおまえやぁ!」

海「……これPさんのだったのか」モグモグ

P「これは……許されませんね」

━━━OPT━━━

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 20:11:45.20 ID:2HBPbftDO
ガシィッ

海「ひっ!な、なにを」

P「知りたいか……教えてやろう」

P「お仕置きだ!」

海「う、うごけなっ!」

バシィン

海「いぃっ!?」+1

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 20:17:07.75 ID:2HBPbftDO
「んっ!」+10

「あっ、あぁっ」+1+3

「ち、ちがっ!気持ちよくなんかっ!」+2+1

「んぁっ!はぁっ!」+1+2

「変にっ……変になっちゃ……んぐぅっ!」+1+1+2

「んんぅっ!!」+10

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 20:19:51.11 ID:2HBPbftDO
total
+35G

P「……む」

P「まぁしょうがないか」

P「今日はこれくらいな」

海「~~っ!!」

海(つ、つぎはもっと……?)

海(……ウチ……壊れちゃうよぉ……!)

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 20:24:48.69 ID:2HBPbftDO
間違ってたらすみません

次安価

下2

コンマが特定の数で更なる上乗せが……

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 20:25:43.52 ID:AcS02AdSO
しほ
56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 20:25:55.59 ID:RibD9oim0
藍子
62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/15(土) 01:08:54.62 ID:MAcc6feDO
P「藍子ー」

藍子「きゃあー」

ぺちぺち

藍子「ひぃーえー」

ぺちぺち

藍子「ひぃーえー」

ぺちぺち

藍子「ひぃーえー」

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/15(土) 12:47:40.72 ID:MAcc6feDO
P「うわぁぁ!」

P「気づいたらこんな時間だと!」

P「散歩してる場合じゃない!」

P「くっそー……藍子め……」←八つ当たり

P「俺をお散歩させやがって」←八つ当たり

P「お仕置きだ!」←八つ当たり

━━━OPT━━━

68: パンツ脱いでもエロい展開はないですよ? 2014/11/15(土) 21:14:37.02 ID:MAcc6feDO
P「藍子ぉ!」

藍子「は、はいっ!?」

ガシッ

P「お仕置きじゃ!」

藍子「えっ!?な、なんでですか!?」

P「いくぞっ!!」

ググググ……

P「……はっ!」

P「何をしてるんだ俺は……」

ペチッ

P「すまなかった藍子……どうかしていたようだ」

69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/15(土) 21:35:05.43 ID:MAcc6feDO
藍子「……Pさん!」

P「は、はい?」

藍子「私……昨日勝手にPさんの寝顔を撮りました」

P「な、なにぃ!」

P「そいつは許せん!盗撮だ!」

P「お仕置きだ!」

━━━OPT━━━

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 00:35:07.17 ID:guEFJymDO
P「いくぞっ!」

パァァァン

藍子「~~っ!!」+1

藍子「あっ……!ふっ……!!」ビクン

P「……ん?」

ピチャッ……

P「藍子、これはなんだ?」

藍子「んっ……はぁ……」

パシィィィン

藍子「んあぁぁ!」

P「これは何だと聞いてるんだ」

72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 00:43:35.45 ID:guEFJymDO
P「この」

グリィッ

藍子「あぐっ……!」

P「お前の股から垂れている液は」

グリグリ

藍子「そこだめっ……!」

P「何かを聞いてるんだよ!」

パシィィ!

藍子「んぁぁぁっ!!」ビクッ

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 01:06:23.10 ID:guEFJymDO
少女の股からは、液体が溢れた。

それは尿なのか、はたまた愛液なのか。

尻を叩かれる度に、溢れていく。

乾いた音から湿った音に変わっていくにつれ、少女の口からは叫びにも似た喘ぎが零れた。

少女の脳を快楽が支配し、正常な判断を阻害する。

痛み、羞恥は快楽に変換され、男の言葉に心を埋めていかれる。

今の少女の姿はアイドルではなく、理性を失った獣だった。

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 01:10:46.57 ID:guEFJymDO
total
+59G

P「こんなもんか」

藍子「っ……!」ビクン

P「藍子、次悪いことしたら」

P「気絶するまでお仕置きしてやるからな」

P「悪いことしちゃだめだぞ?」

藍子「はぁ……はぁ……」

藍子「はい……」

藍子(もっと……もっとされたいのに……)

藍子(悪いこと……もう一度くらいならいいよね……?)

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 01:11:15.14 ID:guEFJymDO

下2

76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 01:12:04.20 ID:8Yx5nY/SO
59でこれって……

99はアヘ顔かな?

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/16(日) 01:12:28.57 ID:wkgVhScc0
友紀
85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 19:02:14.28 ID:guEFJymDO
友紀「……」セイザ

P「姫川さん、いいですか」

P「キャッツが優勝した、これは素晴らしいことです」

P「だからといって、唐突にビールかけを始めるのは」

友紀「ごめんなさい」

P「まぁ今回は幸子が酔っ払っただけですから」

P「軽いお仕置きで済ませましょうね」

━━━OPT━━━

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 23:13:18.36 ID:guEFJymDO
P「友紀、起立」

友紀「え、なんで?」

P「背中にゴミ付いてたからとってあげるよ」

友紀「ほんと?じゃあお願い!」

P「あぁ」

パシィン

友紀「あいっ……!?」+1

P「嘘だ」

友紀「ぅ……ぁ……」ガクガク

ペタッ

P「おお、自ら四つん這いになってくれるとは」

91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 23:16:47.03 ID:guEFJymDO
「くぁっ……!」+1

「ぷ、プロデューサー!?……ぁいっ!」+2

「ごめ、ごめ……んっ……てばぁっ……!」+1+1

「もうしっ……!もうしないからぁ……!」+50

「だ、だめ……そんなに強く叩かれたら癖になぁぁっ!!」+1

「ぁ……」ビクン

92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 23:19:15.70 ID:guEFJymDO
total
+57G

P「……成敗」

P「次はバットでいくからな」

友紀「ば、ばっと……?」

友紀「そんなの……むりぃ……」ガクッ

93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 23:19:46.53 ID:guEFJymDO

下2

94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 23:20:45.26 ID:6z8UVnMAO
ほたる
95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 23:21:35.56 ID:YuDmFbp1O
比奈
97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 09:08:19.02 ID:bUljUEkDO
P「今日はえっちな本を探すぞー」

P「ん?あの本は……」

P「ど、どうみても俺じゃないか」

P「しかも中身が濃厚なエロだと」ペラッ

P「この画風、見覚えがあるぞ」

100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 17:44:43.20 ID:bUljUEkDO
比奈「ちょ、プロデューサー?」ガチャガチャ

P「これ書いたのお前だろ」

比奈「私ッスけど……なんで手錠を……」ガチャガチャ

P「お仕置きをするためだ」

比奈「お仕置きッスか?」

比奈「……お仕置き!?」

比奈「だ、だめッス!」ガチャガチャ

比奈「最近お尻を触りながらうっとりした目でプロデューサーをみる人がいると思ったら」ガチャガチャ

比奈「プロデューサーが原因だったんッスね……」ガチャガチャ

101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 18:05:12.73 ID:bUljUEkDO
P「まだ何をするか言ってないだろ」

比奈「じゃあ何をするつもりッスか?」

P「……」

比奈「……」

P「ぺんぺん?」

比奈「やっぱりじゃないッスか!」ガチャガチャ

━━━OPT━━━

106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:25:45.97 ID:bUljUEkDO
グイッ

比奈「ひゃっ!」

比奈「や、やるッスか……」

P「あぁ」

P「……比奈」ボソッ

比奈「」ゾクゥ

比奈「み、耳元で喋らないで欲しいッス」

P「力抜いて」ボソッ

比奈「んっ……わかったッス」

P「形だけのお仕置きだから……安心してくれ」

比奈「はい……」

P「いくよ……」

107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:26:29.71 ID:bUljUEkDO
スッパァァァァァン!!
109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:28:09.64 ID:bUljUEkDO
+50
110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:32:49.82 ID:bUljUEkDO
比奈「あぃっ……ぁぁぁぁぁあああ!!」ガクガク

比奈「な……!なにこれぇ……!?」ビクン

比奈「は……ぁん……!」

P「あと一発いくぞ」

比奈「え……!?ちょ……無理……無理ッス!」

パシィィィン

比奈「んぉっ……!!?」+3

比奈「ぁ……」ガクン

P「あ……」

P「大丈夫かー」ペチペチペチ+1+1+1

P「……仮眠室で寝かせておこう」

111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:33:43.33 ID:bUljUEkDO

下2

112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:34:28.86 ID:Yljjebn+o
音葉
113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:34:41.05 ID:3quqLO3z0
岸部彩華
118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 00:50:55.38 ID:X8G60asDO
彩華「う~ん♪おいしい♪」

P「なにたべ……俺のプリン!?」

P「おま……なんでうちのアイドルは勝手にプリンを食べるんだ……」

彩華「これPさんのだったのぉ?」

彩華「はい、あ~ん」

P「あーん」パクッ

P「ちくしょう……美味しい……」

P「むきー!お仕置きじゃい!」

━━━OPT━━━

119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 22:44:32.22 ID:X8G60asDO
ガシッ

P「けつ叩きじゃあ!」

彩華「えっ、えぇっ!?」

P「覚悟はいいか?」

彩華「……あやかのお尻を叩くのぉ?」

P「あぁ」

彩華「Pさんがぁ?」

P「そうだ」

P「さぁいくぞっ」

120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 22:47:33.81 ID:X8G60asDO
彩華(まぁ、きっと形だけだよね)

彩華(痛そうなフリでもして楽しも

パシィィィン

彩華「いっ!?」

彩華「いったぁぁぁ!!」

+33G

P「……」

彩華「ちょっとぉ、Pさん!」

P「……」

彩華「今思いっきりやった……よね?」

P「……」

彩華「あの……」

P「……」

122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 09:57:05.16 ID:paW3b33DO
P「……」

彩華「あの……」

P「……」」

彩華「Pさん……?」

P「……」

ちひろ「Hooah!Hooah!」

P「!」

パァァァン

+111

彩華「いぃっ!?」

彩華(なんで急に叩くの!?)

彩華(後ちひろさんはいつからいたの!?)

123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 10:02:57.74 ID:paW3b33DO
彩華「Pさん……あやかのこと嫌いになっちゃったのぉ……?」

P「そんな訳ないだろ」

P「俺はただ」

ちひろ「Hooah!Hooah!」

パシィィィン

+222

彩華「うぁっ!!」

P「1/25に踊らされているだけだ」

124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 20:08:29.73 ID:paW3b33DO
「あぐぅっ……!」

(痛い……痛いよPさん……!)

「うぁっ……!」

(なのに……Pさんが叩いたところが……ジンジンと熱くなって)

「んっ……!」

(痛いのに……気持ちいいよぉ……!)

125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 20:09:27.73 ID:paW3b33DO

━━━━Hooah!Hooah!

126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 20:12:13.55 ID:paW3b33DO
total
+777G

彩華「はぁ……はぁ……Pさん……?」

彩華「あやかをこんな風にしたんだからぁ……」

彩華「責任……いや」

彩華「またお仕置き……してくれるよね?」

P「……俺は悪い子にしかお仕置きしないぞ」

128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 20:14:07.30 ID:paW3b33DO
次でラスト

下3

129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 20:14:46.68 ID:pok49Y13o
130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 20:14:52.97 ID:FxTLGpO8o
131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/19(水) 20:15:05.68 ID:VGQRphYu0
幸子
137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 10:04:43.97 ID:bbvvY59DO
幸子「カワイイボクが来ましたよ!」

P「あぁ、おはよう」

幸子「フフーン!」

P「……」カタカタ

幸子「……」

幸子「あ、あーしまったー!」

幸子「Pさんが挨拶してくれたのに返事するの忘れてしまったー!」

幸子「これじゃあ悪い子過ぎてお仕置きされてしまいますね!」

幸子「まぁボクはカワイイですからお仕置きしたくなるのもわかります!」

幸子「なので可哀想なPさんのためにお仕置きされてあげてもいいですよ!」

138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 10:06:57.99 ID:bbvvY59DO
P「……」カタカタ

P「……おはよう」カタカタ

幸子「あ、おはようございます」

P「……」カタカタ

幸子「……」

幸子(あれ?)

148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 21:04:37.30 ID:bbvvY59DO
幸子「あの……Pさん?」

幸子「かわいくて悪い子がここにいますよ?」

P「そうだな」カタカタ

P「挨拶はちゃんとしような」カタカタ

幸子「はい!」

幸子(うん?)

150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 21:08:38.34 ID:bbvvY59DO
幸子「そうだ!」

トテテテ

……共有冷蔵庫付近……

幸子「Pさんはプリンを食べられると悲しい目をしながら怒りますから!目の前で美味しそうに食べちゃいますよ!」

トテテテ

幸子「よ、よし!あむっ」パクッ

幸子「なんですかこれ!凄くおいしい!?」

幸子「カワイイボクに相応しい味ですね!」

151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 21:11:17.72 ID:bbvvY59DO
P「……幸子」

幸子「は、はい!」

幸子(やった!ついに!)

P「プリン、うまいか?」

幸子「え、ええ!美味しいですね!」

幸子(うぅ……胸が痛い……)

幸子「もしかして……ボクにお仕置きする気ですか?」

152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 21:14:41.77 ID:bbvvY59DO
P「なにをいうか、そのプリンは幸子へのご褒美だぞ」

幸子「えっ?」

P「この間は無理言ってバラエティにでてもらったからな」

P「大変だったろ、お疲れ様」ナデナデ

幸子「ふにゅ……えへへ」

幸子「Pさんにしては気がききますね!」

P「この後はレッスンだろ?プリン食べて頑張ってな」

幸子「はい!」

153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 21:18:00.71 ID:bbvvY59DO
マストレ「はい!1、2!」

幸子「ふっ!ふっ!」

幸子「ってちがぁぁぁぁう!」

輝子「」ビクッ

小梅「」ビクッ

マストレ「不服か?なら4倍くらいに……」

幸子「わぁぁぁ違います違います!」

マストレ「違いマストレだと!?なかなかセンスあ

幸子「無いですよ!」

……よし、あと200回上乗せな」

幸子「嘘ですあります!」

154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 21:20:59.03 ID:bbvvY59DO
現時点でコンマぞろ目二回
77
99
161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 23:30:06.90 ID:bbvvY59DO
幸子「Pさん!」

P「なんだ?」カタカタ

幸子「ボクのお尻を叩いてください!」

P「……はい?」

P「なんで?」

幸子「Pさんはお尻を叩くのが好きなんですよね?」

P「いや?」

幸子「えっ」

162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 23:33:46.30 ID:bbvvY59DO
P「お尻をたたくのはあくまでお仕置きだからな?」

P「道を間違えそうなやつをお尻ぺんぺんで修正してやるだけだぞ」

幸子「そ、そうだったんですか……」

P「で、叩かれたい?」

幸子「い、いや

P「そうかそうかそんなに叩かれたいか」

「そんなことな

P「しょうがないな……叩いてやるよ」

「ちょっ!?話をき

P「じゃあ……仮眠室いこうか」

ガシッ

幸子「えっ、えっ?えぇっ!?」

163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 23:37:01.51 ID:bbvvY59DO
「さぁ、幸子にお仕置きだぞー!」

「は、はなしてくださっ」

ちひろ「あれは……プレミアムオプピーデス……」

ちひろ「GODGAMEが始まると言うのね……」

ちひろ「あぁ……どこからともなくアベマリアが聞こえる……」

クラリス「~♪」

170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/21(金) 09:43:16.34 ID:Mt+13DPDO
バタン
ガチャッ

幸子「なんで鍵閉めたんですか!?」

P「さて、幸子」

幸子「なんですか!ボクなにもわるいことしてないですよ!」

P「今日はレッスン中に大声をだして中断させたらしいじゃないか」

幸子「……あ」

171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/21(金) 09:52:11.83 ID:Mt+13DPDO
P「さて、お尻をたたくわけだが」

P「どれくらい強くたたいてほしい?」

幸子「ボクが決めるんですか……?」

幸子「……やさしめで」

P「いいのか?」

幸子「なんですかそれは」

P「どうやら俺のぺんぺんは中毒性があるみたいでな」

幸子「はい?」

P「……いや、なんでもない」

P「さぁ、いくぞ!」

ググググ

幸子「やさしめでっていいましたよね!?」

172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/21(金) 10:00:28.51 ID:Mt+13DPDO
ぺちっ

幸子「やさしっ!?」

むにっ

幸子「ひゃっ!」

むにっむにっ

幸子「なんっ、でぇっ、お尻を揉ん……揉んでいるんですかぁ!?」

P「やさしめで」

幸子「あっ……やぁっ……」

幸子「やっぱり強めでお願いします……!」

幸子(こんなの続けられたら……変になっちゃう)

173: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/21(金) 20:32:53.21 ID:Mt+13DPDO
━━━OPT━━━

P「わかった」

ググググッッッ!!

幸子「い、いややっぱり普通くらいでお願いします!」

幸子「カワイイボクの頼みですよ!」

174: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/21(金) 20:37:31.41 ID:Mt+13DPDO
幸子の悲痛な叫びだけが響く仮眠室。

パシィィィン

叫びを切り裂くように、音は鳴った。

「がっ……!?」

びくんと、幸子の身体が跳ねる。

しかし、少女を跳ねさせたのは痛みではなく

(な、にこれぇ……!)

快楽の二文字だった。

176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/21(金) 20:42:05.04 ID:Mt+13DPDO
「ぴ、Pしゃん……!」

呂律は回らず、腰は抜け、足をビクつかせながら

「……っと……だ……」

「なんだ?」

幸子は

「もっと……!」

懇願した。

「叩いてくりゃさい……!」

Similar Posts:


PAGE TOP