モバP「時子様のハイヒールのかかとに安全クッションをとりつける」

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:20:07.91 ID:YVIBM8tk0
事務所

凛「は?」

P「ほら、あれ、あるだろ。ホームセンターとかで売ってるさあ、出っ張ってるところとかに貼り付けるやつ」

凛「それを貼り付けるの?」

P「そう、蹴られると痛いだろ?」

凛「いや、蹴られたことないからなんとも言えないけど・・・」

P「えっ、蹴ってくるだろ、出会いがしらとか」

凛「それPにだけじゃないの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460643597


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:21:45.02 ID:YVIBM8tk0
P「だいたいあいつ気に食わねえんだよなあ。時子様って様付けされてるけど、何様のつもりだっての」

P「誰だよ最初に時子様とか言い出したやつ!出て来い!ぶん殴ってやる!」

凛「確か、Pが時子さんのプリンを盗み食いして、土下座しながら謝ったのが最初だったと思う」

P「お前かオラァッ!!!」ドゴォッ

凛「自分で自分を殴った潔さは認めてあげるよ。同情はしないけど」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:28:11.13 ID:YVIBM8tk0
幸子「おはようございます!今日もいい天気だし、ボクはカワイイですねぇ!」フフーン

みりあ「おはようございまーす!何話してたの~?」

凛「おはよう」

P「時子のハイヒールに安全クッションを取り付けようと思って」

みりあ「うわぁ~、おもしろそう!」

P「おっ、じゃあみりあも協力してくれるか?」

みりあ「みりあ、やんないよ」

P「あ?」

みりあ「またPが号泣しながら土下座をするのかと思うと愉快でたまらないよ~!」アカギー

凛「みりあちゃんの将来が楽しみだなあ」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:35:34.47 ID:YVIBM8tk0
P「とにかくやるよ、俺は。毎日身体に痣作るのは嫌なんだ」

幸子「また変なことを考えますねえ。ボク相手だったら慣れてるしカワイイから問題ないですが、時子さん相手だとどうですかねぇ・・・」

P「なんだ幸子、ビビッてんのか?」

幸子「ビビッてなんかないですよ!このカワイさ120%のボクがビビることといったら、自分がカワイイことくらいですよ!」

P「お前の可愛いは自己の過大評価だろうが。お前なんかより可愛いアイドルは星の数ほどいるっての」

幸子「なんだァ?てめェ・・・」サチコ、キレタ

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:41:59.24 ID:YVIBM8tk0
凛「はいはい、やめやめ。P、挑発しない。幸子も安易な挑発に乗らないの」

幸子「でもですねぇ!ボクのプロデューサーであるにも関わらず、『カワイイ』と『可愛い』を履き違えているのには納得いきませんよ!」

P「いろんな人から言われるんだよなあ、それ」

P「『カワイイ』と『可愛い』」

P「そこになんの違いもありゃしねぇだろうが!」

幸子「違うんです!!」サチサチサチ

P「悔しかったらよお、時子のハイヒール改造に協力しろよ」

幸子「やってやりますよおおおおおおおお!!!!!!」

凛「うーん、なんだかなあ」

みりあ「みりあ知ってるよ!こういうの、予定調和っていうんだよね!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:46:42.63 ID:J1IblHH0o
やっぱみりあって糞だわ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:48:33.97 ID:YVIBM8tk0
>>6

表でろ

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:49:21.64 ID:YVIBM8tk0
豚小屋

時子「ほら、さっさと食べなさい豚共」

豚「ピギィイ!ンゴィッ!ンゴィッ!」ムシャムシャ

時子「焦って喉つまらせたりなんかしたら分かってるんでしょうね」

豚「ピギィイ!!」

時子「チッ・・・飲み水が空じゃないの。面倒のかかる豚ね」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 23:55:32.61 ID:YVIBM8tk0
P「いたぞ。やっぱり豚の世話してやがる」

凛「勤労だなあ」

みりあ「前から思ってたんだけど、なんでウチの事務所には動物がたくさんいるの?」

幸子「豚さんは時子さんが焼豚用に飼育しているらしいですよ。ヤギさんは敷地内の除草をしてくれるんです」

みりあ「ラクダは?」

幸子「あれはライラさん用。ライラさんの許可無く乗ろうとすると、痰を吐きかけて威嚇してくるので注意してくださいね」

P「ああ、あれ威嚇だったのか・・・。口から内臓が飛び出てきてるものだとばっかり・・・」

みりあ「口から内臓?すごいね!Pはだせないの?」

凛「出せないでしょ」

P「口からは出ないけど、お尻からならたまに出るぞ」

凛「肛門科いきなよ・・・」

P「嫌だよ。一回診療されたときに、肛門に親指突っ込まれて変な声を出しちゃったから恥ずかしくて行けない」

幸子「一丁前に羞恥心だけはあるんですねぇ」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 00:13:01.08 ID:JzfEDUyf0
みりあ「時子様、長靴履いてるね」

幸子「豚さんの世話をしていると靴が汚れちゃいますからね」

P「時子のハイヒールは・・・・あった!あそこだ」

P「俺たちの位置からだと、時子の真後ろを通っていかないとハイヒールまで届かないな」

幸子「どうするんですか?」

P「仕方ない。誰か囮になって時子の気をひきつけるしかないな」

凛「誰かって・・・誰が?」

みりあ「みりあ、やんないよ」アカギー

P「先手を打つのが早いなあ」

幸子「優秀な立ち回り。きっとみりあちゃんは出世しますよ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 00:15:32.86 ID:JzfEDUyf0
P「よし、俺が時子の気をひこう。その隙に、凛。お前がハイヒールに安全クッションを取り付けてくれ」

凛「死ぬほど嫌だけど、やらないと終わりそうもないね」

幸子「頑張ってくださいね!」

P「それじゃ、行くぞ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 00:21:17.39 ID:JzfEDUyf0
P「おーい!」

時子「アァン?」

P「おいブス。一発いくらだ?」

時子「・・・・また調教が必要みたいねェ・・・・・・」ドゴォッ

P「オボロロロロロロロ!!!!」トシャー

P「ぐっ・・・・今だ凛、行けええ!!!」トシャー

凛「大人の嘔吐シーンほどえげつないものはないよ」タッタッタ

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 00:29:46.12 ID:JzfEDUyf0
凛「さて、さっさと取り付けて・・・」

豚「ピギィイ!!!!」

凛「うわっ!豚が邪魔を・・・。うわ思ってたより大きい!怖い!」

豚「ピギィイ!!!」

凛「すっごい頭突きしてくる・・・なぁん・・・・もうッ!!!」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 00:30:57.97 ID:JzfEDUyf0
幸子「凛さーん!カワイイボクが助太刀に来ましたよ!」

幸子「豚さんたちはバラエティに特化したこのボクに任せてください!こういうの慣れてます!」

凛「幸子・・・それはアイドルの正しい姿なの?」

幸子「さあ、来なさい豚さんたち!」

豚「ピギィイ!!!!」

幸子「あっ!こらやめなさい!スカートを!スカートを食べるんじゃありません!!!」フギャー

豚「ンゴィッ!ンゴィッ!」

幸子「ぐっ・・・ぐっ・・・ぐっ・・・!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 00:46:02.27 ID:JzfEDUyf0
みりあ「二人とも大丈夫ー!?」タッタッタ

幸子「みりあちゃん!来てくれたんですね!」

みりあ「流石にこの状況がヤバイってことぐらいみりあでも分かるよ」

凛「秀才」シブリーン

みりあ「豚さん、幸子ちゃんのスカート食べちゃダメー!」グイグイ

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 00:46:43.82 ID:JzfEDUyf0
時子「オラァ!!!」ガスガスッ

P「凛!早くしてくれー!もう俺のケツが持たんッ!!!」

時子「アァン?・・・凛もいるの。・・・幸子とみりあもいるじゃない」

P「しまったバレたぞ」

凛「しまったじゃないよタコ助っ!」

幸子「助けてくださあああい!!!」

時子「チッ・・・ほら、貴方たち、それは餌じゃないわよ。さっさとお行きなさい」

豚「ンゴッ・・・」トボトボ

幸子「た、助かった・・・」

P「しめた!今のうちに!」タッタッタ

凛「私達を置いて逃げやがったよ・・・」

みりあ「あんな大人にはなりたくないなあ」

時子「なんだったのよ・・・」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 12:25:16.85 ID:JzfEDUyf0
次の日 事務所

時子「凛たちから話は聞いたわよ、童貞豚」

P「・・・・・・・」

時子「何か言うことがあるわよねェ?」

P「・・・・・ッス」

時子「アァン?人間様に聞こえる声で喋りなさい」

P「・・・童貞じゃないッス」

時子「・・・・・」ガスッ

P「ごめッ!!」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 12:26:56.01 ID:JzfEDUyf0
時子「前々から思ってたんだけど、どうして貴方はそう気持ちが悪いのかしらね」

時子「真っ当な信念もなければ、社会性も持ち合わせていない」

P「・・・・・・・」

時子「怪しい薬をキメる、幼女のパンツを盗む、ヤギと交尾する」

時子「貴方、本当に社会人なの?」

P「社会人・・・です・・・」

時子「真っ当な社会人がそんなことするわけないでしょう」

P「・・・・・・ッ」ジワッ

時子「しっかりと仕事をして、社会的義務を果たす。貴方、それできてるの?」

P「・・・・ァ゛ア゛ア゛アア゛ア゛ア゛・・・・・・!!」ビエーン

みりあ「最初は楽しみとか言ってたけど、今はなんだか情けない気持ちでいっぱいだよ」

凛「ある程度歳のいった人が惨めな理由で号泣してる様を見ると、関係ないこっちまで情けない気分になるよね」

幸子「みりあちゃんもこの様子を目に焼き付けて、立派な大人になるんですよ」

みりあ「軽いトラウマになりそうだよ」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 12:40:20.31 ID:JzfEDUyf0
P「くそぅ、酷い目にあった」

凛「私たちも酷いもの見せられたよ」

P「俺のことを可哀想だと思わないのかお前ら」

幸子「思ってますよ、可哀想な人だなあって」

P「日本語のすれ違い」

幸子「ボクたちには良識があり、Pさんにはない。たったそれだけのことですよ」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:10:41.61 ID:JzfEDUyf0
P「で、ハイヒール改造の件なんだけど」

凛「まだやるつもりなの?」

P「こうなったら最終手段を使おうと思う」

みりあ「最終手段?」

凛「かな子を豚の中に潜り込ませる作戦?本当に考えることが畜生だよね」

P「畜生はお前だ」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:16:10.54 ID:JzfEDUyf0
P「最終手段はこれだ」スッ

みりあ「ドーナツだー!」

P「このドーナツを壁に張り付けると・・・」

法子「ドーナツだああああ!!!!」ズアォッ

P「ドーナツの穴が玄関口となり、法子が召喚される」

凛「えっえっえっ?」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:21:55.84 ID:JzfEDUyf0
幸子「なんでドーナツの穴から法子さんが出てくるんですか!?」

法子「ドーナツの穴は異次元空間に繋がってるんだよ!ドーナツについて説明すると、まず異次元への扉『DOOR』があってそこに異次元空間からの訪問者である『NUT』が合わさることによって初めてドーナツが成立するんだけど、私はその異次元空間側とこちら側をつなぐ役割を担っているの!ちなみにあたしのコードネームはKITTYで・・・」

凛「待って待って、ドナキチ入ってるよ」

幸子「ドーナツが成立するなんて言葉、初めて聞きましたよ・・・」

P「時子といえば法子だ。どうも時子は法子に甘い傾向がある」

P「これを利用して時子のハイヒールを改造しよう」

凛「ハイヒールのかかとに安全クッションをつけるためだけに人知の壁を越えることになるとは思わなかったなあ」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:23:22.71 ID:JzfEDUyf0
豚小屋

時子「・・・・・・・」シャキン シャキン

P「よし、いるな」

幸子「なんか刃物の手入れしてますけど・・・」

法子「今日は豚さんをつぶす日だからね!」

みりあ「潰しちゃうの?」

法子「豚さんをお肉にすることだよ。屠殺って言えば分かるかな?」

凛「なかなか屠殺って言葉を知ってる小学生はいないと思うよ」

幸子「ていうか、そこまで自分の手でやるんですか!?」

法子「愛情込めて育ててるからねえ。最後も自分の手で・・・って」

P「その愛情とやらを俺にも分けてほしいものだな」

凛「愛情はくれないだろうけど、つぶしてはくれるかもよ」

P「HAHAHA!そいつは最高だな、小便ちびっちゃいそうだ」ジョワー

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:24:22.50 ID:JzfEDUyf0
P「よっしゃ、ではさっそく・・・って、ハイヒールがないぞ!?」

法子「この日の時子さんは勝負服だからね。今履いてるはずだよ」

P「なんだと・・・!」

幸子「難易度が格段に上がりましたねぇ」

凛「どうする、やめとく?やめよう?」

P「いや、ここまで来たんだ。作戦は実行する」

P「俺が時子の足元にドーナツを投げ込む。そうしたら、法子はハイヒールに安全クッションを取り付けてくれ」

法子「合点承知!ガンホー!ガンホー!ガンホー!」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:25:16.08 ID:JzfEDUyf0
豚「ピギィイ!!!ピギィイッ!!!」

時子「・・・・・・」バチバチッ

豚「ピギッ・・・・・」バタリ

時子「・・・・・・」シャキン

P「よし今だ!そーれ!」ヒョイー ポトッ

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:27:34.06 ID:JzfEDUyf0
時子「アァン?・・・豚の上にドーナツ・・・?」

凛「豚の上に乗っかっちゃったよ・・・」

P「しまったよ」

幸子「ノーコンですねぇ。貸してください、カワイイボクが投げてあげますよ」

P「いや、今のが最初で最後のドーナツ」

凛「なんで予備を用意しなかったの・・・」

P「今月はちひろさんの徴税が厳しくてなあ・・・」

幸子「徴税?保険と年金の他になにが?」

P「アイドルプロデュース税。カード払いだぜ?カッコいいだろ」

凛「コンビニに通いつめる日々か・・・」

みりあ「プロデューサーは大変だなあ」

P「こうなったらこのまま行くしかない。行け、法子!」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:28:37.75 ID:JzfEDUyf0
法子「ドーナツだああああああ!!!!」ズアォッ

時子「!!!?」

法子「豚さんって結構しっかりしてるんだなあ」フミフミ

時子「なにやってんのよ、法子!早くそこから降りなさい!」

法子「時子さん、ゴメンッ!Pのためにちょっと我慢してー!」

時子「なッ!?やめなさい法子!離しなさい!」

P「このままでは作戦が失敗しそうだ・・・。俺たちも行くぞ!うおおおおお!!!」ダダダダダダ

凛「私たちはここで見てようか。どっちに賭ける?」

幸子「賭けになりませんよ」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:29:32.88 ID:JzfEDUyf0
P「突撃ー!」

時子「!!・・・・・・やっぱり貴方の仕業ね・・・」

P「うおおおおお!!!」

豚「ピギィイ!!!!」ドンッ

P「ぐっ!!??」

時子「豚・・・!」

法子「豚さんが時子さんを助けに・・・!」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:30:32.31 ID:JzfEDUyf0
豚「ンゴッ!!ピギィィィ!!!」

P「あッ、やめろッ、その穴は・・・・・・オ゛オ゛ォゥウ゛ッ!!!」

豚「ママエンパパワー レイニン ベーッ!!!!」パンパンパン

P「あゥッ・・・オン・・・オ゛ゥゥン゛!!!」

豚「ママロード オーバジシズ ワーシーセーッ!!!」パンパンパン

P「あっ・・・あっ・・・あ゛!!!!!!!!」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:31:16.40 ID:JzfEDUyf0
幸子「ね?賭けにならなかったでしょう?」

みりあ「あれなにやってるのー?」

凛「見ちゃいけないし、知っちゃいけないよ」

時子「本当になんなのよ・・・」

法子「時子さーん、焼豚ドーナツ作ってよ!」

豚「グッフォミー!」

P「グッフォユー!」

終劇

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:32:22.68 ID:JzfEDUyf0
これにて終了ですー
もうすぐ時子様の誕生日ですねえ

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/15(金) 13:38:49.78 ID:AAuiZZhLo
おつおつ

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 11:08:05.69 ID:h2kt99bkO

安定のキチクオリティ


元スレ
タイトル:モバP「時子様のハイヒールのかかとに安全クッションをとりつける」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460643597/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です


PAGE TOP