モバP「俺もアイドルの持ち物を物色したい」

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 00:47:41.93 ID:WTKGlcoB0
P「知ってるんだよ、あいつらは人の目を盗んでは俺の私物で何かしてることを」

P「小物ならまだいい。どうして俺は今年になってスーツを何着も紛失してるんだろう」

P「下手すりゃ用意してきた弁当すら箱ごと持っていきやがる。俺の昼飯を何だと思ってるんだ」

P「この鬱憤を晴らすには俺もあいつらのようにあいつらの物で何かするしかない!」

P「というわけで、まずは>>2のバッグから漁ってみよう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416930451


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 00:48:18.99 ID:TbJJGL5jO
しぶりん

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 00:54:01.94 ID:WTKGlcoB0
P「まずは凛のバッグからだな。思えばこの仕事を始めてからすぐに少しずつ物が減っていった」

P「当然付き合いの長いアイドルを疑わざるをえない。なんということでしょう」

P「すまんな凛、俺が一矢報いるためにもお前の物は俺の物だ!」

P「どれどれ……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>6じゃないか!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 00:54:44.96 ID:TbJJGL5jO
Pのパンツ

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 00:58:29.65 ID:XwsSTLN10
もう当たり前過ぎて動じないなw

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:02:05.81 ID:WTKGlcoB0
P「どうしてなくしたと思っていた俺のパンツが……凛のバッグに……」

P「くそっ、いきなり犯人を一人特定してしまったが仕方ない。もとより俺の物だ、返してもらおう」

 Pは 自分のパンツを 取り戻した!

P「凛はどこでどうやって俺のパンツなんかを入手したんだ? いや、考えるのはやめよう。知りたくない」

P「うーん、これじゃあマイナスがゼロにしかなってないな。次行ってみようか」

P「>>10のバッグを漁るぞ!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:02:18.18 ID:frbcyfBjo
どこから盗ったのか
それが問題だ

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/26(水) 01:02:37.15 ID:HDRJ6NIf0
しゅーこ

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:06:36.01 ID:WTKGlcoB0
P「周子に決めた。あいつどんな物持ち歩いてるんだろう」

P「下手するとまた俺の私物が出てくる可能性あるんだよな……いきなり当たり引いたせいで漁るのが怖い」

P「でも周子なら面白いものが出てくるかもしれないし、やってみよう」

P「ふーむ……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>13じゃないか!」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:07:52.49 ID:QbPYshmxo
モバPのぱんつ

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:09:15.86 ID:TbJJGL5jO
しゅーこまでクンカーに……

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:17:56.66 ID:WTKGlcoB0
P「また俺のパンツかよ! どうして持ち歩いてるんだよ! どこから持ってきたんだよ!」

P「くっ、だんだん家の戸締まりが気になってきた……! 帰ったら大家さんに相談するとして」

 Pは 2枚目の自分のパンツを 取り戻した!

P「自分の物を取り返してばかりで何一つやり返せてないな……」

P「もっとこう、大人しそうなアイドルのバッグに照準を定めるか? 完全に濡れ衣になりそうで申し訳ないが」

P「次は>>18のにしてみるか」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/26(水) 01:18:18.21 ID:HDRJ6NIf0
パンツは全員持ってることにして
見なかった事にして別のものを探そう

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:25:45.13 ID:WTKGlcoB0
P「朋かー。あいつの趣味が占いだけあってどんなものが出てくるか期待できそうだ」

P「そろそろ俺は一矢報いたい、頼んだぞ朋!」

P「……とかいいながらまた俺の物出てきたらと思うと、うーん。さすがに?」

P「さてさて……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>21じゃないか!」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:25:59.85 ID:xdEzalX1O
Pの全裸盗撮写真

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:34:33.73 ID:WTKGlcoB0
P「お、俺の全裸写真……だと……?」

P「どこだ、これをどこで撮った! むしろなぜ撮った!?」

 Pは 自分の全裸を盗撮された写真を 修繕不可能なまでに破り捨てた!

P「教えてくれ朋。お前はこんなものを持ち歩いてどんな運勢を良くしようとしてたんだ、そもそも占いとか関係ないのか……?」

P「怖い。担当アイドルが怖い。でもここで逃げたら負けだ。次いこう」

P「>>25のバッグなら大丈夫かな」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:35:15.30 ID:HEO8h8e4O
輝子

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:40:52.84 ID:WTKGlcoB0
P「輝子ならまあ、キノコ関連以外に変な物は持ってなさそうだな」

P「ほんの数分前ならさあどうしてやろうか意気揚々と手を突っ込むところなんだが、期待して裏切られ続けてるからな……」

P「いやーでも輝子だぞ? 今度こそ何とか一矢報えるんじゃないか?」

P「ほうほう……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>29じゃないか!」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:41:13.52 ID:NWLXwZ4zo
Pの署名・押印済み(にしか見えない)婚姻届

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:52:17.23 ID:WTKGlcoB0
P「書いた覚えのない俺のサインと判入り婚姻届、か」

P「……輝子。悪かった、お前もいっぱしの女の子だったんだな」

 Pは 偽造された婚姻届を そっと丸めて懐にしまった!

P「好意は嬉しい、トモダチの域を二段も三段も飛び越えてるが気持ちだけ受け取っておこう」

P「しかしこの調子じゃまた偽造されそうだから、輝子が16歳を迎える前日にまた没収するとしよう。今度は許さんがな!」

P「ふぅ、なんだかやり返した気になれない……今度こそ、>>35こそ!」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:52:22.86 ID:prXy1rNao
ネタ潰しやめようや

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:52:24.18 ID:fCmtL2/SO
よしのん、

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:59:02.09 ID:WTKGlcoB0
P「芳乃……うん、比較的付き合いも短いしそんなにアクティブなことはしてない、よな?」

P「んー、でも不思議度数でいえばトップクラスだから何が飛び出てくるやら」

P「っていかんいかん、さっきからこの場にいない相手に気圧されてるぞ。俺は復讐しに来てるんだからもっと横柄にいくか」

P「ではでは……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>39じゃないか!」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/26(水) 02:00:48.65 ID:pRo7kkeK0
法螺貝

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 02:03:04.39 ID:+Hooftgj0
ぶぉぉぉぉぉぉぉぉ

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 02:07:20.74 ID:WTKGlcoB0
P「法螺貝……」

P「あれっ、なんだろう目から潮水が……。きっと法螺貝のせいだな、こんなもの持ち歩いてる意味もわからないけど全然ありだな!」

P「もちろん吹くしかないだろ。放課後にひと気のない教室で好きな子のリコーダーを舐める、みたいなシチュエーションであれだが」

P「……」ブオオォォォー

 ガラッ

P(!? まずい、誰か来た!)

 >>45が あらわれた!

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 02:07:41.57 ID:11jJD7q8O
飛鳥

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 02:19:55.23 ID:WTKGlcoB0
飛鳥「……P?」

P「あ、飛鳥、か。どうしたんだよ、まだレッスンしてる頃だろう?」

飛鳥「少し気分が優れなくて、仮眠室で休ませてもらおうとしていたところに法螺貝の音色を聴けばそりゃあ、ね」

P「……」

飛鳥「見たところその法螺貝は――いや、法螺貝なんて持っているのは一人しかいない。そんなものをキミは陰でこっそりと、ふぅん」

P「すまん、ここで見たことは黙っててくれないか。俺にはまだやるべきことが……!」

飛鳥「別に構わないけど、もちろん無料とは言わないよね?」

P「わかってるよ。……何が望みだ?」

飛鳥「>>48、かな」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 02:20:36.88 ID:xvJYBPaGO
間接キスなんかより、ボクとキスしてみない?

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 02:34:04.01 ID:WTKGlcoB0
P「今、なんて?」

飛鳥「だから、そんなので満足してないでボクとキスしようよ。そうしたら黙っててあげてもいいけど」

P「背に腹はかえられないな……でも本当にそれでいいのか?」

飛鳥「あぁ、こんなこと冗談で言わない。それで、どうするんだい?」

P「わかった、するよ。他に誰も来ないうちに早く、ほらっ」

飛鳥「ふふっ、賢明な判断だね。些かロマンには欠けるが、今だけはキミを独り占めさせてもらうとしよう――」

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 02:41:16.92 ID:WTKGlcoB0
P「――あー、なんかいろんなものを吸い尽くされた気分だ……今時の中二って怖い」

P「口を封じて口封じとはこれいかにって感じだが、俺はまだ引き下がらないぞ!」

P「とりあえずこれは貰っておくとしよう」

 Pは 芳乃の法螺貝を 手に入れた!

P「さあ、気を取り直して次は>>51のバッグを漁ってみよう」

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 02:42:17.84 ID:8p/UDLv5o
森久保

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 08:41:51.76 ID:BKWBDIwAO
もりくぼいぢめですか…?

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 13:27:42.08 ID:zZl816PYo
法螺貝盗るなよwwww

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/26(水) 13:27:51.95 ID:4eBNfou40
さらっと唇を奪ってく飛鳥君は可愛いなぁ

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 16:06:12.09 ID:qTO95dyDO
飛鳥は可愛い、これ真理ね

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 23:25:05.35 ID:WTKGlcoB0
P「乃々は普段何を持ち歩いてるんだろう。少女漫画とかか?」

P「案外見てはいけない何かを隠すように持ってたりしてな、ははは」

P「……。既に見なければよかったものの方が多く見つかってるんだよなあ」

P「さあさあ……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>57じゃないか!」

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 23:25:56.78 ID:um+5J5tdo
かなり過激な少女漫画

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 23:39:18.95 ID:WTKGlcoB0
P「エロ本かと思ったら一応これ少女漫画なのか……」

P「え、これほんとうに18禁とかじゃなく? マジで? こんなの読んでたらそりゃー同年代の男子よりよっぽど耳年増になるよなあ」

P「せっかくだから後学のためにも読んでみよう。内容によってはこれをネタに乃々をいじり倒してやる」

P「……」ペラッ

 ガラッ

P(はっ、誰かの気配がする!?)

 >>59が あらわれた!

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 23:40:36.12 ID:UlTjEX7AO
ほたる

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 23:55:57.65 ID:WTKGlcoB0
ほたる「Pさん?」

P「ほたるか、ど、どうしたんだ?」

ほたる「タオルを忘れてしまったので取りに来たのですが……」

P「そうなんだ。じゃあ俺はこれで」

ほたる「あ、あの……それ」

P「ん? な、なにかな?」

ほたる「少女漫画、ですよね。どうしてPさんがこんなところで……?」

P(くそっ、逃げられなかった。しかしほたるも知ってるのか、まさかこれ中学生に流行ってたりしてないだろうな?)

P「これはだな――そう、>>62なんだ!」

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 23:58:55.95 ID:mvKUXo2oo
落し物

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:19:29.91 ID:FsmCyN810
ほたる「おとしもの?」

P「そう、落し物。たまたま落ちていた物が漫画だったから、つい中身がどんなものかを確認したくなってな。なんかおかしいか?」

ほたる「いえ、そうだったのならいいんです。……その」

P「ん?」

ほたる「私は読んだことないから詳しくはわかりませんが、男子が集まってこっそり読んでるのを見かけたことがあったので……」

P(完全にエロ本扱いじゃねーか!)

ほたる「そんなに……凄いんですか?」

P「まあ……凄かったな」

ほたる「……」

P(……例えるなら家族と一緒に映画を鑑賞してたらHシーンが流れてきた時のような気まずさだ)

ほたる「落とし主、見つかるといいですね。お手伝いしたいけど私が関わると見つからなくなりそうですし……」

P「お、おう。気持ちだけ受け取っておくよ。タオル取りにきたんだろ? もう戻ったらどうだ?」

ほたる「はい、それでは行ってきますね」

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:25:13.44 ID:FsmCyN810
P「ふぅ、何とかごまかせたか?」

P「しかしまあ、こんなのが中学生の手に渡るような世の中なんだなあ。今はもう学校の帰り道に偶然捨てられたエロ本を見つけることもないのかもな」

P「うん、これは落ち着いた場所で読みたい。いただいていこう」

 Pは 今夜のオカズを 手に入れた!

P「流れがきてるな。次は>>66のバッグだ」

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:26:07.89 ID:HDZpodGDo
きらり

68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:31:41.66 ID:+w73QqUkO
杏とか入ってそう

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/27(木) 00:34:46.74 ID:BT5qn39/0
きらりのバッグは杏が入ってる事がまれにあるからなぁ・・・・・・

71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:35:04.48 ID:FsmCyN810
P「きらりのバッグ、きっと魔境に違いない。もしくは杏の餌付け用のお菓子とかにまみれてファンシーかも」

P「ちょっと中身漁るの楽しみだな。きらりんぱわーの詰まった物が出てきて欲しいところ」

P「でも期待すると裏切られるから期待せずに期待しよう。……俺は何を言ってるんだ?」

P「はぴはぴ……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>71じゃないか!」

72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:36:09.76 ID:FsmCyN810
安価下で

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:36:24.70 ID:PE4+CCvSO

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:38:36.59 ID:HDZpodGDo
この流れを望んでいた

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:52:46.84 ID:FsmCyN810
P「……」ジーッ

杏「ちょっ、待って閉めないで! こっから出してよ、お願い!」

P「無断で休んだかと思えばこんなところでサボってたとはな。そんな悪い子は閉まっちゃおうね~」

杏「違うってば! きらりにお持ち帰りされてたの! 杏は被害者なんだって!」

P「おいおいいくらきらりでも……」

杏「助けてよぉ……暗いし身動き出来ないしお腹は空くし、助けを呼んだらはぴるとか言われるし……」

P「はぴるって何だよ、ってそんなことはどうだっていいな。マジなのか?」

杏「……」コクッ

P「そうか……きらりんぱわーの深い闇を垣間見てしまった気分だ。仕方ない、今日はこのままこっちの俺のバッグに隠れてろ」

杏「えっ? な、なんで?」

P「考えてもみろ、お持ち帰りするぐらいのものを簡単に手放せられるならこんな杜撰な管理はしないだろ? 逃げられてもいいよう、何重もの網を張ってる可能性が高い」

杏「そうなの!?」

P「ああ。だから俺が匿ってやるって言ってるんだ。もう少しの辛抱だ、わかってくれるな?」

杏「うん……恩に着るよ、プロデューサー。じゃあ仕事終わるの待ってるからね?」ゴソゴソ

P「ああ、それまで大人しくしてろ。大丈夫、すぐ出れるさ」ジーッ

78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:53:45.50 ID:f7Dd10ogO
エスパー伊東かな

79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 00:58:05.34 ID:wWgExiaEo
Pがお持ち帰り(意味深)

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 01:01:58.15 ID:FsmCyN810
P『……ああ、俺だ。杏がお前のとこから逃げようとしていたから捕らえておいた』

P『報酬? いつものところに振り込んでおいてくれ。それと大量のはぴ粉もな。それじゃ、切るぞ』

P「ふぅ、藪をつついたら蛇が出たってやつだな。すまない杏、この業界を生き抜くためには仕方ないのさ」

P「さて続き続きっと。>>82のバッグにしよう」

82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 01:02:41.85 ID:PE4+CCvSO
つかさ

85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 01:17:04.94 ID:FsmCyN810
P「つかさは社長だしやっぱリッチなもの持ってるんだろうか」

P「となるとガチな窃盗になる恐れがあるな……いや、これまで随分盗られてきたのは俺だ。俺には権利があるはずだ」

P「これまでの損害がお釣りの帰ってくるほど高価な物とかないかなー、さすがにそこまでのものは持ち歩かないか」

P「どきどき……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>86じゃないか!」

86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 01:17:40.21 ID:HM3RUpwso
漬物石

87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 01:28:21.29 ID:tVsppqG+O
普通だ・・・

88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 01:31:13.90 ID:a0sq7w6H0
いや普通か?

89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 01:33:38.49 ID:h7vrZ6Qao
わけがわからないよ

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/27(木) 02:49:44.29 ID:uKNoX4fG0
漬物石?
きらりと関係がある可能性が微レ存

98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 23:42:34.79 ID:yhp1PTIr0
P「漬物石? なんか重いなと思ったらなんでこんなもん……」

P「待てよ、若くして社長になるぐらいだ。何か意味があってのことかもしれない」

P「もしくはありがた~い漬物石とかで、肌身離さず持ってたら良いことがあるみたいなそういういわくつきなのか?」

P「正直重いしいらないっちゃいらないんだけど、どうしよう」

>>99

99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/27(木) 23:43:40.60 ID:LOaG8N7B0
のあ

102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 23:54:24.03 ID:yhp1PTIr0
P「どうします、のあさん?」

のあ「……そうね。この漬物石からは何か感じるものがあるわ。それが何かまでは……わからないけれど」

P「なるほど。ますます気になるな……のあさんならどうします? 目の前のオーパーツ、このまま見なかったことにできますか?」

のあ「……興味はあるわね。貴方こそ、どうしたいの?」

P「やっぱりここは――>>103」

103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 23:54:54.01 ID:ozepG1JMo
叩き割って中身をみる

104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:02:05.81 ID:LINuRvBe0
P「叩き割って中から何が出るか見てみたいですね」

のあ「……そう。止めはしないけど」

P「早速行ってきます。それとのあさん、あなたレッスン中じゃなかったですか?」

のあ「呼ばれるような気がしたから……」

P「あとでお尻ペンペンですからね、それじゃ」

のあ「……。望むところよ」

P「ビルの屋上からアスファルトに向かって投げつければさすがに割れる、よな?」

P「人がいないのを見計らって、それ!」

どうなった?
>>105

105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:02:52.12 ID:JCzN9ztj0
割れなかった

108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:10:06.94 ID:LINuRvBe0
P「あれっ、割れないのか」

P「となると生半可な衝撃じゃ無理だな。ひとまず回収して考え直そう」

P「……無い。この辺のはずなんだけど」

P「たしかにくぼんでるしここに落ちたんだから近くにある、よなあ? んー」

P「まあいっか、見なかったことにしよう。漬物石なんてなかったんだ」

 ズシッ

P「ん……なんだか肩が重いな。気のせいか? 何もついてないし……」

P「……気のせい気のせい! さあ戻って>>109のバッグでも漁ってみるぞ!」

109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:10:35.57 ID:+s1ZddgSo
とときん

110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:16:14.30 ID:LINuRvBe0
P「愛梨のバッグ、何が入ってるんだ?」

P「大学生だし参考書とかそういった類のものがあったりして。それとも暑がりだからタオルとか着替え多めに入ってるとか」

P「開けてみればわかるか。何かいいもの出てきますように」

P「うーむ……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>111じゃないか!」

111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:16:47.00 ID:dpQqdPfjo
ケーキのレシピ本

112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:19:42.36 ID:teZB39Rio
流石あざとい

113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:24:13.08 ID:LINuRvBe0
P「なんだこれ、ケーキのレシピ本?」

P「そういやあいつの趣味ってケーキ作りだった。レシピって持ち歩くものなのか? まあいいや」

 Pは ケーキのレシピ本を 手に入れた!

P「ケーキならともかくレシピじゃ腹は膨れないしなー……あんまりいらないけど貰っとこう」

P「さて次はっと、>>114のバッグに決めた」

114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:24:53.42 ID:3eG73mISO
雪美

117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:33:06.97 ID:LINuRvBe0
P「雪美かー。雪美は普段何を持ち歩いてるんだろう? 想像つかん」

P「まあでも10歳の女の子なんてそんなたいしたもん持ってないよな、ある意味安心」

P「……安心? 俺は何を言ってるんだ、ここはうちの事務所だぞ」

P「………………」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>118じゃないか!」

118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:33:30.44 ID:LMH/29/tO
Pと自分のへその緒

122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:43:19.12 ID:LINuRvBe0
P「えっ? これ、えっ?」

P「…………えっ? へその緒……? えっ?」

P「……本物だ。なんでこんなもの、そもそも俺のは実家にあるはずなのに……。なにこれ」

P「黒魔術めいた妖しさ満点の雪美の奇行に俺はこれからどうしたらいいんだろう……」

 Pは 自分のへその緒を 取り戻した!
 Pは 雪美のへその緒を 手に入れた!

P「とりあえず出方をうかがってみるか。こんなものでも世界に二つとないわけだし、何らかのアクションを起こすだろう」

P「……あとで実家にセコムしてるか聞かないと」

P「それはそれとして>>123のバッグを漁って気を落ち着かせるとしようか」

123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:44:07.98 ID:y9BpLZ8AO

125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:48:42.02 ID:LINuRvBe0
P「聖、か。うーん……」

P「前回のインパクトが強すぎて滅多なものじゃ驚かなさそうだ。そもそも滅多なものを持ち歩かないでほしいものだが」

P「聖ならそんな心配はないだろうけど、だからこそ心配にならざるを得ない」

P「ざわざわ……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>126じゃないか!」

126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:49:09.94 ID:WJRG6oN0o
スノーグローブ

127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:54:16.86 ID:LINuRvBe0
P「これは……えっと、何て言うんだったか。そうそう、スノーグローブだ」

P「ああ、イメージ通りの物を持っててくれて心が安らいだよ。ありがとう、聖」

 Pは 聖のスノーグローブを 手に入れた!

P「それを容赦なく懐におさめる俺はきっと特別な存在なんだと思う」

P「ふぅ、だいぶかっぱらったぞ。>>128のバッグで今日のところは終了かな?」

128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 00:54:28.09 ID:KbdJFOTJO
岡崎

130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 01:01:42.77 ID:LINuRvBe0
P「泰葉のバッグか。必要以上の物は持ち歩かないイメージだけどはたして」

P「これまで有象無象いろいろ見つけてきたからなあ、もう何が出てきてもおかしくない」

P「俺のパンツが入ってて沈んだ頃が懐かしい……さあ、いこう」

P「はあはあ……」ゴソゴソ

P「こ、これは――」

P「>>131じゃないか!」

131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 01:02:10.70 ID:MqF80iX+0
あげたネックレス

133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 01:04:57.73 ID:3eG73mISO
これは持ってっちゃあかん奴や

134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 01:08:39.20 ID:LINuRvBe0
P「……これは俺があげたネックレスじゃないか。安っぽくてもいいからって珍しくねだられたんだっけ」

P「ははっ、こんな子供だましを大切に持っててくれるなんてな。泰葉……」

P「俺があげたものが出てくるのは初めてか。あげたもの取り返したってなんだかなあ、どうしたもんか」

 ガラッ

P(!? こんな時に限って……!)

 >>135が あらわれた!

135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 01:10:04.89 ID:slilcH14o
お嬢

138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 01:29:39.23 ID:LINuRvBe0
巴「少々おいたが過ぎたようじゃの、Pよ」

P「巴か……何のことだ?」

巴「しらばっくれる気か? 人の大切にしとったもん勝手に持ち出して」

P「……」

巴「悪いが、そればっかりは見過ごせん。往生せいや、P」

P(くっ、どうする? 俺が今持ってる物といえば……)

1.パンツ(凛から取り返した)
2.パンツ(周子から取り返した)
3.自分のサインと判入り婚姻届(くしゃくしゃに丸めてある)
4.法螺貝(芳乃の)
5.過激な少女漫画(乃々の)
6.杏の入ったバッグ
7.ケーキのレシピ本(愛梨の)
8.自分のへその緒
9.雪美のへその緒
10.スノーグローブ(聖の)

P(なにか、なにか武器はないのか!? 巴がこの場を見逃してくれそうな物は……!)

何を差し出してみますか?
>>139

139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 01:31:12.15 ID:R1+UygCCo
8

140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 01:42:27.00 ID:LINuRvBe0
P「まあまあ、ここは一つこれで手打ちを」スッ

巴「ん? 何じゃこれは?」

P「わたくしめのへその緒にてございます。何卒どうかこれで」

巴「へその緒? へその緒じゃと!?」

P「え、ええ……(なんだ? へその緒に何か意味があるのか?)」

巴「聞いたことがある。幾日の間、自分のと異性のへその緒を昼も夜も絶えず所有し続けた者は――」

P(えっ、なにこれ)

巴「>>141……らしい。それを差し出すと言うんじゃな?」

141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 01:45:39.03 ID:UlYVzFB4o
死ぬ時まで一緒

144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 09:55:19.85 ID:aAZDYyZ/O
完全勝利

146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 10:42:06.27 ID:haH0/aBJo
余りに唐突なお嬢ルートで草不可避

148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 20:39:36.30 ID:3BWwb5i70
P(死ぬ時まで一緒? 雪美……俺と死ぬまで一緒にいたかったというのか?)

P「……あ、ああ。男に二言はない。だからここで見たことはどうか」

巴「わかった、そういうことなら話は変わってくる。まずは頂くとしようかの」

 Pは 自分のへその緒を 巴に差し出した!

巴「ほう、これが……」

P「なんだか感慨深そうだな」

巴「いや、これでうちとPは晴れて一蓮托生かと思うとつい、な」

P「……意外だ。噂か迷信か、何かは知らないけど巴がそんな不確かなものに執着するとは」

巴「ふん、言っとれ。そんなもんにすがってでもうちはPが欲しい。断ち切れぬ縁が欲しい。そう思っとっただけじゃ」

P「……」

巴「なに悪いようにはせん。うちはアイドルで、お前はプロデューサー。一生続く縁があるというなら、うちのアイドル道はしばらく安泰じゃろ? 縁担ぎとでも思っとればええ」

P「そういうもの、なのか?」

巴「さあてな、なるようにしかならんじゃろ。それよりP、うちは今日この時間、こんなところに来なかったし何も見とらん。それでええんじゃな?」

P「え? あ、ああ……」

巴「まっ、うちが出しゃばらんでもPはそのネックレス、どうこうしようとは思っとらんかったんじゃろ? そういう男のはずじゃからな」

P「……」

巴「恨んでくれてもええ、じゃがこれはもううちのもんじゃ。どれ、願掛けばかりに頼らんようしっかりレッスンせんとな」

P「……」

P「……俺の負け、か」

149: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 20:57:24.68 ID:3BWwb5i70
それからしばらくして――

P「おはようございます、ちひろさん」

ちひろ「おはようございます。最近いつも始業10分前にきっちり事務所へきてますね?」

P「ええまあ、毎朝黒い車が迎えにきてくれるもので」

ちひろ「は、はあ。それより凛ちゃんと周子ちゃんがまたパンツがどうとかでケンカしてるみたいなんですが、何とかなりませんかねぇ」

P「生理かな?」

ちひろ「それから朋ちゃん、カメラ趣味ができたみたいですね」

P「カメラを持ってたら俺の半径50m以内に近づかないよう言っておいてください」

ちひろ「そういえば輝子ちゃんがプロデューサーさんと同じ苗字の判子を持ってましたよ。どうしたんでしょうね?」

P「見つけたら随時ボッシュートで」

ちひろ「それと芳乃ちゃんのことですけど」

P「ええ、今日も俺の背後を無言でついてきてますね。また何か探し物でもしてるんでしょうか」

ちひろ「乃々ちゃん今日も事務所に来ませんね」

P「新しいの買ってこっそり渡すか……あ、いえ何でもないです」

150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 21:14:35.45 ID:3BWwb5i70
ちひろ「きらりちゃんと杏ちゃん、一緒にいるところを見かけなくなりましたね。むしろ杏ちゃんを見かけなくなったような」

P「杏は犠牲になったのだ……はぴ粉の犠牲にな……」

ちひろ「つかさちゃん、新しいビジネスを思いついたとかで」

P「知りません。漬物石なんて知りません」

ちひろ「あっ、愛梨ちゃんのケーキのレシピ本見ませんでした? 今度のパーティーに用に使わせてもらう予定だったのですが」

P「タイムリーエラーってやつですね。おお怖い怖い」

ちひろ「雪美ちゃん、大事にしていたものを無くしてしまったみたいでずっと落ち込んでるみたいなんです。励ましてあげてくれますか?」

P「禿げそうなので今度でいいですか?」

ちひろ「聖ちゃんも大切なものを無くしてしまったらしくて、最近多いですねこういうこと。もしかして――」

P「それ以上はいけない。大丈夫ですよ、俺がなんとかしておきますから」

ちひろ「お願いしますね。いつも頼りにしてます、プロデューサーさん!」

P「任せておいてください。さあ、今日も一日頑張りましょう!」

P「――げへへ、今日は誰のバッグからいこうかなあ」

巴「……身内の手癖の悪さを躾けるくらい罰は当たらんよな、のうPよ?」

P「ひいっ!?」

おわれ

151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 21:18:23.78 ID:3BWwb5i70
久し振りにシリアスなSSを書けたと思います!

それではHTML出してきます

152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/29(土) 21:33:36.73 ID:kq2/taID0
シリアル?
おう、そうだな

153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 22:19:14.18 ID:GIK7GUvX0
シアトル?
おう、そうだな

154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 22:22:50.67 ID:lI1fIvCQ0
面白かったよ!お疲れさま。

155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 22:27:44.64 ID:t2G5PqNCo
シリアル?
牛乳かけると美味いよな

156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/30(日) 00:03:53.27 ID:eggBo4B50
serial 【限定用法の形容詞】 〈小説など〉続き物の,連載の; 〈出版物が〉定期の
つまりシリーズ化すると

157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/30(日) 05:07:48.69 ID:HpCSXXl0o
乙乙

担ぐのは縁じゃなくて験だね


元スレ
タイトル:モバP「俺もアイドルの持ち物を物色したい」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416930451/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP