同僚女「実家から会社通ってんの? ダッサwww」男「ううっ……」

2017年5月4日その他

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:31:00.952 ID:Vg9p7mcz0

同僚女「社会人のくせに実家通いはヤバイでしょー」

男「……すみません」

同僚女「だって、いい年してお母さんにご飯とか作ってもらってるんでしょ?」

男「はい……」

同僚女「悪いけど、あなたを一人前の男として見ることはできないなー」

男「そうですよね……」


9: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:34:09.952 ID:Vg9p7mcz0

同僚女「そこで、私から提案があるんだけど」

男「なんですか?」

同僚女「私のマンションで暮らさない?」

男「ど、どういうことですか?」ドキドキドキ

同僚女「やだ、そんなに身構えないでよ!」

同僚女「私も夜一人だと寂しいことがあるし、もう一人ルームメイトが欲しいなーぐらいの感覚よ」

男「そういうことですか……」

 

14: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:37:05.015 ID:Vg9p7mcz0

同僚女「嫌になったら、すぐ出ていってくれればいいんだし」

同僚女「私もそこらへんはサバサバしてるから、全然気にしないし」

同僚女「ねえ、どう?」

男「そうですね……」

男「ぼくはいいんですけど、お父さんとお母さんが許してくれるかどうか……」

同僚女「そんなのいい大人なんだし、許してくれるに決まってるじゃない!」

男「でも……」

 

17: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:40:20.013 ID:Vg9p7mcz0

同僚女「あー、分かった分かった!」

同僚女「だったらこうしよう」

同僚女「私があなたのお父さんとお母さんを説得してあげる!」

同僚女「これでどう?」

男「いいんですか?」

同僚女「私から提案してるんだしね、それぐらいはやらなきゃ」

男「じゃあ今日はぼくの実家にご案内します!」

同僚女「よろしくね」

同僚女「あ、そうだ。リポビタンD飲んでおこっと」グビッ

 

21: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:43:24.529 ID:Vg9p7mcz0

電車――

ガタンゴトン… ガタンゴトン…

同僚女「電車はどこまで乗るの?」

男「終点までです」

同僚女「へえ、結構遠いのね」

同僚女(こりゃ帰りは結構遅くなっちゃうかも……まあいいけど)

 

24: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:46:34.109 ID:Vg9p7mcz0

終点――

同僚女「ここからはどうするの? バス? それとも自転車かなにか?」

男「いや……どっちでもないですよ」ピューイッ

魔女「ひっひっひ、呼んだかい?」ヒュオッ

男「今日もよろしく頼むよ」

同僚女「ホウキに乗った……魔女!?」

魔女「さあ、乗っておくれ。飛ばすからねえ」

ドヒュンッ!

同僚女「新幹線より、ずっと速い!」

 

31: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:49:46.983 ID:Vg9p7mcz0

同僚女(ホウキに揺られること、およそ3時間……)

魔女「はい、到着だよ」

魔女「あたしの力で送れるのはここまでだ。どうか許しておくれ……」シクシク…

男「ありがとう。泣かないで、魔女のおばあちゃん」

男「さ、ここからは歩きましょう」

同僚女「うん」

同僚女(ホウキを降りた私の目の前には広大な密林が広がっていた――)

 

34: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:52:15.378 ID:Vg9p7mcz0

同僚女「なんなの? この密林……」

男「ここを通らないと、ぼくの実家にはたどり着けないんです」

男「さ、入りますよ!」ガサガサ…

同僚女「ええっ、まだ心の準備が!」

男「密林の中では、無数の毒蛇や虎が襲ってきますから、なるべく気配を消して下さいね」

同僚女「消し方なんて分からないわよ!」

 

42: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:55:04.496 ID:Vg9p7mcz0

毒蛇「シャーッ!」

男「はっ!」ベシッ

毒蛇「シュルル……」ビクンビクン

虎「ガルルァッ!」

男「とうっ!」バシッ

虎「ガルゥ……」ドサッ

同僚女「殺しちゃったの……?」

男「いえ気絶させただけです」

同僚女(日頃頼りない彼が毒蛇や虎を手刀でやっつけていく姿は、まさに驚きであった)

 

45: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 00:58:40.701 ID:Vg9p7mcz0

ドドドドドドドドドド……!

同僚女「土石流みたいな川ね……」

男「時速300km以上で流れてますからね」

男「しかも、川の中には恐竜をも9.58秒で食い尽くすスーパーピラニアがいます」

同僚女「そんな……! どうやって渡ればいいのよ!?」

男「もちろん、こうします」ヒョイッ

男「あなたを肩車してぼくが渡れば、安心です」ザブザブ…

同僚女「でもピラニアが……!」

男「大丈夫、スーパーピラニアの牙といえど、ぼくの体には歯が立ちませんから」ザブザブ…

同僚女(彼のいうとおり、無数のスーパーピラニアが彼を食べようとしては、脱落していった)

 

53: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:01:26.160 ID:Vg9p7mcz0

兵士A「おっ、人間が来たぞよ?」

兵士B「殺っちゃう? 殺っちゃう? ウーパールーパー?」

兵士C「久々の獲物だぜ!」

同僚女「やっと川を渡り切ったと思ったら、なんなのよあいつら!?」

男「心配いりません。ただの血に飢えた兵士ですよ」

男「ですが、装備はAK47やM16とあなどれません! 気をつけて下さい!」

 

56: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:04:40.021 ID:Vg9p7mcz0

兵士A「撃て撃てぇぇぇぇぇっ!!!」

ガガガガガガガッ

男「ぼくが盾になります!」キキキキキキンッ

男「さあ、先を急ぎましょう!」キキキキキキンッ

男「ある程度攻撃したら、彼らは満足して巣に戻りますから!」キキキキキキンッ

同僚女「ひいいいっ!」

 

62: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:07:37.957 ID:Vg9p7mcz0

ギシギシ… ギシギシ…

同僚女「なんなの、この吊り橋……」

同僚女「手すりがないし、幅が10センチぐらいしかない上に、底が見えない……」

男「落ちると無限地獄へまっさかさまです」

同僚女「無限地獄ってなに?」

男「文字通り、永遠に無限大の苦痛を味わわされる地獄です」

男「なので、決して落ちないように」

同僚女「そんなこといわれても……きゃっ!」ズルッ

 

63: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:10:10.793 ID:Vg9p7mcz0

男「おっと」ガシッ

同僚女「きゃあああ、落ちるぅぅぅぅぅぅっ!」

男「大丈夫です! ファイトーッ!」グイッ

同僚女「いっぱーつ!」

男「ね?」ニコッ

同僚女「リポビタンD飲んでおいてよかったわ……」

 

70: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:13:33.319 ID:Vg9p7mcz0

ドラゴン「ギャオオオオオオンッ!」

同僚女「きゃああっ! ドラゴンだわ! 初めて見た!」パシャッパシャッ

男「ぼくらを通せんぼするつもりのようですね」

男「30秒待ってて下さい。すぐに決着をつけます!」

男「行くぞ!」

ドラゴン「ギャァァァァス!」

 

73: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:17:02.947 ID:Vg9p7mcz0

ドラゴン「ジャブ! ジャブ! ジャブ!」シュッシュッシュッ

男「くっ!」

ドラゴン「火を吐く! ……と見せかけてジャブ!」シュッ

ドラゴン「ジャブ! ジャブ!」シュッシュッ

ドラゴン「尻尾を振りまわす! ……と思わせてジャブ!」シュッ

男「くっ……!」

同僚女(なんというジャブの連打! 男君が防戦一方だわ! アドバイスしないと!)

同僚女「男君、ボクサーは足への攻撃に弱いわ!」

男「なるほど! ローキック!」ベシッ

ドラゴン「いてっ! ギ、ギブアップ!」

 

77: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:20:21.015 ID:Vg9p7mcz0

同僚女(ドラゴンを倒すと、炎も凍りそうな極寒の大地が私たちを待ち受けていた)

ビュオォォォォォ……!

同僚女「さ、寒い!」

男「なにしろ-150℃ですからね……」

男「ぼくが抱きしめてれば、寒いですが体温低下は防げます」ギュッ…

男「しばらく我慢して下さい」

同僚女「あ、あ、ありがと……」ガチガチ…

 

80: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:23:32.091 ID:Vg9p7mcz0

グツグツ…… ボコボコ……

同僚女「今度は暑いわ……」

男「ここは溶岩地帯です。あの溶岩に触れたら、骨はおろか魂まで溶けてしまいます」

男「絶対に触らないようにして下さいね」

同僚女「ノドが渇いちゃった……」

男「でしたら、ぼくの汗をなめて下さい」

同僚女「うん……あ、ポカリスエットの味がする!」ペロペロ…

男「ぼくは七種類の汗を出せますから」

 

84: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:26:25.376 ID:Vg9p7mcz0

クイズ魔神「ようこそ、クイズ空間へ!」テレッテー

同僚女「なんなのこいつ!?」

男「クイズ魔神です。彼のクイズを間違えると即死しますので、うかつに声を出さないように!」

同僚女「うん!」

クイズ魔神「問題」

クイズ魔神「ぼたもちは春はぼたもち、秋はおはぎと呼ぶが、夏と冬は?」

男「夜船と北窓!」

クイズ魔神「正解だ。通るがいい」

 

89: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:29:29.710 ID:Vg9p7mcz0

パァァァァァァ…

同僚女「まぁ、光り輝いていてキレイな空間ね……まるで天国だわ」

天使A「コッチヘオイデ……」

天使B「イラッシャイ……」

同僚女「可愛らしい坊やたちだこと……」

男「ダメです! 天使の誘いに乗ってはいけません!」

同僚女「えっ!?」

男「誘いに乗ったら最後、一瞬で魂を抜き取られてしまいます!」

同僚女「危ないとこだったわ!」

 

91: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:33:09.589 ID:Vg9p7mcz0

男「さ、今日はここでキャンプしましょう」

同僚女「うん……」

同僚女「ところで、もう一週間ぐらい経過したけど、会社どうしよう……」

男「大丈夫ですよ、この地域は時間の進み方がとても早いんです」

男「なので、会社を出てからまだ二時間と経っていません」

同僚女「そうなんだ……」

同僚女「でも老けるのが早くなっちゃったりしない?」

男「その点はご心配なく!」

 

92: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:35:08.226 ID:Vg9p7mcz0

同僚女(あれから幾つの難関をくぐり抜けただろうか)

同僚女(雷雲の谷、死神軍団、絶望の集落、ハイパーブラックホールなどを突破し、ようやく……)

男「さ、見えましたよ!」

男「あれがぼくの実家です!」

同僚女「わぁっ、大きい! まるでお城じゃない!」

男「お父さんはここら一帯の王なので……」

同僚女「へえ、そうなんだ」

男「どうぞ! 中にお入り下さい!」

 

93: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:38:54.086 ID:Vg9p7mcz0

同僚女「ところで、ご両親はどんな人なの?」

男「どんな人といわれても、普通の人ですよ。平凡な両親です」

同僚女「うーん……たとえば身長は?」

男「どちらも160ぐらいですね」

同僚女「へぇ~、男君は170はあるのに、二人とも小さいんだ」

 

96: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:42:40.190 ID:Vg9p7mcz0

父(160m)「お帰り」

母(160mm)「お帰りなさい」

同僚女(やっぱりこういうことか……)

男「あのお父さんお母さん、今日はぼくから頼みがあるんだ」

父「なんだい?」

母「なにかしら?」

同僚女(あ、お母さんの方が声が大きいんだ)

 

98: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:46:24.191 ID:Vg9p7mcz0

男「ぼく、同僚女さんと一緒に暮らしたいんだ!」

男「だから今日でこの家を出ていく!」

父「な、なんだと!?」

母「いけないわ、そんなこと!」

男「!」ビクッ

男「ど、どうして……?」

 

102: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:51:09.881 ID:Vg9p7mcz0

父「だって……なぁ?」

母「ええ、外の世界はあまりにも危険すぎるわ!」

男「ううっ……それはそうだけど……」

父「だろう?」

母「実家を出るのはもっと経験を積んでからになさい」

同僚女(ここは私が助け船を出さないと!)

同僚女「なにいってるんですか! 外の世界よりこの世界の方がよっぽど危険ですよ!」

父「うむむ……」

母「うぐぐ……」

 

103: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:54:37.798 ID:Vg9p7mcz0

父「たしかに……いつまでも実家やこの世界でぬくぬくしていては自立心が養えぬ」

父「この娘のいうとおり、危険かもしれぬ」

母「おっしゃるとおりね、あなた」

同僚女(そういうことじゃないけどまあいいや)

父「しかしなぁ……」

母「そんな急にはねえ……」

男「お願いだよ、お父さんお母さん!」

父「うむむむ……わしは押しに弱いのだ……」

 

104: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 01:57:48.925 ID:Vg9p7mcz0

父「よかろう……許す!」

父「お嬢さん、息子をよろしくお願いします」

母「甘やかして育ててしまったから苦労するかもしれないけど、よろしくね」

同僚女「はいっ!」

同僚女「これで私たち、晴れて一緒に暮らせるわね!」

男「嬉しいです!」

 

105: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 02:01:04.536 ID:Vg9p7mcz0

同僚女のマンション――

同僚女「ここが私のマンションよ」

男「広いですし、キレイな部屋ですね~」

男(それにいい匂いがする……)クンクン

同僚女「実はさ……」

同僚女「私、ホントはあなたにそんなに興味ってなくて」

同僚女「ちょっとの間、二人暮らしってのをやってみたかった、ぐらいのつもりだったんだよね」

同僚女「どうせあなたなら、手ぇ出してこないって分かってたし」

男「あ、そうなんですか……(やっぱり……)」

同僚女「だけど、私……あの実家への旅路であなたに本気で惚れちゃったみたい」

同僚女「あんなにたくましくて頼りがいがあるなんて、知らなかったから……」

男「え……!?」

 

109: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 02:04:21.984 ID:Vg9p7mcz0

同僚女「だから……」ヌギッ

男「え、え……!?」

男「あ、あのっ! ぼくそういうのしたことなくって……」ドキドキ…

同僚女「大丈夫、手取り足取り教えてあげるから……」

同僚女「今日は危険日だけど……いいよね?」スッ…

男「あ、あの……ぼくっ……あっ……!」ドサッ

男(お父さん、お母さん……外の世界はやっぱり危険な魅力でいっぱいです……!)

おわり

 

112: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 02:06:03.194 ID:WCNQ8PTU0
エロ展開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
そしてオワタ━━━━\(^o^)/━━━━!!

 

114: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 02:06:37.394 ID:kHoFnqCG0
いい話だった

 

115: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 02:08:56.052 ID:yarqj+hRa

良かったぜ

 

119: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 02:58:11.309 ID:phGau99z0
〆は良かった

 

120: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/12/20(火) 03:57:33.997 ID:Fellhux40
夜中のお前らってすごいわ


元スレ
タイトル:同僚女「実家から会社通ってんの? ダッサwww」男「ううっ……」
URL:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1482161460/
掲載サイト:2ch.scに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP