P「アイドルに嫌いと言ってみる」

THE IDOLM@STER

1: ◆sRXq.mjBBg 2017/02/15(水) 15:25:22.88 ID:OhE6z/CYo
何番煎じ?
興味ないね

P「アイドルに嫌いと言って相手の出方を伺おう」

P「へへ……泣きながらすがり付くかな? それとも土下座して謝ってくるかな?」

P「ふ、モテる男は辛いぜ……」

P「さぁて、まずは……春香でいいか!」

P「春香ー!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487139922


2: ◆sRXq.mjBBg 2017/02/15(水) 15:27:31.30 ID:OhE6z/CYo
春香「はい?」

P「俺、お前のこと前から嫌いだったんだよね! マジ普通すぎてつまらないっていうかさ」

春香「はぁ、そうですか。私もプロデューサーのこと嫌いなんで、ちょうど良かったですね」

P「えっ」

春香「もういいですか? それじゃ」スタスタ

P「……はは。ま、あんなのに嫌われててもなんとも思わないし。千早なら……千早なら」

3: ◆sRXq.mjBBg 2017/02/15(水) 15:29:20.61 ID:OhE6z/CYo
P「千早ー、今ヒマー?」

千早「は?」

P「いや、ちょっと話でもと思って」

千早「暇じゃないですが」

P「ちょっとくらいいいだろぉ? ほら、アイドルとプロデューサーのスキンシップってことで」

千早「気持ち悪……ごめんなさい、行って良いですか? 歌の練習したいので」

P「……あ、はい……」

P「…………やよい。やよいなら」

4: ◆sRXq.mjBBg 2017/02/15(水) 15:31:43.94 ID:OhE6z/CYo
P「やよいー」

やよい「はい? なんですかー?」

P「いや、そのさ……俺、お前のこと……嫌いなんだよね」

やよい「あ、そうだったんですねー! わかりましたー!」

P「え、あの、な、何が分かったの?」

やよい「え? いやー、これからはあんまり気にしなくてもいいのかなーって! お母さんに言われてたんです、嫌いな人でもちゃんと話しましょーって!」

P「……え、あの、嫌いなの? 俺のこと?」

やよい「あっ! ……ごめんなさい、面と向かって言うことじゃないですよねー……」

P「……う、う、うん……」

5: ◆sRXq.mjBBg 2017/02/15(水) 15:36:34.38 ID:OhE6z/CYo
伊織「というか、むしろなんで好かれてるとか思ってんの? 馬鹿じゃないの? アイドル誰一人としてCも越えられないグズデューサーの癖に」

真「ほんとほんと。自分のこと高く見積もり過ぎなんじゃないですか?」

やよい「うっうー、流石に言い過ぎだよー! 本当のことだからって言い過ぎるのはダメかなーって!」

真美「わ→追い打ちの極み→♪」

P「お、お前らいたのか……」

響「別にプロデューサーに嫌われたってどうでもいいぞ? むしろ干渉されない分伸び伸び出来てうれしいくらいだ!」

貴音「そうですね。というより、信頼関係を構築しなければいけないパートナーであるにも関わらず互いに嫌いあっている今の状況は不適切なのではないでしょうか?」

P「お、俺は……」

律子「仕事もできない、アイドルの育成もできない、信頼関係も築けない……そんなダメでューサーに価値なんてあるんですかね?」

P「俺は……ッ」

6: ◆sRXq.mjBBg 2017/02/15(水) 15:39:27.64 ID:OhE6z/CYo
あずさ「あらあらー……大人の男性が泣くなんて、恥ずかしいですよー?」

伊織「マジきも……この際だからハッキリ言わせてもらうけど、ここにあんたの場所なんて無いのよ」

真「そうだよ。早く辞めれば?」

やよい「うっうー! それがいいですー!」

響「いなくなっても困らないぞ?」

貴音「むしろ互いに利益のある話ですね」

亜美「はやく辞めなって! それがいいよ!」

美希「ふぁー……というか、誰だっけおじさん?」

P「…………分かった……今までありがとうな……」

7: ◆sRXq.mjBBg 2017/02/15(水) 15:41:41.11 ID:OhE6z/CYo
P「……はは。俺がアイドルのことを嫌うフリをするはずが、俺がアイドルに嫌われてたことを知ることになるとはな……」

P「辞表を出した時の社長の反応も淡白なものだったし、その内辞めさせる気だったな……もう俺には何もない」

P「夢も希望も……未来も……」

P「どこで間違えたんだ……何故だ……」

P「…………死のう……もう何もない……みんな……さようなら……」

グシャッ!!

9: ◆sRXq.mjBBg 2017/02/15(水) 15:47:46.84 ID:OhE6z/CYo
#imas
だからな(ドヤァ

嘘だよ、ちゃんと続けるよ……
起きたらな!!!

14: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:09:17.84 ID:VsxHCw+ko
P「はうぁー!」ガバッ!

P「ゆ、夢……なんて……最悪な夢だ……皆に嫌われてる夢を見るなんて…………。はは、ハハハ……あるわけないじゃないか……」

P「大体、みんなSかAランク……D以下止まりとか、ありえん」

P「そう……夢だよ……悪い夢……」

P「………………………………はは。仕事行こ」

15: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:09:45.62 ID:VsxHCw+ko
~765プロ~

P「おはようございます……」

小鳥「おは……プロデューサーさん、どうかしましたか? 元気がないみたいですけど……」

P「…………ちょっと夢見が悪くて……」

小鳥「悪い夢でも見たんですか?」

P「えぇまぁ……アイドル達から嫌われてたことを知る夢を見ちゃいまして……」

小鳥「なんですかその夢……そんなことあるはず無いじゃないですか。皆プロデューサーさんのこと慕ってますよ」

P「分かってはいるんですよ? ただあまりにもリアルで生々しくて、本気で言われた気になっちゃって辛い……」

小鳥「気持ちは分かりますけども……なら、確かめてみればどうですか?」

P「確かめる?」

16: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:10:43.63 ID:VsxHCw+ko
小鳥「はい。ドッキリってことにして、嫌いって言ってみるんです。それで相手の反応を確かめる……試すような真似になっちゃいますけど、プロデューサーさんたちが活動するようになってそろそろ2年。相手の気持ちを確かめてみるのも大事じゃないですか」ゴソゴソ

P「それはいいんですけどなんでカメラなんて取り出してるんですか? というか嫌いって言う理由無いですよね?」

小鳥「面白いじゃないですか」

P「面白い」

小鳥「はい。良い絵が撮れますよ」

P「でも……使いふるされたネタじゃ……? 今時そんなドッキリ流行りませんし、若い子達にはバレちゃいますよ」

小鳥「多分疑うことも忘れちゃうくらいの衝撃を受けちゃってそれどころじゃなくなると思いますけど。ま、ま、遊びってことと本心の確認ってことでひとつ。安心してください、ネタバラシは私がしますから」

P「えー……余計な不和を生み出すような気が……」

17: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:11:11.53 ID:VsxHCw+ko
小鳥「大丈夫、私のことを信じてください!!」

P「……分かりました。でもあれですからね? やばいと思ったらフォローしますからね?」

小鳥「ええどうぞどうぞ。それより演技とかは大丈夫ですか?」

P「はは、これでも元役者志望ですよ? 夢破れたりで裏方に回りましたけど」

小鳥「(みんなプロデューサーさんのこと大好きだから、どうなることやら……)」

ガチャ

P「おん」ビクッ

雪歩「お、おはようございますぅ……」

P「(雪歩か……そういえば夢には出てきてなかったな……)」

雪歩「あ……プロデューサー……」

P「(元気がないな……どうかしたのかな?)」カリカリ

18: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:11:39.20 ID:VsxHCw+ko
P「おはよう萩原。早速だけど今日は10時から取材、12時から収録だから。それまでレッスンにでも行ってくれ」カリカリ

雪歩「……………………」

P「どうした?」

雪歩「…………あ、あの……な、なんで、萩原……」

P「は?」

雪歩「名前……よ、呼び方…………ぅぅ……」

P「……はぁ?」

雪歩「…………ぅ……」

P「………………」カリカリ

雪歩「えっと……そ、その……」

P「あのさ、萩原。前から思ってたんだけど、話すときはハッキリしたら? 聞いてる方イライラさせたくないならさ」カリカリ

雪歩「え…………ぁ……。プロ……デューサー……?」

19: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:12:06.50 ID:VsxHCw+ko
P「可哀想だからって我慢してたけど、萩原みたいなの嫌いなんだよね俺」カリカリ

雪歩「………………」

P「それだけだから。ほら、はやく仕事に行けよ」カリカリ

雪歩「……プロデューサー」

P「はぁ…………なに?」カリカリ

雪歩「さようなら……!! 今まで迷惑かけてごめんなさい!!」ダッ!!

P「えっあっちょ」

P「小鳥さん確保!!」

小鳥「はーい!!」ガバッ

雪歩「ひうっ」

ドッタンバッタン

……………………

20: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:12:33.49 ID:VsxHCw+ko
雪歩「あうう……」

P「驚いた……なんでいきなり逃げ出したんだ、雪歩?」

雪歩「うぅぅ……アイドルとしてもダメダメで、その上プロデューサーにも嫌われて…………もう、ダメです……私、やっていけません……」

P「おいおい……仮にもSランクアイドルが言うことかそりゃ? お前はダメなんかじゃないだろ?」

小鳥「そうよ……美希ちゃんに続いてSランクになったのは雪歩ちゃんよ? そこは自信持たなきゃ!」

雪歩「私だけの実力じゃ無いです!! ……プロデューサーがいてくれたから……頑張れたんです……」

P「……お前は、俺のことを信頼してくれてるんだな」

雪歩「……でも、もう終わりです……大好きなプロデューサーに嫌われてると知って、もうここにはいられないんです……」

P「……………………」チラ

小鳥「………………」コクリ

21: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:13:10.78 ID:VsxHCw+ko
小鳥「雪歩ちゃん、ちょっと耳を貸してね」

雪歩「え?」

小鳥「……ドッキリ、大成功」ヒソヒソ

雪歩「…………ど……………………どー!!?」

P「雪歩、好きだよ」ニッコリ

雪歩「ふあーー!!」///

P「ここまで一緒にやってきた雪歩のことを、今さら嫌うわけないじゃないか。俺は雪歩のことを絶対に手放さないし、これからも俺たちは一緒だ」

雪歩「ぷ、ぷろでゅうさぁ……」///

小鳥「いやなに告白してるんですか。スキャンダルですよスキャンダル」

P「なんのことですか? まぁいいや。そういう訳なんだ、悪かったな雪歩……ちょっとしたいたずらのつもりだったんだけどさ」

22: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:13:37.09 ID:VsxHCw+ko
雪歩「うぅ……心臓が止まるかと思いました……。こんな嘘、酷いですぅ!」

P「悪かった。なんでもするから、許してくれ」

雪歩「……え? 今」

小鳥「はいストーップ! 軽率なこと言わないでください!! 雪歩ちゃん、実はね?」

~~~~

雪歩「そ、そんな夢をみたんですね……」

P「そうなんだ。それで、皆に嫌われてるんじゃないか……って思ってさ。それを話したら、実際に嫌いって言ってみようって話しになってな」

小鳥「録画もバッチリ、雪歩ちゃんの深く絶望した表情とか泣きながら走り去ろうとするシーンとか、これだけでご飯三杯はいけますね!」

雪歩「うぇっ!? 録画もしてたんですかぁ!? け、消してくださいよぅ!」

小鳥「残念だったわね……! これは録画を完了させた時、そのまま自宅のパソコンにデータが送られる素敵機能が付いてるのよ……! ここで消しても無意味……!」

雪歩「ううううう……酷いですぅ……」

23: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:14:03.91 ID:VsxHCw+ko
P「悪趣味だもんなぁ……いや俺も言えたもんでもないけどさ。本当にごめんな?」

雪歩「あ、ええと……良いんです。もう死んじゃおうかなって思いましたけど「え?」でもプロデューサーに好きって言われたから帳消しですぅ」

P「……あ、はい……なんかごめんなさい……」

雪歩「あ、あの! お茶入れてきますね!」

P「うん……」

雪歩「………………♪」コポコポ

P「あ、そうだ雪歩。ここに来たとき、暗い顔してた気がするんだけどさ、何かあったのか?」

雪歩「あ……は、はい。その……実は、私も怖い夢を見ちゃって……」

小鳥「あら、雪歩ちゃんも見たの? どんな夢かしら?」

雪歩「…………プロデューサーに……」

P「俺が出てくるのか」

雪歩「プロデューサーに嫌われて、事務所の屋上から飛び降りる夢です…………」

24: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:14:30.00 ID:VsxHCw+ko
P「……………………」

小鳥「……………………まさゆ」

P「それ以上いけない」

雪歩「でも、本当に良かったですぅ……夢は夢ですよね」

P「そうだね! 本当に良かったね!」

雪歩「……プロデューサー。私、プロデューサーのこと、信じてますからね。これからも……一緒に頑張りましょうね!」

P「……あぁ!」

雪歩「じゃあレッスンに行ってきますぅ」テテテ

P「雪歩は天使だなぁ」

小鳥「そうですね」

25: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:14:56.54 ID:VsxHCw+ko
小鳥「あ、プロデューサーさん。これ、想像以上に良い資料になりそうですよ」ピッピ

P「ん? どれどれ……」

<プロ……デューサー……?

P「うわぁ、人ってこんな顔できるんだな。仕事しながら話してたから気づかなかった」

小鳥「修羅場とかの雰囲気がよく出てますし、演技指導用の教材にも使えそうですよ」

P「ですね。思わぬ拾いものってやつですねー」

小鳥「で。資料これだけじゃ足りないって言うか全員分欲しいですよね」

P「あっ」

小鳥「ドッキリ、続けましょっか」ニッコリ

P「…………確かに資料としてこれ以上ないものだ……。なんせリアルだからな……。仕方ない、皆には悪いけど後進の為にも騙されてもらうか」

小鳥「わぁい」

P「小鳥さん、ただ面白がってるだけでしょ……」

小鳥「半々ですよ♪」

雪歩編、完

26: ◆0Co7TLOMuU 2017/02/16(木) 12:19:21.29 ID:VsxHCw+ko
雪歩編終了
夢の中で雪歩出すの忘れてたんでスタートに持ってきました
ほんと良く見るネタ過ぎて何十番煎じ? 苦味すら通り越して腐ってる?
次回せっかくなんで真編です


元スレ
タイトル:P「アイドルに嫌いと言ってみる」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487139922/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です


PAGE TOP