愛海「あたしも成長したよねー」シュシュッ

THE IDOLM@STER

アンケートへの回答ありがとうございました。

今後のまとめ記事の参考にさせて頂きます。

要望等あればいつでもご連絡ください。

1: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:10:37.49 ID:VpZFxkka0
モバP「そうだな」

愛海「でしょー?女の子見たって、急に襲いかかることもなくなったし」バッ クルッ

モバP「そりゃ今までが悪すぎたんだろ」

愛海「あー、ひどいよ。担当アイドルが成長したんだよ?もっと喜ぼうよ」ギュンッ

モバP「喜んでるよ、もちろん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487513437


2: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:11:14.54 ID:VpZFxkka0
愛海「ま、成長したのはあたしだけじゃないけどね」グンッ

モバP「だな。乃々だって結構アクションやらされるけど、なんだかんだいって、ちゃんと達成してるからな。な、乃々」

乃々「あぅ……た、助けてくれても、いいと思うんですけど……」

モバP「そうそう、そういや最近晶葉が、紙に録音するっていう謎技術を開発したらしいぞ」

愛海「へー、そりゃまたよく分からない進化だね。何の役に立つんだろ」ビュッ

乃々「無視……いぢめですか……」

3: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:12:04.74 ID:VpZFxkka0
モバP「ま、事務所全体がそんな感じなんだから、当然お前も成長してるさ」

愛海「そうでしょそうでしょ?見てよっ、この動きのキレ!」シュババッ

モバP「見てる見てる」

乃々「うぅ……もりくぼはこれからどうなるんですか……むーりぃー……」

モバP「歌は上手くなったし、外見だってさらに魅力的になった。もちろん、ダンスも、な。ポテンシャルは無限大だ」

愛海「へへっー、ちょっと照れるなー」タタッ

モバP「でもさぁ、その能力をそういうことに使うのはどうかと思うんだよ」

愛海「くうぅー!乃々ちゃんやっぱり手強いね!あれだけの会話でもちっとも目をそらさなかったよ!」ヒュンッ

乃々「助けてぇー……」

4: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:12:47.30 ID:VpZFxkka0
モバP「大体さぁ、急に襲いかからなくなったって字面はいいけど、要するに獲物をよく観察するようになったってことだろそれ」

愛海「当然っ!討ち取るには隙を探さないとねっ!」ビュッ ポーンッ

モバP「そういう面じゃ何一つ成長してないだろ。むしろ悪化してるな」

愛海「何いってんの。これ以上ない正当な進化だよ」ゴウッ

モバP(まったく……まさかダンスの動きを接近手段に応用してくるとは。しかも日々のレッスンで身体能力が上がってるし。なんて余計な努力をしてくれたんだ)

5: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:13:38.01 ID:VpZFxkka0
愛海「くっ……本当に手強い……!さすがプロ内でも随一の反応速度を持つ乃々ちゃん……!」タタッ

乃々「うぅぅ……諦めてくれませんか……」

愛海「それはできないね!あたしのファンの期待のためにも!絶対に乃々ちゃんを沈めてみせるっ!」ストッ

モバP「!?止まった……!乃々っ、何かくるぞ!」

愛海「ファンのみんな……!あたしに、力を!」

【ポテンシャル解放】
キュートイヤリング×90 キュートペンダント×25 魔法の靴×40
魔法のドレス×15 キュートティアラ×1

スピード 6>>>>>>スピード 8

モバP「たしかにポテンシャルは無限大だっていったけどさぁ!それそう使うもんじゃねぇから!」

6: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:16:16.02 ID:VpZFxkka0
>>5
修正
スピード 6→8
7: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:17:16.91 ID:VpZFxkka0
モバP「というかファンに失礼だろ!ファンの数が増えていくほどより高みに行ける……それはファンがくれた力なんだ!」

愛海「だからこそ!あたしはこの力を使わないといけないんだ!だってっ!」

ファン『俺たちの力を、棟方師匠に預けます!』

ファン『どうか、俺たちの願いを叶えて下さい!』

愛海『み、みんな……!』

ファン『言葉だけでいいんだ……!たった少しの、言葉だけで……!それだけで俺たちは、これからを生きていけるんです……!だから……!』

愛海『……ありがとう!絶対に、次のライブでみんなに届けるよ!一人でも多くの、アイドルたちの、感触を……!』ポロポロ

ファン『『『うおおおおおおおおぉおぉぉぉぉぉぉ!!!』』』

愛海「みんなのためにも、この力は絶対に無駄にしない!だからまずは乃々ちゃん!あなたから仕留めるッ!」ヒュンヒュンッ ババババッ

8: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:17:52.52 ID:VpZFxkka0
乃々「動きが見えなくなりましたけど……もりくぼ、大ピンチぃ……」

モバP(くぅ……試作品だが仕方ない……アレを使うぞ晶葉……!)

モバP「乃々!受け取れ!」

乃々「!」パシッ

愛海「な!?ま、まさか、武器を!?」シュババッ タッタタッ

モバP「ああそうだ、アレは晶葉の特注品……!この状況をひっくり返す力を持つものだ!」

愛海「くっ、た、例えどんな武器だったとしても、あたしは屈しないよ!さぁ乃々ちゃん!どこからでもかかってきなさい!」ヒュンヒュンヒュンッ

乃々(ハリセン装備)「……」

愛海「二人して実はあたしをバカにしてるでしょ!」ビュビュッ

9: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:18:31.60 ID:VpZFxkka0
愛海「ちょっとプロデューサー!あたしだっていくらなんでもハリセンじゃ怖気付いたりしないよ!早苗たちのお仕置きの辛さをナメてんの!?」ババババッ

モバP「おいおい、お前こそ甘く見てるんじゃないのか。俺はアレがこの状況をひっくり返す力を持つといったはずだぞ」

愛海(ううっ、アレはハッタリなの!?それとも本気!?何か、何か突破口は……!)シュシュシュッ

モバP「……」チラッ スッ

愛海(ドアを見た!そして、手には……スマホ!そうか!)ピョンッ ギュンッ

愛海「見破ったよプロデューサー!これは時間稼ぎだ!そのスマホのメールか何かで仲間を呼ぶつもりなんでしょ!つまり、そのハリセンは、ただのハリセン……!いかに晶葉ちゃんの作品といえど、ただの紙なら恐るるに足りない!」タタタタッ ゴウッ

モバP「……!」

10: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:19:03.84 ID:VpZFxkka0
愛海(そうと分かってしまえば、もう勝ったも同然!)ポーンッ

乃々「ひぃぇぇ……来ないで下さいぃぃ……」

愛海「問答無用!乃々ちゃん、覚悟ォ!」ギュンッ

乃々「むううぅぅりぃぃぃぃ!!!」ブンッ スカッ

愛海「もらったあああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

『きゃああああああぁぁぁ!愛海ちゃんがっ、私に!!誰か、誰か助けてぇぇ!!』ガチャ

愛海「……」

乃々「……」

モバP「……」

11: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:19:51.90 ID:VpZFxkka0
愛海「……プロデューサー、これ、何?」

モバP「……大体、正解だったさ。それが、ただの紙だと予想した点を除けば、な」

愛海「え!?」

モバP「俺はさっきいったよな?それは晶葉の作品だって。で、だ。俺はその前に、晶葉がどんなものを開発したっていったっけ?」

愛海「え……ま、まさか」

モバP「ああそうさ、その紙は、あらかじめ悲鳴を録音しておいたものだ。そしてそれを元に作られたのが……」

愛海「乃々ちゃんの、ハリセン……!」

モバP「その通りだ。見た目から油断させ、その真の力によって相手を絶対の敗北に追い込む武器。すなわち、対愛海用小型決戦兵器の試作品、通称『アツミンキラー』だ」

乃々(これ、そんなよく分からないものだったんですか……)

12: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:20:24.96 ID:VpZFxkka0
愛海「そ、そんなバカな……たかだかハリセン一つで、あたしが……!」

モバP「まあ気持ちは分かる。でもな、常識を超えたやつを相手にするなら、こっちだって常識の中から飛び出なきゃいけないのさ」

愛海「で、でもっ!あたしはまだ負けてない!だって、まだ援軍は……!?」

早苗「……」

愛海「」

愛海(撤退、不可能……!?)

13: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:21:02.79 ID:VpZFxkka0
愛海「え、一体、いつから……」

早苗「あの声が響いた時にはもういたわよ?」

愛海「そ、そんな」

早苗「さて、行きましょうか?」ムンズッ

愛海「あ、あぅ……」

モバP「……少し待ってもらえませんか、早苗さん」

早苗「あら、どうしたのかしら?」

モバP「いえ、いつものようなお仕置きをするべきではないと思ったんです」

愛海(ぷ、プロデューサー!まさか、庇って……!)

14: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:21:38.24 ID:VpZFxkka0
早苗「それは情けをかける、ということかしら?」

モバP「愛海はこの前くるみにも襲いかかっていました。その点も考慮すべきです」

早苗「余罪発覚ね。行くわよ」

愛海「嘘ぉ!?この流れで追い打ち!?ううぅ、あたしは、あたしたちは絶対に諦めないからね!いつか、いつかきっと!」

早苗「はいはい、それは向こうで聞かせてもらうわ」

愛海「あああぁぁぁ……」

モバP「……」

乃々「……」

モバP「……お疲れ」

乃々「……はい」

15: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:22:08.26 ID:VpZFxkka0
モバP(その後、愛海は次のライブで戦いの結果を涙ながらに報告。ファンたちも号泣、ともに悲しみを分かち合った)

モバP(そして愛海は再起を誓い、再びファンたちと固い絆を結んだ。まあファンと仲がいいことは褒めるべきなんだが。まったく懲りないやつだよ。あいつは今日も自らの野望を達成すべく奮闘している)

モバP(正直なところ、見てる側はすごく面白いんだよなぁ)

愛海「さぁ、観念し……!?あ、早苗さんこれは……そのぅ……ああぁぁぁ!ちょっと待ってぇ!」

モバP(ま、なんだかんだいってみんな楽しそうだし、これはこれでいいかな)

愛海「ご、ごめんなさぁぁぁぁい!!!」

16: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:25:40.92 ID:VpZFxkka0
以前のスレで言った別のネタ、というのがこれです、なんかもうよく分からない
今回は文章を考えて、それを端末のメモ帳に移し、さらにその文をコピぺして貼る、という手法を取ってみました
短めのやつはこれがいいかもしれませんね

それでは、読んでいただきありがとうございました、別のスレを書いた時にはまたよろしくお願いします

17: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:40:31.06 ID:VpZFxkka0
>>9
誤:愛海「早苗たちのお仕置きの辛さをナメてんの!?」

正:愛海「早苗さんたちのお仕置きの辛さをナメてんの!?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 23:40:44.00 ID:qAs2Mg6SO

師匠SSもっと増エロ
19: ◆PLE3wWwbfw 2017/02/19(日) 23:42:47.49 ID:VpZFxkka0
こんなミスをするくらいなら普通に書いたほうがいいかもしれませんね
改めてありがとうございました


元スレ
タイトル:愛海「あたしも成長したよねー」シュシュッ
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487513437/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP