渋谷凛「プロデューサーは好きな人っているの?」 モバP「ああ」

THE IDOLM@STER長崎 栞氏

見たいSSカテゴリーは??

見たいSSカテゴリーは??
  • Add your answer
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 18:05:12.54 ID:K7K52gbYo

本格ミステリーだよ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444899912


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 18:05:56.30 ID:K7K52gbYo

凛「…………」

P「…………」

凛「……え、あ。いる……んだ」

P「ああ」

凛「…………」

P「…………」

凛「えっと……」

P「…………」

凛「……うん、プロデューサーだって大人だもんね」

P「まぁな」

凛「そりゃ……気になる人の一人や二人、いる、よね」

P「一人だけだよ」

凛「そっか」

P「ああ」

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 18:10:15.62 ID:K7K52gbYo

凛「えっと……」

P「…………」

凛「その、お付き合いとかは……してるの?」

P「あー……」

凛「…………」

P「いや、情けないが勇気が無くてな」

凛「そう、なんだ」

P「ああ」

凛「まぁ、その、何と言うか」

P「…………」

凛「私、応援してるから。勇気を出してみてもいいんじゃないかな」

P「……勇気、か」

凛「うん」

P「……そうだな。いつまでもこのままじゃいけないよな」

凛「うん。頑張って」

P「ああ」

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 18:23:27.49 ID:K7K52gbYo

凛「好き……なんだね」

P「ああ」

凛「……羨ましいな」

P「……羨ましい?」

凛「そんなに誰かに想われるなんて、すごく素敵じゃない?」

P「そう、かもな」

凛「そうだよ」

P「……凛ってさ」

凛「?」

P「何と言うか、かなり乙女だよな」

凛「そうかな」

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 18:24:08.08 ID:K7K52gbYo
>>5
Yes.
早過ぎでしょ今回

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 18:33:03.13 ID:K7K52gbYo

凛「でも、やっぱり、プロデューサーのアイドルとしては、さ」

P「ああ」

凛「あんまりその人に夢中になって……疎かにされたくないな、って」

P「…………」

凛「…………」

P「凛」

凛「ん」

P「約束する。絶対に、凛の事を疎かになんてしない。絶対にだ」

凛「…………」

P「もちろん、その人を諦めるのも難しいけど……精一杯努力するよ」

凛「……そっか」

P「ああ」

凛「…………ありがとう、プロデューサー」

P「礼を言う場面なんかじゃないさ」

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 18:49:02.44 ID:K7K52gbYo

凛「……あの、さ。プロデューサー」

P「ん?」

凛「…………誰、なのかな」

P「……誰、って」

凛「あ……ご、ごめん。失礼、だったよね……本当にごめん。忘れて」

P「…………」

凛「…………」

P「…………凛」

凛「…………えっ」

P「…………」

凛「…………」

P「……知りたい、のか?」

凛「…………あ、ああ……そういう意味ね」

P「意味?」

凛「何でも無い。忘れて」

P「そうか」

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 20:32:43.90 ID:K7K52gbYo

P「で」

凛「うん」

P「知りたいのか?」

凛「…………まぁ、ね」

P「どうしてだ?」

凛「どうして、って」

P「…………」

凛「…………あはは。その、今後の参考になるかな、なんて、思っ」

P「凛」

凛「ん」

P「俺は、凛のほんとうの言葉が聞いてみたい」

凛「…………」

P「…………」

凛「ごめん」

P「謝る必要なんか何処にも無いぞ」

凛「それでも、ごめん」

P「そうか」

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 21:11:15.78 ID:K7K52gbYo

P「それで、どうして……気になるんだ?」

凛「…………」

P「…………」

凛「プロデューサーは、私の色んな事を知ってるよね」

P「ああ」

凛「…………私。その、私も。あくまでパートナーとして、だけど」

P「…………」

凛「ぷ、プロデューサーの事を知りたいって、そう思うのは…………変、かな」

P「…………」

凛「…………」

P「……いや」

凛「…………」

P「変じゃないよ」

凛「……そっか」

P「ああ。凛に対して隠し事は無しだ」

凛「プロデューサー」

P「どうした?」

凛「何か、機嫌良さそうだね」

P「そうかな」

凛「そうだよ」

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 21:25:27.39 ID:K7K52gbYo

凛「無理して答えてくれなくていいよ」

P「そうだな……名前は勘弁してくれると助かる」

凛「分かった。……芸能関係のお仕事してる人?」

P「……まぁ、そうだな」

凛「やっぱり同い年くらい?」

P「…………」

凛「……プロデューサー?」

P「いや……その、な」

凛「……?」

P「年下、なんだ。……世間一般からは、あまり良い顔をされないぐらいには」

凛「……プロデューサー」

P「ん」

凛「好き、なんでしょ。その人の事」

P「…………ああ、好きだ」

凛「それでいいんだよ。周りがどう思うかなんて関係無い」

P「…………」

凛「大事なのは、プロデューサーの気持ちじゃない?」

P「…………ありがとう、凛」

凛「どういたしまして、でいいのかな」

P「ああ、いいんだ」

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 21:38:23.94 ID:K7K52gbYo

凛「その人さ、やっぱり可愛いの?」

P「ああ……いや」

凛「?」

P「綺麗……かな。どちらかと言えば」

凛「…………」

P「あ、いや、待ってくれ」

凛「うん」

P「綺麗なんだ。でも、同時に可愛らしくもあると言うか」

凛「うん」

P「凛とした綺麗さの中に、隠しきれない可愛さが見え」

凛「プロデューサー」

P「ああ」

凛「何でそんなに焦ってるの」

P「…………いや、焦ってないぞ」

凛「そっか」

P「ああ」

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 21:51:59.36 ID:K7K52gbYo

凛「ちなみに、どんな風に綺麗なのか訊いてもいい?」

P「ああ、そうだな……」

凛「…………」

P「目標へ向かって、驚くぐらい真っ直ぐに駆けて行って」

凛「…………」

P「仕事の合間に視線をくれて、ふっと笑い掛けてくれたり」

凛「…………」

P「立ち姿がすらっと伸びてて、振る舞いも大人びていて」

凛「…………」

P「褒められると、少し照れたみたいに謙遜して」

凛「プロデューサー」

P「どうした?」

凛「何だか、いやに具体的だね」

P「つい目で追ってしまうから、かもしれないな」

凛「……そっか」

P「ああ」

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 22:07:36.85 ID:K7K52gbYo

P「でも、可愛い所もたくさんあってな」

凛「うん」

P「油断した所の写メが回ってきたと思ったら、すぐに消せって電話が来たり」

凛「…………」

P「喫茶店でどっちのケーキを頼もうか、進路でも決めるみたいに真剣に悩んだり」

凛「…………」

P「飼い犬にじゃれつかれてくすぐったそうに笑ったり」

凛「…………」

P「友達に恋愛の話でからかわれて、顔を真っ赤にして言い返したり」

凛「プロデューサー」

P「どうした?」

凛「その人の可愛らしさはよく分かったよ」

P「そうか」

凛「私にもそんな風に、少しは可愛らしさがあったらね」

P「それは分かってるって言わないからな」

凛「え?」

P「いや、何でも無い」

凛「そう」

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/15(木) 22:14:31.49 ID:K7K52gbYo

PAGE TOP