【だがしかし】ココノツ「ほたるさんを無視し続けたらどうなるか」

だがしかし

見たいSSカテゴリーは??

見たいSSカテゴリーは??
  • Add your answer
1: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:21:24.55 ID:nKfesfemO
ココノツ「…………」カキカキ

ココノツ「(……もうちょい構図とか整えてみるか)」

ガラッ

ほたる「あら、今日はココノツ君が店番なのね」

ココノツ「…………」シャッシャッ

ほたる「……何してるの?」

ココノツ「違うな……」ケシケシ

ほたる「はぁ……シカダ駄菓子屋を継ぐヨウさんの息子とあろう者が店番中に私事に興じるのは感心しないわ、ココノツ君」

ココノツ 「…………」カキカキ

ほたる「……?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489756884


2: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:26:16.61 ID:nKfesfemO
ココノツ「…………」カキカキ

ほたる「ちょっと……聞いてるの?」

ココノツ「…………」サッサッ

ほたる「…………」

ほたる「……なるほど。ココノツ君も人が悪いわね」

ほたる「『そのペンを動かす手を止めたければ私の情熱溢れる駄菓子トークで説得してみせろ』……つまり私を試している訳ね!」

ココノツ「…………」

ほたる「フッ……あくまで口を割らない気のようね……いいわよ! その方が燃えるから!」

ココノツ「…………」

ほたる「全く舐められたものね……良いわ! そもそも駄菓子の本質は……」

3: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:29:26.77 ID:nKfesfemO
30分後

ほたる「……これが、私は貴方がこの店を継いだ方が良いと思う理由の一つよ」

ココノツ「…………」ペラッ

ほたる「どう? 完膚無きまでに論破されて言葉も出ないかしら?」

ココノツ「…………」カキカキ

ほたる「なっ……! これでもまだ足りないと言うの……?」

ココノツ「…………」サッサッ

ほたる「……良いわ、受けて立ちましょう。私の引き出しは少なくないし、小休憩を挟んで二回戦と洒落込みましょう」

ココノツ「…………」

ほたる「そうね……今日はこれにしようかしら」

ココノツ「…………」シャッシャッ

ほたる「はい」

ココノツ「…………」

ほたる「……? お金、置いておくわよ」

4: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:33:04.37 ID:nKfesfemO
ほたる「……さて。それじゃあ続けるわよ、ココノツ君。私が貴方を推す理由はまだあるの」

ほたる「いいえ……寧ろここからが本番ね。私の本気を見せて」

Prrrrrrr ピッ

ココノツ「……もしもし、豆くん? どうしたの? ……え? 今? ……特に何も。強いて言えば店番してる位だけど……本当!? 行く行く!」

ほたる「ッ! ココノツ君貴方まさか店番をほっぽり投げて遊びに行く気!?」

ココノツ「え? 店番の事? ……大丈夫だよ、そんなに時間かからないでしょ? 戸締りもしてくし」

ほたる「駄目よ! 貴方がいない間駄菓子を買いに来た子供達はどうなるの! この暑い中10円玉を握り締めながら来た彼らを、鍵のかかった戸を前にして膝をおらせる気?」

ココノツ「で、今どこ? ……分かった! すぐ行くよ」スタスタ

ほたる「ココノツ君!」

ピシャリ ガチャ

ほたる「……え?」

ココノツ「じゃあまた後で、豆くん」ピッ

ほたる「ちょ、ちょっとココノツ君!? 私まだ中に居るのよ! ……行ってしまったわね」

5: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:34:41.66 ID:nKfesfemO
ほたる「(ココノツ君の後を追いかけて連れ戻したい所だけど……もしその間に誰か来たら……)」

ほたる「…………」

ほたる「はぁ……」

ほたる「(腑に落ちないけど私がやるしかないか……)」ガチャ カララ…

ほたる「…………」

ほたる「(……ココノツ君も手厳しいわね……それだけ彼の信念は堅いという事かしら……?)」

ほたる「これは益々骨が折れそうね」

6: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:38:08.03 ID:nKfesfemO
ほたる「……」もぐもぐ

ほたる「誰も来ない……」もぐもぐ

ほたる「……ココノツ君からしたらこれは流石に少し退屈するかもね……私も少々言い過ぎだかしら? 」

ほたる「(……はっ! そういう事ね! 彼は私に店番するように仕向けて、自分の言い分を納得してもらおうと、始めからそういう腹だったとしたら……)」

ほたる「ココノツ君……恐ろしい子……!」

ヨウ「おーい、ココノ…ツ……ほたるちゃん?」

ほたる「あら、お帰りなさいヨウさん」

ヨウ「おう。それよりココノツは?」

ほたる「彼なら豆くんに呼ばれて出掛けて行ったわ」

7: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:40:20.27 ID:nKfesfemO
上げ直し

ほたる「……」もぐもぐ

ほたる「誰も来ない……」もぐもぐ

ほたる「……ココノツ君からしたらこれは流石に少し退屈するかもね……私も少々言い過ぎだかしら? 」

ほたる「(……はっ! そういう事ね! 彼は私に店番するように仕向けて、自分の言い分を納得してもらおうと、始めからそういう腹だったとしたら……)」

ほたる「ココノツ君……恐ろしい子……!」

ヨウ「おーい、ココノ…ツ……ほたるちゃん?」

ほたる「あら、お帰りなさいヨウさん」

ヨウ「おう。それよりココノツは?」

ほたる「彼なら遠藤くんに呼ばれて出掛けて行ったわ」

8: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:42:42.61 ID:nKfesfemO
ヨウ「ココノツめ……店番ほったらかしたな……」

ほたる「いえ……ヨウさん。これはココノツ君なりの反抗かもしれないわ。『絶対にこの店を継がないぞ』……と言う」

ヨウ「うーん、ボイコットか……とうとうココノツも打って出た訳だな」

ほたる「私は何も出来なかった……!」

ヨウ「駄目だ! ほたるちゃん! ここで折れたら俺達の負けだ!」

ほたる「……!」

ヨウ「俺達が最後の砦なんだ! 今折れたら積み上げて来た全部が台無しになっちまう!」

ほたる「ククク……そうね。私は諦めが悪いのよ!」

ヨウ「いよっしゃ! その意気だぞ、ほたるちゃん!」

ココノツ「何やってんだ? 親父」

9: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:49:58.66 ID:nKfesfemO
ほたる「あら、随分遅いお帰りね、ココノツ君」

ココノツ「…………」

ヨウ「店番ほったらかしてどこ行ってたんだ?」

ココノツ「悪かったって。なんかドラマの撮影があったみたいって豆くんに誘われてさ。ちょっと見て帰るつもりだったんだけど、見入っちゃって……」

ヨウ「お前なぁ……」

ほたる「その間私が店番をしておいてあげたわ!」

ココノツ「…………」

ほたる「……?」

ココノツ「今日の事は流石に悪いと思ってるから……」

ココノツ「明日はちゃんとやるよ」

10: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:52:42.49 ID:nKfesfemO
ヨウ「そうか……? 珍しく素直だな」

ココノツ「別に。親父だって忙しいだろ? 今日はサボって悪かったって思ってるし、その分はちゃんと清算するよ」

ヨウ「……お前……ようやく店を」

ココノツ「継がねーから! それとこれとは話が別だよ……それと、明後日は時間貰うからそのつもりで」

ヨウ「何だよ連れねぇな」

ヨウ「ほたるちゃん、今日はありがとな」

ほたる「え、ええ……私ならこれぐらい容易いことよ」

ほたる「それとココノツ君、明日も来るから私のトークを楽しみに覚悟しておく事ね!」

ココノツ「親父、夕飯何する?」

ヨウ「え? 作ってくれんの?」

ココノツ「ついでだよ」

ほたる「…………」

ほたる「……それじゃ、さらばよ! ココノツ君、ヨウさん!」

ココノツ「…………」

ヨウ「暗いから気を付けてな~」

11: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:56:12.59 ID:nKfesfemO
翌日 午前

ココノツ「(……相変わらず人来ないな……)」

ココノツ「……夏休みの課題でもやろっかな」

ココノツ「…………」カキカキ

ほたる「そこまでよココノツ君! 私が来たわ!」

ココノツ「…………」サラサラ

ほたる「予告してた通り、今日も私の駄菓子トークを余すところなく聞かせてあげるわ」

ココノツ「…………」カリカリ

ほたる「心配しなくても今日は貴方の首を縦に振らせるからそのつもりで」

ココノツ「…………」

ほたる「では、いざ尋常に……!」

12: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 22:57:41.32 ID:nKfesfemO
ほたる「はぁ……はぁ……どうかしら? 私の全身全霊を込めた弁舌な語りは」

ココノツ「…………」スラスラ

ほたる「あら……完璧過ぎてぐうの音も出ないのかしら? なるほど……我ながらよく出来たわ、私……」

ココノツ「…………」シャッシャッ

ほたる「…………」

ココノツ「…………」カキカキ

ほたる「……ねぇ、聞いてる? ココノツ君」

ココノツ「……あっ…間違えた……」ケシケシ

ほたる「…………」

ココノツ「…………」パッパッ

ほたる「……?」

13: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 23:00:02.34 ID:nKfesfemO
サヤ「ココナツー、来たよー……あ、やっぱりほたるちゃんもいたんだ」

ほたる「あらサヤ師、ごきげんよう」

ココノツ「おー、サヤちゃん」

ほたる「……!?」

サヤ「何してんの?」

ココノツ「ちょっと暇だったからさ……夏休みの宿題だよ。数学は先に終わらせとこうかなって思ってさ……」

サヤ「うっわ~、珍し~い……ココナツが余裕持って課題やるなんて……」

ココノツ「僕だってやるべき事はやるよ」

サヤ「ふーん……ほたるちゃんは? またココナツと駄菓子談議でもしてたの?」

ほたる「え、ええ……まあそんな所ね……」

14: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 23:02:26.68 ID:nKfesfemO
ほたる「…………」

ほたる「ね、ねぇココノツ君……」

ココノツ「あ、サヤちゃん。ちょっと分かんない問題があるんだけどさ……」

サヤ「私に訊くの? ……ま、いいか。どこ?」

ココノツ「ここの第3問のさ……」

ほたる「(……え?)」

ほたる「ちょ、ちょっと……?」

ココノツ「あ、ごめんね……」

ほたる「! ココノツ君!」パァッ

ココノツ「立って貰ってるのも悪いし椅子と麦茶持って来るね、サヤちゃん」

サヤ「あ、うん……ありがと」

ほたる「…………」

15: ◆xq7amJvSqQ 2017/03/17(金) 23:04:15.52 ID:nKfesfemO
ココノツ「お待たせサヤちゃん」

サヤ「おー、ありが…と……」

サヤ「(あれ? ……一つ?)」

ほたる「…………」

ココノツ「? どうしたの、サヤちゃん?」

サヤ「えっとあの……ほたるちゃんの分」

ほたる「ココノツ君! 私は貴方にこの店を継がせる事を諦めた訳じゃないわ。ただ、今日は本調子じゃ無かったみたいだから、また来るわ!」

ココノツ「それでこの解き方なんだけどさ……」

サヤ「えっ」

ほたる「それまで首を洗って待っていなさい! それじゃあ二人とも、またね!」ダッ

ココノツ「どこで間違ってるのかが分からなくて……聞いてる?」

サヤ「えっ……あ、う、うん……聞いてるよ」

サヤ「(きっと先にほたるちゃんが帰ることを見越してたんだよね……)」

Similar Posts:


PAGE TOP