ルパン「愛しき女神の涙」

ルパン三世

見たいSSカテゴリーは??

見たいSSカテゴリーは??
  • Add your answer
1: 2017/02/21(火) 11:07:51.57 ID:i3mn0nV20
 ――――
 ――

 ―ルパンのアジト―

ルパン「ふんふんふ~ん♪ どーお次元ちゃん、今日の俺様?」

次元「いつもと変わらないサル顔だよ」

ルパン「またまた~……ふふふ~ん♪」

次元「なんだ、今日はやけに機嫌がいいじゃねえかルパン」

ルパン「そりゃもうね、ヌフフフフ……!」

次元「そんなに魅力的かね、今回のターゲットが」

五ェ門「違うぞ次元。これほどまでに舞い上がっている時は、大概が不二子絡みだ」

次元「なんだデートかよ」

ルパン「美術展は明日。なのでー、今日は自由行動ってことでほいならっ」ガチャッ

次元「ルパンも学ばねえな。不二子のどこがいいんだか理解に苦しむぜ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487642871


2: 2017/02/21(火) 11:08:35.28 ID:i3mn0nV20
注意
『ルパン三世』のオリジナルSSです。
原作、アニメ、TVスペシャルなどとの相違点あり。
パラレルワールドだと思って読んで頂けたら幸いです。
3: 2017/02/21(火) 11:10:28.62 ID:i3mn0nV20
 ――――
 ――

 ―パリ・凱旋門前広場―

ルパン「……っ」シュボッ

警備員「ミスター、ここは禁煙です」

ルパン「ああそう……」

ルパン「……だぁー! 天下のルパン三世様がなんだよこのザマ!」

不二子「まるで初めてデートする男の子みたいよ」

ルパン「どわぁっ!? って、不二子……?」

不二子「どうしたのルパン、そわそわしちゃってあなたらしくもない」

ルパン「い、いや久々のデートなもんでさ。
    ちっと調子狂っちゃったかな~、なーんてヌフフフ!」

不二子「あらそう。今日はきちんと紳士としてエスコートして頂戴ね」

ルパン「任せとけって」

4: 2017/02/21(火) 11:11:39.56 ID:i3mn0nV20
 ――――

 ―パリ とある美術館―

不二子「これが、今回狙うお宝ね」

ルパン「そう。出どころ不明の名画、『呪われし姫君』だ」

不二子「素敵じゃない……」ウットリ

ルパン「……なぁ不二子? こうして2人で美術鑑賞なんて、
    まるで出会った頃に戻ったみたいで懐かしい――ってあら?」

不二子「さ、ランチにしましょ。私お腹すいちゃったわ」スタスタ

ルパン「……口説き甲斐のないやつ」

5: 2017/02/21(火) 11:13:07.97 ID:i3mn0nV20
 ――――

 ―とあるレストラン―

ルパン「もぐもぐ」

不二子「……ねぇ、ルパン?」

ルパン「んー?」

不二子「『呪われし姫君』、私にプレゼントしてくれないかしら……?」

ルパン「ん……アジトのレイアウト変えるのに使おうと思ってるのよねー」

ルパン「それに、あいつらがうるせぇしな~」モグモグ

不二子「また別の絵を飾ればいいじゃない。ねぇ、おねが~い……」

ルパン「……んも~、しょーがないな~。その代わり盗んだあと麗しき姫君には、
    デートの続きをしっぽりと~……」

不二子「もう、ルパンのエッチ!」

ルパン「あいたっ!?」

6: 2017/02/21(火) 11:14:02.75 ID:i3mn0nV20
 ――――
 ――

銭形「ふむ……これが予告にあった『呪われし姫君』ですか」

美術館館長「ええ。この絵はうちの美術館の目玉、盗まれたら一大事です……」

銭形「……分かりました、厳重な警備態勢を張りましょう。
   絵画はこの銭形幸一が全力で守ってみせます!」

 ――――

銭形「ルパンめ、今度こそお縄を頂戴してやるからな……」

 ガチャッ …バタン

?「やっと帰ってきたか、ゼニガタの旦那」

銭形「……下見も重要な仕事の一環だ」

8: 2017/02/21(火) 11:15:05.80 ID:i3mn0nV20
 ブウゥゥゥゥン―…

?「無駄だよ無駄。出てきたところを叩いちまえばいいんだよ、
  下見なんて全然イカさねえ」

銭形「コール特殊捜査官。貴様はルパンのことを甘く見過ぎているぞ。
   逃げることと盗むことに関しては、奴は超一流だ」

コール「はっ! 生死を問わなきゃ俺はアンタ以上だぜぇ……?」

銭形「――っ! そんなことは絶対にさせんぞ!」

コール「長官から直々に許可は頂いてんだ。
    まあ精々捕まえられるよう頑張ってくれや、ケッケッケ!」

銭形「むぅ……」

銭形(畜生め、こんな奴を雇って長官は何を考えてるんだ……)

9: 2017/02/21(火) 11:18:56.89 ID:i3mn0nV20
 ――――
 ――

 ―夜 フランス ルパンのアジト―

次元「それで、バカみたいな約束しちまったってか」

ルパン「まあ全世界津々浦々、
    もっと素晴らしい絵画なんて幾らでもあるってことでさ?」

五ェ門「帰る」スクッ

ルパン「ちょ、ちょっと待ってよ五ェ門ちゃん……って、やけに準備がいいじゃない」

五ェ門「いつものことながら、何も持たずに出て行くというのも、
    何かと不便でな。ではさらば」

 ガチャッ…バタン

10: 2017/02/21(火) 11:21:09.02 ID:i3mn0nV20
次元「俺もパスだ。不二子のために働くなんざごめんだね」

ルパン「次元までー……でも荷造りしてないじゃないの~?」

次元「俺はアナログな五ェ門とちげぇからな。
   カード一枚でなんとかなるんだよ」

 ガチャッ

次元「……言っておくがなルパン。不二子のために仕事してちゃあ、
   いずれおまんまの食い上げだぜ」

 バタンッ

ルパン「……きーっ! 友達甲斐のない奴らめ……いいもんね!
    不二子ちゃんのためなら1人でなんでもやっちゃうもんねー!」ドサッ

ルパン「……、ふぅ……」カチッ カチッ…… シュボッ

ルパン「……わからねえさ、あいつらには」

ルパン「まあでも、あいつらの言いたいこともよーく分かる。
    確かにずっと不二子ちゃんに舐められっぱなしだし……」

ルパン「……ふ~~~む」

11: 2017/02/21(火) 11:30:08.58 ID:i3mn0nV20
 ――――
 ――

 ―次の日―

不二子「どうやら次元と五ェ門は口説けなかったようね」

ルパン「ほっとけあんな奴ら……絵画の一枚くらい俺と不二子だけで十分さ」

不二子「期待してるわよ、ルパン」

ルパン「んじゃ、手筈どおりにいこうじゃないの」

12: 2017/02/21(火) 11:30:50.36 ID:i3mn0nV20
 ――――

 ―とある美術館―

銭形「絶対に油断するな。奴はどこから現れるか分からん、
   細心の注意を払うように」

警官隊「はっ!」

美術館館長「警備の方、どうかよろしくお願いします……」

銭形「お任せください」

銭形「さーて、どっからでも出てこいルパン……」

コール「へっ、イカさねぇ……」スッ

銭形「おい、どこに行く気だ!」

コール「うまいワインを置いてある店がちけえんだ。
    警備の方は任せたぜ~、ケケッ」

銭形「ヌヌヌヌ~……! このことは職務怠慢として上に報告してやるからな~!!」

13: 2017/02/21(火) 11:31:47.56 ID:i3mn0nV20
 ――――

 ジィーーーーーーーーー…

ルパン「あららら~すごい人数……あいっかわらず厳重な警備だぜ」

ルパン「…………」

ルパン「さて……そろそろ時間だな」スッ…

 ――――

銭形「……そろそろ予告の時間だ」

 ジリリリリリリ――!

警官隊「っ!? な、なんだ!?」

銭形「ルパンめ来おったか!」

 プシャァァァァァァァァ――!

銭形「むっ……! 今のは火災報知器か……!」

美術館館長「うわぁ美術品が!!」

14: 2017/02/21(火) 11:32:40.47 ID:i3mn0nV20
 シャァァァァァァァァァァ――

美術館館長「早くビニールシートをかけろ!」

美術館職員「は、はい!」

 バサッ―

 シャァァァァァァァァ―…

 ピチャン… ピチャン…

美術館館長「なんてことだ……」

銭形「くそ~、ルパンめ一張羅を水浸しにしおって……」

銭形「……あっ! 絵画は無事か!?」

 バサッ―…

美術館職員「はい、この通り異常はありません」

美術館館長「ほっ……」

銭形「イタズラにも程があるってんだ畜生め~……!」

美術館職員「館長、私達は館の清掃をします」

美術館館長「ああ、頼むぞ」

銭形「ルパンが潜んでいるかもしれん、あなた方も油断しないように」

15: 2017/02/21(火) 11:33:26.08 ID:i3mn0nV20
 ――――

 ―美術館付近 車内―

不二子「うまくやったかしらルパン……」

不二子「……」チラッ

不二子(屋上でタバコなんて吸って、世間は平和なものだわ)

不二子(みんなお昼の休憩中ね……私も吸って待ってましょ)シュボッ

 ――――

美術館館長「ん? …………んん!?」

銭形「どうしました館長」

美術館館長「この絵は……に、偽物……だ……」バタンッ

銭形「な、なにぃ!!?」

16: 2017/02/21(火) 11:35:34.61 ID:i3mn0nV20
 ――――

 ―とある美術館 裏口―

美術館職員「警備お疲れ様です。ちょっと裏の倉庫に掃除用具を……」

警官隊「どうぞ。お仕事、ご苦労様です」

 スタスタ…

美術館職員「……ムフフ」

 ビリッ―

ルパン「チョロいチョロい~」

ルパン「さて、不二子ちゃんのところへ参りますか!」

17: 2017/02/21(火) 11:37:03.22 ID:i3mn0nV20
 ――――

不二子「ふぅー……」

 フージコー!

不二子「……うまくやったのねルパン」ガチャッ

不二子「ルパン! トランクは開けたわ――」

 ドキュウゥゥゥン――

不二子「……えっ?」

Similar Posts:


PAGE TOP