時雨「第六駆逐隊を心理分析?」

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:18:56.87 ID:epR0EnGr0
提督「作戦指揮に役立ちそうだろ」

時雨「じゃあ面談の日程を決めるよ」

提督「それには及ばない」

提督「日頃の行動を見てれば分かることだ」

時雨「例えば?」

提督「時雨は響についてどう思う」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440591536


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:23:22.47 ID:epR0EnGr0
時雨「そうだね、僕達の中では一際クールな存在だよ」

時雨「大人びているというのかな」

提督「それだ」

時雨「え?」

提督「響は『大人だから』、周りとはしゃぐことはない」

時雨「確かにそう思ってたよ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:28:41.49 ID:epR0EnGr0
提督「でもそのクールさが、心の傷を隠すためのものだとしたら?」

時雨「・・・!」

時雨「確か以前、雷・電・暁と離れ離れに」

提督「そう。結果として響は表情のコントロールに長けた」

提督「ただそれだけで、感情が無い訳じゃない」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:34:04.00 ID:epR0EnGr0
時雨「ちょっぴり、僕も誤解してたかな」

提督「響のようなタイプは実は情に厚い」

時雨「夜戦時のウラー!からも見て取れるね」

提督「普段も本当に、一人でも大丈夫ってことじゃない」

時雨「強がりな一面もかわいいね」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 20:51:23.44 ID:AsDW4m+D0
ケース2――雷

時雨「頼りたい艦娘ナンバーワンだね」

提督「雷の『頼られたい』という気持ちはどこからくるのか」

時雨「僕は夕立みたいな甘え上手のほうが好きだけど」

提督「おそらく罪悪感からくるものだ」

時雨「雷の過去に何かあったの?」

提督「第三次ソロモン海戦」

時雨「!・・・暁の轟沈」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 20:54:12.66 ID:AsDW4m+D0
提督「暁を助けられなかった無力感」

提督「沈む乗員を見捨てていくしかなかった罪悪感」

時雨「それが、雷の誰かを助けなくちゃという気持ちに?」

時雨「そんなの・・・あんまりじゃないか」

時雨「雷はいつになったら解放されるんだい」

提督「いつか必ず、自分を許せる日がくるさ」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 20:58:12.10 ID:AsDW4m+D0
ケース3――暁

時雨「一番艦にして、お姉さんだね」

提督「子どもっぽさは否めないがな」

時雨「でもそこがいいよね」

提督「時雨も分かってるじゃないか」

時雨「大人扱いされたい、背のびタイプってとこかな?」

提督「どちらかというと、甘え下手のがしっくりくるな」

時雨「長女にありがちなタイプだね」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:01:49.34 ID:AsDW4m+D0
時雨「レディを目指すのは立派だと思うよ」

提督「ああ。精神的な成長効果も期待できる」

提督「時雨、大人になるってなんだろうな」

時雨「僕に聞かれても困るよ」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:04:41.38 ID:AsDW4m+D0
ケース4――電

時雨「優しいし見ててほんわかするね」

提督「そう、その優しさこそ皆を魅了してやまない」

時雨「うんうん」

提督「と、一般に思われがちだ」

時雨「うん?」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:08:38.73 ID:AsDW4m+D0
提督「しかしそれが偽りのものだとしたら?」

時雨「電に裏の顔なんかあるわけないじゃないか」

提督「ツンデレってあるだろ」

時雨「曙のことかい?」

提督「本音を表に出せず、逆に反対の行動を取る」

提督「そう見ると、電は『優しすぎる』」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 18:46:38.54 ID:0Mdlam2t0
提督「仲間に優しく。妖精に優しく」

提督「沈んだ敵にも優しく」

時雨「・・・」

提督「電の心は、憎しみと残虐性を宿している」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:11:56.02 ID:AsDW4m+D0
時雨「確かに、暁の轟沈と雷の大破を目の前で・・・」

時雨「でもそれなら僕達だって」

提督「では操舵はどうだ」

時雨「あっ」

提督「そうした性格の現れが、三度の衝突だ」

時雨「まあ、考えすぎじゃないかな・・・多分」

提督「戦闘に出す際は慎重にいかないとな」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 21:15:20.04 ID:AsDW4m+D0
電「こんばんは、なのです司令官さん」

時雨「っ!?」

提督「いたのか?どうしたんだこんな時間に」

電「そのぅ、司令官さんと二人でお話がしたいのです」

提督「(クックック・・・これは夜戦突入不可避だな)」ヒソヒソ

時雨「(そうかな?)」ヒソヒソ

時雨「じゃあ僕は部屋に戻るから」スタスタ

ダレモハイッテコナイヨウ、カギヲカケルノデス
イナズマハキガキクナー、ハッハッハ

時雨「(お得意の心理分析でどうにかなるといいけど)」

第六駆逐隊編 艦

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:31:12.25 ID:qkVvzRs30
ケース5――夕立

夕立「提督さーん!遊んで遊んで!」

提督「よーしよしよし、夕立はかわいいなぁ」

夕立「ぽーい!」

時雨「夕立、そろそろ出撃の時間だよ」

提督「そうだった、また後でな夕立」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:34:16.82 ID:qkVvzRs30
夕立「駆逐艦夕立、出撃よ!」タタタッ

提督「フヒヒ夕立かわいいよ夕立」

時雨「何をニヤニヤしてるんだい」

提督「夕立って絶対俺のこと好きだよな」

時雨「本気で言ってるのかい?」

提督「当然だ」

提督「鎮守府広しといえど、夕立が甘えてくるのは俺だけだからな」ドヤァ

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:38:10.86 ID:qkVvzRs30
時雨「その『甘え』が好意だけとは限らないよ」

時雨「夕立はほぼ毎日、出撃してるよね」

提督「どういう意味だ」

時雨「夕立は、ああ見えて繊細でね」

時雨「出撃、演習、また出撃」

時雨「そんなストレスを甘えることで解消してるだけさ」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:41:17.23 ID:qkVvzRs30
提督「つまり何か?」

提督「俺は・・・ストレスのはけ口にすぎなかった・・・」

時雨「夕立は提督に甘えざるをえない、心理状態みたいだよ」

時雨「無意識だから、誤解させちゃったかな?」

提督「・・・だち・・・どうして・・・」

時雨「提督?」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:44:46.28 ID:qkVvzRs30
提督「夕立!夕立!夕立!夕立ぃぃいいいぽぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん!!!
ぽぃいいいい…いい…ぽいっー!ぽぉいいいいい!!!夕立夕立夕立ぃいいぽぃいいいい!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!夕立改二たんの金色ブロンドの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
アニメ9話の夕立たんかわいかったよぅ!!ぽぃぃいい…いいい…ぽっいぃいいい!!ぽぃぃいいいんんっ!!
アニメ2期決まって良かったね夕立たん!ぽぃいいいいい!かわいい!夕立たん!かわいい!ぽっいいぃいい!
水着グラも実装されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!水着グラなんて現実じゃない!!!!あ…ゲームもアニメもよく考えたら…
ゆ う だ ち ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!舞鶴鎮守府ぅううう!!
この!ちきしょー!やめてやる!!提督なんかやめ…て…え!?見…てる?母港の夕立ちゃんが俺を見てる?
中破絵の夕立ちゃんが俺を見てるぞ!夕立ちゃんが俺を見てるぞ!イチソ絵の夕立ちゃんが俺を見てるぞ!!
アニメの夕立ちゃんが俺に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!俺には夕立ちゃんがいる!!やったよ白露!!ひとりでできるもん!!!
あ、水着グラの夕立ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあ江風様ぁあ!!し、しぐれー!!むらさめぇええええええ!!!はるさめぇえええ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ夕立へ届け!!舞鶴鎮守府の夕立へ届け!」

時雨「やめてよ、痛いじゃないか」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:20:04.07 ID:GcPu3s3C0
ケース6――春雨

提督「春雨に嫌われてるかも」

時雨「そんなことないと思うよ」

提督「話しかけると、おどおどされるんだ」

提督「俺の時だけ『あの・・・』が連発で話が進まないし」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:25:18.67 ID:GcPu3s3C0
時雨「それは、提督に気をつかってるからだね」

提督「春雨が俺に?」

時雨「提督によく思われたい。嫌われたくない」

時雨「そんな心理が、春雨に慎重な言葉選びをさせてるんだ」

提督「別に上官だからってそこまでしなくてもなあ」

時雨「春雨の思いは届きそうにないね」ハァ

提督「?」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:30:45.12 ID:GcPu3s3C0
ケース7――村雨

提督「村雨はまだ入渠か」

時雨「うん。もうしばらくだね」

提督「『いいとこを見せたい』気持ちは素晴らしいんだが・・・」

提督「周りを気にするあまり、ペースが乱れてるんじゃないのか」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:35:36.86 ID:GcPu3s3C0
時雨「提督は優しいね」

時雨「それならもっと村雨を褒めてあげてよ」

提督「なぜだ?」

時雨「頼りにされたい!という深層心理」

時雨「村雨の発言から分かるはずだよ」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:42:17.35 ID:GcPu3s3C0
提督「みんなから頼られるのは、疲れないか?」

時雨「村雨は、誰にでもいいとこを見せたいわけじゃないよ」

時雨「鈍いところは相変わらずだね」ハァ

提督「?」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 21:52:16.81 ID:GcPu3s3C0
ケース8――白露

提督「白露は絶対、カラッとした性格だよな」

時雨「どうしてかな?」

提督「『私がいっちばーん』アピールしても嫌味に感じないから」

時雨「残念だったね」

時雨「姉さんはああ見えて嫉妬深いよ」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 22:00:17.39 ID:GcPu3s3C0
提督「あの白露が?」

時雨「いっちばーんの口癖が分かりやすいかな」

時雨「もっとあたしだけを見て!な心理の表れさ」

提督「意外と構ってちゃんなわけか」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/05(土) 22:06:01.24 ID:GcPu3s3C0
提督「で、それがなんで嫉妬につながるんだ?」

時雨「誰に構って欲しいか考えれば分かるはずなんだけど・・・」チラッ

時雨「提督はもっと女心を勉強すべきだね」ハァ

提督「?」

白露型編 艦

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 20:34:52.31 ID:pP24F+/I0
ケース9――大鳳

大鳳「おはようございます!提督!」

提督「おはよう、今日もランニングか」

時雨「大鳳さんは爽やかだよね」

提督「ああ。それも『筋トレ』のなせる技だろうな」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 20:38:11.78 ID:pP24F+/I0
提督「筋トレには筋肉だけじゃなく自信をつける効果もあるんだ」

時雨「そうなのかい?」

提督「鬱っぽい人にボディビルをさせたところ、なんと・・・」

提督「4週間後には6割が楽観的になったという報告もある」

時雨「ランニング、腹筋に筋トレ・・・心も体も引き締まるわけだね」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 20:41:34.22 ID:pP24F+/I0
提督「大鳳にはぜひ胸筋も鍛えてほしいところだな」

時雨「えっ」

提督「えっ」

時雨「明るくなるなら、山城にもボディビルさせようかな」

提督「えっ」

時雨「えっ」

装甲空母編 艦

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 20:44:17.54 ID:pP24F+/I0
ケース10――鈴谷

鈴谷「おぉう!提督じゃん、チーッス!」

提督「まったく、元気なやつだな」

提督「休みは、マクドナルドでスマホ触りながら駄弁ってそう」

時雨「女子高生かな?」

時雨「鈴谷さんはかなりフランクだけどいいのかい?」

時雨「組織としてはあまり『敬語を使わない』のもどうかな」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 20:47:34.31 ID:pP24F+/I0
提督「あいつなりの親愛の証さ」

提督「鈴谷は、敬語は俺への距離があると考えるタイプなんだ」

提督「加えて、『意味深発言』で誘ってくる夜戦主義の艦娘だ」

時雨「どうだろう、本当にそうかな?」

提督「違うか?」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 20:50:30.90 ID:pP24F+/I0
時雨「僕なら、意中の相手にそんな話は・・・」

時雨「恥ずかしいかな」

提督「つまり下ネタもイケる友達位にしか思われてなかったということか」

提督「正直、鈴谷とはそれ位のが気楽だな」

時雨「気の合う女友達って感じだね」

提督「それだ!」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 20:53:41.89 ID:pP24F+/I0
ケース11――最上

提督「僕っ娘だな」

時雨「ここは譲れない」

提督「いや、張り合わないでいいから」

提督「『一人称が僕』の娘は中性的な見た目が多い」

提督「自分の外見を個性とも認識してるし」

提督「男口調で、自身の女性的魅力を引き立たせたい心理がある」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 20:56:52.65 ID:pP24F+/I0
時雨「止めてよ、恥ずかしいじゃないか///」

提督「もしくは、単純に他の娘とは違う!アピールだ」

時雨「確かに、最上型はお嬢様タイプばかりだからね」

提督「熊野のお嬢様アピールは露骨だけどな」

時雨「(すごく庶民感がするのは僕だけかな?)」

最上型編 艦

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 19:51:11.64 ID:bsOCb6cc0
時雨「最後は提督の分析で締めようか」

時雨「提督の事を『料理上手』と評する艦娘もいるね」

時雨「料理は、素材に始まり、下味・火加減など細かい事が要求される」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 19:54:33.06 ID:bsOCb6cc0
時雨「つまり、提督の気配り上手」

時雨「あるいは、理屈っぽいという一面が表れてるよ」

提督「うーん、艦隊の指揮そのものが理屈っぽいしなぁ」

提督「間違いではないな」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 19:58:14.20 ID:bsOCb6cc0
時雨「提督といえば・・・『お触り』も外せないね」

時雨「駆逐艦やそれ系の艦娘には、かわいい!の表現」

時雨「いわば、妹や娘のように思ってることが分かるよ」

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 20:01:39.76 ID:bsOCb6cc0
提督「そうだ!決して、艦娘達を変な目で見てるわけでは・・・」

時雨「え?格納庫だって?」

提督「!?」

時雨「まぁ・・・言い逃れはできないね・・・うん」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 20:05:01.63 ID:bsOCb6cc0
時雨「後は、『モテる』『お酒に強い』のも大きな特徴さ」

時雨「この鎮守府はお酒好きな艦娘がいっぱいいるよね」

時雨「実は、ほろ酔い状態の人ほど」

時雨「異性を魅力的に評価する心理的傾向があるんだけど・・・」

提督「へー、初めて知ったわーいやー勉強になるわー」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 20:08:53.22 ID:bsOCb6cc0
時雨「・・・まさかとは思うけどこれを使って」

提督「ま、まあまあ・・・難しい話は抜きにしてさ」

提督「時雨も今夜は一杯どうだ?はっはっは」

時雨「僕は大丈夫。提督は優しいね」

提督「くっ・・・手ごわいやつめ」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 22:01:44.85 ID:CkwLaQmS0
おつです

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 23:32:34.10 ID:e1vr4wRrO
おつー

面白かった!


元スレ
タイトル:時雨「第六駆逐隊を心理分析?」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440591536/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です


PAGE TOP