女騎士「スライムは恐ろしい魔物なんだぞ」

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/05(水) 01:52:26 ID:FnmJqPgo
女騎士「ドラクエの知識だけでは痛い目にあうぞ」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/05(水) 02:02:10 ID:FnmJqPgo
女騎士「わかったか、新米兵士!」

新米「はっ、はい!」

女騎士「ふん、返事だけは一人前だな…ならコッチの方は一人前かな!?」

ガシッ ムンズ

新米「アヒィ!?」

女騎士「ほう、なかなか…」

新米「おっ女騎士さんっ…やっ、やめ…はぁっ…んっ…」

女騎士「あ?私に指図するな。貴様の睾丸を握りつぶす事に躊躇などはせんぞ、私は?」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/05(水) 02:05:53 ID:FnmJqPgo
モミュモミュ

新米「んっ…だっめ…です…」
女騎士「興奮しているのか貴様…興奮しているのか貴様ァァァ!」

ペッ ピチャッ

新米「唾を吐きかけられた僕!」

ムクムクッ
カッチカチ

女騎士「おや、唾を吐きかけられたというのに貴様…アストロンを唱える余裕があるとはな!」

新米「ち、ちが…茅ヶ崎…」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/05(水) 02:18:39 ID:FnmJqPgo
女騎士「まったく貴様には圧倒的に足りていないものがあるな…」

新米「た、足りていない、もの…?」

女騎士「そう…なんて言うんですか…緊張感?」

新米「ぼ、僕に緊張感が足りていないと…い、言うんですかンナッハァァァァァン!?」

ビクンビクン ビスマルク!

女騎士「ほぅら、ろくに緊張感が無いからすぐ果てる…貴様はいつまでたっても新米のままだ!」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/05(水) 20:07:20 ID:FnmJqPgo
新米「はぁっ…んっ、いつまでも僕だって…あなたにやられてばかりじゃ…」

女騎士「ほう、なんだ。私に何かやり返そうっていうのかい?新米風情が?」

新米「その…僕を見下した目…嫌いだ…だいっ嫌いだ!」

ビキビキビキ
バツーーーン

女騎士「なっ、なんだこの膨張率は!?13cmが突然58cmに!!??」

バキバキバキ

新米「サイズだけじゃない…固さもだ!」

バキィィィン

女騎士「お、オリハルコン…!」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/05(水) 22:34:03 ID:FnmJqPgo
新米「そうさ!そのオリハルコンのちんぽで!」

女騎士「私を犯そうってェのかい!?面白い、やってみなヨォォォ!」

新米「言われなくとも!」

ズイッ
ズブッ

女騎士「!?」

女騎士「き、貴ッッッ様!私の尻穴にィィィ!?」

新米「馬鹿正直に膣に入れるとでも思ったんですか…甘い!砂糖菓子よりも!甘いですね!」

グリグリ

女騎士「んぐっ…このっ…」

新米「ヤリマンの貴方の唯一の弱点…それが尻穴!僕はこの日の為に複数の情報屋から貴方の情報を買っていたんです!」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/05(水) 22:38:19 ID:FnmJqPgo
グリグリ
ジワァ~

女騎士「こ、この快楽…知らない!こんな快楽は知らない知らない知らない!」

新米「ふふ…未体験の快楽に戸惑っているようですね…ならさらに追い打ちを!」

グリグリ
ヴヴヴ

女騎士「ちょ、超振動!?」

新米「そう、超振動…このバイブレーション、いやヴァイブレイション、耐えられますかね!?」

ヴヴヴ
ヴヴヴ

女騎士「ん゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」

新米「ハッ!マキバオーみたいな声で鳴く!」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/06(木) 19:12:22 ID:pfilVrO2
女騎士「や、やめ…これ以上されたら…わたひ…わたひぃぃぃ…」

トロォン…

新米「いい具合にとろけてきましたね…なら仕上げです!アディオス、女騎士さん!」

グルングルン

新米「風車の舞い!」

グルングルン

女騎士「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!尻穴が巨大な風車で!?風車に!?わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

バビュリュッセルゥゥゥゥゥ!

新米「直腸、破壊!」

ドゴォォォン…

女騎士「…」

新米「死にましたか」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/06(木) 19:15:05 ID:pfilVrO2
もはやそれは
かつて女騎士だった『もの』。
今はただの肉塊。いのちの、ぬけがら。

新米「貴方がもう少し僕に優しかったなら…こんな事には…いえ、もはや終わったこと…」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/06(木) 23:49:16 ID:pfilVrO2
新米「せめて亡骸は丁重に弔わせてもらいま…」

グニグニ

新米「!」

新米「肉塊が…動いて…死後硬直、いや…そんな筈は…い、いったい…なんなんですか…なんなんですかぁぁぁ!?」

グニグニグニグニ

ぶぢゅるるる

肉塊「の゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 05:25:06 ID:T5J6JY2I
それは奇妙な光景であった。
血のしたたる肉の塊がうごめき
ヒトの形を成したのだ。

肉塊「う゛じゅるるる…うじゅりん…ぱぁぁぁぁぁ…」

新米「ウップス…吐き気が」

新米「死んでなお僕を苦しめるつもりですか、女騎士さん!もはや慈悲は無い…黙らせてやる!」

ビンッ

新米「地球のあらゆる生命よ…僕に精力を分けてくれ…」

ギュワンギュワンギュワン

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 05:29:48 ID:T5J6JY2I
バキッ バキッビキ

新米「ふしゅぅ…僕のちんぽにみんなの精力が集まる…!」

バキバキバキ ググンッ

新米「ぐぅっ、58cmだったちんぽが更に巨大に…70、80、90…まだまだでかくなる…!?」

ググンッ

新米「150…200…ちんぽが…勝手に…うわぁぁぁ!」

ジゴスパーク!

新米「999cm!げ、限界だ!これ以上は…」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 12:45:55 ID:T5J6JY2I
バキバキバキ

新米「これ以上は…」

ガサゴソ

新米「!」

新米「し、僕の尻穴の中に…こ、これは…」

※新米は自分の尻穴をポケット代わりに使っているのだ

新米「こ、これを使えば…」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 12:50:55 ID:T5J6JY2I
新米が尻穴から取り出したのは
『勝負師の魂』ふたつ。

新米「こ、こいつらを…!」

ギュィィィン

新米「オーバー…ドライブ!調合!」

キシィィィン

『カルテット99』

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/07(金) 12:53:27 ID:T5J6JY2I
ググンッ

新米「やった…思った通りだ…僕のちんぽは…まだ膨らむ!」

ググンッ

新米「いくぞ…9999の次元へ…僕は…このちんぽで、肉塊になり果てた女騎士さんを消し去る!」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/08(土) 17:59:50 ID:Cf2n.1L.
新米「そうさ…僕は女騎士さんを…いや、それ以上の強者も…すべてを…すべてを超えてやる!この限界ぎりぎり、発狂寸前のちんぽで!」

キュンッ!

――――――――――

そうして新米兵士は
すべてを超えし者になった…

【完】

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/10(月) 07:01:18 ID:c9RTgzYE
どんな展開からでもオチ付けるよな…

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/18(火) 00:22:10 ID:SXi/0wOg
オリハルマンコンさん思い出した


元スレ
タイトル:女騎士「スライムは恐ろしい魔物なんだぞ」
URL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1491324746/
掲載サイト:SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介です


PAGE TOP