ロリ淫魔「こっ、今夜あなたを殺しにきました!」

その他

見たいSSカテゴリーは??

見たいSSカテゴリーは??
  • Add your answer
1: ◆hs5MwVGbLE 2017/02/14(火) 21:10:44.61 ID:TwjMazpv0
ロリ淫魔「こっ、今夜あなたを殺しにきました!」

男「…え?」

人間はいつか死ぬ。

それは何年か生きてきた人間ならみんな知っていることだ。

だが人間の死因は人それぞれ。

何がいつ自分の死因になるかは分からない。

男(…でも)

さすがにサキュバスに殺されるっつぅ死因は

思い浮かばなかったな…


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:11:38.28 ID:TwjMazpv0
…………

教師淫魔「であるからして…人間の男性器は…」

ロリ淫魔「むにゃ…すぅ…すぅ…」

教師淫魔「…ロリ淫魔さん?」

ギャル淫魔「お?くる?くる?」

教師淫魔「起きなさい!」シュンッ

取り巻き淫魔「キター!先生のチョーク投げ!」

ロリ淫魔「いたぃ!」

教師淫魔「まったく…授業くらい起きていなさい…」

ロリ淫魔「ぐすっ…すみません…」

ギャル「キャハハハハハ!」

取り巻き淫魔「クスクス」

ぽっちゃり淫魔「くすくす」

眼鏡淫魔「相変わらずだなぁ…」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:12:16.29 ID:TwjMazpv0
キーンコーンカーンコーン

淫魔教師「…今日はこの辺りで」

「「ありがとうございましたー」」

ロリ淫魔「やったぁ!ごはんの時間です!」

眼鏡淫魔「はあ…ごはんの時間になったらすぐ元気になるんだから…」

ロリ淫魔「眼鏡淫魔ちゃんも早く購買へ行きましょう!」

眼鏡淫魔「はいはい…」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:13:29.09 ID:TwjMazpv0
…………

おばちゃん淫魔「あら、今日も早いのね」

ロリ淫魔「この時間のために学校へ来ていますから!」

眼鏡淫魔「少しは勉強しようよ…」

ロリ淫魔「あはは…分かってはいるんですけどついつい眠たくなっちゃって…」

おばちゃん淫魔「はい、いつものだよ」

眼鏡淫魔「ありがとうございます」

ロリ淫魔「ふふ…精液パック…今日も美味しそう…じゅる…」

ロリ淫魔「いただきまーす!」

眼鏡淫魔「せめて寮に帰ろうよ」

ロリ淫魔「はーい…」

眼鏡淫魔「よろしい」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:14:34.73 ID:TwjMazpv0
…………

ロリ淫魔「精液パック~精液パック~」

眼鏡淫魔「どんだけ楽しみなのよ…」

ギャル淫魔「あ、落ちこぼれじゃん」

ロリ淫魔「あ…ギャ…ギャル淫魔さん…」

取り巻き淫魔「精液パックってそんなおいしいかな?」

ギャル淫魔「おいしいわけないじゃん!あんなパックに入ってるだけの精液なんて」

取り巻き淫魔「だよね~!おちんちんから直接出たナマの精液の方が100倍おいしいに決まってるよね~。眼鏡淫魔もおつかれ様だよ。頭いいのにこんな落ちこぼれとつるんでやってるなんてさ!」

ロリ淫魔「あぅ…」

眼鏡淫魔「私は別にそんなことは…」

ギャル淫魔「やめときなよ取り巻き。落ちこぼれはどうせナマの精液なんて飲んだことないんだからさ。言っても分かんないよ」

取り巻き淫魔「あっ!ごっめ~ん!ナマの精液の味しらないなんてかわいそ~」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:15:23.83 ID:TwjMazpv0
ギャル淫魔「どうせ人間の男一人絞り尽くしたこともないんでしょ?」

眼鏡淫魔「…貴方はあるの?」

ギャル淫魔「そりゃあもう…死ぬっていうのに『もっと激しくしてくれぇ』って白目むきながら枯れたような声で言う男は見てて飽きないわ」

取り巻き淫魔「ウチら丁度今から人間界降りて絞ろうと思うんだけど眼鏡淫魔もどう?」

眼鏡淫魔「私は遠慮しておくわ」

取り巻き淫魔「残念」

取り巻き淫魔「落ちこぼれもついてくる?男知っといた方がいいんじゃない?そんなパックジュースやいっつも飲んでる牛乳なんてゴミに見えるよ?」

ロリ淫魔(精液パックがゴミに見えるなんて…一体どれだけ美味なのでしょう…)ゴクリ

ロリ淫魔「わ、私は…」

ギャル淫魔「こんなちんちくりんついてきても勃たすことすらできないんじゃない?」

取り巻き淫魔「それもそっか」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:16:25.17 ID:TwjMazpv0
ギャル淫魔「前々から思ってたけどあんた本当にサキュバスなの?」

ロリ淫魔「ふぇ?」

ギャル淫魔「身長は小さすぎてマジガキだし、胸もサキュバスとは思えないくらい貧相だし」

ロリ淫魔「い、一応これでもDはあるんですよ?…ギリギリですけど」

取り巻き淫魔「D!?Dでそんなこと言っちゃう!?サキュバスなら最低Eだっつーの!」

ギャル淫魔「はぁ…もういいわ。行こう」

取り巻き淫魔「そだねー」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:17:15.55 ID:TwjMazpv0
眼鏡淫魔「…いっちゃった」

ロリ淫魔「…因みに眼鏡淫魔ちゃんはいくらあるんですか?」

眼鏡淫魔「私は…Fだったかな。まあ普通だよ」

ロリ淫魔「ぐすっ…」

眼鏡淫魔「だ、大丈夫だよ!ギャル淫魔はああ言ってたけど人間界の男の中だったらロリ淫魔みたいな女の子も需要あるみたいだし!」

ロリ淫魔「…本当ですか?」

眼鏡淫魔「…本にはそう書いてあったけど」

ロリ淫魔「わ、私でも男の人殺せると思いますか?」

眼鏡淫魔「殺す必要はないと思うけど…」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:18:11.29 ID:TwjMazpv0
ロリ淫魔「…決めました!」

眼鏡淫魔「え、急にどうしたの」

ロリ淫魔「私も今から人間界に行きます!そして男の人を殺そうと思います!」

ロリ淫魔「そうしたらもう落ちこぼれだって馬鹿にされませんから!」

眼鏡淫魔「え、えぇ…やめときなよ。あいつらの言うことなんか気にしなくていいよ」

ロリ淫魔「私が馬鹿にされるのは大丈夫なんですけど…眼鏡淫魔ちゃんまで傷つくのはもう嫌なんです…」

眼鏡淫魔「ロリ淫魔…」

ロリ淫魔「そうと決まれば有言実行ですっ!今すぐにでも行きましょう!」

ロリ淫魔「本当はナマの精液がどれだけ美味しいかも少し気になるんです」

眼鏡淫魔「あはは。食いしん坊め」

ロリ淫魔「でもその前に…いただきまーす!」

眼鏡淫魔「あっ、それは一応飲んでいくんだ」

ロリ淫魔「ちゅーちゅー…おいひ~!」

眼鏡淫魔(だ、大丈夫かな…)

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:19:15.23 ID:TwjMazpv0
…………

眠れない夜、俺はただひたすら目を瞑ることにしている。

そうすれば気がつけば眠れているから。

目を瞑っている間は大抵どうでもいいことを考えている。
これが意外に楽しいのだ。

少なくとも好きでもない大学の参考書と睨めっこするよりかはよっぽどいい。

少し深夜テンションというやつが入った頭で思考するからなのかもしれない。

昨夜は1000年後の世界のことや1000年後の自分のことについて考えたりしていた。

今夜はもし自分が死ぬならどんな死に方をするかなんて考えていた。

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:20:41.80 ID:TwjMazpv0
男(夜道を歩いていたら後ろから誰かに刺されるとかは…別に誰かに恨みを買うようなことはしてないし大丈夫だよな)

男(交通事故…交通安全には気をつけてる方だと思うし…でもそんな慢心がいつか事故に繋がるのかな?)

男(病気…苦しいのはやだな…)

男(自殺…そんな病んではないかな)

まあ、現実的なのはこの辺か…

男(やっぱ老衰がいちばんかなー)

なんてことを考えながら仰向けの状態から窓側に寝返りをうつと、窓から差す月明かりが俺の顔を照らした。

少し眩しい。

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:21:43.71 ID:TwjMazpv0
男(そういえばカーテン閉めるの忘れてた)

カーテンを閉めるために俺は上体を起こした。

そしてカーテンに手をかけ…

男「うわああ!!!」

俺は窓の向こう側に驚き思わず大声をあげてベッドから転げ落ちた。

男(いてて…ってか…おい…嘘だろ…)

そっと顔を上げてもう一度窓の方を見た。

そうするとだ…

男(いや…やっぱいる…!なんかいる!)

外から長い銀髪で桃色の瞳、そして幼めの容姿の少女がこちらをじっと見ていた。

そしてコンコンと窓を叩いている。

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:22:27.89 ID:TwjMazpv0
男「う、うわ…あ…ああ…」

男(ここ2階だぞ…?)

そう。俺がいる部屋は2階だ。

ということはあの少女の身体は宙に浮いていることになる。

男(あれは…なんなんだ…幽霊か…?)

だがよく見ると幽霊というにはあまりに元人間味を感じない。

頭には小さなツノが生えているし、背中にも小さな悪魔のような翼が生えているし。

男(格好は…なんだあれ…ハイレグ衣装…?)

今冬だぞ?寒そうだな…って人間じゃないなら関係ないか。

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:23:13.45 ID:TwjMazpv0
暫く目を離せないでいると彼女は両肩に手を置いて寒そうに肩を擦った。

男(あ、やっぱ寒いのか)

そして今にも泣き出しそうな顔で窓を必死に叩いてきた。

その様子を見ていると俺の中にあった彼女への恐怖はどこかへと飛んで行った。

むしろだんだん可哀想な気持ちになりベッドに上がり直すと鍵を外して窓をあけた。

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:23:55.74 ID:TwjMazpv0
「さむぃ…」

彼女は飛び込むようにして俺の部屋に入るとベッドに着地しぷるぷる震えながら布団にくるまった。

「あ、ありがとうございまふっ…」

彼女の声はまだ寒さで震えていた。

窓を開けた瞬間外がどれだけ寒かったのかが伝わってきた。
相当辛かっただろう。

男「気にすんなって。寒かったろ?」

男(ん?)

男「…じゃなくて!」

彼女があまりにも寒そうにしていたので自然に部屋に入れてしまったが…

男「お前何者だよ!」

「へ!?あ、すみません。挨拶が遅れちゃいました!」

ロリ淫魔「私はロリ淫魔です。サキュバスです」

男「サキュ…バス…?」

やはり人間ではなかったのか…

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:25:06.25 ID:TwjMazpv0
ロリ淫魔「あ、えと…」

ロリ淫魔「こっ、今夜あなたを殺しにきました!」

男「…え?」

男「…マジ?俺殺されるの?」

ロリ淫魔「マジです」

男「マジのマジ?」

ロリ淫魔「そうです。マジのマジの大マジです」

男「サキュバスつったらアレだよな?人間の男性の精を吸い尽くすっていう」

ロリ淫魔「そうですそれです。あなたの精を吸い尽くします」

彼女からその言葉を聞いて俺の息子は何を期待しているのかムクリと起き上がった。

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:26:01.29 ID:TwjMazpv0
男(馬鹿かお前!俺は今から死ぬんだぞ!?)

それともこれはアレだろうか、死を感知した生物の本能が種を残そうとするというやつだろうか。

ロリ淫魔「おおっ!私に殺される準備万全ですね」

ロリ淫魔「やっぱり眼鏡淫魔ちゃんの言ってたことは本当だったんですね!」

男(友達かなんかか?)

ロリ淫魔「それでは早速…」

ロリ淫魔は俺の股間に顔を近づけると俺のパジャマズボンと下着を無理やりおろした。

男「あ!ちょっ…」

ロリ淫魔「おお~!」

大きくそそり立つそれを見たロリ淫魔は感動の声を上げた。

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:27:15.82 ID:TwjMazpv0
そして

ロリ淫魔「はむっ」

男「うおっ」

咥えた。

抵抗しようと思えばできたのにしなかった。
俺もヤりたい盛りの大学生。
やはり少し期待していたのかもしれない。

ロリ淫魔「んっ…んにゅ…んっ…」

男「あ…うぁ…」

思いの外気持ちいい。気持ち良すぎる。
さすがサキュバス…彼女の容姿と身長だけの見た目はどう見ても中学生以下だがそうとは思えないほどテクがすごい…。

舌が絡みつく度に全身がぞわぞわする。

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/02/14(火) 21:28:18.76 ID:TwjMazpv0
ロリ淫魔「ろーれふかぁ?」

男「やば…ぃ…すげぇいい…」

ロリ淫魔「ぷはっ…授業で頑張ったかいがありますね~」

男(授業…?)

ロリ淫魔「出そうになったら言ってくださいね。いつでも出していいですから」

彼女はにっこり笑ってそう言うと再び激しい水音を立てながら咥えだした。

Similar Posts:


PAGE TOP