ショタ提督「高雄にお尻ペンペンする」

艦隊これくしょん -艦これ-

アンケートへの回答ありがとうございました。

今後のまとめ記事の参考にさせて頂きます。

要望等あればいつでもご連絡ください。

1: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 15:33:29.55 ID:T/bEALmuO
高雄「高雄です。本日から着任致しました。よろしくお願いします」

高雄(随分と小さい提督……でも腕は確かだとか。少し不安ですが頑張りましょう)

ショタ提督「よろしく高雄。わからない事があったら何でも聞いてね。まあとりあえずお茶でも飲んでってよ」

高雄「はい…」

高雄(だけど…これは…)モジモジ

ーーーーー
ーーーーー

ショタ提督「――てなわけでさ」

高雄「は、はい」モジモジ

ショタ提督「ん、さっきからモジモジしてどうしたの?」

高雄「え、あの。この、支給された制服と下着なのですが…ちょっと小さくて……もしかしたらサイズが間違っているかと思いまして…」ムチムチ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440657209


2: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 15:36:45.98 ID:T/bEALmuO
ショタ提督「おっと、それはごめん。直ぐに新しいのを支給するよ」

高雄「はい、よろしくお願い致します」ホッ

ショタ提督「よし。じゃあ、今すぐ採寸しようか」

高雄「えっ?て、提督がですか?」

ショタ提督「そうだよ?今はみんな出払っているからね。僕がパパッと終わらしちゃうよ」

高雄「で、ですが……」

ショタ提督「?」キョトン

高雄(ま、まあこの子なら大丈夫よね)

高雄「わ、分かりました。ではお願いしますわ…」

ショタ「うん!」ムジャキ

3: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 15:38:33.57 ID:T/bEALmuO
ショタ提督「じゃあ、高雄。脱いで。あ、下着は大丈夫だよ」

高雄「はい…」シュルッパサッ

高雄(うう…やっぱり恥ずかしい。特にこの下着は小さいから食い込んでくる…)モジモジ

ショタ提督「うわー、高雄でっかいね〜」

高雄「なっ……。あの、提督///。できれば早くお願いしますっ///」

ショタ提督「あ、ごめんごめん。寒いもんね」ムジャキ

高雄(わ、悪気はないのよね…)

ショタ提督「じゃあ、胸から測るねー」ムニュ

高雄「はい………ンっ///」

高雄(ち、乳首に擦れてるっ///)

高雄「て、提督。早くお願っ…ん
っ///」ムニュムニュ

ショタ「んー、大きくて測りづらいなぁ」モタモタ

5: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 15:55:55.47 ID:T/bEALmuO
ショタ提督「高雄、ちょっとバンザイして上で腕を組んでくれる?」

高雄「えっ?!ち、ちょっとそれは…」

ショタ提督「ほらっ、早く」グイッ

高雄「あっ」

ショタ提督「よーし、そのままちょっと動かないでねー」ムニュムニュ

高雄「うう…///」

高雄(恥ずかしすぎて死にそう///)

ショタ提督「よーし、胸は取れた取れた…。あ、高雄、脇にゴミが付いてるよ」チョンッ

高雄「ひ、ひゃんっ!?」ビクッ

ショタ提督「わ、びっくりした」

高雄「ち、ちょっと提督っ。いくらなんでもそれはセクハラですよっ///」

ショタ「せくはら?」ムジャキ

高雄「も、もういいです。次、早くやりましょう」

6: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 15:58:02.41 ID:T/bEALmuO
ショタ提督「よーし、じゃあ次はお尻を測るねー」シュルシュル

高雄「は、はい。お願いします」

ショタ提督「よいしょっと」ムニッ

高雄「っ……」

高雄(提督といえど、男の人にお尻を触られるなんて….)

ショタ提督「ん、高雄はお尻も大っきいんだね。後、凄い柔らかいよ。メジャーが埋まっちゃうや」ムニッムニッ

高雄「あっ….うっ…提督っ、お願いですから早くっ///」

ショタ提督「うーん、前の方がちょっとずれちゃって…。うーんっしょ…」プニュッ

高雄「――ひっ!き、きゃあっ!!」バシッ

ショタ提督「痛っ!」

高雄「あ………」

高雄(下腹部に触れられたから、勢い余ってはたいてしまいましたわ……)

高雄(ど、どうしましょう。て、提督に手を出してしまうなんて…)

ショタ提督「………」

高雄「あの……提督。今のは」

ショタ提督「….ぐすっ。うっ…うっうう……」グスッグスッ

高雄「え。て、提督?」

7: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 16:00:41.43 ID:T/bEALmuO
ショタ提督「うっ…….うぐっ、ひぐっ……」グスッグスッ

高雄(な、泣いてしまいました…)

高雄(…そうよね。幾ら優秀でもまだ子供。たまたま触れてしまっただけなのに頬をはたくなんて最低でした…)

高雄「提督、申し訳ありません」

ショタ提督「…っう。いいよ….僕が悪いんだから…」グスッ

高雄「いえ、提督に手を上げるなんて艦娘にあるまじき行為でした。どんな懲罰でも受ける覚悟です」

ショタ提督「そんな…懲罰だなんて…いいよ….」

高雄「いえ、それでは私の気が収まりません」

ショタ提督「そうなの?じゃあっ……お仕置きで…」

高雄(お仕置き?)

ショタ提督「お尻ペンペンするね」

高雄「え?!」

8: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 16:05:57.57 ID:T/bEALmuO
高雄「お、お尻ペンペンって…その。お尻を叩く事ですよね?」

ショタ提督「うん。僕も悪いことをしたら良くやられてたんだ…。でもやられたらごめんなさいって気持ちになって、みんなおりこうになるんだよっ」

高雄「そ、そうなんですか…」

高雄(いや、本来ならもっと重い厳罰を受ける筈なのに、この程度ですむなんて僥倖よね。提督に感謝しなきゃいけないわ…)

高雄「分かりました。おりこうになるために…お、お尻ペンペンをうけます」

ショタ提督「うん、分かった。じゃあ、僕の膝の上にお腹を乗せてうつ伏せになって」

高雄「は、はい。失礼します…」

高雄「うう……」

高雄(懲罰だとはいえ、間抜けに尻を晒すのは恥ずかしいわ……)

ショタ提督「じゃあいくよ」

高雄「は、はい」

9: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 16:08:11.96 ID:T/bEALmuO
――バシーンッ!

「えっ……!?」

 衝撃と共に知覚したのは冷たさだった。そして直ぐに痛みの波が高雄を押し寄せる。

「あぎっ?! ……あ、あ…?!」

 まるで剣山を押し当てられたような鋭い痛み。予想もしていなかった痛みに高雄は混乱した。

 右尻に小さな手による鋭いスナップ。高雄の尻肉に、真っ赤な紅葉が浮かびあがった。きめ細やかな柔肌はより一層、スパンキングによる爪痕を際立たせる。

 高雄が思考を回復する前に再びスパンキングが左尻を襲う。

――バチーンッ!

「あぐっ! うあっ…あっ!?」

 部屋に響くスパンキング音。先ほどよりも音が高く、スナップの鋭さが伺える。やがて左尻にも真っ赤な紅葉が浮かび上がった。

「…いぎっ…いつ……」

 提督が再び手を上げた時に、ようやく高雄の思考が追いつく。だが、それは痛みを知覚するのと同義。ジンジンと焼けるような痛みに高雄は顔を歪ませる。

10: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 16:11:29.44 ID:T/bEALmuO
「て、提督っ…」

「ん、どうしたの」

「そ、その…」

「ああ、痛いんだね。……でもね」

 ――バチィィンッ!

「あぐあっ!?」

 提督は返答を切り、鋭いスパンキングをした。急な不意打ちに高雄は思わず声をあげる。

「ごめんね、でもお仕置きは痛くないとダメなんだよ。頑張って高雄」

「そ、そんな…」

――バチィィン!

「いぎぃひっ!!」

 有無を言わさぬ強いスパンキング。つまりは返答の余地はないという事だ。高雄の尻には四発のスパンキングが刻み込まれ、まるで赤い花のようになっていた。

「あぐっ……」

 今まで味わった事のない臀部への衝撃。高雄は自分の目に涙が溜まるのを感じる。

11: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 16:13:15.73 ID:T/bEALmuO
(こ、こんなの無理よ。耐えられない…)

 こんなにお尻ペンペンが、いやこれはお尻ペンペンなんて生易しいものじゃない。尋問の手段であってもおかしくない程の痛みだ。

 これ以上は耐えられない。だが提督に中断をお願いしても無駄だ。ならば、とにかくこの体勢から抜け出そう。

 提督に逆らうのは、もちろん駄目だと分かっているがこればかりは耐えられない。

 抜け出そう。

 高雄はそう決意し、体を捻らせようとしたが――。

 カチャリッ。

「えっ?」

 不意に手錠がかけられた。重り付きで、腕が下に引っ張られる。

「ごめんね高雄。でも、最後までお仕置きをするためなんだ」
 

「あ……あ、あああ…….」

 申し訳なさそうな提督の声。対照的な高雄の絶望に染まった声。高雄の手には枷が付けられた。もう逃げる事はできない。

12: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 16:15:20.55 ID:T/bEALmuO
「でも、逃げようとしたのは良くないね。ちょっと次は強めだよ」

「お、お願いします…やめっ」

――バシィイイイン!!

「あぎいいいいいィィ!?」

 余りの痛みに、高雄は体を仰け反らせ声を上げた。両尻に強烈な同時スパンキング。衝撃は共振し、痛みを増幅させる。

「あっ……うっ……く…」

 ふるふると安産型の尻が震える。痛みの余韻に高雄は体を震わせた。5枚目、6枚目の花びらが刻まれ大きな花が高雄の尻に咲く。

「うっ……ううっ……いたっ…い」

 高雄の目から雫がしたたり落ちた。痛みに耐えかね遂に涙が溢れ出てくる。

 だが、泣こうと叫ぼうとまだまだ終わりではない。何しろ叩く場所はたくさんある。安産型の大きな尻はスパンキングを刻む場所には困らなかった。

 ――バシィイイイン。

「うあっ! ……がっ…」

「がんばって、がんばって」

 涙も呻き声も提督には届かない。高雄に残された道はスパンキングの嵐を、耐え忍ぶ他はないのであった。

13: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 18:24:11.71 ID:T/bEALmuO
ーー完ーーー

終わり

16: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 19:47:23.43 ID:T/bEALmuO
もう少しだけ書くお
18: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 21:02:24.88 ID:yMmrh1Vz0
ーーーーーーーー
ーーーー
ーー

 ――バシィイイイン!

「うぐぅうううううぅっ!」

「ふぅ、流石に疲れてきちゃった」

 もう何度目のスパンキングか高雄には分からない。白かった臀部には赤の花弁が咲き乱れている。

「ふっー、ふっー、ふっうううっ…」

 許しの懇願も最早なくなり、ただただ唇を噛み締め耐えるだけ。いつか来るであろう終わりを待ち続け、高雄はひたすら耐えていた。

 だが、痛みとは別に違う問題が高雄に生じていた。

(も、漏れる……)

 スパンキング中に不意にもよおした尿意。始めは対した事がなかったが、次第にそれは大きくなり高雄は焦っていた。

19: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 21:04:08.84 ID:yMmrh1Vz0
 加えて今の体勢。丁度提督の膝が膀胱を圧迫し、足が動くたびに尿意を加速させる。

「よーし、じゃあ後5発でお終いね。がんばって」

「…は、はい……」

 不意に希望の言葉が投げかけられた。遂に終わりが見えたのだ。後5発なら我慢できる。かなり尿意は強い。だが、スパンキングによる衝撃を考慮しても耐えるだけの余裕はまだ高雄にはあった。

 ――ただしそれは今までと同じスパンキングであればの話だが。

 パンンンッッ!!

「あっ?!う??」

 先ほどまでとは違い響くのは鈍いスパンキング音。先程までのスパンキングはスナップを利かせ、はたき切る手法。たが、今回は違った。

 はたき切らず、そのまま手のひらを臀部にはたき込んだのだ。小さな手が尻肉に埋まり、衝撃を押し込む。

 この手法は痛みが少ない。ただし、衝撃を内部に伝わらす事ができるのだ。つまり――膀胱にも。

 

20: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 21:05:17.18 ID:yMmrh1Vz0
「あっ………うっ…」

(ま、まずいです……)

 高雄は焦っていた。先程のスパンキングにより尿意が一気に加速した。膀胱を揺らされ、尿意の波が強くなる。

 ――漏らす。

(そ、それだけは駄目…)

 提督室で、提督の膝の上で放尿するなど前代未聞だ。そんな事をしてしまったら……そう考えるだけで体が震える。

 だが、高雄の焦りを意に介さずスパンキングは続行される。

 バンンッ!!

「あうっ……くっうう…」

 ジワッ。

(あっ………)

 少し滲み出てしまった。僅かに尿が染み出し、下着を濡らすのを感じる。最早一瞬たりとも気が抜けない。少しでも油断すれば決壊してしまうだろう。

21: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 21:06:43.37 ID:yMmrh1Vz0
「後3回〜」

 パンッッ!!

「ふうぅうううう…!」

 下腹部に力を入れ、必死に尿道を締める。並の艦娘であればおそらくここで漏らしていたであろう。もはや高雄を支えるのはプライドのみ。体力もとっくに尽きているのだ。

「ん….よいしょっと」

「え?!」

 提督は長い間同じ体勢だったのが辛かったのか体を少し動かす。――それが高雄にとって致命傷だった。提督の小さな膝がより強く膀胱に刺さったのだ。

「あ……て、提」

「後二発〜」

 パツンッ!!

「あ、ああああっ!」

 このスパンキングを耐えたのは奇跡だった。たまたま叩きどころが良かったのか、あまり衝撃が伝わらない。

 だが、奇跡は二度も起こらない。次叩かれたら漏らしてしまう。高雄にはそれが分かった。

「て、提督――」

「よし、最後だ!」

 無慈悲にも腕は振り下ろされる。制止は間に合わず、最後の一撃が叩き込まれた。

 パンッ!!

(――――あ)

「よーし、終わり。がんばったね…」

 決壊した。

 ジワッ。チョロチョロチョロ……。

「えっ?た、高…….雄?」

「あ、あああああああ……」

22: ◆vUgM5RV456 2015/08/27(木) 21:08:47.82 ID:yMmrh1Vz0
 絶望の声と共に、黄色い水溜りが形成される。水の滴るおと。アンモニアの匂い。高雄は漏らしてしまった。

「あっぐ……うっ…うっ……止まって。止まってぇ……」

 悲痛な声が漏れるが生理現象はどうしようもない。溜め込んでいた尿は膀胱を空っぽにするまで出続けるのだ。

「うっ…ふぅっ……うう。私…お漏らししちゃったぁ……うっ…ぐす…」

 提督室に大きな水溜りを作り、やがて尿は止まった。だが、高雄にはどうする事も出来ない。自分はお漏らし艦娘になってしまった。その事実をひたすら嘆き続けた。

ーー終ーー

終わり


元スレ
タイトル:ショタ提督「高雄にお尻ペンペンする」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440657209/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP