【艦これR-18】明石「提督。オ○ホいりませんか?」

艦隊これくしょん -艦これ-

アンケートへの回答ありがとうございました。

今後のまとめ記事の参考にさせて頂きます。

要望等あればいつでもご連絡ください。

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:26:17 ID:cYCCwIDk
提督「…………」

明石「オ○ホいりませんか?」

提督「そこをリピートすな。聞こえてるわ」

提督「……って、そうじゃなくて」

提督「いきなり何を言い出すんだ……明石」

明石「いや~」

明石「普段、艦娘達をそういう目で見ている提督の心を察しまして」

提督「無いって言えばウソになるが、艦娘のお前から言われると結構ショックだな……」

明石「まあまあ」

明石「提督もいろいろ溜まっているでしょうし」

提督「……否定はしないがな」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:27:36 ID:cYCCwIDk
明石「自分のお顔に自信の無い提督にうってつけのオ○ホがあるんですよ」

提督「ケンカ売ってるのか?」

明石「いえいえまさか」

明石「そこでここに取り出しましたる明石特性のオ○ホ」

明石「なんと!」

明石「鎮守府内に居る艦娘ならば、誰とでも繋がれる超科学オ○ホなんです!」

提督「……さて、そろそろ寝るか」

明石「信じられないでしょうね」

明石「しかし!」

明石「超技術開発に成功した、この明石に不可能はありません!」

提督「……なんでその技術力を兵器開発に使わない」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:28:27 ID:cYCCwIDk
明石「それで使い方なんですが」

提督「人の話を聞け」

明石「とっても簡単!」

明石「ここのディスプレイに艦娘の名前を入力するだけで、あら不思議!」

明石「その艦娘のオ○ンコが、即オ○ホになります!」

提督「……俺、悪い夢でも見てるのかな」

明石「どっこい現実、これが現実です」

明石「ささっ!」

明石「溜まったものをこれで吐き出してください!」

提督「…………」

提督「……んじゃ、あ、か、し、と」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:29:26 ID:cYCCwIDk
明石「いきなり私ですか」

提督「1信9疑だからな」

明石「でも残念でした」

明石「私だけは設定できない様にロックしてます」

提督「……お前以外の艦娘はいいのかよ」

明石「提督の性欲の捌け口になるなんてゴメンですからね」

明石「人間、自分が一番大事なんです」

提督「お前のその鬼畜な発想が怖いわ」

提督「あと、さらっと俺をディスるな」

明石「まあまあ、いいじゃないですか」

明石「ささっ!チン○ン突っ込みたい艦娘の名前を入力してみてください!」

提督(とりあえず減給処分にしておこう)

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:30:15 ID:cYCCwIDk
明石「さあさあさあ!」

提督「誰がやるか」

提督「それに例えやるとしても、人前でやらねーよ」

明石「おっと」

明石「それもそうですよね。人前でオ○ニーなんて出来ないですよね」

提督「お前には人として、艦娘として、女の子として、いろいろがっかりだよ……」

明石「それでは、明石はこれで失礼しますね!」

明石「お休みなさい、提督」

提督「ああ、お休み」

     キィ… パタン

提督「……ったく」

提督「何が超技術オ○ホだよ……誰が使うか、こんなもん」

提督「…………」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:31:11 ID:cYCCwIDk
提督(でもまあ……)

提督(自分みたいな痘痕(あばた)顔の不細工が)

提督(モテるわけないのは言われなくても分かってる)

提督(…………)

提督(自覚しているけど……)

提督(あんなにはっきり言われるとは……)

提督(…………)

提督(いつだったか、金剛に告白して)

提督(勘違いさせてすみませーんって返された時と同じくらい)

提督(現実を突きつけられた気分だ)

提督(…………)

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:32:13 ID:cYCCwIDk
提督(風俗にでも行けば済む問題だろうに)

提督(そうしないのは、艦娘と結婚(ガチ)している提督が多いからなんだろうな)

提督(自分もいつか……なんて甘い幻想にすがって……)

提督(…………)

提督(……チン○ン突っ込みたい艦娘か)

提督(いっぱい居るなぁ)

提督(例えば摩耶)

提督(改二になってからめちゃくちゃ色っぽい)

提督(鳥海もいいけど、あの俺様キャラとのギャップがそそられる)

提督(ヒイヒイ言わせてやりたい)

提督(…………)

提督(……って最低なこと考えてるな、俺)

提督「はあ……」

提督「…………」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:33:11 ID:cYCCwIDk
提督「…………」

提督「…………」

提督「…………」

提督「……まあ」

提督「騙されたと思って、狐につままれたと思って、夢でも見ている気分で」

提督「試してみるか……」

     スッ…

提督「……ま、や……と」

     ピピピ… ブウウウン

提督「!」

提督「…………」

提督(マジかよ……穴の部分が……)

提督(…………)

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:34:28 ID:cYCCwIDk
提督(…………)

提督(これが……マ○コ……)

提督(摩耶のマ○コ……) ゴクッ…

提督(…………)

提督(まさか毛も生えていないツルツルマ○コだったとは……)

     サワサワ…

提督(おいおい……暖かいぞ)

提督(真面目に超技術だな……)

提督(…………)

     ツプッ…

提督(うおっ……ここか?)

提督(ここが穴なのかっ)

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:35:24 ID:cYCCwIDk
     チュプ チュプ

提督「」

提督(おおお……)

提督(指が、ずぷずぷ入ってしまう……)

提督(た、たまらんっ)

     ジュプ ジュプ ジュプ…

提督(ぬるぬるしてきた……これが濡れるってやつか?)

提督(か、感じて……いるのか?)

     ジュプ ジュプ ジュプ…

提督(しかし……指から伝わるこの感触)

提督(チン○ン突っ込んだら……どんな感じになるんだよ)

     ジュプ ジュプ ジュプ…

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:35:56 ID:cYCCwIDk
提督「はあ、はあ……」

提督「も、もう、辛抱たまらん!」

提督(摩耶のマ○コ……摩耶のマ○コォ!)

     ピトッ

提督「い……行くぞっ」

     ズッ…

提督「ふ……お、おおおお……」

     ズズズ… ズプププ…

提督「ん゛ん゛っ!!」

     ズプンッ!

提督「………ぉ……ぁあ……ぉ…」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:36:45 ID:cYCCwIDk
提督「こ……これが……」

提督「マ○コかッ……!」

提督(すげぇ……キツキツで……ぬるぬるで……熱々で……)

提督(これだけでイってしまいそうだ……)

提督(……ん?)

提督(…………)

提督(げ……血だ)

提督(…………)

提督(俺……摩耶の処女を奪っちまったのかよ……)

提督(…………)

提督(…………)

提督(……すげぇいけない事してるのに)

提督(逆に興奮してやがるぞ……俺)

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:37:16 ID:cYCCwIDk
提督(って言うか)

提督(たまらねぇ……背徳感っ!)

     ジュプッ!

提督「はあ、はあ、はあ」

提督「摩耶……摩耶ッ」

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

提督「すげぇよ……摩耶のマ○コッ」

提督「最高だッ、摩耶のマ○コ、最高、だッ!」

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

提督「はあはあはあっ」

提督「うっ!? な、なんか……さらに……キツく……締め上げ……」

提督「た、たまらんっ」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:37:59 ID:cYCCwIDk
     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

提督「はあはあはあっ!」

提督「い、イく……もう出ちまうっ」

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

提督「摩耶……摩耶……」

提督「もう……はあはあはあっ!」

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

提督「……ぉおおおおおおっ!」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:38:51 ID:cYCCwIDk

     ビュル! ビュルルルルッ!

     ビュルルッ!

提督「……っ! はあっ!」

提督「はあ、はあ、はあ……」

提督「はあ……はあ……はあ……」

提督「……はああ……」

提督「ふうううう……」

提督「…………」

提督「…………」

提督「…………」

提督「……あ」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:39:28 ID:cYCCwIDk
提督「これって……中出し?」

提督「…………」

提督「中出ししちゃった?」

提督「…………」

提督「……やべぇ」

提督「…………」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:40:32 ID:cYCCwIDk

     出してすっきりした後

     事の重大さと罪悪感が津波の様に押し寄せて来たが

     俺は次の夜も、その次の夜も、そのまた次の夜も

     摩耶のマ○コに中だしし続けた……

     もう止めよう、今回で終りにしよう

     そう思いながら俺は

     今晩もあのオ○ホに手を伸ばす……

.

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:41:18 ID:cYCCwIDk
摩耶「…………」

摩耶「ひっ!?」

摩耶「ま、また……!」

摩耶「んっ……んんっ!」

摩耶「何なんだよぉ……毎晩毎晩ッ」

摩耶「あっあっ、ひっ!」

摩耶「誰……なんだよぉ……」

摩耶「あたしの……アソコ、弄ぶのはぁ……!」

     ズブッ

摩耶「やあっ!」

摩耶「また……入ってくるぅ……」

摩耶「知らない……見えない……」

摩耶「誰かの……チ○ポがぁ……!」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:41:53 ID:cYCCwIDk
     ズンッ!

摩耶「ああっ!」

摩耶「また……奥までぇ……入ってぇ……」

摩耶「いやあっ……」

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

摩耶「あっあっ……んっ!……ひっ……」

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

摩耶「やめろぉ……もう……んっあっ!……あはっ……」

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

摩耶「気持ち……良く……んんっ……するなぁ……ああっ」

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

摩耶「いやあっ……激しく……しないでっ……」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:42:29 ID:cYCCwIDk
     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

摩耶「あっあっ……!」

摩耶「また……出されるっ……んんっ……あっあっ!」

摩耶「謎チ○ポに……んっ!……犯されて……ああっ……」

摩耶「んっ……ああっ……やあっ……!」

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

     ジュプッ ジュプッ ジュプッ!

摩耶「いやぁ……いやぁ……謎チ○ポ……いやぁ……!」

摩耶「もう……んはっ……中出し……いやぁ……!」

摩耶「あっあっあっ……出されるっ……謎チ○ポにぃ……!」

摩耶「いやぁっ!」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:43:21 ID:cYCCwIDk

     ビュル! ビュルルルルッ!

提督「はあはあはあっ」

提督「はあ……はあ……」

提督「ふうう……」

提督「…………」

提督「…………」

提督「……また……やってしまった」

提督「…………」

提督「…………」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:44:13 ID:cYCCwIDk
提督(最近、摩耶がどんな反応して)

提督(いや、正確には嫌がりつつも気持ちよくなって)

提督(それが癖になりつつある、と)

提督(勝手な妄想して、このオ○ホ使ってるな……)

提督(…………)

提督(……鬼畜にも程があるだろ、俺)

提督(…………)

提督(でも……)

提督(使うたびに濡れるのが早くなってるし)

提督(なんか時々、意識して締め付けてくる様な感じなんだよな)

提督(…………)

提督(あとちょっと意外……と言ったら失礼だが)

提督(毎回、ボディソープの香りがして清潔感がハンパ無い)

提督(摩耶ってガサツそうに見えるけど、毎日風呂に入ってるんだな)

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:44:52 ID:cYCCwIDk
提督(…………)

提督(…………)

提督(…………)

提督(……このままで)

提督(いいわけ……ないよなぁ……)

提督(…………)

提督(とは言っても……どうしたもんかな……)

提督(打ち明けたら間違いなく20cm砲で撃ち殺されるだろうし)

提督(でも赤ちゃんが出来たらDNA鑑定で俺が父親だってバレるだろうし)

提督(摩耶の立場からしたら、俺はレ○プ犯だしなぁ……)

提督(どうしよう……)

提督(…………)

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:45:33 ID:cYCCwIDk

―――――――――――

一ヶ月後

執務室

     コン コン

摩耶「提督、入るぜ?」

提督「……どうぞ」

     キィ… パタン

提督「よく来てくれた」

摩耶「?」

摩耶「何だよ? 改まって……」

摩耶「それで? 話ってなんだ?」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:46:09 ID:cYCCwIDk
提督「あー……うん。それなんだが」

提督「最近、調子はどうだ?」

摩耶「調子?」

摩耶「すこぶる元気だぜ!」

提督(……どんなメンタルしてんだよ)

提督「そ、そうなの……か?」

摩耶「おう!」

提督(……意外に好きモノ……なのか?)

提督「その……」

提督「夜中とか、変にならないのか?」

摩耶「夜中?……あたし朝までグースカ寝てると思うから」

摩耶「気にしたこと無いなぁ」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:47:05 ID:cYCCwIDk
提督「……?」

提督(あんな事されて寝ていられるのか?)

提督「そ、そうか。うらやましいな」

摩耶「何だよ提督」

摩耶「いい年して、夜中にお化けを見ちまって怖い!とでも言うのか?」

提督「そ、そうじゃないんだが……」

提督「ま、まあ、元気ならいいんだ」

摩耶「おう!」

摩耶「防空巡洋艦、摩耶様の実力!」

摩耶「いつでも見せてやるからな!」

提督「そ、そうか。頼もしいな」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:47:45 ID:cYCCwIDk
摩耶「で? 話ってそれだけか?」

提督「ん? んー……」

提督「まあ元気なら、それでいいんだ」

提督「最近、噂である艦娘の様子がおかしいって聞いたものだから」

摩耶「そんな噂、聞いたこともないけど……」

提督「そうか……」

提督「名前が分からなかったから、噂の内容から もしかしたら摩耶なのかも?」

提督「って思っただけなんだ」

提督「何でもないのなら、それでいい」

摩耶「何だよそれ。くだらない噂なんて信じるなよ」

提督「す、すまないな、摩耶」

提督「これからも頼りにしてるぞ」

摩耶「おう!任せな!」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:48:47 ID:cYCCwIDk

―――――――――――

提督「…………」

提督(あれー?)

提督(摩耶って……不感症なのか?)

提督(…………)

提督(いやいや、そりゃ俺も初マ○コだけど)

提督(あれは絶対寝ている反応のマ○コじゃ無いよなぁ……)

提督(…………)

提督(となると……)

提督(俺が毎晩チン○ン突っ込んでたマ○コは誰のマ○コなんだ?)

提督(…………)

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:49:50 ID:cYCCwIDk

―――――――――――

その日の夜

     コン コン

明石「提督、明石です」

提督「入れ」

明石「失礼しまーす」

     キィ… パタン

明石「こんな時間に何の御用ですか?」

提督「その話の前に」

提督「ドアの鍵をかけろ」

明石「……え?」

提督「いいから鍵をかけろ」

明石「はあ……」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:50:31 ID:cYCCwIDk
     カチリ☆

明石「これでよろしいですか?」

提督「ああ」

明石「それで、何の御用ですか?」

提督「しばらくそのままでいろ」

明石「はあ……」

     クチュッ

明石「………っ」 ビクッ

提督「…………」

     クチュ クチュ

明石「…………」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:51:28 ID:cYCCwIDk
提督「…………」

明石「…………」

提督「…………」

     ズチュッ!

明石「ん゛ん゛っ!」 ビクンッ!

提督「…………」

提督「……やっぱりお前だったのか」

明石「はあ、はあ……」

明石「…………」

明石「……提督」

明石「いつから……お気づきになられました?」

提督「今日の夕方くらいだが……あくまで可能性を考えただけだ」

提督「確信は無かった」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:52:30 ID:cYCCwIDk
明石「はは……そうですか」

提督「単刀直入に聞こう」

提督「なぜこんな事をした?」

明石「……それを聞きますか」

提督「……いちおう動機の可能性も考えたけどな」

提督「お前、俺の性欲の捌け口になりたくないとか言ってたろ?」

提督「そんな可能性あるのか?と思ってな」

明石「それも本心です」

明石「だって……好きな人から性欲の捌け口としてだけで見られるのなんて」

明石「嫌ですから」

提督「…………」

提督「……女心はわからんわ」

提督「他にもいろいろディスられて めっちゃ傷ついたんだぞ、俺」

明石「……すみません」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:54:49 ID:cYCCwIDk
提督「はあ……」

提督「んで? 明石は俺のどこが良いと思ってるんだ?」

明石「いろいろですよ」

明石「提督はいつも裏方の事を気遣ってくれますし」

明石「からかうと反応が可愛いです」

提督「そんなこと初めて言われたわ」

明石「……決定的だったのは」

明石「私の事も女性として意識してくれた事です」

提督「俺だけじゃないと思うが……」

明石「提督だけですよ」

明石「明石の事、嫁入り前の体だから大事にしろって言ってくれたのは」

明石「他の男性から、そう言われた事なんて一度もありません」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:56:01 ID:cYCCwIDk
提督「…………」

明石「まあ、そんな訳で」

明石「明石なりのアプローチをしてみたわけですが……」

提督「どう好意的に見てもぶっ飛んでるとしか言いようの無いアプローチだったわ」

明石「ふふふ」

明石「いかがでした?」

提督「……気持ちよかったです」

明石「それだけですか?」

提督「これ(オ○ホ)無しで明石と付き合いたいです」

明石「もう少し踏み込んでもらえますか?」

提督「……性欲の対象としてだけでなく」

提督「明石の全部を知って行きたいと思う」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:56:52 ID:cYCCwIDk
明石「うれしいです」

明石「でも私は手が掛かりますよ? きっと」

提督「覚悟を決めた」

提督「あと、処女奪って中出ししまくった責任も取りたい」

明石「まあそれについては、私にも責任がありますけど……」

明石「そういうところも提督のいいところですね」

提督「……俺に似ないで明石に似た子供だと良いな」

明石「私は提督に似た子供が欲しいですよ?」

提督「俺みたいな痘痕(あばた)顔になって苦労して欲しくないんだよ」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:57:27 ID:cYCCwIDk
明石「提督のお顔は後天的なものでしょう?」

提督「水疱瘡(みずぼうそう)が酷くてな……」

明石「あれかゆいですからね」

明石「顔を掻きまくってそうなったんですか?」

提督「ああ……子供の頃だったから」

提督「掻くなと言われてもボリボリ掻いちまったんだ」

提督「それがいけなかった」

     ギュッ…

提督「!」

明石「大丈夫です」

明石「これからは、この明石がずっと提督のお傍に居ます」

提督「明石……」

提督「…………」

     ギュッ…

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:58:16 ID:cYCCwIDk

―――――――――――

明石「んっ……」

     クチュクチュ

提督「もう溢れんばかりに濡れてるな……」

明石「……提督のせいですよ」

明石「ここ一ヶ月、毎日毎晩、ほぼ同じ時間帯に明石のオマ○コ使われ続けましたから」

明石「もう情景反射的に……あくっ……」

     クチュクチュ

提督「それはすまなかった」

明石「あふっ……男性、の……んんっ!……性衝動……あっあんっ……」

明石「なめて、ましたっ……んっ!」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 02:59:29 ID:cYCCwIDk
     チュク チュク…

明石「んひっ!……あっあっ……ああっ……」

提督「これからは、こういう事もできるんだな」

     レロレロレロッ

明石「あひっ……ち、くびっ……同時……とか……」

明石「やっ……あっあっあっ!……あはっ……」

     ハムハム

明石「んんっ!……や……あっ!……」

明石「甘噛み……とか……んんんっ!……っ!」

明石「これ……ダメッ……ダメェ……」

提督「ぷはっ……ふう……」

明石「はあっ……はあっ……」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:00:14 ID:cYCCwIDk
提督「そろそろ……いいか?」

     チュクチュク…

明石「んっ……ええ、いいいですよ……」

明石「いつもは有無を言わせず……入れられてましたから」

明石「ちょっと新鮮な……んんっ!……気持ちで、す……」

提督「そうか。 俺も同じ気持ちだ」

提督「新しい明石の一面が見れて嬉しい」

明石「提督……んっ……あはっ……」

     ピトッ

提督「行くぞ……」

明石「はい……来て……」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:01:24 ID:cYCCwIDk
     ズッ…

明石「う……んんっ……はっ……」

     ズズズ… ズブブブ…

明石「あっ……あっ……かっ……ああっ……!」

     ズプンッ!

明石「んんんんっ!」

提督「……ぉおっ……ふう」

提督「全部入ったぞ……」

明石「はい……分かって……ま、す……んっ」

明石「すごく……熱くて……どくんどくんって……脈うって……あんっ……」

明石「明石で……興奮してくれてるの……感じてますっ……」

提督「そうか……いつも入れてるけど……そういうこと言われると」

提督「嬉しくて、めちゃくちゃにしてやりたくなるな……」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:02:11 ID:cYCCwIDk
明石「…………」

明石「提督」

提督「なんだ?」

明石「明石は……明石のオマ○コ……どんな感じ……ですか?」

提督「最高だ」

提督「明石の中は、熱々で、ぬるぬるで」

提督「ギュウギュウに……俺のを締め上げてきて……」

提督「とろけてしまいそうなくらい、気持ちいい……」

明石「うふふ……嬉しいです、提督」

     ズチュッ!

明石「んあああっ!?」

提督「……っ」

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:03:03 ID:cYCCwIDk
明石「か……あ……はっ……」 ビクビクッ

提督「はあっはあっ……」

明石「て……提督っ……」

明石「今の……ずるい、です……不意打ちです……」

明石「おかげで……軽く……イッちゃっ……」

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

明石「んあああっ!? あっ!……かはっ……ひっ!……」

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

明石「て、ていと……ああっ!……待っ……ひうっ!……っ!」

明石「こんなのっ……こんなのぉっ!……ああっ!」

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

提督「明石っ明石っ明石っ」

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:03:59 ID:cYCCwIDk
     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

明石「あっ!……ひゃっ!……ひぐっ……あはぁっ!」

     ズンッ!

明石「~~~っ!!」 ビビクンッ!

提督「っ……はっ……」

明石「……っ……」 ビクン ビクン

明石「はっ……かっ……」

提督「……明石、大丈夫か?」

明石「……あんまり……大丈夫じゃ……ないかも……」

明石「イっちゃい……ました……私……んっ……」

提督「俺はイきそうになった……」

明石「イって……よかったのに……んんっ……」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:04:46 ID:cYCCwIDk
提督「……じゃあ、今度は……イくまで突くぞ」

明石「ま、待って……提督……」

明石「まだ余韻が……残ってて……」

     ズチュッ!

明石「あひっ!?」

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

明石「あっあっ!……ダメッ!……まだ……残ってるのぉっ!」

明石「今……あんっあんっ……そんな、に……動かれ……ああっ!」

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

明石「やあっ……すごいっ……んっ!んんっ!……すごい、のぉ……」

明石「熱いので……あはっ!んっ!……私の、なかっ……んはぁっ!」

明石「かき回されるのぉ!」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:05:47 ID:cYCCwIDk
     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

提督「明石っ明石っ明石っ!」

明石「あっあっ! やあっ!……また……来る……来ちゃうのぉ!」

明石「気持ちいいの……来ちゃうのぉ!……あっあはっ!」

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

提督「明石っ……!」

明石「んぐっ!? ……んっ……んんっ!……んっ!」

明石「んっんっ……んんっ!……んーっ!……んっんっ……!」

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

提督「……ぷはっ」

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:06:27 ID:cYCCwIDk
     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

明石「あっあっ♡♡やっ♡あはっ♡…んっ……♡」

明石「んはっ♡…んっんっ♡……あっ♡あっ♡あっ♡」

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

提督「……っ!……明石っ……俺……もう……!」

明石「はひっ♡……来て♡……熱いのっ♡……出してぇ♡」

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

     ズチュッ! ズチュッ! ズチュッ!

提督「……っぉおおおおおあああああああっ!!」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:07:24 ID:cYCCwIDk

     ビュル! ビュルルルルルッ!

     ビュルルルッ! ビュルビュルッ!

     ビュルルッ!

明石「~~~~っ♡ ♡ ♡」 ビクビクビクゥッ!!

提督「か……はっ……おっ……」

提督「……はあはあはあっ!」

提督「はあ……はあ……」

提督「ふう……」

明石「」 ピクピク

提督「……明石」

明石「」 ピクピク

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:08:22 ID:cYCCwIDk
提督「明石?」

提督「お、おい、大丈夫か? 明石」

明石「」

明石「……う~ん」

明石「…………」

明石「あ……ていとくぅ……」

提督「大丈夫か?」

明石「はいぃ……らいじょうぶ……れすぅ……」

提督「……しばらく休もうか」

明石「はひぃ……」

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:09:16 ID:cYCCwIDk

―――――――――――

明石「いやーそれにしても明石の中にたくさんザー○ン出してくれましたね」

明石「私を孕ませる気満々で何よりです♪」

提督「……いつも思うけど」

提督「もう少しデリカシーを大切にしてくれると嬉しいんだけどな」

明石「提督は意外と細かいところにうるさいですね」

提督「明石の場合はおっぴろげすぎだって言いたいんだよ」

明石「そういうところも明石なので」

明石「許容してくれると嬉しいです」

提督「善処はするけど、努力もしてくれ」

明石「は~い」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:10:03 ID:cYCCwIDk
明石「あと……提督の好みって」

明石「摩耶なんですか?」

提督「……例のオ○ホからの情報か」

明石「察しがいいですね。まあ細かい事はいいじゃないですか」

提督「細かい事かぁ?」

明石「で、摩耶以外も選択できたのに」

明石「摩耶ばかりにしたのは何故ですか?」

提督「……まあ好みではあるな」

明石「では、私もああいう格好した方がいいですかね?」

提督「でも、摩耶には摩耶の」

提督「明石には明石の魅力がある」

明石「……どっちつかずな答えですね」

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:11:09 ID:cYCCwIDk
提督「それから摩耶以外を使わなかったのは」

提督「罪悪感がハンパ無かったし……」

提督「殺される覚悟で責任も取ろうと思ったからでもある」

明石「…………」

提督「初めて使った時、処女奪っちまった!ってのもあるしな」

明石「提督は堅物ですねー」

提督「美徳と言え」

明石「は~い」

明石「……ところで」

提督「ん?」

明石「明石の魅力って……どんなところですか?」

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:12:08 ID:cYCCwIDk
提督「そうだな」

提督「たなびく長い髪」

提督「意外とくびれてるウエスト」

提督「チラチラ見えるおへそ」

明石「……全部性的要素じゃないですか」

提督「仕事はきちっとやってくれる姿勢」

提督「汚れていても、眩しい笑顔で俺を出迎えてくれる可愛いさ」

明石「え……」

提督「暗い状況でも、いつもいいタイミングで励ましてくれるし」

提督「傷ついた仲間を心から心配して修理に尽力してもくれる」

提督「そんな仲間想いなところ」

明石「……」///

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:12:49 ID:cYCCwIDk
提督「あとは……」

提督「イった時の気持ち良さそうな顔かな」

明石「ず、ずるいです!提督!」///

提督「ははは」

明石「……なんだか悔しい」

明石「今度は私が提督のイき顔を見てやりますから!」

提督「は、張り合うことじゃないだろ?」

明石「でも不公平だと思います」

明石「提督がイったら、写真に残してあげますから」

提督「それ割りと本気で止めてくれよ!?」

明石「ふーんだ」

提督「…………」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:13:37 ID:cYCCwIDk
提督「……もう一個あったな」

明石「何がですか?」

提督「明石は怒った顔も可愛い」

明石「~~~!」///

明石「も、もう!」///

提督「ははは」

明石「…………」

提督「明石?」

明石「……あの」

明石「抱いてくれます?」

明石「ああ、その……いやらしい意味じゃなくて……」

提督「…………」

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:14:29 ID:cYCCwIDk
     ギュッ…

明石「んっ……」

提督「これでいいか?」

明石「はい」

提督「…………」

明石「…………」

明石「提督」

提督「ん?」

明石「大好きです」

提督「俺もだ」 クスッ

     おしまい

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 03:15:10 ID:cYCCwIDk
あれぇ?どうしてこうなった??
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 16:29:06 ID:ei58Ec.U
えがった
61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 19:38:59 ID:lJ8EgLsU
ええんやで乙。
62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/17 22:35:06 ID:VT2idR36

こういうのほんとすき
流行らせコラ!


元スレ
タイトル:【艦これR-18】明石「提督。オ○ホいりませんか?」
URL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1497633977/
掲載サイト:SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP