陽乃「比企谷くんの恋人になりたい!」八幡「………はっ?」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/26(土) 23:58:11.40 ID:EvJDTHIAO
八陽です。陽乃は八幡を恋人にしようとがんばります
*陽乃は原作どおり完璧超人ですが、八幡の事になるとダメな感じになる時があります

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443279491


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/26(土) 23:58:39.31 ID:EvJDTHIAO
陽乃「ねえ比企谷くん私の恋人になってよ」

八幡「な、なにいってんですかアンタは!からかわないでくださいよ!」

陽乃「からかってないよ!私比企谷くんと恋人になりたいの!」

八幡「ど、どうせそうやってオレのキョドる姿を見て笑うか…雪ノ下を後でいじるためのネタにでもするつもりでしょ」

陽乃「ひど~い!比企谷くん私は本当に比企谷くんのことが好きなんだよ~♪」ツンツン

八幡「や、やめてください…人が見ているじゃないですか」

八幡(この人…いや、魔王がオレを好きになるなんて信じられるわけねーだろ!そんな男受けのいい仕草してもオレはだまされんぞ!中学時代のオレとは違うんだよ!)

陽乃「いいじゃん!どうせなら見せつけちゃおうよ♪私たちのラブラブぷりを」ムニュムニュ

八幡「ちょ///な、なに抱きついてきてるんですか…その当たってますけど///」

陽乃「当ててんのよ♪」

八幡(うおっ!なんだこれ!やわらかい!気持ちいい!いいにおい…いやだまされるな!これは罠だ!)

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/26(土) 23:59:06.29 ID:EvJDTHIAO
陽乃「フフフ…どうお姉さんの胸は?」

八幡「っ///」

八幡(な、な、何を企んでいるんだこの人は……まさか!オレをはめて冤罪にかけて社会的に[ピーーー]気なのか!?)

八幡(ありえる………俺を雪ノ下の近くにおく必要がない存在だと判断して排除することにしたのか? もしくは俺をからかうのに飽きたから、もういらないから壊すとか、この人ならやりかねない…)

陽乃「ほらほら~お姉さんと付き合えばこのおっぱいは君だけのものだよ~」ムニュムニュ

八幡「ぐ、ぐぉ…///」

八幡(や、やばい…このままじゃやばい…戸塚…小町…俺に力を…魔王に対抗する力をーーーーー!!!!)バッ

陽乃「あっ…」

八幡「お、俺はこのあと用があるんで…このへんで失礼しま…す」ダッ

陽乃「………比企谷くん」シュン

八幡(あれ、簡単に逃げられたぞ? いつものあの人なら俺が逃げ出す前にうまく捕まえてくるはずだが…いや逃げられるからいいけど)

陽乃「………」ショボ~ン

八幡(っ!?…なんで捨てられた子犬のような寂しい顔してるんですか…やめてくれ!ちょっと勘違いしそうになるじゃないですか…)

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/26(土) 23:59:52.64 ID:EvJDTHIAO
次の日

陽乃「雪乃ちゃん~!比企谷くんと恋人になりたいけど全然うまくいかないの~!どうすればいいか教えて!」

雪乃「姉さん私の聞き間違いかしら? あの腐った目の男と姉さんが恋人になりたいと聞こえたのだけど?」

陽乃「聞き間違いじゃないよ。お姉ちゃん、比企谷の恋人になりたいの」

雪乃「悪ふざけはやめなさい!また私をからかうため適当な事をいっているんでしょう!」

陽乃「…はあ、雪乃ちゃんもそんな反応なんだね……比企谷くんもどうして信じてくれないのかな…」

雪乃「比企谷くんも? もしかして姉さん比企谷にも同じようなことを?」

陽乃「うん。昨日、恋人になってと告白したけど信じてもらえなかった……」シュン

雪乃「い、いくら比企谷くんが相手だからってタチ悪いイタズラはやめてちょうだい!
ただでさえ疑心暗鬼だし、目も腐っているのにトラウマが増えて引きこもりや近親相姦するような犯罪者になったらどう責任とるつもりかしら」ホッ

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:01:46.28 ID:W69ZHu1AO
陽乃「ひど~い!私そんなつもり全くないのに~本気で比企谷くんと恋人になってデートしたりイチャイチャしたいだけなんだもん!」

雪乃「ふ、ふん!何を言っているのかしら、姉さんが本気であの男と付き合いたいと思う人なんているわけないじゃない。
プロボッチとイケイケのリア充のカップルだなんてドラマでもありえないわね」アセアセ

陽乃「でも雪乃ちゃん動揺してるように見えるけどな」ニヤニヤ

雪乃「あ、あまりにも非現実的的な光景を想像して気持ち悪くなっただけよ!やっぱり私をからかっていたのね姉さん!」

陽乃「…違うよ」

雪乃「えっ?」

陽乃「本気で比企谷くんと恋人になりたいだよ…私は」

雪乃「!?」

陽乃「信じられないなら今までの事謝るよ…ごめんね雪乃ちゃん今までイジワルばかりしてきて…ただ単純に雪乃ちゃんがかわいいからついやった時もあるけど
雪乃ちゃんの事を思ってやった時もあるんだよ。信じてもらえないかもしれないけどね」ペコ

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:03:56.15 ID:W69ZHu1AO
雪乃「…えっ?…………え………」

雪乃(あ、あ、あ、あの姉さんが私に頭を下げて謝った!!?! ウソでしょ!? いつもならふざけて『ゴメンゴメン雪乃ちゃんw』と全く反省した様子も見せないでケラケラ笑うのにぃ!!)

雪乃「…ね、姉さん………もしかして頭打ったのかしら? …どこか痛いとこあるなら今すぐ病院に…)

陽乃「ひどい!雪乃ちゃん!私、頭なんか打ってないよ!!」

雪乃「ほ、ほんとに…」

雪乃(あ、あまりの突然の出来事に頭がついていかないわ………あの姉さんが比企谷くんを好きで、私に頭を下げて謝った…
ありえない事の連続でせっかくあの姉さんが私に頭を下げたというのに優越感感じる間もないわ)

陽乃「ユキえも~ん!比企谷くんと付き合う方法教えてよ~!」

雪乃「だれがユキえも~んよ!ふざけないで!」

陽乃「それでどうすればいいと思う?」

雪乃(聞いてないし…)

雪乃「さあ、知らないわそんなの。そういうのは姉さんの方が得意そうじゃない?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:13:35.58 ID:W69ZHu1AO
陽乃「だって~まだ誰とも付き合ったことないもん」

陽乃「なんかみんなつまんなそうなのばっかだしぃ~」

雪乃「………そもそも姉さんは私と比企谷くんをくっつけようとか世迷い言を言ってなかったかしら?
それにいつ比企谷くんを好きになったの? 意味がわからないわ」

陽乃「私、最初から比企谷くんにかなり興味あったし、気にいっていたよ。
さすがにそのころは恋愛感情はなかったけど…1ヶ月前くらい前から少しずつ比企谷くんが他の男の子と違って特別な人に感じられて…」ポッ

雪乃「!?………どう特別なのかしら?」

陽乃「あのね、私の本性を知った男の子はみんな私に怖がって一切関わろうとしないの」

雪乃「比企谷くんも姉さんを怖がっているじゃない。どこが違うというのよ?」

陽乃「でも何が何でも逃げようとするほど避けてないの。私の本性知った男たちは恐怖のあまり引きこもりになったり、どこかの遠くの地に引っ越したり、重度のうつになったりしたんだけど
比企谷くんは会うと嫌そうにはするけど走って逃げようとしないし、言い訳して離れようとはするけどなんだかんだで付き合ってくれるし」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:25:13.66 ID:W69ZHu1AO
雪乃(姉さんの手によって壊された人がいるのは知ってはいたけど、そんなにいたのね…ちょっと哀れね)

陽乃「それにとっても居心地がいいんだ♪私の本性知っていながら普通に会話してくれるし、なんだかんだでちゃんと質問にも答えてくれるし」

雪乃「質問?」

陽乃「雪乃ちゃんの様子とか学校の行事とかね!私の本性知っていながら普通に会話してくれるの♪しかも本読みながら私と会話するときもあって、その自然な態度が心地いいの」

雪乃「………」

陽乃「前、偶然再会した男の子なんか私の顔見た瞬間青ざめて震え出してきたんだよ~失礼だと思わない? ムカついたからカフェに誘って、お話をたくさんしてあげちゃった♪」

雪乃「災難ね」

雪乃(その人が…)

雪乃(きっとその人にとって姉さんといるだけでタダの世間話も拷問に等しいでしょう)

陽乃「最近調子はどう?とか、おもしろいことあったというだけで「ひい!」とか「勘弁してください!」とかしか言わないんだよ~ひどいと思わない?」プンプン

雪乃「姉さんわかっていてやっているでしょ」

陽乃「震えているか、おうちに帰りたいとか、ほんとつまんない。
比企谷くんはたまに私の言葉にビクッてなる時もあるけど私を拒絶しないし、すぐ普段通りになるし、その後会っても態度変えないし、あと下心ない所もポイント高いかな♪」

陽乃「私の事イヤらしい目で見てこないし、逆玉とかそういうのもないの、私の事を雪ノ下家の長女としてではなく雪ノ下陽乃個人として見てくれているし♪」

雪乃「………」ピクッ

雪乃(姉さんは昔から家の代理とかでいろいろ出ていたから、てっきりそんな風に周りから見られるのを気にしない人だと思っていた…
それとも気にはしてはいないけど本当の自分を見てくれている人がいることがうれしいのかもしれないわね…)

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:29:34.39 ID:W69ZHu1AO
陽乃「でも私に関心がないとか魅力を感じていないわけでもないんだよ。少し密着したら顔を赤くして動揺するとことかかわいくて好きだな♪」

雪乃(まさか本気なの!?)

陽乃「それに雪乃ちゃん、比企谷くんのこと好きじゃなさそうだし、いつも腐った目とかクズとかいっているし」ニヤ

雪乃「そ、それは…」

陽乃「それに私が欲しいものを我慢するなんて私らしくないよね」

陽乃「それに比企谷くんから二度も友達になろうと誘われたのに拒否しているしね。
雪乃ちゃん半年以上たっても友達さえなっていないし、いまだ電話番号さえ知らないのだから、世間一般的に考えてどうみても恋愛感情持っている人には見えないよね」

雪乃「そ、そんな…」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:32:45.52 ID:W69ZHu1AO
陽乃「あれあれ~雪乃ちゃん、比企谷くんのこと好きじゃないんだよね? 雪乃ちゃんはウソや虚言吐かないのだし」

雪乃「と、当然よ!」

陽乃「じゃあ何も問題ないよね」

雪乃「………」ギリッ

陽乃「………私、雪乃ちゃんがうらやましいよ…同じ部活だからいつでも比企谷くんに会えて………私なんて大学や家の代理とかで会いたい時、いつも会えないから…」

陽乃「できれば変わってほしいよ…なんで私が雪乃ちゃんより先に産まれてきてしまったんだろ…なんで普通の家に生まれなかったんだろう…
こんなに私を縛り付ける雪ノ下家なんて………いっそ」

雪乃「ね、姉さん」ゾクッ

陽乃「あっ………ごめんね雪乃ちゃん。最近寝不足気味でさ~さっきのは自分でもよくわからず呟いただけだから」

陽乃「忘れてね」ニコ

雪乃「え…ええ……わかったわ」ブルブル

雪乃(誰かに言ったら、タダではすまさないという意味ね…)

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:37:28.17 ID:W69ZHu1AO
陽乃「それでさっきの続きなんだけど比企谷くん私が好きだっていっても全く信じてくれないんだけど、どうすればいいのかな?」

雪乃「あの男のリスクリターンはかなりのものだから一筋縄ではいかないでしょうね…平塚先生も言っていたわ。
それに親から美人局には気をつけろとか言われているみたいだし」

陽乃「そうか…厄介だね」

雪乃「いま気づいたけど、なぜ私が姉さんの恋の相談受けないといけないのかしら?」

陽乃「雪乃ちゃん、かわいいお姉ちゃんが困っているんだよ~相談くらいのってくれたっていいじゃん」

雪乃「嫌よ。それにこういうのは私より学校の友達に言ったらどうかしら? そっちの方が参考になると思うわ」

陽乃「あ~ダメダメ!だって、いまだ私の本性見抜けない凡人たちだもん!それにみんなどうせ陽乃だったらどんな男でも簡単に手に入るよ!ぐらいしかいわないだろうから
それに雪乃ちゃんは虚言やウソ吐かないから信用できるし」

雪乃「そ、そう…」

雪乃(凡人たちって……いくらここに私しかいないからって本音言い過ぎじゃないかしら?)

雪乃「でも私が姉さんの相談を絶対のらなければいけない理由はないわ。いくら今までの事謝ったからって、そんな簡単に許すことできないわ」

雪乃(由比ヶ浜はきっと比企谷くんのことを………それに姉さんに比企谷くんを渡したくない)

陽乃「じゃあ文化祭の貸しを今使わせてもらおうかな」

雪乃「!?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:39:40.09 ID:W69ZHu1AO
陽乃「もちろん覚えているよね。雪乃ちゃん」

雪乃「っ、姉さん!」

陽乃「大丈夫。もうそれ以外は何も要求しないから…」

陽乃(ごめんね…雪乃ちゃん)

陽乃(でもチャンスを全てふいにしたのは雪乃ちゃん自身なんだよ。ほぼ毎日同じ部室にいながら比企谷くんにつらい言葉浴びせるだけで
ガハマちゃんばかりに甘くして、ガハマちゃんの比企谷くんへのキモイ発言を一度も止めようとしなかった。
それに私が比企谷くんを何度すすめても拒否してきたんだから)

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:44:31.82 ID:W69ZHu1AO
陽乃(それだけじゃないよ。修学旅行の時、比企谷くんに任せておきながら、その後ガハマちゃんと一緒に比企谷くんを否定した。
私が比企谷くんへの恋心に気づいてから1ヶ月間雪乃ちゃんのために私は気持ち抑えて我慢した。もうこれ以上は待てないよ…)

雪(まあいいわ…相談のったからって、絶対付き合えるわけではないもの…いくら姉さんでも比企谷なら簡単におちないだろうから…)

雪乃「…………それで姉さんはどのような告白を比企谷くんにしたのかしら?」

陽乃「堂々と比企谷くんの前で恋人になってください!とか好きだよ!っていたんだよ」

雪乃「だ、大胆ね………恥ずかしいとか思わなかったの?」

陽乃「…だって好きなんだもん///早く私の気持ちを知ってもらいたかったし、比企谷くんの恋人になりたかったんだから///」モジモジ

雪乃(!!?!これがあの姉さん…まるで別人じゃない!?)

雪乃「……ほ、他には」

陽乃「あまりに信じてくれないからおっぱい押し付けて誘惑しちゃった♪」

雪乃「………」ピキッ

雪乃「………そう、これは今すぐ警察に電話するべきかしら? あのエロ谷くんついに犯罪に手を染めてしまったのね…
フフフ…同じ部活のよしみで面会にいってあげてもいいわよ」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:46:34.41 ID:W69ZHu1AO
陽乃「もう!雪乃ちゃんたら!比企谷くんは何も悪くないの!私から迫って誘惑したんだから!だいたい比企谷くんがそんなことする人じゃないことくらいわかっているでしょ!」

雪乃「そ、それは…そうだけど…」

陽乃「これからはそういうのやめてね…私まで悲しくなるから」

雪乃「………そうね…失言だったわ」

雪乃(ほ、本当に好きなのね…)

陽乃「でも…比企谷くんそれでも理性で私から離れて逃げていちゃったんだ」シュン

雪乃「そう」

雪乃(ナイスよ比企谷くん!その時の姉さんが落ち込む姿できれば私も見たかったわ♪)

陽乃「おっかしいな~男の子はみんなおっぱい好きなはずなのに…」

雪乃「…それは私への当てつけかしら姉さん」イラッ

陽乃「別にそうじゃないよ。ちょっと男の子の心を知るため少年漫画読んだんだけど…」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:49:55.02 ID:W69ZHu1AO
雪乃(少年漫画…なんだか姉さんが残念な感じになってるわ…)

陽乃「そしたら、そのマンガの男の子がおっぱいが当たったり、美女と二人きりになったとき『ぼかぁ~ぼかぁ~もう!!!』といって飛びかかっていたんだよ」

雪乃「なによそれ!ただのケダモノじゃない!」

陽乃「そうかな~? いちおうおとなしい子にはやってないし、いろんな女の子に好意もたれているし、おもしろいと思うけどな~」

陽乃「それに神様や妖怪(例外除く下半身が蛇とか)まで飛びかかるんだよ」

雪乃「か、神様にセクハラを働くなんて…とんだ命知らずね。やっぱり変態じゃない」

陽乃「まあたしかに普通と比べたら過剰反応だろうけど、大抵の男の子はおっぱい当てられると喜ぶと思うなけどな~ゲイとか以外は」

雪乃「普通の人には効果あるかもしれないけど比企谷くんは特殊だから…」

雪乃「彼は中学時代とかで恋愛でかなり嫌な目にあっていたから人に好かれるわけがないと思っているのよ…もしあっても勘違いだと自分にいい聞かせると思うわ」

陽乃「あっ、そうか!」

雪乃「いつもの姉さんなら私より先に気づくはずなのになぜわからなかったの?」

陽乃「う~ん、比企谷くんと付き合いたい気持ちが高ぶってばかりで気持ちが空回りして、いつものように頭が働かないの」

雪乃「そう…意外ね。悔しいけど姉さんは何でもできるイメージあったから…」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:55:33.88 ID:W69ZHu1AO
陽乃「うん、こればっかりは経験ないし、相手が比企谷くんだからうまくいかないのよ。
たぶん他の人だったら最初の告白で半分以上の人はOKしていたと思うし」

雪乃「そうね。材木座くんとか」

雪乃「それにそのマンガのキャラ比企谷くんと真逆なタイプじゃない。友達いるみたいだし、暗くないし…
そもそも比企谷くんがそんなに理性なかったら私や由比ヶ浜さんがとっくに襲われているわ」

陽乃「そうだね…それだと今ごろ静ちゃんにもちょっかいかけているね。
むしろ私と初めて会った時ナンパしてきたね」

雪乃「平塚先生まで射程範囲内なのね…」

陽乃「う~ん、どうしたら比企谷くんは私の事信じてくれるのかな~こんなに好きなのに」シュン

雪乃「むしろ信じてもらえるとなぜ思うのか疑問だわ」

陽乃「えっ?」

雪乃「あれほど会うたびにからかったり怖がらせてきたんだから急にそんなこといわれて信じる方がおかしいわよ。
比企谷くんの場合は特にね…」

雪乃「彼は初めて会った時から姉さんの仮面を見抜いていたわ。
姉さんの本性を知っている比企谷くんが姉さんの告白を疑いもせずあっさり受け入れたら、私なら「この人だれ?」と思うわよ」

陽乃「………」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 00:57:29.82 ID:W69ZHu1AO
雪乃「つまり、最初の出会いの時点でもう勝負はついていたのよ。だからあきらめてなさい。そして別の人を」

陽乃「…雪乃ちゃん私が比企谷くんをあきらめるように誘導してない」

雪乃「そ、そんなことは…」

雪乃(くっ、姉さんまさか一瞬で感づくなんて…ダメダメになったのは比企谷くん関係のことだけで他はハイスペックのままなのね…)

陽乃「まあたしかに私の自業自得だね…今まで比企谷くんを困らせてきたんだもの…警戒されても仕方ないか…」

雪乃「…姉さん」

陽乃「とりあえず普通のやり方じゃ比企谷くんに好きになってもらうのが無理なのはわかったよ」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 01:01:50.39 ID:W69ZHu1AO
陽乃「はあ…自分で名付けといてなんだけど比企谷の理性の化け物ほんと厄介だね。せめてあの横島くんの十分の一、いや百分の一でもいいから理性緩ければねえ…」

雪乃「そこまでわかっていて、なぜ気づかなかったの?」

陽乃「ほんとなんでだろうね…1ヶ月前の私なら考えなくてもわかったのにやっぱり初恋だからかな~?
とにかく一緒にいたい気持ちでいっぱいになって、その人のことがわからなくなちゃうの」

雪乃「………」

陽乃「でもわかっていることもあるんだよ」

雪乃「なにかしら?」

陽乃「雪乃ちゃんやガハマちゃんと同じようにしてはいけないこと」

雪乃「なっ!」

陽乃「私、雪乃ちゃんみたいに毒舌吐かないし、ガハマちゃんみたいにキモイっていたことないし、むしろ褒めているしね」

雪乃(くっ!)

陽乃「やっぱり必要なのは情報かね。雪乃ちゃん比企谷くんの好きなタイプって何? 趣味は? 好物は?」

雪乃「わ、私があの男のこと知っているわけないじゃない!………趣味は読書で…たまに気持ち悪い笑みを浮かべているわ…」

陽乃「ふ~ん、まあ読書が好きなのはさすがに私も知っているよ!もっと他にないの~?」

雪乃「………」イラッ

雪乃「うるさいわね。そんなに知りたいなら小町さんにでも聞けばいいじゃない」

陽乃「その手があった!!」ダダダ

雪乃「あっ、姉さん」

雪乃「………」

雪乃(あの姉さんがちょっと残念な感じに………これが噂に聞く残姉なのかしら…?)

雪乃(最初から小町さんに聞いていればあの時の貸しを使わずにすんだのに…それに私や由比ヶ浜に知られず比企谷くんと親密度上げられたのに…
らしくないわ姉さん…)

雪乃「こうしちゃいられないわ!由比ヶ浜さんに連絡しないと!」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 01:05:17.61 ID:W69ZHu1AO
陽乃「なるほどなるほど!比企谷くんはマックスコーヒーが好きでトマトが嫌いっと!
やっぱり実の妹だけあって詳しいね♪最初から小町ちゃんに聞けばよかった…」

陽乃「好きなタイプは戸塚くんみたいな人や小町ちゃんかな?」

陽乃「う~ん、かわいい男の子と実妹が好み…さすが比企谷くん!
他の男とは違うのだよ!他の男とは!」

陽乃「でもこれじゃあよくわかんないなー
難攻不落すぎだよ比企谷くん」

陽乃「この二人の共通点は明るい、かわいらしい、ショートカット、人なつこいなどなど……」

陽乃「う~ん…私も比企谷くんに人なつこく迫っているのに2人と扱いが違うんだよね~
やっぱり仮面とか本性とか、あといじりすぎたかな…」

陽乃「妹ちゃんは家族だから好感持つのはわかる。だって私もシスコンだもん♪攻略のカギは戸塚くんかな?」

陽乃「よし!明日この子を観察してみよう!」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 01:10:20.75 ID:W69ZHu1AO
八幡「昨日雪ノ下さんなんだか様子が変だったな…特に別れる時、寂しげな顔をしていた…」

八幡「たとえ演技だったとしても普段強化外骨格をしているあの人があんな顔を人にするだろうか?」

八幡「………まさかな」

小町『それじゃがんばってください!』

八幡「なあ、さっきの電話誰だったんだ?」

小町「ふふふ…教えな~い!」

八幡「なんだと!? まさか大志か? 大志なのか!? 許さん!あのヤロー!俺の小町を………よしっ殺そう♪」

小町「ちょ、ごみいちゃん!なにその「よし殺そう♪」と声マネキモイからやめて!小町的にポイント低い~」

八幡「おれは悪くない!大志が悪い!」

小町「さっきのは大志くんじゃないから安心して、それに大志くんはただの友達だから
あ、お兄ちゃんの心配を減らす私、小町的にポイント高い~」

八幡「最後のがなければな…」

小町(陽乃さんがお兄ちゃんの情報欲しいっと、言ってきたのはきっと素直になれない雪乃さんに教える気なんだ!
これから先どんなイベントが起こるか楽しみだね♪)

カマクラ「ニャー」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 01:13:16.16 ID:W69ZHu1AO
結衣「ゆきのんから電話するなんて珍しいね♪なんかあったの~?」

雪乃「大変よ由比ヶ浜さん。姉さんが比企谷くんを好きになってしまったわ」

結衣「ええええええ!!!!!
ウソ!? なんでそんなことになったの!? ゆきのん!」

雪乃「…どうやら初恋したらしいのよ」

結衣「ほ、ほんとなの…またヒッキーやゆきのんをからかうとかじゃなくて?」

雪乃「私も最初はそう思っていたけど、かなり本気みたいよ。告白までしたといっていたわ」

結衣「そ、そんな………ヒッキーが陽乃さんと……」

雪乃「落ち着いて由比ヶ浜さん!比企谷くんは断ったらしいわ!なにか企んでいると思ったみたいで」

結衣「そ、そっか…よかった!」

雪乃「でも安心はできないわ。次の告白を向けて、いろいろと情報を集めているらしいから」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 01:17:27.16 ID:W69ZHu1AO
結衣「なんで!もうあきらめたらいいのに……陽乃さんならいくらでも相手が…」

雪乃「姉さんにとって、他の男は恋愛対象どころか興味の対象にさえならないのよ…姉さんにはかっこいいとか人気が高いは対して意味ないのよ。
おもしろいかどうか…これは想像だけど自分の事を理解してくれているか、本当の自分を受け止めてもらえるかだと思うわ」

結衣「そうなんだ…よくわからないけど」

雪乃「ええ、わかりやすい例でいえば…
姉さんとって葉山君はつまんない人間に評価されるわ」

結衣「隼人くんでその評価だなんて…それじゃほとんど人ダメじゃん」

雪乃「そうね…むしろ葉山くんより材なんとかくんの方が姉さん気に入るかもね」

結衣「厨二が!? いやいや!さすがにそれはないんじゃ…」

雪乃「…ないと言い切れないのよ………あの人の場合はね」

雪乃「まあ材なんとかくんはどうでもいいわ。問題は比企谷くんが狙われているということよ」

結衣「ど、どうしよう…あの人が相手だと…」

雪乃「幸い姉さんはいつもの超人的な能力が発揮されていないわ。むしろダメな感じに…無駄に私に情報を与えてしまったりしてるわ」

結衣「えっ?あの陽乃さんが…」

雪乃「ええ、今日こんなことが…」





29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 01:19:27.29 ID:W69ZHu1AO
結衣「意外だね…陽乃さんにそんな一面があったなんて」

雪乃「それは同感だわ…私も姉さんのあんな姿初めて見たから」

結衣「でもなんか親近感わいてきたな…わたしそんな陽乃さんの方がいつもの陽乃さんより好きだな。
なんかかわいいじゃん!それに安心しちゃった!ヒッキーやゆきのんを苦しめようと企んでないとわかって」

雪乃「でも、のんきなこといっている場合じゃないわ…いくら少し残念な感じになったとはいえあの姉さんよ…それだけ本気で比企谷くんを好きだということなのだから…
もし比企谷くんが今の姉さんが本気で恋してることを知ったら…」

結衣「…うん、ギャップが大きい分、心にくる可能性あるかも…
私も今日のゆきのんの話聞いてちょっとかわいく思えちゃったし」

雪乃「そうね。私は特に比企谷に想いが届かなくて、しょんぼりした姉さん見ると内心イジメたくなるわ…後が怖いからできないけど」

結衣「ゆ、ゆきのん…」

雪乃「とにかく早急の対策が必要だわ…まずは…」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 01:23:31.96 ID:W69ZHu1AO
次の日、放課後

陽乃「…あんなの反則だよ…無理だよ…」

陽乃(戸塚くんという子を観察してわかった。あれは私と全く別の存在だ)

陽乃(小町ちゃんの情報によると比企谷の私への評価が魔王で、戸塚くんは天使らしい。比企谷くんひどいな~)

陽乃(でも、その評価は正しい。今時あんな子がいるなんて…まさに善意の塊というか象徴。裏がなく、誰にでも優しく、明るい子、人なつこくて、不快になる要素がまるでない)

陽乃(彼だけは比企谷くんが出会ったころからずっとどんな時でも優しく接して態度も変えず比企谷くんの味方だった…)

陽乃(これじゃあ、今までつらい人生を送ってきて、疑心暗鬼な比企谷くんでも気を許すのもわかる。
比企谷くんの洞察力は伊達じゃない。私の仮面を初見で見抜いたのだから、そんな彼が無条件で信じる相手…それが戸塚くん)

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/27(日) 01:30:04.87 ID:W69ZHu1AO
陽乃(戸塚くんには悪意が全くないのだ)

陽乃「どうしよう………どうがんばっても私じゃあんな子にはなれないよ!」

陽乃(もちろん真似る事はできる。
だが所詮演技。偽物だ。比企谷くんが気づかないわけない)
陽乃(戸塚くんは素であの性格なのだ。
ガハマさんみたいにキモイキモイと言って照れ隠ししてるわけでも今の生徒会長さんみたいにキャラ作っているわけでもない)

陽乃(それ以前にもう彼には私の本性がバレてるし…ほんと厄介な洞察力。
常に性格を偽って生きてきた私ではいつも素で生きてきた戸塚くんにはなれない…)

陽乃「ほんと戸塚くんが男でよかった~女だったら勝ち目なかったよ」

いろは「あれははるさん先輩…なぜこんなことろに?」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 23:12:22.28 ID:qB7AJMfAO
投稿します

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 23:14:46.68 ID:qB7AJMfAO
いろは「こんにちは~あれっ、せんぱいは?」

雪乃「比企谷くんなら小町さんからの電話かかってきて、近くにいる川崎くんがいるとわかったら、この世の者と思えない表情でどこかに走ってどこかにいったわ」

結衣「ヒッキー!まじシスコン!キモイ!」

雪乃「…由比ヶ浜さん」

結衣「あっ、またやっちゃった…」シュン

いろは「はぁ…よくわかりませんが、せんぱいはいないんですね」

雪乃「ええ、また生徒会の仕事を比企谷くんにやらせるつもりだったのかしら?」

いろは「うっ……あっ、それよりちょっと気になることがあって!」

雪乃「…何かしら?」

雪乃(…話をそらしたわね)

いろは「ここにくる前にサッカー部にちょっと寄っていたんですけど、はるさん先輩を見かけたんです」

「「えっ!?」」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 23:21:40.20 ID:qB7AJMfAO
結衣「それほんとなの!? いろはちゃん!!」

いろは「は、はい。なぜか茂みに隠れてじーと、グラウンド近くを眺めていましたよ」

結衣「なんで陽乃さんが隠れて部活動見ているの?」

いろは「さあ? 複雑な表情しながら何か考えているようでしたけど…」

雪乃「…どの部活を見ていたかわかるかしら?」

いろは「そうですね……サッカー部ではありませんね。あっ、たぶんテニス部ですかね」

「「!?」」ガタッ

いろは「ひゃ!」

結衣「ど、どうしよう~ゆきのん…陽乃さん本気みたいだよ」

雪乃「…まさか敵情視察までするなんて………わざわざ高校まできて」

結衣「どうしよう~このままじゃヒッキーとられちゃう!!」

いろは「えっ? せんぱいがとられる? それって、どういうことですか結衣先輩?」

結衣「えっ? あっ、えーと……それは………べ、べつになんでもないよ!!」

いろは「結衣先輩ウソがヘタですね。まるわかりですよ」

結衣「う…うう~」

雪乃「はぁ………」

いろは「さあ、いってください。何を隠しているんですか?」

結衣「じつは…」





50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 23:26:02.81 ID:qB7AJMfAO
いろは「えええええ!!!!はるさん先輩がせんぱいに恋を!!?」

いろは「ウソ………ウソ…ですよね?」

雪乃「残念だけど本当よ…私も完全に信じていたわけじゃないけど……さっき聞いた一色さんの話を聞くとウソとは思えなくなってきたわ」

結衣「うん、まさか…さいちゃんを観察していたなんて……あきらかにライバルを見にきた恋する乙女の行動だし…」

いろは「え~で、でもあのはるさん先輩がせんぱいなんかに恋するわけないじゃないですか!?」

雪乃「比企谷くんも変人だけど姉さんも別の意味で変人だから…」

結衣「たしかにそうかも…隼人くんをつまんない男と評価しているあたり、普通の女の人違うかも…」

いろは「葉山先輩がつまんない存在? あ、ありえませんよそんなの…」

結衣「事実よ。私自身それは聞いているし、葉山家と雪ノ下家は仕事関係で長い交流があるから一色さんや他の女生徒より姉さんは葉山君のことよく知っているから」

いろは「……そんな関係が…だから正月明けにあんな噂が流れていたんですね」

雪乃「全く迷惑な話よ。姉さんも葉山君を恋愛対象と見てないけど、私もあの男あまり好きじゃないのに……」

いろは「………」

結衣「あ、あはは……」

いろは「ま、まあ……はるさん先輩が葉山先輩に好意持ってなくてよかったです………さすがに私もあんな超美人でスタイル抜群な人なんて相手にできませんから…」

雪乃「それにしてもあの姉さんがそんな表情しているなんて……妹の私でも見たことないのに……
それも一色さんに見られていることさえ気づかないなんて………らしくないわ。いつもの演じている外面の良さはどこにいったのかしら?」

いろは「ええー!!はるさん先輩そんな人だったんですか!? てっきり素だと思ってました!」

いろは「私、騙されていたんですね…ショックです…」

いろは「落ち込むことないわ一色さん。姉さんの仮面を見破る人間なんてごくまれよ。普通は気づかないわ。
むしろ初見で見破れた比企谷くんが普通じゃないのよ」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 23:28:11.02 ID:qB7AJMfAO
いろは「………せんぱいは見抜いていたんですね」

いろは(そういえばせんぱいは最初から私のこと本性見抜いていましたし…はるさん先輩のあんな完璧の仮面を見破れるくらいだから、私のキャラ見抜くのなんて楽勝だったでしょうね…)

雪乃「そんなところが姉さんか気に入るポイントの一つだったでしょうね…でもそれが皮肉な事に比企谷くんを落とす障害にもなっているけど」

いろは「それどういう意味ですか?」

雪乃「姉さん、比企谷くんに告白したらしいのよ」

いろは「こここここ告白!!?」

いろは「それほんとですか!?」

結衣「やっぱり驚くよね~アタシもゆきのんから聞いた時、大声出してパパに怒られたよ…」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 23:30:14.26 ID:qB7AJMfAO
雪乃「本当よ。でも信じてもらえなかったそうよ。何か企んでいると思われたらしく」

いろは「ホッ………それはよか…さすがはせんぱい!あんな美人の告白を拒否るなんて!ネガティブというか疑心暗鬼というか♪」ルンルン

結衣「だよね!…なんか、いろはちゃんうれしそうだね?」

いろは「え~そんなことないですよ~」

結衣(堂々と告白しても信じてもらえないなんて………いつまでたってもヒッキーが私と距離を縮めてこないわけだよ…はあ~)

雪乃「まあ今までの姉さんの行いならそう思われても仕方ないと思うわ。ようするに自業自得ね…
残念なのは比企谷くんに告白を信じてもらえず拒否されて落ち込む姉さんをこの目で見ることができなかったことね」

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 23:36:16.29 ID:qB7AJMfAO
いろは「い、意外ですね…雪ノ下先輩がそんなこというなんて…」

結衣「ゆきのんは陽乃さんに…まあ…いろいろされているから…」

いろは(あんなに美人のはるさん先輩の告白さえ通じないなんて…それじゃあもし、私が告白しても成功しないじゃないですか……)

いろは(あざといとか一言で片付けられるか、葉山の事が好きなんだろうといわれるがオチで…)

雪乃「それにしても予想以上姉さんが動いているわね。
このままじゃまずいわ…比企谷くんと姉さんが付き合うことになったら…比企谷くんはうちの部の備品なのに…」

結衣「ゆきのん!いまのはよくないよ!そういうのやめようと二人で決めたじゃん!」

雪乃「そ、そうね…ついクセで…」

いろは「?」

いろは(なんか二人の様子が変ですね…いつもならせんぱいがいてもいなくてもデフォでキモイとか目が腐っているとかいうのに中断するなんて……
やはり、はるさん先輩の事で危機感を持ち始めている…やっぱり、この二人せんぱいのことを…)

いろは(これは私は早く行動しなければまずいですね!もう様子見とかしてる場合じゃありません!)

いろは(こうなったら…せんぱいたちにはない後輩という立場や年下という利点で使って攻めるしかないですね)

いろは(でもドラクエ5ならせんぱいはヘルバトラーより仲間になりにくいモンスターになるでしょうね…)

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:25:04.83 ID:oI01YDnAO
三日後

八幡「なんだか最近俺の周りがおかしい…妙に優しかったり、暴言を吐かないように気をつけているみたいで意味不明だ…」

八幡「一色はいつもの俺を振る流れをやめたり、遠回しにOK気味な発言するし、なんか変だ…俺じゃなかったら勘違いされてんぞ…」

比企谷家

八幡「ただいま」

小町「………あっ…お、お兄ちゃん…お帰りなさ…い」ソワソワ

八幡(妙に落ち着きがないな?)

八幡「どうした小町、何かあったのか?」

小町「べ、別に何もないよ!お兄ちゃんが特殊な性癖もっていても!人間に希望もてなくなっていても小町はお兄ちゃんの味方だよ!あっ、これ小町的にポイント高い!」

八幡「性癖…希望…? おい、おまえはさっきから何言ってる? なんか勘違いしてないか?」

小町「じ、じゃあ!小町ちょっと出かけて来るから!夕飯はできているから小町の事気にしないで!」タタタ

八幡「お、おい小町…」

八幡「なんだったんだ…一体?」

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:26:54.28 ID:oI01YDnAO
八幡「まあしばらくしたら帰ってくるだろ…さっさと着替えて録画したアニメでも…」ガチャ

八幡「!?」

「………」

八幡「………」バタン

八幡(あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
学校からに帰ってきて自分の部屋に入ったらマックスコーヒーの着ぐるみを着た雪ノ下さんがベッドに腰をかけていた!
な…何を言っているのかわからねーと思うが俺にも何でこんな状況になっているのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ!もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…)

68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:29:36.76 ID:oI01YDnAO
八幡(一体何がどうなっているの!? なんで魔王が俺の部屋にいるの!?
しかもマックスコーヒーの着ぐるみ着ていたし、何これ…わけがわからないよ…俺、頭おかしくなっちゃったのかな?
頭の中メダパニ状態だよ!もしかして幻覚か? そうだ!そうに決まっている!いくらあの人でもあんな着ぐるみ着るなんてことしないだろ………たぶん
それ以前にあんなのどこ売ってるんだよ!!教えろよ!抱き枕するから!あっ、これ八幡的にポイント高くないか?)

八幡「ふぅ~」

八幡(よし落ち着いた!もう雪ノ下さんなんていう恐ろしい幻覚は見えないだろう………ゲームで主人公が自分の家に帰ったらラスボスがいたりするゲームがあってたまるかよ!)ガチャ

陽乃「ひゃっはろー比企谷くん!お帰りー!待っていたよ!」

八幡「………幻覚じゃなかった」orz

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:31:14.45 ID:oI01YDnAO
陽乃「なかなか比企谷くんに会えないから直接会いに来ちゃった♪」

八幡「そうですか…もう会えたんで用はすみましたね。帰ってください」

陽乃「比企谷くんつめたーい!せっかくこんなにキレイなお姉さんがおとなしく待っていたんだよ~もっとお話ししようよ~」

八幡「勘弁してください…ボッチから家の中まで居場所奪わないで」

陽乃「奪うつもりはないよ♪まあ共有するつもりはあるけど」

八幡「あなたの共有は自分の好きなように使うと同義語ですから」

陽乃「もう~比企谷くんは私をなんだと思っているの!」プクゥ~

八幡「………」

八幡(魔王です)

陽乃「まあいいや、それよりどうかな?」

70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:32:22.67 ID:oI01YDnAO
八幡「…どうかなって、その格好のことですか?」

陽乃「そーだよ」

八幡「なんでマックスコーヒーの着ぐるみ着ているんですか!っていうか、そんなのどこで買ったんですか!?」

陽乃「秘密のお店でオーダーにして作ってもらったんだよ。あと、お姉さんがなぜマックスコーヒーの着ぐるみを着ているのか…それはねえ~」

陽乃「私が大好きな比企谷くんに告白するためだよ」

八幡「…………はっ?」

八幡(何言ってんのこの人!ほんと何言ってんの!)

八幡(いくら美人とはいえ、こんな着ぐるみ着た人に好きだと言われてもドキッとしねー)

八幡(万が一、告白が嘘じゃなかったとしてもだ。あまりにもシュールすぎんだろ)

八幡「この前も言いましたけど俺をからかっても…」

陽乃「だから本気なんだってば!」ガバッ

八幡「あっ、そんなに急に立ち上がると」

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:33:37.90 ID:oI01YDnAO
ガン!

陽乃「キャッ!!びっくりした…」

八幡「そりゃあ、そんな縦長の着ぐるみ着て急に立ち上がったら蛍光灯に当たるでしょ」

陽乃「………」シュン

八幡(あれっ意外とドジッ娘? なんかかわいい………いや騙されるな!これも奴の計算ずくの行動に違いない!)

八幡(プロボッチの警戒心なめんな!)

陽乃「うう~なんか恥ずかしいよ~///」

八幡(かわいい///くっ!やりおるこいつ!)

八幡「…それでなんでその格好が告白となんの関係があるんですか?」

陽乃「え~大ありだよ!」

八幡(意味わかんねー!)

陽乃「比企谷くん前の告白信じてくれなかったでしょ」

八幡「それは普段の雪ノ下さん見ていれば俺をからかっているとしか思えませんからね」

陽乃「………うん、それは私の自業自得だね…ごめんね今まで困らせてきて」ペコ

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:34:39.96 ID:oI01YDnAO
八幡「えっ?」

八幡(この人が俺に頭下げて謝るだと…)

陽乃「そして私は反省して思ったの。今のままじゃ比企谷くんの恋人になれないって」

八幡「は、はあ…」

陽乃「そして考えたの。比企谷くんの好きなタイプの女性になろうと」

八幡「えっ?」

陽乃「初めは戸塚くんみたいになろうとしたけど、すぐ私には無理だとわかって…戸塚くんでダメならマックスコーヒーになろうと」

八幡「ちょ、ちょっと待ってください!なんでそんな結論をになるんですか?」

陽乃「そう思った私は着ぐるみをオーダーして」

八幡「聞いてないよこの人…」

陽乃「マックスコーヒーの姿で告白することにしたの」

八幡「………」ポカーン

陽乃「………」

八幡(この人大丈夫か? なんか心配になってきた…)

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:35:30.40 ID:oI01YDnAO
陽乃「あー心配しないでも大丈夫!ほらこのままの姿でも愛し合えるように、ここにジャックが!」

八幡「心読まないでください!それに心配してんのはそこじゃね!頭だ!」

陽乃「フフフ…」ジー

八幡「な、なんで股にジャックが!み、見せなくていいです!」

八幡(く、黒!? しかもなんてセクシー下着だ…)

陽乃「エヘヘ…どうかな比企谷くんドキッとした? 君が大好きなマックスコーヒーちゃんだよ!」

八幡「いえ全く」キッパリ

陽乃「!?!!な、なんで!? どうして…だって君はマックスコーヒーが大好きでソウルドリンクっていうほど愛しているはずなのに…」

八幡「いや、どうしてといわれてもアンタねえ…」

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:36:47.04 ID:oI01YDnAO
陽乃「あっ、わかった!髪の色だね!せっかくのマックスコーヒーの姿してるのに黒髪じゃ萎えるよね…お姉さん失敗しちゃった…
茶髪染めるかカツラをつけてくるべきだった」

八幡「そこじゃありません!まず根本が間違っているんですよ」

八幡「たしかにマックスコーヒーは大好きですが、それはあくまで好物であって恋愛対象ではありません」

八幡「つまり好きな女性タイプ=好物じゃありませんから」

陽乃「そ、そんな…………」ガクッ

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:40:05.43 ID:oI01YDnAO
八幡(俺の言葉を聞いて、あの雪ノ下さんが落ち込みながら、しょんぼりとした顔を浮かべている…
なんかかわいいな、いつもこうだったらいいのに)

陽乃「…これでもダメだなんて……一体どうすれば…」

八幡(俺をからかうためこんな作戦をしたとしたら相当アホなことだと思う…一体どうしちまたんだこの人?
あの恐ろしい魔王雪ノ下陽乃はどこいっちまったんだよ!!!なんでこんな残念なことに…いやその方が助かるけど…)

陽乃「一度ならず二度までも告白に失敗するなんて」

八幡(そんなに俺を騙せなかったのが悔しかったのか?)

陽乃「こうなったら!!」ガバッ

八幡「うおっ!」ドサッ

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:41:22.23 ID:oI01YDnAO
陽乃「私の魅力で比企谷くんをメロメロにしてやるぅ~!!」

八幡「え、えええええ!!」

八幡「なんだこれ!なんだこれ!俺襲われてる!マックスコーヒーに襲われているよぉぉぉー!?」

陽乃「どう比企谷くん私スタイルに自信あるんだよ♪君を骨抜きにしてお姉さんにベタぼれさせるんだから」グイグイ

八幡(いや、たしかにあなたは超美人でスタイルも抜群なんですが…そんな着ぐるみ着ていたら柔らかさどころか体温さえ伝わってきません)

陽乃「フフフ…比企谷くん///」ギュウウ

八幡「は、離してください…これ以上悪ふざけは…」

陽乃(むう~まだそんなこという…絶対比企谷に私を好きっていってもらうんだから!)ギュウウ

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:42:41.98 ID:oI01YDnAO
八幡(なんで缶コーヒーの着ぐるみを着た雪ノ下さんとこんなわけのわからん展開になってんだ!
缶コーヒーにベッドに押し倒されているなんてシャレになんねえぞ!そういえばさっき小町の態度が変だったのはこの人のせいだったのか!)

八幡(この人がいらんこと言ったせいで小町は俺がマックスコーヒーを愛しすぎて普通の女の子に興奮しなくなった性癖持ちと勘違いしたのか…)

八幡(おのれ魔王め…)

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:43:45.06 ID:oI01YDnAO
陽乃「あっ、そうだジャック下ろしとかないと///」ジー

八幡(おいおい…まさか…)

陽乃「比企谷くんのも脱がさないとね///」ポッ

八幡「い、いやあああああ!!!やめてぇ!!八幡お嫁にいけなくなっちゃう~!!」

陽乃「大丈夫だよ!私がもらってあげるから♪」

八幡(ウ、ウソだろ…初体験の相手がマックスコーヒー(着ぐるみ)だなんて…俺の初体験無機物かよ!生物ですらないのかよ!…こんな展開ありえねえ)

79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:48:01.13 ID:oI01YDnAO
陽乃「私も初めてだけどがんばるから///」

八幡(ボッチ男と缶コーヒー着ぐるみ女と初体験…それなんてエロゲー?)

八幡(まずい!このままマックスコーヒー(雪ノ下さん)とやったら普段からマックスコーヒーとセックスする妄想していた危ない性癖持ちだと思われるだろうが
いくらプロボッチの俺でも「缶コーヒーと擬人化させて妄想する変態とか缶コーヒーに興奮する危ない奴と言われたらお外に出られなくなっちゃう~)

八幡「や、やめてください!これ以上俺をみじめにさせないでください!」

陽乃「えっ? どういうこと…」

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:54:18.70 ID:oI01YDnAO
八幡「このままやったら俺はマックスコーヒーを愛しすぎて普通の女の人に興味持たなくなった特殊性癖持ちの変態野郎になってしまいます!!」

陽乃「あっ」

八幡「それが周りに知られたら俺は社会的に抹殺されちゃいますよ…」

八幡(まさかそれがこの人の狙いなんじゃ…)

陽乃「わ、わたしは…なんてことをしようとしていたの…」サアー

八幡(し、信じられない……普段強化外骨格のこの人がこんなに顔を青ざめるなんて…)

八幡「それにマックスコーヒーを見る度に初体験を思い出すようになったら俺恥ずかしく死んじゃいそうですよ…」

陽乃「………そうだね。ごめん比企谷くん…お姉さん完全にムキになってた…」

八幡「わかってくれたならよかったです…あと、どいてもらえませんか?」

陽乃「う…うん」

八幡(やけに素直だな。この前も引き下がってくれたし、この人は相手が嫌がるとますます喜ぶ人だったはずなのに…)



82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 17:56:10.76 ID:oI01YDnAO
陽乃「比企谷くん今日は迷惑かけたね…」
八幡「いや…まあ…途中で俺の話聞いてちゃんとやめてくれたんでそこまで気にしなくても…」

陽乃「あはは…比企谷くんはほんと優しいね」

八幡「…別にそんなことは」

陽乃「今日は帰るね…今度会う時まで頭を冷やしておくよ。それと…」

陽乃「比企谷くんを大好きだというのはウソじゃないから
雪乃ちゃんよりも愛しているよ」

八幡「なっ///」

陽乃「フフフ…今度こそ信じてもらうからね♪そのときは相思相愛になれるとうれしいな///」

八幡「………」

陽乃「バイバイ」

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 18:07:10.02 ID:oI01YDnAO
陽乃(ああ…私たら、なんておろかなことを……比企谷くんを逆レイプしようだなんて…比企谷くんの気持ちも考えずに…)

陽乃(あのとき受け入れられたとしても私ではなくマックスコーヒーを見て愛しているだけで私の事を見てくれてない…そんなの嫌だ!!絶対嫌!!)

陽乃「ありがとう比企谷くん私を止めてくれて…」

陽乃「この恩は忘れないよ…私も自分の事だけでなく比企谷くんのために何かしないと」

「奉仕部って生徒3人と顧問1人の部活らしいぜ」

「4人だけかよ。まるで四天王だな」

陽乃(おっ、ちょうど比企谷くんたちの話をしてるね♪どんな話かな…)

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 18:08:32.58 ID:oI01YDnAO
「四天王というばゴルベーザ四天王を思い出すな」

「そうだな…じゃあ奉仕部がどのキャラに合うか決めて見ようぜ」

「バルバリシアは断然由比ヶ浜さんだな」

「やっぱそうだよな!なんたって由比ヶ浜さんは」

「「一番エロいからな!」」

陽乃「………」

「あのはちきれんばかりのバスト!」

「着崩した服装!」

「誰がどうみてもエロいよな」

「誘っているとしか思えん」

「一度でいいからあのおっぱい鷲掴みしてえ」

「たまらねえ~」

「ルビカンテは誰だ?」

「やっぱリーダーシップがありそうな人だな」

「雪ノ下さんか平塚先生だな?」

「いや雪ノ下さんは氷のように冷たいから火属性のルビカンテは似合わないだろ」

「だな、あの凍てつくような冷たい眼差しはどうみても氷属性だな」

陽乃「…」イラッ

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 18:11:28.09 ID:oI01YDnAO
「でも四天王に氷属性いないしな」

「じゃあカイナッツォはどうだ。水属性だからどっちかというと氷に近いだろ」

「そうだな…じゃあルビカンテは平塚先生か?」

「だな。あの人熱い漢ような心持っていそうだし」

「でもあの人以外と寂しがり屋だからカイナッツォぽいとこもないか?」

「そうなのか?」

「ああ、婚活パーティーで失敗して結婚したいとすすり泣くのを空き教室で聞いた」

「マジで!」

陽乃(モブ生徒まで静ちゃんの結婚願望知られているんだ…静ちゃんかわいそう~)

「そしてどう考えてもヒキタニはスカルミリョーネだな」

陽乃「!?」

「目が腐っているしなwww」

「ああ、まるでアンデットみたいだぜ!あの腐った目は!ギャハハハwww」

「だよなwあの腐った目のクズ男はアンデットのスカルミリョーネがお似合いだぜww」

「休みの日とか暗い部屋で引きこもっていそうだよな…アンデットみたいに光とかの聖なる力とかに弱そうww」

「それある~w奉仕部でも一番下っ端ぽいからゴルベーザ四天王の一番下っ端のスカルミリョーネでぴったりじゃねーかww」

「ヒキタニほどリアルでスカルミリョーネにぴったりな奴いねーだろw」

「「あはははははははは!!」」

「んっ?」クルッ

陽乃「………」<●><●>

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 18:23:43.01 ID:oI01YDnAO
八幡「わからない…雪ノ下さんのことがわからねえ…」

八幡「あの人は何がしたいんだ? 何が目的なんだ?」

八幡「それに俺を好きだと? バカな!ボッチで目が腐っていて、学校一の嫌われ者の俺があんな超人が…」

八幡「バカバカしい…そんなのありえるかよ…」

八幡(だが、心はどう思っているかは別だが、あの人は初めて会った時から俺の事をキモいなどの言葉や目が腐っている暴言はいまだ口にしたことない)

八幡(以前の俺のやり方を否定しなかった…むしろほめてくれた。認めてくれた)

『君はおもしろいね』

『雪乃ちゃんにはもったいないよ』

『比企谷くんのそういうとこ私は好きだな』

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 18:49:47.71 ID:oI01YDnAO
八幡(初めて会った時から俺を見た目で決めつけず、内面を見てから評価してくれたのは戸塚除けば雪ノ下さんだけかもな…)

八幡「初めて雪ノ下さんと出会った時、近くに雪ノ下がいても俺に悪意を向けなかった。俺に匹敵するほどのシスコンであるにも関わらずだ」

八幡「もし、俺だったら小町の近くに男がいたら、そいつがイケメンとかリア充とかいい奴がどうか関係なしに遠ざけようとしたり、排除しようとする」

八幡「だが雪ノ下さんはそうしなかった。
見た目や雰囲気だけで理不尽な扱いを受けてきた俺にとってそれは新鮮だった」

八幡「当時の俺は恐怖に捕らわれていて、その事に気づけなかった…
あの人の仮面の下が恐怖と冷酷な面だけではなく他の一面もあったのかもしれないないのに…」

八幡「もし雪ノ下さんの告白がウソじゃなかったら俺はどう答えるべきだったのだろうか…」

八幡「ここ最近の出来事が全て演技ではなく本物だったら、かわいすぎるだろ///」

八幡「雪ノ下さんの恐ろしさが減少気味になっている気がする…」

八幡「んっ、これは雪ノ下さんが置いていったのか?」

八幡「………」

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/11(日) 19:38:59.24 ID:oI01YDnAO



八幡「ふぅ~」

八幡「なんという抱き心地…これはいいものだ…」

八幡(癒される…)

八幡「俺の部屋に置いていたんだし、しばらく抱き枕に使うくらいいいだろ…」(つ・ω・)つマックスコーヒー着ぐるみ

八幡「すう…」

八幡「なんかすげーいい匂いがする…あっ、そうか雪ノ下さんのシャンプーの匂いか
高級感あるいい香りだな…そこらへんの市販のシャンプーとまるで違う…」

八幡「やっぱりマックスコーヒーは最高だな~」ニヘラ

小町「ただいまお兄ちゃん!ごめんね急に飛び出していっちゃって!で、でも私は信じていたよ!おにいちゃんにそんな性癖ないって!これポイント高い」ガチャ

小町「………」

八幡「………」

小町「………」ニコッ

八幡「………」ニコッ

バタン

八幡「ま、待ってくれ小町!!話を聞いてくれえ!!ご、誤解だ!!」

小町「………」スタスタ

八幡「罵られたり軽蔑されるより無視されるのが一番つらいぞ!これは違うんだ!俺は特殊性癖持ちじゃない!」

小町「………」スタスタ

八幡「くっそー!どうしてこうなった!俺は!俺は!ノーマルだ!!信じてくれええええ!!!」

121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 23:55:29.04 ID:yGZiR4/AO
葉山「は、陽乃さん」

陽乃『ひさしぶりだね隼人。元気にしていたかな?かな?』ゴゴゴゴゴ

葉山(なんだ…この異常なプレッシャーは………電話からなのにここまで伝わってくるなんて…)ビクッ

葉山「な、なにか俺に用があるんですか?」

陽乃『はっ?私が隼人なんかに用なんかあるわけないでしょ?』

葉山(…なんかいつもよりトゲがある言い方だな)

葉山「…じゃあなぜ電話を?」

陽乃『命令…警告しておこうと思って』

葉山「なっ!?」

葉山(お、俺…陽乃さんを怒らせるようなことをしたか…?最近陽乃さんとは会ってもいないし、
雪乃ちゃんにもたいして関わっていない…怒られるようなことはしてないはずだ)

陽乃『隼人、あんた最近の事を考えているでしょ?それハズレだから』

葉山「!?」

葉山(こ、心読まれている…相変わらず怖い人だ…)

陽乃『今年もだけど…主に去年散々迷惑や厄介事を押しつけたよね…」

葉山「えっ…?」

陽乃『比企谷くんにさぁ~』<●><●>

葉山「ひぃ!!?!」

陽乃『アハハー!!なに悲鳴あげているの隼人w電話ごしでも怯えているのが十分伝わってくるよ~』クスクス

葉山(お、怒っている………この人完全に俺に怒っているんだ…)

葉山(こんな底冷えするような冷たくて低い声初めて聞いた…)

葉山(この人の怖さは知っていたつもりなのに…なんだこの恐怖は…幼なじみの俺さえここまで怖い陽乃さんは初めてだ………)

陽乃『知らないとは言わせないよ。チェーンメール、千葉村、文化祭、修学旅行、他にもアンタのグループ関係の厄介事を比企谷くんのおかげで解消してもらっていたよね』

葉山「そ、それは…」

陽乃『特に文化祭や修学旅行で比企谷くんに負担や苦痛を与えたよね。アンタの無責任さや他力本願のせいで』

葉山「ちょ、ちょっと待ってくれ!文化祭は相模さんが悪くて俺は別に…」

陽乃『でもアンタがあんな相模って子を推薦したのが事の始まりだよね』

葉山「っ!?」

葉山(そこまで知っているのか)

陽乃『あんな無能で無責任な子が文実にならなければ雪乃ちゃんも倒れなかったし、比企谷くんもあんな自己犠牲しないですんだんだよ」

葉山「………」

陽乃『それなのにアンタは特に何もせずヒーローのように評価され、すごくがんばった比企谷くんは学校中の嫌われ者になった…これってあんまりだよね?』

122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 23:59:18.59 ID:yGZiR4/AO
葉山「だ、だがあの時はそうするしか…」

陽乃『そもそもアンタ一体何していたわけ?幼なじみの雪乃ちゃんが倒れた原因を作った相模って子に優しくしてさ~普通だったら怒るとこだよね』

葉山「そ、それは…」

陽乃『文化祭の準備中もさぼっていたその女を連れて来ようともしないでのこのこひとりで文実にやってくるなんて何考えてんの?」

葉山「うっ…」

陽乃(まあ文化祭は私にも原因あるからね…あの頃、私も比企谷くんがあそこまでやるとは思ってなかったし…
それを知った時、当時の私は好感度急上昇してベタ褒めしてしまったけど…でも結果的に辛い思いさせてしまったね)

陽乃(雪乃ちゃんの成長のためにやったことだけど、巻き込んでしまってごめん…)

陽乃(ごめんね……比企谷くん)

陽乃『修学旅行ではグループ内の問題を自分で解決できず奉仕部…いや比企谷くんに丸投げした上に比企谷くんがどの方法使うかわかっていながら頼んで解決させたくせに
その後、比企谷くんのやり方を否定した。ほんと何様?自分のグループ内の事何一つ解決できない役立たずの分際で』

葉山「くっ…」ギリッ

陽乃『なに?なんか文句あるの?いってみなさい』

葉山「…な、ないです」アセッ

陽乃『ほんとつまらない男ね隼人は。アンタは比企谷くんに災いしかもってこないね』

葉山(この人相手じゃ何も言い返せない…仮に言い返せてもすぐやられる。そもそもなんでこの人が比企谷の事でここまで怒っているんだ?)

葉山「どうしてそこまでヒキタニのことを…」

陽乃『はっ?ヒキタニ…ふざけるな!!』

葉山「!!?!」ビクッ

陽乃『そんなに死にたいのアンタ…比企谷くんの名前をわざと間違って呼ぶなんて』

葉山「す、すすすいません…つい」オドオド

陽乃『もし、次にその名前で比企谷くんを呼んだら

消すよアンタ』

葉山「」ゾクッ

陽乃『………二度と呼ぶな。私の前でも比企谷くんの前でも他の人間の前でも…』

陽乃『私にかかれば県内じゃなくてすぐわかるからね。たとえば…京都とか』

葉山「!?」

葉山(そ、そんな…まさか知っていたのか…全て)

葉山「…な、なぜなんですか?」

陽乃『ん~』

葉山「なぜ陽乃さんは比企谷の事をそこまで気にかけるんですか…」

123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 00:02:45.83 ID:UNho6d+AO
陽乃「…好きだから」

葉山「………えっ?」

陽乃「私、比企谷くんが大好きなのよ」

葉山「!?そ、それ………ほんと…です……か?」

陽乃『ほんとだよ///私は比企谷くんが好きで好きでたまらないの♪今すぐ恋人にしてイチャイチャしたいくらいに』

葉山「ほ、本気ですか」

陽乃『本気。初めは雪乃ちゃんのためにずーっと我慢しようと思っていたけど、あまりに進展しないし、あげくライバルまで増えちゃって』

葉山(まさか、いろはのことか)

陽乃『だからもう気持ちを抑えるのやめた。他の女に奪われる前に比企谷くんを攻めて好きになってもらうんだ♪』

葉山(演技かどうかはわからないが…これが陽乃さんなのか?まるで別人のようだ…俺にゴンさん並の殺気とプレッシャーをかけたあの陽乃さんなのか)

葉山(比企谷は陽乃さんさえ変えてしまったのか…)

陽乃『だから私は比企谷くんが喜んでもらえたり力になってあげたいの♪だから』

陽乃『次に比企谷くんをあんたたちのくだらないいざこざに巻き込んだら』

陽乃『[ピーーー]よ(社会的に)』

葉山「………う……………あ……」

陽乃『私にとってアンタやアンタのグループの人間が死のうが苦しもうがどうだっていいのよ~
いっそ壊してもいいくらい♪』

葉山「や、やめ…」

陽乃『でもね、今回は警告だけにしてあげる。でないと修学旅行の比企谷くんの行動とその後、雪乃ちゃんたちに否定され心が傷ついてまで比企谷くんの達成した依頼を無に返すことになってしまうから』

葉山(し、信じられない…この人が雪乃ちゃん以外の…しかも知り合って一年も満たない赤の他人の比企谷の事をそこまで考えているなんて…)

陽乃『アンタたちのグループの関係って薄ぺらいよね。ハリボテのように作られた見せかけみたいにね』

葉山「そ、そんなことは」

陽乃『ハリボテよ。ちょっとの衝撃で崩れてしまいそうなほどね。
グループと無関係な比企谷くんの支えなしでは維持できないくらい」

葉山(く、悔しい…言い返すこともできないなんて…相手がこの人でなければ無理やり黙らせる事ができるのに…)

陽乃『比企谷くんに感謝するんだね。もし比企谷くんが関わってなかったら壊していたよ』

葉山「っ!!」ゾクッ

陽乃『でも次はないからね。もしアンタが比企谷くんにむやみに近づいたら容赦なく排除するよ!!」

葉山「ひ、ひい!」

124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 00:05:42.28 ID:UNho6d+AO
陽乃『あ、あと雪乃ちゃんにも近づいちゃだめだよ』

葉山「…雪乃ちゃんにさえ近づいちゃだめなのか?」

陽乃『そう、ってゆか隼人ウザイ!比企谷くんに無駄に対抗心もったりしてるし、頼っておきながらやり方を否定するし、アンタ何様なの?」

葉山「で、でもあのやり方は」

陽乃『あんたのやり方や価値観を比企谷くんに押しつけるな!だいたい『みんな仲良くなんて』簡単にできたらイジメも戦争も起きないわよ。せいぜい幼稚園にしか通用しないよ」

陽乃『それに私は比企谷くんを愛する前から比企谷くんのやり方気に入っているの。アンタの甘い幻想と違ってね。ちゃんと結果も出てるの、わかる?」

葉山「そ、そこまで比企谷くんのことを…」

陽乃『私では小町ちゃんや戸塚くんみたいに比企谷くんを癒やすことができない…
人を偽りの仮面で騙し、利用し、偽物の優しさで人に好かれてきた私ではできない……だから私は』

陽乃『比企谷くんに害を及ぼす者、利用しようとする者全て排除することにした』

葉山「な、なんだってぇぇぇぇー!!!?」

陽乃『比企谷くんが傷つけらる前に私が排除するの。私って昔からこういうの得意なんだよね♪隼人も知ってるよね~ふふふ…』

隼人「……あ……………あ………あ……………………あ……」

陽乃『私、大好きな比企谷くんのためならなんだってやるよ…どんなことだろうとね』ニタァ~

葉山「………」ガタガタ

陽乃『ああ、そうそう!明日学校でおもしろいお知らせがあると思うから楽しみにしてなよ』

葉山「えっ?」

陽乃『そんじゃねえ~』ピッ

葉山「おもしろいお知らせだって…一体何があるというんだ」ガクッ

125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/22(金) 00:09:59.50 ID:UNho6d+AO
はるのんのお部屋

陽乃「これで隼人の動きは封じた。比企谷くんが巻き込まれて余計な気苦労や責任に負う可能性がだいぶ減ったよ」

陽乃「隼人は昔から私には逆らえないから警告を無視することはないね」

陽乃「………」

陽乃(さっき隼人にはああはいったけど、万が一隼人が警告無視してあのグループが崩壊することになってもガハマちゃんだけは被害が及ばないようにするつもりだよ)

陽乃(だってあの子は比企谷くんにとっても雪乃ちゃんにとっても大事な存在だからね傷つけたくないよ)

陽乃「………」

陽乃「私も変わったな~ガハマちゃんも恋のライバルなのに」

陽乃「以前の私だったら全く気にせず邪魔者は容赦なく潰してきたのに…」

陽乃「やっぱり私も女だったのかな。好きな人の悲しむ顔を見たくないと思うなんて…」

陽乃「比企谷くん…早くまた会いたいよ…」シュン

133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 14:49:55.20 ID:880fpDdAO
八幡「なあ、小町…」

小町「………」

八幡「話を聞いてくれよ…」

小町「………」

八幡「あれは…その……別にマックスコーヒーに欲情したわけじゃないんだ…ただ、抱き心地をな…」

小町「………」

八幡「うう…」(;_;)

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:37:18.79 ID:kAYSJhqAO
ゆきのんのマンション

雪乃「ただいま」ガチャ

雪乃(姉さんはもう帰ってきてるみたいね…)

雪乃(くっ、今日も比企谷くんとの仲が進展しなかったわ)

雪乃(最近なぜか一色さんが比企谷くんによくベッタリくっついてきてるし、由比ヶ浜さんは怪しいって疑っているけど
一色さんは葉山くん狙いのはずよ…そんなことあるはずが)

雪乃「それより今は姉さんが比企谷くんを手に入れるためどんな手を使ってくるか…」

雪乃(!姉さんの部屋のドア少し開いている…珍しいわね、あの姉さんがドア閉め忘れるなんて)

はるのんのお部屋

陽乃「~♪」

陽乃「ふふふ…できた!比企谷くん喜んでくれるかな」つ小町人形

陽乃(今日の事反省して気づいた。一方的に好意を押しつけるのではなく比企谷くんが喜んでもらえることをして少しずつ私を好きになってもらった方がいいって)

陽乃(比企谷くんは小町ちゃんの事大好きだから気に入ると思うし、でも)チラッ

戸塚人形『…』

陽乃(ある意味一番の恋敵ともいえるこのぬいぐるみを作るのはさすがに心は複雑だけどね…)

陽乃「でも比企谷くんが少しでも幸せになってくれたら私もとってもうれしいし」

陽乃「そしたら少しは私の事好きになってくれるかな」(≧∇≦)エヘヘ

陽乃「うう~比企谷くん…早く会いたいよ~」つヒッキー人形

陽乃「比企谷くん大好きだよ~一日中ラブラブしたいよ~」ギュウウ

雪乃「何をしているのかしら」

陽乃「にゃ!?」

陽乃「ゆ、雪乃ちゃん!?い、いつからそこに…勝手に私の部屋入ちゃダメだよ///」ハワワ

雪乃(な、なによこれ…これがあの姉さん………ありえない…ありえないわ……
こんなに顔を真っ赤にして慌て戸惑う人物が姉さんなわけがない…偽物よ!)ジー

陽乃「はう~///そ、そんなに私の部屋見ないでよ…恥ずかしいよぉ~」

雪乃(私の姉がこんなにかわいいはずがない!これはメタモンよ!)

陽乃「人の部屋に勝手に入るなんて雪乃ちゃんひどいよ~あんまりだぁ~」ウガー

雪乃「だったらちゃんとドアくらい閉めなさい。最初から開いていたわよ」

陽乃「えっ!?ウソ…じゃあ…今までの全部見てた?」

雪乃「ええ、すべて」ニヤリ

陽乃「はううう…///」

雪乃(こんな隙だらけな姉さん初めてよ…)

141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:39:00.15 ID:kAYSJhqAO
雪乃「ところで何をやっていたのかしら?見たところぬいぐるみを何体も作っていたみたいだけど」

陽乃「…比企谷くんにプレゼントしようと思って」

雪乃「プレゼントですって!!」

雪乃(なんてこと…姉さんは比企谷くんに好かれようとそんな手を打ってきたのね…戸塚くんと小町さんのぬいぐるみなんてあの男は発狂するほど喜ぶに決まっているじゃない!)

雪乃「…そこにある長細いぬいぐるみは何かしら?」

陽乃「マックスコーヒーだよ♪」

雪乃(くっ!そこまでやるの…この女相当本気みたいね…)

雪乃(それに相当気合い入れて作ったみたいね…くっ、私もやればこれっと近い出来のぬいぐるみは作れるけど…んっ?)

『にゃあ~ん』

雪乃「!!?!」ズギューン

雪乃「ね、ぬ、姉さんそ、そのぬいぐるみは…」

陽乃「これ?これは比企谷くんの家の飼い猫カマクラちゃんだよ♪他のと一緒に作ってみたんだ」

雪乃「あらそうなの…よくできているわね」

雪乃(こ、これはカマクラくんそっくりじゃない///ぜひナデナデしないと)そぉ~

陽乃「さわらないで!」くわっ

雪乃「っ!!」ビクッ

陽乃(はっ!私たら雪乃ちゃん相手にこんなにムキになっちゃうなんて…)

雪乃「姉さん、これはあの時の仕返しかしら」ギリッ

陽乃「え?い、いや別にそんなつもりないよ…今は反射的に出てしまっただけだから
その子も比企谷くんにプレゼントするから触ちゃダメだよ」

雪乃「くっ…そ、そう…好きにすればいいわ」

雪乃(な、なによ…ちょっと触るくらいいいじゃない!姉さんのバカ…)

陽乃「う~ん…ぬいぐるみだけでなくお菓子をつけようかな♪比企谷くんきっと甘党だからチョコやクッキーもいいかも♪喜んでくれるとうれしいな~エヘヘ…」(≧∇≦)

雪乃(ま、まずい…これはまずいわ!悔しいけど姉さん私以上のスペックを持っている。もしその姉さんがフルパワー!!100%中100%で愛情たっぷりでお菓子なんて作ったら…私のアイデンティティが姉さんに奪われてしまう…)

雪乃(比企谷くんの中の料理上手ランキングで私を抜いてしまう…)

142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:41:05.81 ID:kAYSJhqAO
陽乃「ねえ雪乃ちゃん?比企谷くんもきっと喜んでくれるよね?毒とか変なものが入っていると警戒しないよね?」ウルウル

雪乃「…どうして私に聞くのかしら?」

雪乃(わざとやっているのかしら?)

陽乃「あっ、いけない!雪乃ちゃんは味方じゃなかった!」

雪乃(わざとじゃなかったのね…ああ…これが私がかつて目標にしていた姉さんだなんて…)

雪乃(人は変わってしまうのね…誰も運命に逆らえないというの…)

雪乃「でもその比企谷くんのぬいぐるみを脂肪の塊で挟むのはやめてくれないかしら…すごく感に障るわ」イライラ

ヒッキー人形『天国だぜぇ~』ぎゅむむ

陽乃「ウフフ…比企谷くん♪」

雪乃「…聞いてないわね」

雪乃(そういえば姉さんはいつカマクラくんに会ったのかしら?今まで見たことないはずなのにどうやってぬいぐるみに…)

雪乃「まさか!姉さん比企谷くんの家に行ったの!?」

陽乃「し、知らない!!私行ってないよ!小町ちゃんに入れてもらってカマクラちゃんをナデナデしたり、抱きしめたりなんかしてないよ!!」

雪乃「姉さん!!」
陽乃「ふえっ!!…ふ、ふーんだ…私が比企谷くんの家にいこうが行くまいが雪乃ちゃんには関係ないも~ん!」

雪乃「なんですって!?」

雪乃(私なんていまだ比企谷くんのお家一回も行ったことないのに…)グヌヌ

雪乃(このままじゃ非常にまずいわ
あのお方の力を借りるしかないわね)

雪乃(きっとあの人ならへし折ってくれるわ)

143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 23:45:32.19 ID:kAYSJhqAO
八幡のおうち

小町「はぁ………」

比企谷父「どうした小町?ケフカでも出たのか?」

小町「違うよ…お兄ちゃんが様子がおかしくて…」

比企谷父「あいつはいつも変だろ」

小町「そうだけど…いつもと違ったおかしさで」

比企谷父「ふ~ん…」

小町(相変わらず無関係だ…)

小町「お父さん何読んでいるの?」

比企谷父「幽遊白書」

小町「たしかハンターハンターと同じ作者だっけ?」

比企谷父「そうだ…おもしろいぞ」

美しい魔闘家鈴木『老いは醜い…
だから私は死のうと思う…美しいままで……
だがその前に伝説をつくる』

小町「………」

小町「お兄ちゃんもあんな危ない性癖に目覚めるくらいならこの漫画のキャラみたいに変な人になった方がよかったのかもしれない…」

比企谷父「!?」

比企谷父「危ない性癖だと………まさかあの野郎!実の妹を性的な目で見て興奮する変態野郎になっちまったのか!?」

小町「まだそれだったら小町的にポイント高かったけどね」

比企谷父「えっ?」

小町「えっ?」

156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 20:39:07.15 ID:DQzaEUuAO
ゆきのんちのベランダ

陽乃「あーあ、この私が雪乃ちゃんの前であんなに取り乱すなんて…」

陽乃「こんなことはじめてだな…これも比企谷くんが私を本気でホレさせるのがいけないんだよ///」

陽乃「比企谷くんと早く恋人になりたいなあ~お姉さん早く本当のデートしたいよ~」

陽乃「でも今日迷惑かけちゃったし…あんまりしつこく会いに行ったら、うっとうしい女と思われちゃうかな?」

陽乃「だから少し間をおかないと…同じ学校の雪乃ちゃんたちがうらやましいよ」シュン

陽乃「今は比企谷くんの情報集めることとプレゼント作戦に専念しよう!………恋占いでも今は会わない方がいいとでてるしね」

☆キラーン

陽乃「あっ、流れ星!比企谷くんと結婚できますように!比企谷くんと結婚できますように!比企谷くんと結婚できますように!」

陽乃「やったああああ!流れ星が消える前に願い事三回いえた♪これで比企谷くんと結婚できるかな?かな?」(≧∇≦)エヘヘ

陽乃「縁起がいいな~♪これってもうはるのんエンド確定だよね♪」\(^o^)/ワーイ

雪乃「………」

陽乃「子供は三人以上欲しいな~男の子1人と女の子2人♪でもでも、比企谷くんが望むならたとえ10人以上でもつくちゃうよ♪キャー///比企谷くんのエッチ~!!」バンバンバン

雪乃「………」

陽乃「あ、そうだ!恋愛運向上させるためパワーストーン買わなきゃ!」

陽乃「ローズクォーツとアメジストとそれから…」

雪乃「………」

陽乃「ひゃん!ゆ、雪乃ちゃんいつからそこに!盗み聞きなんて趣味悪いよ!」プンプン

雪乃「夕飯できたわよ。あと声が大きすぎだわ。しかも手すりまで叩いて…近所迷惑よ!」

陽乃「ふえ///」

雪乃(なにこのかわいい生物…)

陽乃(うわーん!どうしよう私の恥ずかしいセリフ聞かれちゃった!ど、どうしよう恥ずかしいよぉ~)ダダダ

雪乃(こ、これは相当重症ね…)

雪乃(私の姉がこんなにかわいいはずがない)

陽乃「ひゃああーん!!」ガバッ

雪乃「ちょ、姉さんなに布団被っているのよ!夕飯は!?」

陽乃「い、いらない///察してよもう!!」ゴロゴロ

雪乃(しゅ、羞恥心のあまり布団を被って転がっている…)

雪乃(一刻の猶予もないわ!明日絶対あの人にフラグをへし折ってもらわないと!)グッ

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 00:08:33.83 ID:qC+vkl2AO


カタストロフィー『ギャアアアアー!!』

アボーン

八幡『ふう…なんとか倒せたな』

陽乃『とじこめられてたの。助けてくれて、ありがとう!これはお礼よ…』チュっ!!

八幡『ちょ///あんた!いっちまったよ…』

八幡(キレイな人だったな…だがなんだあの得体のしれなさは)

八幡『…とりあえず先に進むか』



八幡『王の間か、あの扉を進めば屋上にいけそうだな』テクテク

八幡『どうなってんだ!?扉に向かおうとすると元の場所に戻される!』

八幡『これはおかしい…もう一度!やっぱりだめか…』

『逃げられないよ…』

八幡『!?あんた、さっきの』

陽乃『あたしの死のキス受けたろ!』

パアアア

八幡『なっ…』(さっきまでの姿は変身した姿だったのか!)

陽乃『かわいがってあげる…』

陽乃『次元城の王!ハリカルナッソス様がなっ!!』





八幡「………なんつー夢見てんだ俺…」

164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 00:12:54.36 ID:qC+vkl2AO
八幡(しかも雪ノ下さんが出てくるなんて…)

八幡「トルルルルルって、いわれたと思ったらカエルにされるとはな…いくら小学時代ヒキガエルって徒名だったからってあんまりだ」

八幡(最近いろいろ妙なことが起こるな…雪ノ下さんに告白?されたり、一色たちが妙に優しくなったり、雪ノ下さんがマックスコーヒーの着ぐるみ着て襲ってくるしあげく変な夢見るし…)

八幡「とりあえず顔でも洗って…」ムニ

八幡(なんだ?この柔らかくて肌触りのいい心地いい感触は…それに張りがあっていつでも揉みたくなるこの馴染む感じは?)

小町「う~ん…ムニョムニョ…お兄ちゃんてば意外とテクニシャン…」

八幡「はうわっ!!」バッ

八幡(な、なんで小町が俺の隣に寝てんの!?しかも全裸だし!!ワケがわからないよ!!!)

八幡(お、落ち着け!よく思い出すんだ…寝る前間違いなく小町はいなかった!
だから禁断の関係にはなっていないはず…だよな?そうだよな?ウソだといってくれよバニー!!)

八幡(ということは小町が俺の部屋に忍び込んだのか?何のために?いくら俺を驚かすためにしても全裸にやりすぎだろ)

八幡「それにしても…」

小町「ZZZ…」プルン

八幡(小町成長したな…中学のころはBカップだったのに今じゃ立派なCカップじゃねえか)

八幡(毎日小町を自転車で学校に送っている途中、小町の成長を背中で確認してはいたがこうして生で見ると成長しているのがよくわかるな)ウンウン

八幡(この手で揉みごたえも確認できたし…フヒッ!)

八幡「成長したな小町」

小町「///」

八幡「はっ、いかん!なに俺は素っ裸の妹の胸を凝視してんだ!いくら千葉の兄弟とはいえこれはまずいだろ!」

八幡「とりあえず小町にフトンを被せて///」バサッ

八幡「こ、この事は見なかった事にしよう!うん///」

八幡(親にバレたら殺される…)

八幡(はうわっ!って何だよ、あざといわ!俺はテイルズのアニスちゃんかよ!)

八幡(冷水で頭を洗って冷やそう…小町胸最高の感触だったな)バタン

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 00:14:19.01 ID:qC+vkl2AO
小町「………」パチッ

小町「よかった~お兄ちゃん小町の身体で興奮してくれた。
人間の女に興味がなくなったわけじゃなかったんだね♪」

小町「それにしても///」(お兄ちゃんのボッチチンポ!略してボッチンポすごく大きかったなぁ~♪まさか18cm以上あるなんて小町的にポイントオメガ高いよぉ~♪)

220: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:28:21.21 ID:v078L+mA0
道端

八幡「…とりあえず小町と一線をこえてなくてよかった…ほんとよかった」

八幡「…いくら俺が小町好きすぎでもそれはやってはいかんやってはいかんのだよ」

八幡「それにしても小町はなぜ裸で俺の布団に入ってきたんだ」

いろは「せんぱ~い」ギュ

八幡「うおっ!?い、一色か」

いろは「そうですよ♪せんぱいの可愛い可愛い後輩のいろはちゃんですよ♪」キャピ

八幡「そ、そんなに腕に抱きつかないでくれ!プロボッチの俺にはそんな耐性ねえんだから」

八幡(こいつなんで最近スキンシップがすごいの?毎日毎日抱きついてきやがって
俺じゃなかったら絶対勘違いされんぞ)

八幡「それにしても」

いろは「ええ~いいじゃないですかぁ~」プニプニ

八幡(こいつ意外と胸大きいよな着痩せするタイプなのか)

八幡(こいつが抱きついてくるようになるまで気づかなかったわ)

八幡「いや俺だから勘違いしないが普通の男は勘違いをされちまうぞ
だから気軽に抱きつくのはもうやめとけよ」

いろは「なにいってるんですかぁ~こんなこと他の人には絶対しませんよ」

八幡「へっ?」

いろは「私がこんなことするのは先輩だけなんですから」

八幡「っ///」

221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:30:54.52 ID:v078L+mA0
八幡(なにこれ…すげえかわいい………ほんとにこいつ一色かよ!?
 フリオニールを騙そうとしたラミアクイーンかなんかじゃねえのか?)

八幡「おまえは葉山が好きなんだろ…こんな所誰かに見られて噂にされたら困るだろう」

いろは「…葉山」ボソッ

八幡(えっ、なにこの態度…しかも呼び捨て…一体どうなってんの)

いろは「葉山先輩ですね…ああ~もうどうでもいいんですよ…あんなの」

八幡「あ、あんなのって…」

八幡(ふええ~なにこの低い声どうやったらそんな低い声出んだよ)

八幡(怖い…いろはす怖い…八幡ちびちゃいそう~)

いろは「そういえば言ってませんでしたね
 私もう葉山先輩の事好きじゃないんですよ」

八幡「………はっ?」

いろは「むしろ今は嫌悪感をもってます」

八幡「どういうことだ…おまえは前はあんなり」

いろは「雪ノ下先輩が部室で話していたんですよ
 葉山先輩が昔何したのか」

八幡「雪ノ下が?一体何を」

いろは「先輩が日直で遅かった時、部室で雪ノ下先輩と結衣先輩が話をしていて
 雪ノ下先輩の小学時代そのときの葉山先輩の行動、留美ちゃんの時の行動や他の依頼の時の話を…」

八幡「!?」

いろは「それ聞いてすっかり呆れてしまって……なんですかみんな仲良くって?頭の中お花畑ですか?ふざけているんですか?現実を甘く見すぎですよ」

八幡(………そうかそういえばこいつも)

いろは「雪ノ下先輩の時で状況を悪化させて失敗したのに留美ちゃんの時また同じ失敗を繰り返そうするなんて…ほんとはバカなんじゃないですか」

八幡「そ、そうか…」

いろは「もしその場にいたら安西先生がこういいますよ」

いろは「まるで成長していない」

八幡(容赦ねえな…まあ否定はしないけど)

222: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:33:29.67 ID:v078L+mA0
いろは「もし先輩が妙案をたててくれなかったら留美ちゃんは一体どんなことになっていたんでしょうか
 雪ノ下先輩の時のように状況が悪化していたと私は思います」

八幡「………」

いろは「みんな仲良くできる世界なんてありはしませんよ
 もしそうだったら私も大勢から生徒会長に嫌がらせで推薦されたりしませんね」

八幡「そうだな…」

いろは「あのときは葉山先輩に心配かけたくないから相談しませんでしたけど…もし相談していたらと今思うとゾッとしますよ」

八幡(たしかに…留美の時みたいに葉山は『みんな仲良くしよう』とかそいつらにいって、葉山の前ではその女達も反省したふりをして
 葉山がいないとこでは『チクってんじゃねーぞ』とか『またこいつ男に媚び売って味方につけやがって』とますます悪化していたんだろうな)

八幡(もしくははぐらかして一色の相談にちゃんとのらないかもな)

いろは「というわけで私はFFのクラウドのセリフで言うなら私は葉山先輩に『興味ないね』ですよ」

いろは「まあこの話聞く前からもうすでに私は別の人を好きになっていましたから」ギュ

八幡(なんでこのタイミングで抱きついてくんの…)

八幡(やめて…やわらかいの押しつけないで…ウルウルした目で上目づかいしないで…八幡の八幡リミットブレイクしちゃうのうう!)

八幡「べ、別の誰かって誰だよ」

八幡(うおい!なに聞いてんだよ俺!一色のおっぱいに動揺していたからとはいえ!
こんなこと俺に聞かれたら気持ち悪がられれだろう!)

いろは「フフ…一体誰なんでしょうね。もしかしたら案外近くにいるかもしれませんよ」ジー

八幡(ま、まさか…いやそんなわけないよな…うん自意識過剰だな俺…)

いろは「先輩、生徒会選挙の時助けてくれてほんとありがとうございました
 おかげで惨めな思いをせずすみました」

223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:37:37.56 ID:v078L+mA0
八幡「いや…べ、別に礼をいわなくていい…こっちも他の目的あったしな」

八幡(あの時は奉仕部の事を小町からお願いされていたしな)

いろは「もう~先輩は素直じゃないですね
こんな時はどういたしましてとかいっていいんですよ」

八幡「俺がこんな時まあなっとドヤッ顔するのも変だろう」

いろは「お礼といってはなんですが今度私の家きませんか?手作りお菓子ごちそうしますよ」

八幡(雪ノ下の過去話やルミルミの件を聞いて一歩間違えば自分もっと想像してしまったんだろうな…それでたまたま提案を言った俺に必要以上に感謝してしまったんだ
そうだそうにちがいない…現に生徒会選挙の後や他校と合同イベントの依頼を頼む時は特に態度変わってなかったしな)

八幡(だがいくらなんでも俺に好意的すぎないか?)

八幡(まさか近いうち生徒会とかで面倒な行事があるから手伝ってほしいとかじゃねえだろうな)

八幡(いやそれなら以前みたいな扱いでもなんだかんだで手伝わされるから、ここまでする必要ないよな)

いろは「先輩?」

八幡「いいって、この間部室にケーキ作ってもってきてくれたろ…もう十分だわ」

いろは「…そうですか」シュン

八幡(なんでそんなにしょげてるの…なんか罪悪感出るんだけど)

八幡「こっちこそ悪かったな。葉山が好きじゃなくなったんなら生徒会長でいる必要なくなっちまったからな」

いろは「そんなことありません!先輩と出会えなかったら…私は…私はいつまでも偽物を追い求めていました」

いろは「でも…でも…あの放課後の先輩のあの言葉を聞いて…気づけたのです」

八幡(やめたげてよ…あのセリフ聞かれたことすげえ恥ずかしかったんだから)

いろは「あの時の私はまさに…

『おれはしょうきにもどった!』

八幡「………」

いろは「そんな感じでした」

いろは「先輩は外見や噂だけで相手を判断し、内面をよく知ろうともしないで求めていた私を変えてくれたんです」

八幡「そうか………なんだかありがとな…あの時の言葉を小ばかにしないで受け入れてくれて」

いろは「お礼をいうのは私ですよ
それより早くしないと遅刻しますよ」

八幡「ああ」

いろは「ふふ…」

八幡「おい、そんなひっぱんなって」

いろは(あの時、雪ノ下先輩と結衣先輩が先輩に恋愛感情もってもらうための作戦会議に無関係のふりして聞いていて正解でした)

224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:39:16.72 ID:v078L+mA0
いろは(そのおかげで私が知らなかった先輩の活躍や葉山先輩の問題解消能力の無さを知ることができました)

いろは(葉山先輩にわずかにあった未練は完全になくなり、逆に先輩への好感度は上がりました)

いろは(恋のライバルはエメラルドウェポンやオズマのような強敵ばかりですけど負けませんよ!)



八幡「一色あのセリフはどこで覚えたんだ」

いろは「戸部先輩が以前言ってましたけど」

八幡「あれ、使い方間違ってるぞ」

八幡「あれは正気じゃない奴が使った言葉なんだ」

いろは「えっ?」

八幡「二度目の洗脳を受けた奴がな…」

いろは「そ、そうだったんですか…」

いろは(とべええええええええ!!!!!!!)

八幡「今度からは正気じゃない時に使えよ」

225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:46:24.97 ID:v078L+mA0
喫茶店

陽乃「ひゃっはろー!二人ともお願いしていたもの用意してくれた」

ひよの「もちろんですよ!」

相馬「ええ、それはもう」

ひよの「これが言われていた比企谷八幡さんのデータです」

陽乃「ありがとう♪どれどれ…へえ~比企谷くん昔、犬飼っていたんだ」

陽乃「なるほどマックスコーヒーを好きになったのはこんな出来事が…」



陽乃「こいつ…小学生の時の比企谷くんに冤罪をかけていたのね
許せないな~今度見かけたら後悔させてあげよう」<●><●>

相馬(この人が他人の前で怒りの感情を表に出すなんて…)ゾクッ

ひよの(よっぽどその比企谷さんという人が大事な存在なんですね)

陽乃「ありがとうひよのちゃん!とってもいい情報たくさんあったよ!さすがすごい情報網だね♪」

ひよの「いえいえこの程度たいしたことありませんよ。
 でもいいんですか?もっと細かい情報いくらでも提供できるのにそんな大まかで?」

陽乃「いいのいいのあまり知りすぎるのよくないからね」

陽乃「それに…」

陽乃「仲良くなって少しずつお互いの事知っていく喜びもあるから」

ひよの「そうですか…まあ気が変わったらいってください全校生徒の個人情報もスリーサイズでも何でも調べてあげますよ」

陽乃「別にいいって、ほんとありがとうひよのちゃん♪」

陽乃「それにしても相変わらずすごいねひよのちゃん
 たった1日でここまで…一体どうやったの?」

ひよの「企業秘密です♪」キャピ

陽乃(ほんと何者なのかな…この子)

陽乃「まっいか、これ限定高級リゾートチケット鳴海くんと一緒に行くといいよ」つチケット

ひよの「わあ!いいんですか?これ手に入れるの相当難しいじゃ…」

陽乃「お礼だから気にしないで」

ひよの「ありがとうございます雪ノ下さん♪」

相馬「よかったね結崎さん」

ひよの「はい!」

陽乃「相馬くん例の物だけど」ソワソワ

相馬「はい、この封筒に入ってますよ」つ封筒

226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:49:16.94 ID:v078L+mA0
陽乃「わーい!比企谷くんが写っている♪」

陽乃「これは中学時代の…」

陽乃「きゃーかわいい幼稚園の頃まで♪このころにまだ目腐ってなかったんだね!
 いつもの比企谷くんもいいけどこの世の汚さを知らない頃の比企谷くんもまた別の魅力が♪」(≧∇≦)

相馬(驚きだね…これがあの雪ノ下さんだなんて)ヒソヒソ

ひよの(ほんとですね。まるで別人みたいです
  恋する乙女として応援したくなりますね♪)ヒソヒソ

相馬(そうだね)ウズウズ

ひよの(……相馬さんちょっと雪ノ下さんをからかいと思ってません?)

相馬(否定はしないよ
 でもあとが怖いからやめとくよ)

ひよの(懸命な判断です)

陽乃「比企谷くぅん♪」ポワワ~ン



陽乃「ありがとう相馬くん!これ家宝にするよ♪」

相馬「喜んでもらえてよかったよ♪」

ひよの(か、家宝…)
陽乃「北海道に住んでいるのに頼んでごめんね」

相馬「ちょうどこっちの用事で滞在していたから何も問題ないよ」

陽乃「相馬くん千葉に来たの初めてだよね
 比企谷くんの顔も私が見せるまで知らなかったのにどうしてこんな小さい頃の写真とかまで持ってるの」

相馬「ははは、なんでだろうね」

陽乃「まあ私は写真さえ手には入ればいいけど、これが約束の品だよ」

相馬「ありがとうございます。これでもう安心だ」

ひよの(なにもらったんでしょう?)

陽乃「無事比企谷くんと結ばれたら二人にもっと良いものお礼するからね♪」ルンルン

ひよの「変わりましたね雪ノ下さん…あんなうれしそうな顔初めて見ましたよ」

相馬「そうだね。比企谷くんと無事付き合えたらどんな表情するのかな」

ひよの「ちなみに相馬さんは女性のどんな表情が好きですか?」

相馬「屈辱的な顔」

ひよの「うわ~………」

相馬「ひどいな~そんなにひかなくてもいいのに」

ひよの「私達の出番はこれで終わりですね」

相馬「まあ他作品キャラだから仕方ないよ」

227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:50:56.75 ID:v078L+mA0
学校

葉山「あれから陽乃さんの電話の後ほとんど眠れなかった…」

葉山(一体何が起こるというんだ…楽しいお知らせとは一体…)

葉山(きっとろくでもないことに決まっている…これからどうすれば……)

葉山(あんなに恐ろしい陽乃さんは今まで初めてだ
あの人にとって比企谷がそこまで大事な存在だというのか………)

戸部「隼人くんツインタニア!」

葉山「あ、ああ…」

葉山(ツインタニア…なにいってんだこいつ?)

結衣「やっはろーみんな!」

戸部「結衣もツインタニア!」

優美子「戸部、ちゃんとした挨拶しろし」

担任「全員席に着け!このクラスのモブ男、隣のクラスのモブ太が家の事情により別の学校に転校になった」

葉山(なんだって!?最近ずっと学校休んでいたモブ男が…なんでいきなり転校を………)

葉山(こんな時期に…ま、まさか……)

担任「あと原因はわからんが女性恐怖症になっているらしい
 もし見送りするなら女生徒は気を使っいように…以上だ」

担任(別に引きこもりになったことはいわないでいいだろ)

葉山(まちがいない…あの人の仕業だ)

葉山(こんな中途半端な時期に二人も同時に転校だなんてありえない)

葉山(しかも女性恐怖症になっているなんて…相当なトラウマを与えられたに違いない)

葉山(でもなぜだ?なぜモブ男はあの人の逆鱗に?)

葉山(………そういえばモブ男は噂好きでよく比企谷の事を小バカにしてネタにしていたな
 それをあの人に聞かれて怒りを買ったのか)

葉山(あの人によって壊された人がいることは知っていたけど、まさかクラスメイトからも犠牲者が出るとは思ってなかった)

陽乃『私、大好きな比企谷くんのためならなんだってやるよ…どんなことだろうと…ね』ニタァ~

葉山「…あ…………あ……」ゾクッ

葉山(比企谷に不利益をかけたら次消されるのは俺か………あの二人のように…いや違う……
 こいつらよりもひどい目にあいたくなければ大人しくしてろ…そういうことなのか)

葉山(くっそ!!何が楽しいお知らせだ!恐怖症のあまり失禁しそうだ…気がおかしくなりそうだ)ガダガタ

228: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:54:28.28 ID:v078L+mA0
戸部「モブ男くんこの学校からツインタニアしちゃったべ」

大岡「だな」

大和「それな」

葉山(まずい!俺が比企谷に関わらなくても俺のグループの誰かが奉仕部に依頼という名の面倒事を押し付けたら今度は俺があの二人のようにこの学校からさようならされてしまう…)

葉山(グループもメンバーもあの人にテラブレイクされてしまう!)

葉山(冗談じゃない!俺は平穏な学校生活を送りたいんだ!巻き添えをくらってたまるか!)

葉山「みんな聞いてくれ!」

優美子「隼人」

戸部「隼人くんなにしょ?」

葉山「もしこれから悩み事や困り事が起きたらグループの仲間に相談して一緒に解決しよう」

戸部「隼人くん?」

葉山「一人で抱え込まないで仲間に支えてもらい力を合わせて乗り越えていこう!
 ¨第三者¨の手を借りずグループのみんなで助け合うんだ!」

姫菜「………」

葉山「互いに助け合う、これが友情というんじゃないのかな」

大岡「さすが隼人いいこと言うな」

大和「だな」

葉山「¨関係ない人¨の力を借りずグループの仲間内だけので」

姫菜「……」

葉山「幸せとは人から与えられるものじゃない!」

葉山「自分で掴んでこそ価値があるんだ!」

優美子「隼人かっこいい///」

大岡「さすが隼人だな」

大和「だな」

戸部「すごいしょ!」

結衣「うん!それがいいよ」

結衣(依頼が減ったらヒッキーが辛い思いする事が減るかも)

姫菜(みんななんだか感動してるけど…最後のセリフおもいきりパクリじゃん!
 テイルズのジューダス(リオン)のセリフだよ……)

葉山(よしこれで奉仕部や比企谷に頼ろうとすることなくなるだろう)

葉山(大岡と大和はモブだから本編に関わりはしないし、優美子は俺ラブだし戸部は単純だからわざわざ俺の言葉に反することはしないだろう)

葉山(結衣は最近比企谷に軽々しくキモイとかいってないようだし部員だから依頼もない)

葉山(となると問題は)チラッ

姫菜「………」

葉山(姫菜だな…後で念入りに説得しないとね
 そして全て話そう陽乃さんのこと恐ろしさあの二人に起こったこと)

葉山(姫菜も俺と同じでグループを壊したくないはず…わかってくれるはずだ)

229: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:56:00.70 ID:v078L+mA0
放課後

八幡「うっす」

雪乃「あら早かったわね比企谷くん、由比ヶ浜さんは?」

八幡「掃除当番らしいから先に来た」

雪乃「そう、待ってて今紅茶淹れるから」

八幡「わりいな」

雪乃「フフ…いいのよ。あなたにおいしく飲んでもらえるのがうれしいから」

八幡「お、おう…」

八幡(最近こいつ妙に優しいよな…罵倒してこないし)

八幡(一体どうしちまったんだ)

八幡(まあ…別に悩んでいるわけでもなさそうだからいいんだけどよ)

雪乃「どうぞ」つ紅茶

八幡「あ、ああ…いただくわ」

雪乃「……どうかしら?」

八幡「ああ、すごくうまいわ三日前の奴もよかったがこれはもっとだな」

雪乃「なら苦労して手に入れたかいがあったわ」

八幡「そんな貴重なものだったのか?いいのか俺にそんなの飲ませて」

雪乃「かまわないわ。あなたに喜んでもらえるために用意したんですもの」

八幡「はあ…それならいいんだけどよ
おまえ最近ちょっと様子が変だぞ」

雪乃「そ、そうかしら」

八幡(まあ変なのはおまえだけじゃないけどな…陽乃さん、小町、一色、由比ヶ浜あと今日は葉山もおかしかったな)

八幡(最近川…………さきもこっち見ている気がするし…他にも)

結衣「やっはろー!」ガラガラ

雪乃「こんにちは由比ヶ浜さん」

八幡「早かったな」

結衣「うん!急いで終わらせてきたから」

八幡「そんなに早く雪ノ下に会いたかったのかよ
 相変わらず仲がいいな」

結衣「早く…ヒッキーと一緒にいたかったから」ボソッ

八幡「…いま………なんて…」

結衣「ふぇ!!な、なんでもないよヒッキー!き…」

八幡「き?」

結衣「気にしないで!別になんでもないから!」

結衣(いけないいけない!ついキモイっていうところだった…
 うう…なんでこんな口癖ついちゃったんだろう…)

雪乃「とりあえず座ったら紅茶淹れたから」

結衣「わーい!ゆきのんありがとう♪」

雪乃「そんなくっつかないで暑苦しいわ///」

結衣「あっそうだ!せっかくだからみんなで食べて!昨日作ったんだよ♪」

「「えっ?」」

230: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 00:57:59.08 ID:v078L+mA0
八幡(クッキー…クッキーだよな?……クッキーは進歩して食べられる物になっていたが…)

雪乃(もし………もしクッキーじゃなかったら…一体何を作って………)

結衣「ジャーン!」パカッ

「「!!!?!!」」

八幡「な、なんだこれは………まさか

黒マテリア!?」

結衣「違うから!!どう見てもチョコじゃん!!」

八幡「どこがだ!!」

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん…とても言いづらい事なのだけれど……チョコはこんな真っ黒ではないわ…それにこんな金属みたいに固い物でもないわ」キンキン

結衣「ゆ、ゆきのんまで…」

八幡(おいおいあのチョコ?あきらかに金属音出てぞ………なに?もしかして由比ヶ浜は料理じゃなくて錬金術でもやっていたの?)

雪乃「私…クロマテリアというものが何のことだか知らないのだけれど……なんとなくチョコより近い物体なのではないかしら?」

結衣「うう…」

八幡「そ、そんなに落ち込むな誰も食べないとはいってないだろ」

雪乃「そ、そうよ…ちゃんと食べるから」

結衣「ありがとう…ヒッキー…ゆきのん……アタシも一緒に食べるから…」

「「「………」」」

ガリッ

(((固っ…)))

いろは「せんぱ~い!今度映画行きませんか♪あれっ、みなさんどうしたんですか?」ガラガラ



八幡(そのあといつも通り?の日常があった後、核を手に入れて大歓喜してるアズラエルみたいにやけにハイテンション気味の材木座がやってきた)

八幡(すごくうれしいことがあったらしいが……ちょっとうるさかったからチョコ?を食わせてやったら大人しくなった)

231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 01:00:59.62 ID:v078L+mA0
八幡のおうち♪

ピンポーン

小町「はーい」

配達人?「宅急便だぞっと
 判子お願いするぞっと!」

小町「ポチッとな」

配達人?「それじゃこれで失礼するぞっと」

小町「誰からだろう何かぎっしり入ってるみたい」

小町「あっ、お兄ちゃん宛てだ…珍しい」

小町「…陽乃さんから?」

小町「えい開けちゃえ!」パカッ

小町「また箱…やけに厳重だね
 なんだろう一番上に手紙がある」

『小町ちゃんへ
 この手紙見てるよね。
ちゃんと八幡くんにすぐこの荷物渡してね
八幡くんより先に絶対見てはダメだよ~絶対だからね
もし食べたら…………』

小町「っ!」ゾクッ

小町(なんでだろう…手紙の通りにやらないとまずい気がする)
小町「…お兄ちゃん宅急便だよ」

八幡「あ、ああ…」

小町(朝のことがあってぎこちないな…小町もだけど)

小町(まさか小町がブラコンだったなんて…朝のお兄ちゃんのボッチンポ思い出すと下半身がムズムズするよ//)

カマクラ「ナーゴ」

小町「あっ、カーくんいたんだ」

小町(お兄ちゃんの部屋にいるなんてかなり珍しい…けどおかげで冷静になれたよ)

八幡「だれからだ?」

小町「陽乃さんからみたい」

八幡「………そうか」

小町(なにこの反応?以前なら陽乃さん絡みなら警戒心出して不安がってたのに…今のお兄ちゃんにはそれがない……まるで)

八幡「なんかいろいろ入ってるみたいだな」ゴソゴソ

233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 01:29:47.91 ID:v078L+mA0
八幡「これは猫のぬいぐりみか」つカマクラ人形

小町「かわいいね♪しかも手作りみたいだよ」

陽乃「マジかよ、あの人高スペックすぎ」

小町「あれ、これまさかカーくんじゃないかな」

八幡「なにカマクラだと?」

小町「うん、この部分の模様とかどことなくフンスとした雰囲気もあるし」

八幡「いいな…これ♪」

八幡(あの人俺がぬいぐるみ遊び好きなのどこで知った)

小町「小町がいったよ」

八幡(そうなのか小町ちゃん人の心読まないで)

八幡「いろいろ入ってんな俺こっち開けるから小町はそっち開けてくれ」

小町「うん」

小町(形が崩れないように別々に入れてあるんだ丁寧だな)

小町(なんだろうこの細長いの)

小町「………」つマックスコーヒーの人形

小町「は、陽乃さん…こんなものまで」

小町(そういえばあのときもマックスコーヒーの着ぐるみ着ていつもと雰囲気違っていたけど…まさか陽乃さんお兄ちゃんに…)

八幡「イヤッホオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオー!!!!!!!!!!!!!!」

235: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 01:34:29.73 ID:v078L+mA0
小町「ど、どうしたのお兄ちゃんそんな大声出して」ビクッ

八幡「こ、こここ…」つ小町人形、戸塚人形

小町「えっ?」

八幡「こんな素晴らしい物が実在するとは……もしかして夢か?」

八幡「ふおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!ならば覚めないでくれ!!!!」

八幡「小町と戸塚のぬいぐるみ両方だなんて最高じゃねえか!!!!」スリスリスリ

小町「お、落ち着いてお兄ちゃん!夢じゃなくて現実だから!っていか喜び過ぎ!」

小町(お兄ちゃんあんなにうれしそう…小町の事ほんとに大好きなんだね!
小町的にアルテマポイント高い!!)

八幡「かわいい!かわいいぞ!小町ィィィィィ!!戸塚ァァァ!!抱き心地も最高だああ!!!」ギュ~

小町「お兄ちゃんが…今までではありえないほどハイテンションで喜んでいる」

八幡「な、なんて素晴らしい物をくれるんだあの人は………女神か…女神なのか?ありがとう…ありがとうございます」

八幡「こんな最高のプレゼントをくれるなんて…一生家宝にします」ポロポロ

小町「泣くほどなの…」

小町(他には何かあるのかな…)

小町(あっこれだけ小町用だ。ちゃんと小町の分も用意してくれてたんだ)つ菓子

小町「こっちはお兄ちゃん用か」

小町「お兄ちゃん陽乃さんから手作りクッキーだって」

八幡「クッキーだと?せっかく作ってくれたんだ
 ちゃんと食べないとな」パクッ

小町(あ、あのお兄ちゃんが陽乃さんの用意した食べ物を躊躇なく食べた)

小町(以前は道端で会いたくないと言っていたお兄ちゃんが…)

八幡「………」モグモグ

小町「おいしいお兄ちゃん?」

八幡「びゃあ¨ぁ¨¨アアアアアアー!!!!ぁうまひぃ¨イィィ¨ィー!!!!!」

小町「お、お兄ちゃん」

236: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 01:36:43.38 ID:v078L+mA0
八幡「超うめええええええーーーーーーー!!!!!!なんだこれ!なんだこれ!これはまさしく…」

八幡「マックスコーヒーの味!!!」

八幡「クッキー本来の食感を残しながらマックスコーヒーの独特な味と風味を完璧に出している」

八幡「うめえ!うめええええええ!!!」バクバクムシャムシャ

小町「」ポカ~ン

八幡「このクッキーすごいよおお!!!さすが雪ノ下のお姉さん!!!!」ガツガツ

小町「お兄ちゃんの陽乃さんへの好感度がものすごく急激に上昇してるよ」

238: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 01:40:11.06 ID:v078L+mA0
はるのんのお部屋

陽乃「いまごろ比企谷くん喜んでくれてるかな~♪」ゴロゴロ

陽乃「エヘヘ…比企谷くんの写真うれしいな~♪」(≧∇≦)ゴロゴロゴロゴロ

ゴン

陽乃「ふええ~ん!いたいよ~比企谷くん…」(ノ△T)

陽乃「お姉さんうっかりベッドから落っこちちゃったよ~」グスン

陽乃「うう…はやく比企谷くんに会いたいな…」シュン

雪乃「………」

ちょうどいい所なのでこれでこのスレは終わりです
ちょうど前編ということで区切りがいいし
でももうこの続きのスレはたてません。セフィロススレの時のように落とすといけないから
それに私じゃない別人が書こうとしたし

239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 01:45:03.01 ID:VtKK2AX/O
乙です
陽乃さん最高

240: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 04:18:40.88 ID:/T3elzcDO
乙です
完結まで見たかったです

241: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 10:22:50.07 ID:YiwXMY8H0
乙です
今回のffやガンダムネタもよかった


元スレ
タイトル:陽乃「比企谷くんの恋人になりたい!」八幡「………はっ?」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443279491/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP