【モバマス】モバP「楓さん、瑞樹さん、美優さんの鬱憤が爆発した!?」【R-18】

THE IDOLM@STER

1: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:47:18.35 ID:T0IRD+7B0
※楓さん、瑞樹さん、美優さんと南の島で及びます
※書き溜めが出来た毎に、ゆっくり更新します。

-とある南の島-

モバP(以下P)「時間がゆっくり流れているように感じる…仕事でここにやってきているのを忘れてしまいそうだ…」

P(俺は今仕事で無人島にいる。無人島と行っても、コテージが一件あるリゾート向けの貸切の小さい島だ)

P「見渡す限りの水平線…まさに孤島だな…俺以外誰もいない世界みたいに思ってしまう」

瑞樹「ちょっとP君?一人で黄昏てないで、ほらっ!P君も一緒に遊びましょう?」

瑞樹「南の島でP君とバカンス♪こんな機会滅多にないんだからっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450108038


2: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:48:10.67 ID:T0IRD+7B0
P「瑞樹さん、バカンスじゃないですよ?仕事でここに来ているんですからね?」

楓「でもバカンス…ここで思いきり楽しむことが、今回はお仕事をしていることになりますよ?」

P「まあ、そうなんですけどね。でもあくまで仕事だって事は忘れないでくださいよ?」

美優「ふふっ、わかってます。だから私たちの一番素敵な姿を写真にできるよう、Pさんも一緒に遊びましょう?」

瑞樹「ほらほら、二人もこういってるんだし…P君も早く水着に着替えましょう♪」

P「ははは、分かりましたよ。すぐに着替えてきますから、待っててくださいね?」

3: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:48:51.26 ID:T0IRD+7B0
——

P「お待たせしました。それじゃあ早速三人並んだ写真を一枚撮りましょうか」

瑞樹「可愛くとってね?カメラマンさん?」

P「はい、頑張ります。じゃあ撮りますよ?」

P(仕事は楓さん、瑞樹さん、美優さんのグラビア撮影なんだが…なんとカメラマンは俺!)

P(何故俺がカメラマンを務めることになったかというと…)

P「撮りました。どうですか?いい写真が撮れたと思うんですけど」

5: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:49:53.88 ID:T0IRD+7B0
瑞樹「どれどれ…うんっ、いい写真じゃない♪さすが賞をとった人は違うわね♪」

P「ははは、からかわないでくださいよ?あれは偶々ですから…被写体がよかったんです」

楓「でもあの写真はプロデューサーだから、撮れた写真です…とっても素敵な写真でした」

美優「心を許しているPさんだから…雪美ちゃんの素敵な表情を、写真に収めることができたんですよ?」

P(そう…あれは部屋を掃除していて、昔買ったカメラを見つけたのが発端だった)

P(せっかくだからみんなの写真を取ろうと思って、カメラを事務所に持っていって整備をしていた時)

P(雪美な俺の膝上に乗っかってきて、興味深そうにカメラの整備を見ていたんだ)

6: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:50:46.93 ID:T0IRD+7B0
P(その時表情があどけなくて、可愛らしくて…その姿を撮ったんだ。思いのほかいい写真が撮れてみんなに見せていたら)

P(藍子からフォトコンテストに出してみることを勧められて、軽い気持ちで出した写真が大賞を獲ってしまった)

P(そこでちひろさんが俺をカメラマンに使えば経費も減るし、カメラマンでは取れないアイドルの表情の写真を撮れるんじゃないかと考え)

P(今回の無人島での撮影が企画され、今に至るんだ)

P「みんなそんなにおだてないでください。俺のカメラの腕は素人に毛が生えた程度なんですから」

7: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:51:22.29 ID:T0IRD+7B0
楓「分かってます…だからプロデューサーは、写真の初心を忘れないでくださいね…うーん、いまいちかしら?」

瑞樹「か、楓ちゃん…南の島に来てまで…」

美優「….あぅ….」

P(これも写真撮っておくか…脱力した瑞樹さんと美優さん。それにちょっと考えている表情をしている楓さん…)

P(ファンならどんなやり取りがあったのか、だいたいの想像がつく場面だな…)

8: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:52:25.77 ID:T0IRD+7B0
-夜・コテージ-

楓「たくさん写真を撮りましたね。ふふっ、美優さんも瑞樹さんもいい表情をしてますね」

P「楓さんだって、どの写真も素敵な表情で写ってますよ。南の島の雰囲気が三人をいつもより輝かせてくれているんですかね?」

瑞樹「それもあると思うけど、やっぱりP君がカメラマンなのが大きいわよ?」

瑞樹「親しい間柄だし、信頼しきっている人だからね…だからつい大胆な姿もみせちゃうのよね」

楓「この瑞樹さんのサンオイルを塗る写真…始めは水着の紐を外した状態で撮ってもらおうとしてましたよね?」

P「そうそう、さすがにあれは写真集には載せられませんよ」

9: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:53:07.23 ID:T0IRD+7B0
瑞樹「写真集は駄目でも、P君が個人でコレクションする分にはとっても良かったと思うわよ?」

P「これが仕事じゃなくて、完全なプライベートならそうさせてもらってたかもしれませんね」

瑞樹「全く…南の島の雰囲気でも、P君のお堅いところは崩せなかったのね」

楓「でもそれがプロデューサーの良いところですから」

美優「そうですよ、瑞樹さん?お待たせしました。お夕飯が出来上がりましたよ」

10: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:53:49.10 ID:T0IRD+7B0
瑞樹「わぁ♪美味しそう♪お昼はたくさん遊んだ…仕事をしたから、お腹がペコペコなのよね」

楓「私もです。だからここは景気づけに一杯…プロデューサーもいかがです?」

P「ええ、いただきます。でも明日も撮影がありますから、ほどほどにしてくださいね?」

瑞樹「これだけいい写真が撮れたんだから、もう仕事は大丈夫でしょ?明日は完全オフで、仕事を忘れて遊びましょう?」

P「うーん、たしかに写真の枚数は大丈夫だと思うんですけど…」

11: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:54:30.75 ID:T0IRD+7B0
美優「私も…明日はお仕事の事を忘れて、Pさんと一緒に思いきり遊びたいです」

P「えっ?美優さん?」

楓「私もです。ちひろさんも二泊三日のうち…いい写真が十分撮れたらあとはバカンスを楽しんで下さいって、言ってくれたじゃないですか」

楓「もう写真は十分でしたら、明日は一日…バカンスを楽しみましょう?」

楓「それとも…私たちとのバカンスだと、Pさんは楽しめませんか…?」ショボン…

12: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:55:17.33 ID:T0IRD+7B0
P「いや!?決してそんなことはありませんよ!?」

P(二十五歳児め…落ち込んだ子供みたいな顔をして…でも、まあ写真は十分撮れているのも事実だし…)

P(普段のねぎらいも込めて、ここは…)

P「…じゃあ明日は完全バカンスモードで、仕事を忘れて南の島を満喫しましょう!」

瑞樹「さすがはP君!話が分かるわね♪よーし、それじゃあ明日はじけるためにも、ちゃんと食事を摂って精力をつけないとね!」

13: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:56:06.87 ID:T0IRD+7B0
P「精力て…そこは体力っていいましょうよ?でも…なんだか精力がつきそうな食事ですね?」

美優「私だって、明日は思いっきり遊びたいと思ってますから…精がつくものを用意しました」

P「さては三人は最初からそう計画してましたね?」

楓「正解ですっ♪仕事と遊び、メリハリをつけるのは良い事じゃないですか?」

楓「ささっ、プロデューサー一杯どうぞ」

P「ありがとうございます…おふっ!?これは…なんだか独特な風味のお酒ですね?」

14: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:56:40.89 ID:T0IRD+7B0
楓「この付近の島々でよく飲まれているお酒だそうですよ?なんでも滋養強壮にいいとか」

P「三人とも、用意周到ですね?」

瑞樹「まあね?一世一代の大勝負なんだから」

P「え?」

美優「な、なんでもないですよ!?さぁPさん、腕によりを掛けて作りましたから…たくさん食べてくださいね?」

楓「グラスが空いてますね?もう一杯どうぞ」

P「は、はぁ…いただきます」

15: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:57:13.03 ID:T0IRD+7B0
——

P「それじゃあ俺はこっちの部屋で寝ます。おやすみなさい」

楓「おやすみなさい、プロデューサー」

美優「あのPさん、よかったらこれを使って下さい」

P「これは、アロマセット?」

美優「はい…心地よい香りで、ぐっすりと眠れると思いますから、良かったら使って下さい」

P「ありがとうございます。使わせてもらいます」

16: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 00:57:46.77 ID:T0IRD+7B0
瑞樹「おやすみなさい、P君。一人で寂しいからって、私たちの部屋に来たら駄目よ?」

P「ははは、そんなことはしませんよ?信頼してください?」

瑞樹「…っ!…そうね…冗談よP君…おやすみなさい」

P「…?おやすみなさい…」

P(なんだ…?一瞬瑞樹さんがイラついたような…?まさか、気のせいだよな…気のせい…)

17: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:01:23.64 ID:T0IRD+7B0
-Pの部屋-

P「さて、じゃあアロマをセットして…おおっ、確かに落ち着く香りだ」

P「ベッドがでかいな。四人は眠れそうだな。これならベットから落ちる心配はなさそうだ」

P「今この島に居るのは俺たち四人だけってのは、多少不安だけど」

P「ラジオを聞く限り帰りの船が来る明後日まで天気は良好、大丈夫だよな」

P「うん…腹も膨れているし、寝よう…」

18: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:02:33.34 ID:T0IRD+7B0
———

——

くちゅ…ちゅる…

うわ…口でそんな…凄いです…

大胆…

想像以上のおおきさだわ…ん…んんっ..

P(この声は…ん?なんだ…?なんか…下半身に違和感が…って!?)

19: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:03:11.99 ID:T0IRD+7B0
瑞樹「ん…ちゅる…あ…やっと起きてくれたのね、P君?」

P「ふわっ!?何しているんですか!?三人とも!?」

楓「見てわかりませんか?夜這いですよ?」

P「夜這いって…なっ!?腕が!?」

P(腕にそれぞれ手錠を掛けられて、柵状のヘッドボードに繋がれている!?)

21: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:07:17.27 ID:T0IRD+7B0
P「美優さんっ!?手錠をほどいてください!」

美優「ごめんなさいPさん…それはできません…」

P「ど、どうして!?なんでこんなことを…?」

瑞樹「私たちね…もう我慢できなくなったのよ。ここまで言えば、分かるでしょ?」

瑞樹「いや…分かっていたはずよね?私たちの気持ちを?」

P「そ、それは…でも…」

22: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:09:02.17 ID:T0IRD+7B0
美優「どうしてダメなんですか?私は…私たちはPさんの事を一人の男性として、好きで…愛してほしいんです!」

P「三人は俺がプロデュースするアイドルですから…公私を混同することはできません!」

楓「公私混同…?なんですか…!?出会ったきっかけが、アイドルとプロデューサーの関係だっただけです」

楓「私はこの気持ち、もう抑えていることは…できませんから」

P「だけど…こんなやり方は間違っていますよ!?」

美優「それじゃあ今までの…今までの自分の気持ちを抑えつけていることは、正しい事なんですか!?」

23: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:09:37.73 ID:T0IRD+7B0
瑞樹「P君?私たちじゃあ…ダメ?それならそうとハッキリ言ってくれたら、私たちもすっぱり諦めるわ」

瑞樹「どうなの?はっきり答えてちょうだい」

P「くっ…う…」

P「さ、三人はとっても魅力的で、素晴らしい女性です…俺なんかにはもったいないほど」

P「だから、今ここで即答はできませんが…もう少しだけ、待っていてくれませんか?」

P「必ず答えを出しますから…ここは…」

24: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:11:17.94 ID:T0IRD+7B0
楓「本当に…答えを出せるんですか?」

P「えっ!?」

美優「私たち、三人で話して…三人のPさんへの想いがどんなものか確認しています」

瑞樹「それでわかったの。楓ちゃんも美優ちゃんも、私と同じくらいP君のことを愛してるんだって」

楓「そんな私たちの気持ちをプロデューサーに伝えて、プロデューサーが答えを出せるのか…正直答えを出してくれる想像ができないんです」

25: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:14:09.27 ID:T0IRD+7B0
P「確かに俺は優柔不断なところはありますけど…こんな重大なことに関しては必ず決断をします!」

瑞樹「でも相当時間が掛かると思うの。だからP君に、もう一つ判断基準を持ってもらいたくて」

P「もう一つの判断基準…?…まさか!?」

楓「身体の相性って、夫婦生活でもとっても大切なんですよ?」

美優「私…初めてですけど、精一杯頑張りますから…」

26: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:15:11.22 ID:T0IRD+7B0
P「待った待った!!待って!!?そんな色々飛ばして肉体関係をもつなんて…」

P「はっ!?まさか今回の撮影自体が!?」

瑞樹「そう。このために用意したことなの」

P「そんな!?だって企画はちひろさんが…ちひろさんも…グル…?」

瑞樹「ええ、そうよ。計画自体は、私が考えたものだけどね」

P「な、なんでちひろさんが…こんなことに協力を…?」

楓「私が交渉しました。今回の写真集の利益、私たちのギャラはちひろさんにお渡しするという約束で」

28: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:16:48.76 ID:T0IRD+7B0
P「なんてこった…お、俺の意思はどうなるんですか!?こんな無理やり…!」

美優「それに関しては本当にごめんなさい…だからせめて、Pさんがたくさん気持ちよくなれるように頑張りますから…」

P「う、あ…ああ…あ…!」

P(こんな…こんなの…ん!?このベッドのヘッドボードに使われている木…古くなって意外と脆い…)

P(これなら…思いっきり掴んで引っ張れば…!)

瑞樹「それじゃあ最初は私から行くわね?初めてじゃなくてごめんなさい。でも…え?」

29: ◆NYveOZGgcg 2015/12/15(火) 01:17:42.41 ID:T0IRD+7B0
P「ふんっ!…うぉぉぉ…!!」

メキッ…メキキキッ…!!

美優「手錠とつながっているところが…!?」

バキキキッ!!

楓「こ、拘束が…外れて…!」

P「ふぅ…!ふぅ…!外れた…さてと…」

瑞樹「P、P君?目が怖…きゃあ!?」

40: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:12:16.34 ID:PHDz5oJh0
——

P「形勢逆転ですね…いろいろと確認したいことがあるので、正直に答えてくださいね?」

楓・瑞樹・美優「「「はい…」」」

P(俺は破いたシーツで三人の腕を頭より高い位置で拘束し、並べてベッドに仰向けに寝かせていた)

P(身体をベッドに縛り付けるなどをしていないので、腕以外の身体の自由はあるが、三人に抵抗の意思はなさそうだ)

41: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:13:39.28 ID:PHDz5oJh0
P「じゃあまずは瑞樹さん。今回のことは瑞樹さんが計画したと仰いましたが、三人とちひろさん意外に今回の事を知っている人はいますか?」

瑞樹「いえ、いないわよ…P君、怒ってるわよね…?」

P「怒らないとでも、思っているんですか!!?」

瑞樹「ひっ…!ご、ごめんなさい…」

P「楓さん?さきほどちひろさんに三人のギャラを渡すということで、今回の件…了承を得たという事ですけど…」

P「俺は今どんな気持ちだと思います?金で売られた…俺の気持ちは!?」

42: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:14:24.51 ID:PHDz5oJh0
楓「そ、それは…ごめんなさい!ごめんなさい!!」

P「はぁ…美優さん?部屋に来る前にいただいたアロマ…いまは香りが最初と違うんですけど」

P「これは一体どういう事ですか?それで、今の香りにはどんな効能があるんですか?」

美優「渡したアロマオイルは…時間がたつと香りが変化するもので…その、今の香りの効能は…」

美優「こ、効能は…性的興奮を高めるもので…」

P「つまり俺を騙したんですね?」

美優「うぅ…はい…」

43: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:16:04.47 ID:PHDz5oJh0
P「…はははっ!!あははははっ!!……もうね、失意のどん底ですよ!」

P「信じていた人たちに、いきなり一斉に裏切られたんですからね!」

楓・瑞樹・美優「「「…っ…!」」」

P「それにね?我慢していたのは、あなたたちだけじゃあ…なかったんですから!」

ぐにゅ!

瑞樹「っ!?痛い!そんなに強く胸を掴まないでっ!!」

44: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:17:04.91 ID:PHDz5oJh0
P「こんな豊満な身体をしているのに、いつもいつも過剰なスキンシップをしてきて…」

P「俺がなんにも感じていないとでも思っていたんですか!?我ながらよく平常心を保てていたもんですよ!」

瑞樹「そ、それって…あうっ!お、お願い…力をゆるめて…」

P「瑞樹さんだけじゃないですよ!?酔いつぶれた楓さんが、俺にもたれかかった時も」

楓(酔っていたけど、意識してやってました)

P「美優さんが大胆な衣装を着ている時も!」

美優「それはPさんが強引に…」

45: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:18:45.93 ID:PHDz5oJh0
P「俺はずっと、耐えてきたんです。自分の理性で抑え込んできたんです!」

P「でも、三人がこんなことを実行するんだったら….俺ももう我慢する必要はないです!」

くちゅるっ!!

楓「ひゃうっ!!?プロデューサー!?そんな、いきなり…だ、だめ…!!」

P「なんですかこれ?腕を拘束されて、こんなことをされているのに…濡れているじゃないですか?」

46: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:20:19.92 ID:PHDz5oJh0
くちゅ、くちゅちゅっ!!

楓「あっ!んっ…!そ、それはプロデューサーがまだ眠ってる時、自分で少し…」

P「へぇ…じゃあもういいですよね?お望み通り…」

P(俺はのしかかるような体勢で、楓さんの秘部に亀頭をあてがい…)

くちゃ…

楓「!?Pプロデューサー待ってください!私、私美優さんと同じで…」

47: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:21:48.69 ID:PHDz5oJh0
P「挿入れてあげますよ!!」

P(叩きつけるように腰を落とし、勢いよく挿入をした)

ぶちっ!!ずりゅりゅりゅ!!

楓「ひぎっ!!?…っっっ!!か、かはっ….あ、ああっ…!!?」

P「えっ…?今の感覚は…え…!?」

P(挿入した時に感じた違和感…まさかと思い結合部を確認した)

P(そこには処女膜を貫いた証…血が流れていた)

48: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:22:30.34 ID:PHDz5oJh0
P「え…え…あ!?」

P(そう言えば楓さんは挿入前に”美優さんと同じで…”と言っていた…)

P(美優さんはさっき”私…初めてですけど、精一杯頑張りますから…”と言っていた。つまりは…)

P「楓さんも…初めてだったんですか?」

楓「….ひっく…」コクコク

P「あ….ああ…」

49: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:24:14.86 ID:PHDz5oJh0
P(痛みと恐怖による涙をためながら…楓さんはうなずいた)

P(いくら秘部が十分濡れていたとしても、あれだけ激しく挿入されたらその痛みは絶大なものだろう…)

P(血の気が引いていくのが分かる。美優さんが処女だというのも驚いたが…まさか楓さんが処女だったとは露とも思わなかった)

P(俺は最低のことをしてしまった…確かに彼女たちがしたことは、俺の意思を無視した強引なものだったが結果は未遂だった)

P(それに引き替え…俺がしたことは過程はどうであれ楓さんの処女を強姦同然に奪ってしまった)

P(強烈な痛み…苦痛と共に….既にどうしようもない事態なのを理解しているにもかかわらず)

P(どうすればいいのかと混乱していた俺に、楓さんは声を振り絞って話しかけてきた)

50: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:25:43.75 ID:PHDz5oJh0
楓「…どうしたんです、か?私の事は御気になさらずに…プロデューサーのお好きなように、してください…」

P「え、いや!?できませんよ!」

楓「遠慮しないで、下さい…私には…もうそれしかできませんから…」

楓「プロデューサーの言葉を聞いて…私がしたことは最低なことだって…改めて分かりました…」

楓「だから…プロデューサーに身を委ねる…償いにもなりませんけど..もうそれしか…」

P「か、楓さん…俺の方こそ、すみません…俺の思い込みで楓さんは経験者だと…」

51: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:29:33.84 ID:PHDz5oJh0
P「それで…こんな強引な行為をしてしまって…でも楓さんの苦痛に歪んだ表情を見て、目が醒めました」

P「楓さんに辛い思いをさせながら続けても、俺は全然満たされないんだって」

P「いまさらですけど…二人で一緒に、気持ちよくなりましょう?」

楓「本当、ですか…?こんな私にまだ優しくしてくれて…嬉しい…」パァァ…

P「…っ!」

52: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:30:49.21 ID:PHDz5oJh0
P(可愛い…状況と状態にも関わらず、幼子のような無垢な笑顔見せてくれた楓さん…可愛い…可愛い…すごく可愛い…!!)

P(この笑顔だけで、瑞樹さんや美優さんがしたこともまとめて許せてしまう…)

P(自分でもなんてチョロいんだとは思う…横目でみると瑞樹さんも微妙な顔をしている…)

P(きっと”P君、私が思うのもなんだけど…チョロ過ぎない?”…そう思っているのだろう)

P(美優さんは安堵の中に不安と懺悔の気持ちが混じった顔をしている)

P(苦笑をし、楓さんに焦点を合わせると…目が合った…)

53: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:32:00.45 ID:PHDz5oJh0
P「楓さん…その、キスをしてもいいですか?」

楓「はい…喜んで…!…ん…」

ちゅる…じゅる、じゅるる….

楓「…っ♪ふふっ…プロデューサー?私はもう大丈夫ですから」

楓「プロデューサーの好きなように…気持ちがいいように、動いてください」

P「いいんですか?無理して言っていませんか?」

54: ◆NYveOZGgcg 2015/12/21(月) 00:33:05.59 ID:PHDz5oJh0
楓「本当に大丈夫です。プロデューサーの方が、大丈夫じゃないんじゃないですか?」

楓「キスをしたら、その…私の中のプロデューサーが、どんどん大きくなって…」

P「は、はははは…」

楓「だからプロデューサー?我慢しないで、下さいね?」

P「楓さん!!」

楓「きゃあ♪あっ…あんっ…!!」

60: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:17:31.90 ID:kwEQxDug0
P「くっ…!」

P(キツイ…!それにこれ以上楓さんに痛い思いはさせたくない…)

楓「は…う….あぁ…プ、プロデューサー…私は本当に大丈夫ですから…好きなように…」

P「できませんよ。動く度に楓さん、まだつらそうな表情をしてますから」

楓「お心遣いありがとうございます…でも私はプロデューサーに喜んで頂ければそれで…」

P「ん…」

ずりゅっ!!

楓「ひうっ!!?あ!?….ぐ、う…」

P「ごめんなさい楓さん…でもこれで無理をしているのを分かってもらえたと思います」

61: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:18:47.45 ID:kwEQxDug0
P「楓さんと一緒に気持ちよくなりたい、これは俺の本心です。だからゆっくり、身体をならしましょう」

P「時間はありますし、誰の邪魔も入らないんですから…ね?」

楓「はい…なら私がプロデューサーを受け入れるための準備、全てPさんに委ねます…」

P「任せてください…」

P(俺は一度楓さんから抜いて、楓さんの胸の先端をなぞるように撫でた。触った瞬間、ビクッと身体を震わせた)

P(敏感なんだなと思ったら、楓さんは俺から顔を背けた。どうやら声に出してしまったようだ)

P(少し頬を膨らませてそっぽ向いた楓さんに心の中で詫び、俺は愛撫を再開した)

62: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:20:23.51 ID:kwEQxDug0
楓「くっ…ふぅ…!あっ…んんっ…っ…!」

P(先ほど洩らした言葉に腹を立てているのか、微かな抵抗として楓さんは声を出すことを我慢しているようだ)

P(子供っぽいなと心の中で苦笑しつつ、俺は愛撫を続けた)

楓「…っ…!あっ、は…はぁ…はぁっ…」

P(愛撫を続けるうちに頬を紅潮させ、息遣いを荒くしている楓さん。そして胸の先端は快感を感じていること主張するように、ピンと勃っていた)

P(張りつめていたそれを少し、少しだけ力を入れてつまんでみた)

楓「あうっ…!?ふわっ…あ、あ…ん…ああぁああアアアっ!!」ガクガクッ!

楓(う、嘘…?私、胸だけで…うぅ…)

63: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:21:40.43 ID:kwEQxDug0
P「楓さん、今いきましたよね?その…下の方も凄く湿り気が増えて…」

楓「もう!言わないで下さい!うぅ…恥ずかしいんですから…胸だけで、こんな…」

楓「自分がいやらしい女に思えて…プロデューサーだってこんな私を見て、軽蔑しているんじゃありませんか?」

P「軽蔑だなんてそんな!?むしろ俺の手でこんなに感じて、乱れている楓さんを見たら興奮して…見て下さい」

P(俺は体を起こして、楓さんの姿を見ていきり立った性器を見せた)

楓「わぁ…!初めに見えた時よりも大きいような…それに先端がぬめぬめと濡れていて、テカって…」

P「楓さんの感じている姿や、恥ずかしがっている姿を見てこうなったんです。それで興奮してしまう俺の事、軽蔑しますよね?」

64: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:22:50.24 ID:kwEQxDug0
楓「いえ、そんな…むしろ嬉しいです。私を見て、こんなことになっているんですから」

P「俺もです。だから、楓さんのことを軽蔑するわけないじゃないですか」

楓「プロデューサー…」

P「それで、その…こうなってしまったので、また…」

楓「ふふっ♪私も今度こそ大丈夫です。Pさんのおかげで、私のここも…ほら?」

P(楓さんは俺の手を自分の秘部に誘導して、俺を受け入れる準備ができていることを体感で教えてくれた)

P(俺は潤った秘部に亀頭を宛がい、ゆっくりと挿入を開始した)

にゅぷ…にゅぷぷっ…

楓「ふっ…ん…んんっ…」

にゅぷぷ…こつっ…!

楓「んはぁ…!?お、奥に当たって…んんっ…!これが、この感覚が…私の子宮にPさんが…」

P「はい。俺のが楓さんの一番に奥まで届きました。痛みはないですか?」

65: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:23:55.62 ID:kwEQxDug0
楓「少しまだジンジンした違和感がありますけど…痛みというほどでもありません」

楓「それと一番奥に当たった時…気持ちよかったです。だから、大丈夫です…けど…」

楓「やっぱり最初は優しくしてもらって、いいですか?あと手の拘束を解いて下さい」

楓「このままだと、プロデューサーのことを抱きしめることができませんから」

P「分かりました。瑞樹さん、美優さんの拘束も一緒に解きます」

P(俺が三人の拘束を解いて、楓さんに向き直ると同時に楓さんは俺の背中に手を回して、愛おしそうに撫でくれた)

楓「胸を触ってもらっている間も、ずっとこうしたいと思っていたんです。ふふっ…♪」

P「楓さん…ふふふ、すごく愛しいです。そうしてもらうと余計に…」

66: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:24:50.87 ID:kwEQxDug0
楓「ふふっ、そうみたいですね?こうしてからプロデューサーの身体は動いていないのに、私の膣内でビクビク動いています」

楓「でも最初は優しく….ああっ!?」

ずちゅ…ずずっ…

楓「ん…はっ、あっ…いっ..!た、確かに優しく…んんっ!してもらってる、気がしますけど…」

楓「きゅ、急に始めるなんてズルい…あっ…ですぅ…ああっ!」

P「すみません。我慢の限界でした。全力で楓さんを気持ちよくしますから、それで許して下さい!」

楓「えぇ!?あっ!?ちょっと待ってくだ…はっ…あっ…いっ…!」

楓「いっ…あ、あれ?あっ、あ、あ、あああぁああ…ふわぁ、ああああっ!」

67: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:26:04.23 ID:kwEQxDug0
ずちゅ…じゅりゅりゅ..ちゅぷっ…

楓「あふっ、ふっ、ふぅぅ…!も、もぉ…許すも何も…それが条件だったら、もう…許してあげるしか、ないじゃないですかぁ…ああっ…!」

楓「だって…私もぉ…気持ちよくなってるんですからぁ…あんっ…ああっ!」

楓「はぅ…!ふっ…ふぅ…奥に当たるたびに、んんっ…あ、はぁ…!どんどん痛みや、い、違和感がなくなっ…てぇ…!」

楓「気持ちいいの…もぉ、それしか感じていないんですからぁ…あ、あっあっ、それ、それです…!」

楓「お、奥を…ひうっ…!子宮の入り口…コツコツ小刻みに突かれるのが…あぁ…いいん、ですっ…!」

P「なら…これはどうですか?」

ぬぷぷぷっ…ずちゅゅっ!

楓「はうっ…!勢いをつけて、子宮を叩かれて…き、きついけど…こ、これも気持ちがいいで…す…!」

68: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:27:23.65 ID:kwEQxDug0
P「小刻みに突かれるのと、勢いをつけて叩かれるの…どっちが、いいですか?」

楓「ん…はぁ、あっ…その質問…イジワルですよぉ…んんっ、ああァアアッ!!」

楓「どっちも気持ちよくて…どっち、あっ、はあっ!プロデューサーにしてもらってますから…」

楓「くぅ…うぅ…え、選ぶことなんて、できません…!あ、あああァアア…ああっ!だから…」

楓「だからプロデューサーの好きなように…プロデューサーが好きな方でぇ…私を愛してくださいぃぃっ!」

P「俺にだって、選ぶことなんて….なら交互に!」

ずちっ!ずちゅ!ずずっ!ずちゅ!

楓「はひっ!ふっ!くっ!はあっ…!いいですぅ…!子宮の入り口ぐりぐりされてぇ…ふぅうぅぅっ!」

69: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:28:24.86 ID:kwEQxDug0
楓「私、私っ…初めてなのに…!こんなに感じて…いやらしく喘いで…恥ずかしいけど、声…抑えらえません…!」

楓「やっとプロデューサーと繋がることができて…嬉しくて、気持ちよくて…声を、喜びを抑えられなくて…!」

楓「プロデューサーは気持ちいいですか…?私で気持ちよくなって、ますか?」

P「気持ちよくなってなかったら…!嬉しくなかったら、こんなに必死になりません…!」

楓「プロデューサー…!」

P「それに我慢も…!」

楓「んっ…はぁ、あん…が、我慢?」

P「もう限界が近くて、けど楓さんともっと繋がっていたいから…必死に耐えてるんです…!」

70: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:30:35.26 ID:kwEQxDug0
楓「な、なら大丈夫です…くうっ!私も…私ももう限界…なんです…一緒に、一緒に…!」

P(そう言うと楓さんは俺を強く抱きしめ、足を俺に絡めた)

P「うわっ!?楓さん!?ダメですっ!このままだと、膣内に出しちゃいます!?」

楓「出して、出してください!全部私の膣内に…!安心してください…三人とも、避妊薬は服用してますから…!」

楓「感じたいんです…プロデューサーの赤ちゃんのもとを膣内で…だから…あっ!」

ごちゅりゅりゅっ!ぎゅちゅっ!ずちゅん!!

楓「また激しくっ…うわっ!ふわぁああああっ!ああぁアアアっ…あああッ!!」

P「そんなことを言われたら..膣内に出していいなら、俺だって出したいんですから…!」

71: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:31:36.53 ID:kwEQxDug0
楓「いいです…して欲しいですから、思いっきり膣内で出してください…!」

楓「はぁ…ああっ!!きます…きます!!私もう…ダ、ダメェ…!」

P「俺も…もう、うっ…!」

楓「ふぅ…は、あうっ!プロデューサー、一緒に…一緒に…!」

P「か、楓さんっ…う、あぁああああっ!」

楓「P…P…!ああっ!?あ、ふぅぐっ…ああァアアアッ!アアアァあああああっっ!!」

びゅりゅりゅ!!じゅびゅびびゅっ!!

楓「ででりゅ…Pのが…熱いのが私の子宮ので飛び跳ねてるのわかる…うぅ…あはぁ…♪すごい、しあわせぇ…♪」

72: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:33:55.02 ID:kwEQxDug0
楓「はぁ…はぁ…はぁ…ああッ、P…プロデューサー、一杯射精しましたね?お腹の…膣内がプロデューサーので一杯です♪」

P「楓さん、名前で呼んでください。もう、一線を越えて仲になったんですから」

楓「ふふっ、そうですねP?ん…ちゅ…ふふっ、少し前にしたキスと違う気がします」

楓「もっとPを感じられる気がするような…なんというかもっと素敵なものなった気がします」

楓「…あら?あんなに出したのに、Pのはまだこんなに硬くて、熱くて…ふふっ♪」

P「全然収まらなくて…楓さんの膣内が気持ちよすぎて」

楓「ふふふっ♪元気があるのはいいことですよ?それじゃあ今度は私が動いてPを気持ちよくしますね?」

P「か、楓さんお願いしても…」

73: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:35:42.98 ID:kwEQxDug0
瑞樹「ストーップっ!!楓ちゃん、次は私たちの番よ!?Pくんその気にならない!」

美優「そうですよ!?私たちもいるのに…二人の世界に入り込み過ぎです!」

P「うわっ!?すみません!!」

楓「ちぇ…あともう少しだったのに…」

瑞樹「もう…それじゃあPくん?次は私と美優ちゃん、どっちにする?」

P「そ、それじゃあ美優さん、いいですか?」

美優「は、はい…!お願いします…!」

74: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:37:08.90 ID:kwEQxDug0
瑞樹「私は最後なのね…まあPくんが決めたんなら仕方ないか…ふふっ♪でも…」

瑞樹(最後はお姉さんがリードして、気持ちよくしてあげるからね♪)

P(なんか瑞樹さんが不敵な笑みをこぼしているようだが…今は…)

P「美優さん?慣らすために、さわりますよ?」

美優「はい…遠慮しないで、私の身体を思う存分に…さわって下さい」

P「それじゃあ…」

美優「あっ…ちょっと待ってください。一番初めは…ん…」

P(美優さんは俺の頭に両手で軽く添えて、目を閉じた。何を催促しているかは、一目瞭然だった)

75: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:38:19.19 ID:kwEQxDug0
P「ふふふっ、そうですよね。…ん」

ちゅ…るる、ちゅっ…!

美優「ん、はっ…あ、はぁ…キ、キスしただけで、頭がくらくらして…これからもっと、濃いい交わり方をするのに…」

P「ふふっ、さわりますよ?美優さん?」

美優「は、はい…」

P(俺は楓さんと同様に、胸の愛撫から始めようとした。美優さんの胸を触った瞬間、あることに気付いた)

P「美優さん、もう身体が出来上がってませんか?身体はほんのり赤くなってますし、乳首がもうこんなに勃ってて、それに…」

76: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:39:33.39 ID:kwEQxDug0
くちゅっ!!

美優「あひっ!!?」

P(俺は美優さんの秘部を人差し指で撫で上げ、愛液にまみれて指先を美優さんの見せつけるように指さした)

P「見て下さい?これ、美優さんのあそこから溢れていたものですよ?ちょっと指先ですくっただけで、こんなにまとわりついて…」

P「ほらっ、親指をくっつけて離すと、こんなにねばねばした糸をひいてます」

美優「だ、だってPさんと楓さんがしているのを見ていたら…私と瑞樹さんは切なくなって…」

瑞樹「ちょっ!?美優ちゃん!?」

美優「自分で慰めたんです…だからこんなになっているんです…」

77: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:40:24.11 ID:kwEQxDug0
P「二人が自慰をしていたこと、全然気づきませんでした」

美優「二人の世界にのめり込み過ぎですよ…私も瑞樹さんも少し大きな声を出してしまったのに」

瑞樹(わ、私のことまで言わなくていいのよ!?)

美優「でも、その声が聞こえなくなるほど…だから私も、その感覚を体験したいです…」

美優「私も楓さんと同じように、たくさん可愛がって下さいね…?」

P「ふふっ、分かりました。念のため、挿入する前にもう少し身体を慣らしますね」

P(俺は胸と秘部を同時に愛撫したまま、美優さんの反応をうかがった)

78: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:41:16.65 ID:kwEQxDug0
くちゅ、くちゅ、くちゅっ!

美優「はんっ!あうっ!P、Pさん?まだ慣らすのは必要…ですか?…んぁ…あっ..!」

P(十分濡れているし、挿入れても大丈夫だろうけど…美優さんがどういう反応をするのか見て楽しみたい)

P「もう少し、身体を慣らしましょう」

美優「わ、わかりました…んっ…で、でも私だけ…あっ!こ、声をだして…恥ずかしいです…」

美優「も、もう大丈夫だと思うんですけど…Pさん?」

P(もっと美優さんが悶えている姿をゆっくり眺めていたいけど、これ以上は不信感を抱かせるかもしれない)

P「そうですね。もう大丈夫だと思います…それじゃあ」

ぬちゅ…

P「いいですか?」

79: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:42:20.83 ID:kwEQxDug0
美優「だ、大丈夫です…優しくお願いします」

P「はい…いきます。身体の力を抜いて」

ぬぷぷっ…

美優「…っ…!」

P「…っ!?くぅ…!?」

くくっ…ぶちちちっ!ずちゅちゅるる…!

美優「ふっ…はっ、あ….う…今、一番奥にまでPさんがきて…私の初めてをPさんに…くっ、あ…」

美優「ちょっと辛いですけど…思ったよりも痛みはなくて…Pさん?」

80: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:43:38.69 ID:kwEQxDug0
P「くっ…ううううっ…!」

P(なんだ!?この感覚は!?初体験だから、締めつけがきついのはそうだけど…それだけじゃあ、ない…!)

P(美優さんの膣内がまるで俺の形に合わせてあるみたいにフィットして…それで蠢いて…ダメだ!少しでも気を抜くとすぐに出してしまいそうだ!)

P「だ、大丈夫ですか美優さん?辛くないですか?」

美優「私は大丈夫です…けどPさんの方が辛そうに…大丈夫ですか?」

P「お、俺は何ともありません…!それじゃあゆっくりと動かしますよ?」

美優「….どうぞ、Pさんが気持ちよくなるように…動いてください」

81: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:44:24.29 ID:kwEQxDug0
P「行き、ますよ?うぅ…!」

ず…ずず…ずっ…っ…

P(だ、大丈夫…こうして少しずつ動いて…俺の肉棒をこの快感に慣らしていけば…!)

美優「ふっ…んん…ゆっくりとPさんが膣内を這いずって…い…P、Pさん?やっぱり、辛そうですけど?大丈夫です…」ムクッ

P「!!?美優さん!?急に起き上ったら…!?う、うわぁああ!!?」

びゅる!!びゅるるるるっ!!

美優「えっ!?きゃあ!?あ、熱いのが膣内で広がって…ふわぁ…ああ…あ…」

P「はぁ…はぁ…」

82: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:45:29.57 ID:kwEQxDug0
P(やってしまった…美優さんが身体を起き上らせた時に襲ってきた、予期せぬ快感を受けて)

P(膣外とも膣内ともいえない非常に中途半端ところで暴発してしまった…おそらく子宮には届いていないだろう…)

美優「え…その…」

P「….」

美優「その…」

P「……」

楓・瑞樹「「…..」」

P(うわ…すごい気まずい…)

美優「あ、あの…私はPさんに満足して頂ければ…十分ですから…」

美優「次は瑞樹さんと…Pさん?」

じゅぶぶっ!!じゅりゅりゅりゅっ!!

美優「ひっ!あっ!はぅ…!!P、Pさん!?ど、どうしたんですか…!?急に、くぅ…!」

83: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:46:32.98 ID:kwEQxDug0
P「だって、美優さんはまだ満足してないじゃないですか…?顔にそう書いてあります…よ!」

P「俺は美優さんに満足してもらえないと、満足できないんです!」

美優「はひっ!んっ!あっ…!そ、それは…けど…」

P(横目で瑞樹さんと楓さんを見る美優さん、おそらく自分だけ連続で行為をすることに引け目を感じているのだろう)

P(行為に集中できない美優さんの頭を俺に向けさせて、俺は強引にキスをした)

美優「んっ!?ん…ちゅ…ん…っ!はぁ…はぁ…Pさん?」

P「今は俺だけに集中してください!大丈夫です。膣内はいまどうなっていますか?」

美優「膣内…ですか?…Pさんのが熱くて大きいまま、まだ少しビクビク脈打っています…」

84: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:47:28.99 ID:kwEQxDug0
P「美優さんの膣内が気持ちよすぎて、こうなっているんです。俺はまだまだ大丈夫です」

P「美優さんが作ってくれた料理で精がついてますし、それにこんな美女三人が相手をしてくれるんです」

P「途中で不能になったりなんかしません…だから美優さんの本当の気持ちを教えてください?」

美優「わ、私は…私、本当は…もっとPさんと繋がっていたいです!楓さんみたいに、Pさんのもので思いっきりいかされたいです!」

美優「い、言っちゃった…うぅ…恥ずかしい…」

ずりゅるる!ぶぴゅるるるっ!

美優「あんっ!Pさん、また急に…は、反則です…よ?確かにしてほしいって、んっ…言いまし…あ、やっ…アアッ!?」

P「今度こそ、今度こそ美優さんもイかせますから…!」

85: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:49:44.59 ID:kwEQxDug0
じゅぶ!ごびゅっ!ぐちゅちゅ、ぐちゅるるっ!

美優「はあっあっ…ああっ!いいっ…いいです…!気持ちいいです…!さっきPさんに注いでもらった精液が…」

美優「Pさんが動く度に…膣内に塗りつけられていって…どんどんぬるぬるになって…ふあっ!ふぁあ!」

美優「じゅぶじゅぶ大きな音をたてて…恥ずかしい、恥ずかしいですけど…止まらないんです…うっ…!」

美優「気持ち良くなっていくの…止まらないんです…!Pさん…もっと…もっと激しくしても大丈夫…です…ん、ああぁ!!」

P「ふっ…激しくですね…!」

じゅびゅっ!ぐちゅちゅりゅりゅ、ぐりゅりゅりゅりゅっ!!

美優「はっ!はっ!あぁあああッ!!すごい…すごいです…!!こんなの…初めてです…ふわぁ!んんーっ!!」

86: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:50:35.31 ID:kwEQxDug0
P「はっ…うぅ…」

P(美優さんももう達せれそうだが…俺の方が限界が早いかも…)

P(幾分なれたとはいえ…やっぱり気持ちよすぎる…!何か何か打開する術は…!)

P(先の失態を繰り返さぬよう、色々な動きを試行錯誤していたその時)

美優「はぁ…ああ…ひっ!!?ふぅううんっ!!?」

P(ん!?)

美優「ふえぇ…?何…?今の…?気持ちよすぎて…」

P(見つけた!)

ずちゅ!ずちゅ!ぐちゅ!ずちゅ!

美優「ひっ!?あっあっあっ、ああっ!P、Pさん…!そこは…ダメェ…!!あひっ!?はぁ…アアああぁアアアッ!!?」

87: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:52:14.06 ID:kwEQxDug0
美優「ひぐっ!?やぁ…!!本当にそこ…そこはダメなんです…うぅぅぅぅっ!!」

P「ど、どうしてダメなんですか?」

美優「だって、だってそこを突かれると…気持ち、いっ!良すぎてぇ…あっあっ!!」

美優「今度は私が…あっ!ひ、一人でいっちゃいま、す…からぁ…や、ああんっ…!!」

P「大丈夫一人じゃありませんから!俺ももう…!」

美優「い、一緒なら…思いっきりそこを突いて….下さい…!」

P「は、はいっ!!」

ぐちゅ、ずちゅらっ!じゅぷぷっ!ぐぱっ、ぐぷぷちゅっ!!

美優「いぃいいいっ!!ひぅううううっ!!?さっきよりもぉ…激しくて….あんっ!あっ、ああっ…!あっ…!ああっ!!」

88: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:53:09.85 ID:kwEQxDug0
美優「すごいのぉ…すごすぎて…ああっ…!ああぁアアッ!!もう、こんなの…もう耐えられないぃっ…!!」

美優「Pさん、ごめんなさい…私、もうダメです…はぁ…ああっ!!い、いきます…いかせてくださいっ!!」

P「俺も…もう、出します…一緒に..!」

美優「はぁ…あっ、ああっ!!出して…今度は…あっ!子宮の…奥にっ!!」

P「美優さんっ!!」

ぶちゅるるるるるるうるるるっ!!!

美優「で、でてる…子宮の一番奥に…ふわぁ、ああ…ああああああぁぁあアアアアッ!!!」ビクビクッ!

美優「い、いっちゃいましたぁ…はひっ…ひっ….子宮の奥…ドロドロしたので、タプタプに満たされて…はう、うぅ….」

89: ◆NYveOZGgcg 2016/01/18(月) 01:54:35.32 ID:kwEQxDug0
P「はぁ、はぁ…今度は、満足してもらえましたか?」

美優「は、はぃ…満足してますぅ…気持ちよくって..お腹、温かくて…幸せです…ふぅ…あぁ…♪」

P「そうですか、俺も満足…」

瑞樹「おっと♪Pくんはまだ満足しちゃ駄目よ?」

P「わっ!?瑞樹さん!?」

P(そう言って瑞樹さんは俺を押し倒し、のしかかってきた)

瑞樹「まだ私の番が残っているのよ?まだまだ夜は長いんだからね?」

P「はははっ…承知してますよ?」

瑞樹「ふふっ、分かっているならよろしいっ♪それにしてもすごいわね?もう三回も大量にだしたのに」

瑞樹「まだこんなにそそり立ってて…食事や香のせいもあるかもしれないけど、元から絶倫だったんじゃない?大きいし」

P「まあ、これの大きさで感心されたことは…今までなんどかありましたけど…」

瑞樹「やっぱりね、でもPくんたくさん動いて、腰は疲れているでしょうし…今度は私が上になって、Pくんを気持ちよくしてあげるからね?」

瑞樹「Pくんは休んでて。大丈夫、お姉さんに任せなさいっ♪すっごく気持ちよくしてあげるからね♪」

98: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:14:16.58 ID:2XlaMfrw0
P(そう言うと瑞樹さんは秘部を俺のモノに密着させ、ひだで撫でるように腰を動かし始めた)

瑞樹「ふっ…ふふっ、どう?私のここ、こんなに濡れて…んっ!あなたを受け止める準備はできている、わ…ふっ…!」

P「瑞樹さんから溢れだしている愛液が、俺のをコーティングして…早く挿入れたくて、堪りませんよ…!」

瑞樹「ふふふっ♪焦らなくていいのよ?私は逃げないし、夜はまだまだ長いんだから…」

瑞樹「ゆっくりと、楽しみましょう♪…あら?でもPくん、もう我慢の限界みたいね」

瑞樹「Pくん、ますます大きく、固くしちゃって…今にもはちきれそう…」

P「だって…そんな艶めかしい姿を見せられたら…だから…!」

瑞樹「ふふっ♪じゃあ…くふぅ…うっ!…ふ、うぅ…!」

100: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:16:13.87 ID:2XlaMfrw0
ず…ぐちっ..っ!

P(俺の請いを聞き届けてくれた瑞樹さんは、緩やかに腰を動かしながらゆっくりと落として)

P(俺の肉棒を膣内に沈めていった)

P「く…せ、狭くて…それに…!」

瑞樹「こ、こうやって…はっ、んんっ!されると…ひっ…ん…気持ちいい、で…しょう…はっ、あぁ…くぅ」

瑞樹「はぁ…ふぅ…あと少しで…根元まで…うぅ…入るわ…よ…?」

ず…ずち…ずちゅん!

瑞樹「んんっ!!ふっ…うふふ…♪ほらぁ…見てPくん?Pくんのがっ…あっ!ず、ずっぽりと私の膣内に収まって…」

瑞樹「膣内でびくびくってして…はぁ…はあっ!い、今にも…私の膣内に種付けしたがってる…うぅ…ん、のが分かるわ…」

瑞樹「でも、ま…は、あぁ…だ、出しちゃ駄目よ?これから…ふ、うぅ…なんだからね?」

101: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:18:35.78 ID:2XlaMfrw0
P「瑞樹さんっ!」

P(蠱惑的な挑発に耐え切れず、瑞樹さんの腰を掴みがむしゃらに突き上げようと手を回したが)

P(腕に手を添えられ制止された。戸惑いの表情を浮かべ瑞樹さんを見上げると)

P(いたずらっぽい笑みを浮かべながら囁いた)

瑞樹「最初に、言ったで…しょ?私が…ふぅ、Pくんを気持ちよくして…あげるって」

瑞樹「ここはお姉さんに…ん…全部任せな…さい、ね?ふっ…ん…」

くりゅ…くちゅ…ちゅぷぷっ…

P「み、瑞樹さん…こ、これ…すごく、気持ちいいです…!」

瑞樹「ふぅ…はっ、はっ…あ…あぁ…そ、そうでしょう?こ、こうして…あっ、ふっ…んっ….」

瑞樹「先っぽを….入口で撫でまわすように…あはっ…ふぅ…んっ、はぁ…!」

瑞樹「ぐりぐり…されるの…んっ、んんっ….!」

P「は、はい…!」

瑞樹「ふ…ふふっ♪まだ…まだ…これから…あんっ…なん、だからね…?」

102: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:20:59.23 ID:2XlaMfrw0
瑞樹(あ、危なかったわ…!子宮に当たった時…イっちゃいそうになっちゃった…!)

瑞樹(もしあのままP君に動かれていたらきっと…ダ、ダメよ瑞樹!)

瑞樹(ここは年上らしく、お姉さんとしてPくんをリードしてあげなきゃ!)

瑞樹「ふぅ…はぁ…うふふっ♪Pくん、気持ちよさそうな…はうっ…顔しているわ…あっ!」

P「と、とっても気持ちいいです…!今にも出してしまいそうです!」

瑞樹「はぁ…はぁ…そう、みたいね?」

瑞樹(なんとかこのまま上に居る優位を活かして、私のペースを維持してP君を…)

P「瑞樹さん!」

瑞樹「えっ!!?なっ…!?あっ!?ああっ!!?」

ずりゅりゅゅゅゅっ!!

瑞樹「ひぐっ!?うぅ、あっあっ…はううううっ!!?っ….はっ、はぁあああっ…!!?」

103: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:23:29.34 ID:2XlaMfrw0
瑞樹(い、いきなり….一番奥まで…突き上げられて、イッちゃった…!な、なんとか…いイッたの、ばれない様にしないと…)

瑞樹「あ…あひぃ…んあ…ん…ど、どうしたのPくん?い、今は私がPくんを…」

P「ご、ごめんなさい…瑞樹さんにしてもらっているの、すごく気持ちいいです」

瑞樹「だ、だったら…」

P「でも…瑞樹さんが俺にまたがって、腰を振っている姿を見たら…」

P「俺もう…じっとしていられなくて!」

瑞樹「ひうっ!!?だ、だめぇ…!今…そんなに激しくしたら…あっ!あっ!あっ!ああぁ…!!だ、だめ!!だめなのぉ…!!」

P「どうして…ですか?俺には瑞樹さんも、感じているように見えます」

P「本当は感じていないんですか?苦痛を感じていて、俺を気遣ってそんな風にして…」

瑞樹「ち、違うわ!そんなことないの!だって私、さっきPくんに奥を突き上げられた時にイッて…あっ!」

104: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:25:22.25 ID:2XlaMfrw0
P「じゃあ動いていいですよね!?」

ずちゅ!ずちゅ!ずちゅ!ずちゅ!ずちゅ!!

瑞樹「はっ!ああっ!!そ、そんな….さっきよりも、んぁああっ!!は、はげしい…んふううぅうううっ!!」

瑞樹「待って…本当に待って…!!まだ私、ひゃっ!はぁっっ!!さっき、イッたの…治まってないのよぉ…ほぉっっ!はぁっ、ああァアアっ!!」

瑞樹「深いのダメぇ!!お、おくまでゴリゴリ突き上げられるたびっ…イッて…んうぅうううっ!!」

P「なんで…ダメなんですか?俺だって瑞樹に気持ちよくなってもらいたいです」

瑞樹「そう思ってくれているのは嬉しいし…実際経験したことがないほど…感じてるけどダメなのぉ…」

瑞樹「私…Pくんよりお姉さんだし、楓ちゃんと美優ちゃんと違って経験者だから…」

瑞樹「年上の女性としてPくんのことをリードして…あげたいのよ…」

105: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:27:01.56 ID:2XlaMfrw0
P「….っ!!」

瑞樹「きゃっ!!?な、なに!?ひ、ひんっ!はあっ、はんっ、んあっ!また激しく…ひいっ!?」

瑞樹「私の膣内に挿入ってる…Pくんのが、さっきよりおっきくなってるのぉ….!!はひぃぃいんっ!!?」

瑞樹「ど、どうして…?ううんっ…!!あ、ああァ…あああアァアああッ!!?」

P「そんなの当然じゃないですか!瑞樹さんみたいな綺麗な女性が…」

P「こんな薄暗いなかでもわかるくらい、顔を紅潮させてそんな…そんな可愛らしいことを言ったら…」

P「むしゃぶりつきたくなるのは、当然じゃないですか!!」

瑞樹「だぁ、だからぁ…はっ、あっ、はんっ!!んんっ…こ、こんなはずじゃあ…んうぅん!!」

106: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:28:42.86 ID:2XlaMfrw0
瑞樹「ス、ストップ…!!一旦、んあぁアアああああっ!!?また、んっ!きてる….きてるのぉ!!」

瑞樹「失神しそうなくらい…おおきいのがきてて、ひぅぅぅっ!!私、また一人でイッちゃうのぉ!!」

瑞樹「少し、待って…!!お姉さんの言う事聞きな、さいっ!!…ひうっ!?やぁぁああっ….!!もうダメっ!!…お願いぃ…聞いて!!」

P(….はっ!?一人よがり過ぎだ…これじゃあ無理やり犯しているのと大して変わらないじゃないか!)

P「ごめんなさい。俺…自分のことばかり考えて、瑞樹さんのこと全然考えていませんでした…」

瑞樹「はぁ….ふぅ….ふぅ….あ、はぁ….P、Pくん?そんなに思いつめた顔をしなくてもいいのよ?」

瑞樹「その、確かにダメって言ったけど…それは私のワガママというか…一人だけで何度もイくのがいやだったからで…」

瑞樹「あんな風に求められるのは嬉しかったし…本当に気持ちよくて失神しちゃうところだったわけで…」

瑞樹「う~~ん…だから、だから私はPくんと一緒にイきたいの!!Pくんを満足させられないみたいで、一人は嫌なの!!」

107: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:29:24.83 ID:2XlaMfrw0
P「み、瑞樹さん…?そ、そんな大声で言わなくても…」

瑞樹「え!?あ…あはは、ちょっと興奮しすぎちゃってたみたい…でも今のは私の本当の気持ち…」

瑞樹「だから今回、今は私に任せてくれないかしら?次はPくんのしたいこと、したいようにしていいから…ね?」

P「分かりました。あっ!じゃあ一つお願いしたいことがあるんですけど」

瑞樹「ん?なにかしら?」

P「その…両手を頭の後ろに回した体勢で、してほしいです」

瑞樹「こ、こうかしら?」

P「そうです!その体勢でおねがします」

108: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:30:28.49 ID:2XlaMfrw0
瑞樹「わ、わかったわ!それじゃあ、いくわね?….んっ…ふっ、んんっ!!」

くちゅ…くちゃ…ぐちゅるっ!ぐちゅちゅっ…じゅる…!!

P(ゆっくりと…あれを軸に腰を円を描くように動かして、短く上下に…これは…!)

P「これ…いいです!ゆっくりだけど…瑞樹さんの膣内が俺のに絡みついて、全体を万遍なく締め付けて…」

P「少しでも気を抜くと…でちゃいそう、です…ふ、くぅ…..っ!!」

瑞樹「うふふっ…ふっ、うぅ…そ、そうでしょ?私の膣内でビクビクしてるの…わかるわ…くぅ…っ!!」

瑞樹(け、けど私もそう長くはもたないわね…でもこのペースなら一緒に…)

P「それにそう動くと、瑞樹さんの胸左右に揺れて…眼福です」

109: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:32:24.92 ID:2XlaMfrw0
瑞樹「えっ!!?なっ!?ちょっとPくん!突然なにを言い出すのよ!」

P「本当の事です。あっ手で押さえたらダメですよ?それに言った瞬間、瑞樹さんの膣内は一層締まりましたよ?」

瑞樹「なっ…あぁ….う」

P「さっきよりも赤くなって…カワイイですっ!!最高に、カワイイですっ!!」

瑞樹「ダ、ダメ…!言葉でいじめちゃ…ダメよ…!うぅ…っ!!…ひゅっ…!?膣内でまた大きくなってる…!?」

P「ち…違います!!瑞樹さんの膣内が…また締まって…う、あ…で、出ます!もう出ちゃいます!!」

瑞樹「はぁ…ふぅううっ!!私ももう…出して…私にも二人と同じように、膣内にいっぱい…」

瑞樹「Pくんの赤ちゃんのもと、いっぱい出してっ!!孕ませるつもりで、いっぱいだしてっ!!」

110: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:33:24.63 ID:2XlaMfrw0
瑞樹「はぁ!ああっ!!イく…!!イくの…!!Pくん…Pくん!!」

P「出します!瑞樹さんの膣内に…う、ああああっ!!」

瑞樹「きてっ!!私も、イくか、らぁ…はっ、ひ…ふ、ああっ…ああアァ..ああああああアアアッ!!!」

ぶじゅる!!ずびゅるっ!!びじゅりゅりゅりゅりゅりゅっ!!!

瑞樹「あ、熱いっ…!!で、でてる!!私の膣内にいっぱいでてるのぉ…!!すごい…まだこんなに…いぃぃぃぃ!!」

瑞樹「ふあっ…あっ!!どろどろしたのがたくさん、すごい勢いで子宮の奥に入って、あぁ…私またっ!はひっ、ひぃぃぃんっ!!」

瑞樹「….ん…はぁ…はぁ….あぁ…あっ….や、やっと一緒に、一緒にイけたぁ…Pくん、満足…してくれた?」

P「はい….とっても気持ちよかったです…気持ちよかったから…四回目なのにこんなに出ました」

111: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:35:05.46 ID:2XlaMfrw0
瑞樹「うふふっ♪そうね?よかった♪…ん?もう、Pくん?嘘を突いちゃダメよ?」

P「え?嘘なんかついてませんよ?」

瑞樹「だって…まだ全然萎えてないじゃない?固くて熱い…ふふっ、本当にすごいわ…」

瑞樹「さっき約束した通り、今度は私を好きにしていいから…ね?またしましょう?」

P「…っ!!」ゴクッ…!!

P(横たわり無防備な姿を晒した瑞樹さんにそんなことを言われたら、我慢できる…する道理はなかった)

P(瑞樹さんに襲いかかろうとしたその時、横から声がかかった)

楓「瑞樹さん、ずるいです…!順番でいったら今度は私の番ですよ?」

美優「その…私もまた、したい…です」

112: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:36:08.50 ID:2XlaMfrw0
瑞樹「私も今度はPくんに滅茶苦茶にしてほしい気分だし…ここはPくんに決めてもらいましょう!」

瑞樹「さぁPくん?私の膣内まだトロトロで、Pくんがどんなに激しくしても大丈夫よ?」

楓「私もまたPさんのをいつでも受け入れられるように、準備していましたから…ほら?」

美優「こ、こうするのは恥ずかしいですけど、Pさんですから…見て下さい、Pさんに見られているだけで…こんなに濡れて…」

P(瑞樹さん、楓さん、美優さんが秘部を指で広げて、俺に見せつけ誘っている)

P(普段三人からは想像しがたい淫らな姿…三者三様に魅力的で即断はできるわけがない)

P(けど夜はまだ長く、誰の邪魔も入らないこの孤島…自分のモノも三人のおかげで萎える気配もない)

P(焦る必要も心配する必要もないので、俺はまずはゆっくりと三人を視姦してから決めることにした)

113: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:37:42.33 ID:2XlaMfrw0
———-

——-

—-

P「う…朝…か?…ん?」

P(昨夜の乱交で三人が精も根も尽き果てたのを見届けた俺は、そのまま三人と一緒のベッドで眠りについた)

P(三人はと思ったとき、俺は楓さんが胸の中で俺を見つめているのに気付いた)

楓「おはようございます…Pさん」

P「おはようございます楓さん。瑞樹さんと美優さんは自分達の部屋に戻ったんですか?」

楓「…ええ、Pさんの事を私に任せて、二人はここを後にしました」

P「俺を楓さんに任せて…?」

楓「はい、私に任せて…です」

P「それは…その、そう言う事ですか?」

114: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:39:25.80 ID:2XlaMfrw0
P(二人が楓さんに俺の事を任せた…それは二人が身を引いたということだと思った)

P「でも俺は何も…」

楓「三人で話し合った結果です。Pさんが気に病むことは何もありませんよ?」

P「むぅ…」

P(そう言われると何も言い返せない。昨夜の事を経ても、俺は三人に対してどう返答するのか決められなかったのだから)

楓「それよりもPさん?またすごい事になっていますよ?」

P「ふっ…!?いや…これは生理現象で…」

P(楓さんに固くなった愚息を優しく撫でられながら、俺はどう考えても通用しない言い訳を口走った)

P(こうなっているのは生理現象からなどではない。朝日に照らされて楓さんの圧倒される裸体を見ているからだ)

P(この女性を貪った。その実感が俺の愚息をいきり立たせている)

115: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:40:56.50 ID:2XlaMfrw0
楓「私たち三人をあれだけ愛してくれたのに…こんなに熱く、固く反り返って…」

楓「男の人って、みんなこういう感じなんですか?」

P「他人との比較はしたことがないので、わかりませんけど…楓さんほどの女性が裸でいたら、こうならない方が不自然ですよ」

楓「私が…私のせいですか…ふふっ、ならちゃんと責任を取って、鎮めないといけませんね?」

P「か、楓さん!?」

楓「Pさんはそのまま横になっていてください。瑞樹さんのように…今度は私がPさんを気持ちよくします」

楓「それに私も…したい、です…Pさんのを触っていたら…もう…」

P(そう言って楓さんは俺の上に跨り、自分で俺のモノを膣内に挿入れようとした…が…)

116: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:42:14.44 ID:2XlaMfrw0
楓「ん…あ…あれ?…あら?」

P「あの…挿入だけは俺がしましょうか?」

楓「あぅ…うぅ…お願い…します…」

P(自分一人でうまく挿入できなかったの恥ずかしいのか、顔を真っ赤にして消え入りそうな声でお願いをする楓さん…)

P(かわいい…本当にかわいい人だ。そう心に強く思いながら、俺は彼女の秘部に亀頭を少しめり込ませたところで声を掛けた)

P「これで、腰を落とせば挿入ります」

楓「は、はい…あとは私に任せてください。いきます…よ?くふぅぅ…!」

くちゅ…ずず…!

楓「んんっ!?はっ…あひっ…!!?」

ずっ、ずずず…っ!

楓「くぅっ….!あ、あふぅうううっ!!」

P「お…おぉぉおおっ…!!」

117: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:44:41.44 ID:2XlaMfrw0
P(す、すごい…!昨日よりも俺をすんなり受け入れてくれて、蠢いて….気持ちいい…!!)

P(けどなんだ?挿入り始めたとき大きく目を見開いていたけど….まさか痛みがあるのか!?)

P「大丈夫ですか!?目を見開いて、痛みがあるんですか!?」

楓「だ、大丈夫です…痛みはありません…その、逆なんです…」

P「逆?」

楓「気持ちいいんです…昨晩Pさんに愛してもらったときより、もっと感じちゃってるんです…」

楓「だから今ので…軽く達して…す、少しまって、ください…」

P「俺も…俺も前より気持ちよくなっているんです」

P「楓さんの膣内が、俺を喜ばせることを覚えたみたいな…そんな感じがして」

118: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:46:28.30 ID:2XlaMfrw0
楓「私の膣内が、身体がPさんを喜ばせること覚えた….つまり、私はPさんのためのものにされちゃったということ…ですね?」

P「ま、まあ…そうなってくれていたら、俺は嬉しいです」

楓「私もです♪…でしたらPさん専用になった私の身体、存分に堪能してくださいね?」

P「喜んで!!」

楓「ふふっ♪では…ご堪能ください。ふ…う…はっ…あっ!!」

P(そう言うと楓さんは腰を振り出した。たどたどしくはあるが、懸命さが伝わる)

楓「はぁっ!!….はふぅ…!!…っああっ…!!P、Pさん?私、ちゃんとできてます…か?んっ…くぅ!!」

P「それは…うっ!!俺のは…どうなっていますか?」

楓「Pさんの…膣内でもっと熱く、なって…もっと固くなって、は、はぁ…!!私も、もっと感じています…っ!!」

119: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:48:13.07 ID:2XlaMfrw0
P「なら、それが答えです…楓さんの膣内、さらに具合がよくなって…俺ももっと…ぐっ…!!」

楓「よかった…もっと、もっとPさんと一緒に、気持ちよくなりたいです…!少し、激しくして…みますね?」

P「今は楓さんに全部お任せします」

楓「はい…♪…すぅ….はぁ…ふぅ….い、いきます!」

ぐちゅ、ずちゅりゅ!じゅぷぷっ!ぐちゃ、ぐじゅるるるっっ!!

楓「はぁ!!ああ、あっ、あっ、あんっ、あっ!!はぁあああアアアっ!!!アアアぁああアアあっっ!!!」

P「くおっ!?これ…うお…あっ!!!」

楓「ああっ!!ふぅんっ!!また…んふぅ!!また固くなって…ふ、ふわぁ….あああっ、はぁああんっ!!!」

楓「Pさんが気持ちよくなってるの…くっ…ううっ…!!!分かります…分かるように、なりましたっ!…んっ、んんっ!!」

120: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:50:03.38 ID:2XlaMfrw0
P「ええ!!そうです!さっきよりも、もっと感じています…!」

P「それに楓さんの膣内、蜜が溢れて…いやらしい音が響いて…ますます昂ぶりますっ…!!」

楓「へっ!?そ、そんな…き、急にそんな…は、はうっ!!恥ずかしい事、言わないでください…!?」

楓「あ、ああっ!?でも、でも本当に、本当にすごく音….響いてるっ!!?」

楓「私の…おぉっ!!な、膣内から溢れたのが、はっ、ああっ!!私が腰を振るたびに…いっ…あんっ!!」

楓「じゅぼじゅぼ…ねっとりした、いやらしい音が…あっ!ひっ…響いてる…部屋いっぱいに響いちゃってるっ!!?」

楓「い、いやぁ….!!は、恥ずかしいです….恥ずかしいですけど…こ、腰を動かすの…止まりません、止められません!!」

121: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:51:09.57 ID:2XlaMfrw0
P「恥ずかしがらなくても、いいです!!俺にもっと、もっと楓さんの淫らな姿を見せてください!!」

楓「わ、わかりました…もっと、もっと見て下さいぃ…私の、Pさんだけに見せる、いやらしい私を…ひぃ!!?」

楓「あ…ああ…!!ダメ…ダメぇ…まだダメぇ…!!まだPさんが…は、はぁアアアッ、あああっ!!?」

楓「ご、ごめんなさいPさん….っ!!わ、私…私もう…あ…あ、イ…イく…イっちゃう…!!あ…!?」

楓「き、きたぁ…はあっ…!!あ、あっあっ!!ああああァアアアアああああっっっ!!!」

ぶしゅ!!ぷしゅうううっ!!しゅっ…

楓「ひ…あ、あ…ごめんなさい、Pさん…私、一人で….ふぅ…あ…イ、イっちゃいましたぁ…あぁ…」

P(潮を噴きながら盛大に絶頂した楓さんは俺に倒れ掛かり、息も絶え絶えに謝罪をした)

P「そんな…謝らないでください?楓さんは少し前に初体験を済ませたばかりで、慣れていないんですから」

122: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:52:55.87 ID:2XlaMfrw0
楓「でも…私はよくないです…私もPさんと同じなんです。Pさんに気持ちよく、満足してもらえないと…私も満足できないです」

楓「だから….ん、ふぅうううっ…ふっ….んん…!」

P「か、楓さん!?」

P(生まれたての小鹿のように身体を震わせながら起き上り、再び腰を振ろうし始めた楓さんに驚いた俺は)

P(楓さんの腰を抑えて、無理やり動きを止めさせた。どう見ても無理をしている)

P「楓さん、気持ちは嬉しいです。でも無理をして、辛そうにしている楓さんは見たくありません」

楓「無理なんか…私がしたいんです。それに辛くなんかありませんよ?大好きな人と、こうして繋がれるんですから」

P「楓さん…」

楓「でしたら、少しだけ手を貸してもらえますか?それなら無理にはなりませんよね?」

123: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:55:07.72 ID:2XlaMfrw0
P「….ふぅ…分かりました。俺の負けです」

P(彼女に根負けした俺は、再び彼女にこの身を委ねることにした)

楓「ありがとうございます…私の手を握って、支えてくれますか?」

P(俺は楓さんに両腕を差出した。彼女は俺の手を握り締めて、それを支えにして)

楓「ふ…う、あ…ん…はっ、んんんっ….んっ!!」

P(再び腰を動かし始めた)

楓「ああっ…はぁ…!!身体…敏感になって、さっきよりも…強くPさんを感じてぇ…ふぅっ!!」

楓「うまく、動け…ない…!!はぁ…ふぅ…んあっ…ああぁ!けど、だから気持ちよくて…ふ、く….ふぅううっ…かはぁ…ああっ!!」

楓「や、やっぱり、止められない…止めたくない…っ!!あ、ひ…ひぃんっ!!い、一緒に…イ、イきたい…!!」

124: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 02:57:53.19 ID:2XlaMfrw0
P(今だ不自由な身体で汗を流し、半開きになった口から涎と喘ぎ声を漏らしながら懸命に腰を動かしている楓さん…)

P(健気に俺に尽くそうとしている姿と、貪欲に快楽を追い求める姿…相反する二つの様相を思いを抱かせられる)

P(そしてその姿は俺を昂ぶらせ、加速度的に絶頂へと誘った)

P「くっ…楓さん…お、俺もう…!!」

楓「はぁ、は、はいっ…!感じます…!Pさんのが震えて…私に教えてくれます…!!」

楓「わ、私もまた…またイきます…!今度は…今度は….いっ、一緒に….」

P「俺も、楓さんと一緒に….一緒がいいです…くぅ…もう!!」

楓「はひぃっっ!!?また膨らんで….な、膣内がもっと広げられて…あ、ああ….!!」

楓「イ、イきます…!!イきますから….Pさんも、Pも…私の膣内にいっぱい、いっぱい….だし…きゅうっ!!」

楓「うっ…はぁ、はっ!!?あぁ…!!あっあっあっ!!イ、イく…!!くぅうううううううっっ!!!」

125: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 03:02:09.63 ID:2XlaMfrw0
P「で、でるっ!!」

ぶじゅるるるるるるっ!!じゅるるるっ!!!

楓「はひぃ…ひぃ…っ、んんっ!!膣内、いっぱいになってるぅ…Pさんので…いっぱい…ふ、ふふっ♪」

P(やり遂げた笑みを浮かべると、今度こそ力尽きたのかまたゆっくりと俺に倒れ掛かってきた)

P「楓さん…気持ちよかったです。昨晩あれだけ出したのに、またこんなに出してしまいました」

楓「本当に…いっぱい出ましたね?私も…言わなくも、分かりますね…ふふっ…♪」

楓「日本に帰ったら、いろいろやることがありますね?」

P「…そうですね…いろいろありますね…」

P(事務所やみんなに報告して…大変だけど、やり遂げないと…!)

126: ◆NYveOZGgcg 2016/03/09(水) 03:04:25.90 ID:2XlaMfrw0
楓「一緒に頑張りましょうね?…ん?もう、真面目な顔をしながらまた…本当に暴れん坊なんだから」

P「ははは…面目ない」

楓「ふふふっ♪今度はPさんにしてもらって…いいですか?昨晩みたいに…は、激しく、愛してほしい…です」

P「は、はいっ!!」

<バンッ!!

瑞樹「ちょっとまったー!!」

P「なっ!?瑞樹さん!?美優さん!!?」

瑞樹「楓ちゃん!抜け駆けはずるいわよ!?確かに楓ちゃんにPくんを任せたけど….」

瑞樹「任せたのは、私たちが朝ごはんの支度をするからPくんが起きたら連れてくること、だったでしょ!!」

美優「そうですよ!なんで私たちが身を引いた雰囲気を出しているんですか!?」

P「え…?か、楓さん?」

楓「えっと…ふふっ♪」

瑞樹「笑って誤魔化そうとしない!!いくらなんでも遅いから来てみたら、ことが始まってるわ…」

瑞樹「挙句にまたしようとするんだもの!Pくん!後で私たちともたっぷり付き合ってもらうわよ!」

P「あ、あははは…はい!」

135: ◆NYveOZGgcg 2016/03/23(水) 01:36:43.10 ID:J/UqmM9W0
——-

P(二人が作ってくれた朝食を食べた後、俺たちはビーチにくりだした)

P(仕事をする気はなかった。かといって泳いだりするためにビーチにくりだした訳ではなく…)

瑞樹「んっ!!?ふ、ふあああアアアあぁアアアあああっっ!!!」

P(俺は瑞樹さんを後ろからそのまま襲いかかり、レジャーシートに押し倒していきなり挿入した)

瑞樹「ふううぅっ!くうっ!!…も、もぉ!強引なんだからぁ…いきなり…んっ…!全部、挿入れちゃうなん、て…」

瑞樹「はぁ…ああっ…い、今のでイっちゃいそうになったわ、よ…ふぅ…ふぅ…」

136: ◆NYveOZGgcg 2016/03/23(水) 01:38:03.08 ID:J/UqmM9W0
P「そうは言っても、瑞樹さんがこうされることを望んでいたんじゃないんですか?」

P「俺の目の前であんな、あんなわざとらしく水着を直したり…前かがみしたりして、俺を誘って…」

瑞樹「そ、そうかもしれないけど…じ、自分の大きさを、わかってるの?」

瑞樹「いきなりこんな風にされたら…ひぃっ!?くふぅううううっっ!!?」

ぐっじゃっ!!ずっじゅっ!!ぶぷっ、じゅぷぷちゅっ!!

P(俺は瑞樹さんの言葉を待つことなく、抽送を開始した)

P(真昼間の屋外、水着姿で四つん這いになっている瑞樹さんに対して異常な興奮を覚えて)

P(がむしゃらに腰を突き動かし、快楽を求めた)

137: ◆NYveOZGgcg 2016/03/23(水) 01:39:35.81 ID:J/UqmM9W0
瑞樹「は、ひぃいいっ!!は、はげしいぃっ!!た、確かに今日はP君のしたいように…していいってぇ..言ったけど」

瑞樹「水着で…外でしたいなんて言い出すなんて…ああっ!!へ、変態なんだからぁ!!…ひっ、ううぅううんっっ!!」

瑞樹「しかもこんな…こんな体勢で後ろから、ガンガン突かれるなんて…はぁ…はぁ…うくぅううっ!」

瑞樹「けだものみたいで…恥ずかし過ぎる…わ、よ…あんっ!!ああぁアアアッ!!」

P「恥ずかしい感情とは別に、感じていますよね?」

P「ほら…瑞樹さんのあそこは蜜で溢れてますし、乳首だってこんなに勃って」

138: ◆NYveOZGgcg 2016/03/23(水) 01:40:40.59 ID:J/UqmM9W0
瑞樹「また…!ひゃ、あんっ!!ダメェ!!そんなこと言いながら…私の弱いところ突いちゃ…ダメなの!!」

P「おや?さっきより勃って、それに締めつけも強くなってます…」

P「本当はこう、言葉で嬲られながらされるのが好きなんじゃないですか?」

瑞樹「ふっ!あっ、んんっ…くぅ!はぁ…ああっ!…う、はぁ…P、Pくぅ~ん?」

瑞樹「あまり…お、お姉さんを…あんっ!あ、甘く見るんじゃないわよ!?」

139: ◆NYveOZGgcg 2016/03/23(水) 01:41:34.27 ID:J/UqmM9W0
P「うっ!!?み、瑞樹さん!!?」

P(膣内が蠢いて…俺の亀頭の上部を押さえつけるように…うわっ!?)

P「瑞樹さん…そうされると俺が、すぐに…うああっ!?」

瑞樹「うふふっ…ふっ!P君が…わ、私の弱いところを知ったように、んっ…!」

瑞樹「私だって…P君の弱いところ…知ったんだか…らっ!!」

ぎにゅ…ぐぎゅる…ぬちぃ…っ!

P「ぎっ…!?やば…い…うっ…!!」

140: ◆NYveOZGgcg 2016/03/23(水) 01:42:17.61 ID:J/UqmM9W0
瑞樹「ふ…ふふっ♪ほらほら?さっきまでの…っ!はぁ…!威勢はどうしちゃたのかしら?」

瑞樹「P君が動かないなら…私から、動いちゃうん…だから…!」

ぐ、じゅっ!ずっ!ずぴゅっ!ずぷぷっ!

P(瑞樹さん、自分から腰を振って…!?こ、この体勢から攻められるとは思ってなかった!?)

P「う…あぁ…み、瑞樹さん…ちょっとまっ…くうぅ….!!」

瑞樹「はぁ…はぁ…さ、さあ…!やせ我慢せずに…ふっ、あぁ…!」

瑞樹「出したかったら…出しちゃいな…さい…んっ!あはぁ…あっ!…ほ、ほら…ほらっ!」

141: ◆NYveOZGgcg 2016/03/23(水) 01:44:06.47 ID:J/UqmM9W0
P「はぁ!はぁ!…うあっ…ぐぅううっ!!また…膣内が締まって…!」

P(瑞樹さんも切羽詰ってそうだけど…このままじゃあ本当に俺の方が先に…)

P(そう危惧していたが、この状況は第三者の介入によって大きく変化した)

楓「ふふっ♪Pさん、助太刀しますね」

P「えっ!?」

瑞樹「か、楓ちゃん!?…やっ!?ちょっと!あっ…!なにをして…やっ!ダ、ダメよっ!!?」

157: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:11:02.47 ID:WSni9vZL0
P「何を…うわっ!?ちょっ…はぁ…あっ!!」

P(横で俺たちの情事を見物していた楓さんはそう言うと、素早く器用に瑞樹さんの下に潜り込んだ)

P(訝しる俺たちをよそに楓さんは瑞樹さんの股間に顔を近づけて…秘部を丹念に舐め始めた)

楓「ん…れろっ、ちゅ…ちゅぱっ!ちゅるっ、ちゅっ!Pさんと瑞樹さん…二人の味がしますよ…♪」

楓「どっちも基本しょっぱいんですけど…若干風味?が違っていて…んー、瑞樹さんの方が少し匂いが強い気がします」

瑞樹「や、やだ…は、はずかし…もぉ…っ!楓ちゃんまで…そんなこと、んっ!言って…くるなんて…あっ!ひぃ!?」

瑞樹「そ、そこっ…!舌で転がしたら…んっ…つっ!!はぁ…っ、はぁ….っ!か、楓ちゃん…?ひょっとしてこれは仕返しのつもり…んくっ!か、かしら…?」

158: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:12:01.76 ID:WSni9vZL0
楓「いえいえ?そんなつもりは…くちゅ、ちゅちゅっ…んふぅ…ありませんよ?」

楓「抜け駆けした私が悪いんですから…罰として、瑞樹さんと美優さんが満足するまで…私がお預けになったのは仕方の無い事です…」

楓「今はただ…ピンチになったPさんの手助けをしているだけ、ですから…♪」

瑞樹「ぜ、絶対ぃ…あっ!はぁ…あぁんっ!他意が…あるでしょ!ふぅ…はぁっ、はぁっ…ああ…っ!!」

楓「それは…ご想像にお任せしますね?ふふっ♪Pさん?今がチャンス…あら?」

P「か、楓さん….それ…うっ!?俺にも…効いて、ますから…あ、あうっ!!」

楓「あ、あららら?」

P(楓さんは瑞樹さんだけを攻めているつもりみたいだけど…舌先が俺の裏筋にも当たって気持ちいい…!!)

P(それに前髪がワサワサと掠ってくすぐったい!俺ももう限界だ…!…けど)

159: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:13:40.51 ID:WSni9vZL0
瑞樹「んんっ!!二人掛かりなんて…はっ、はっ….ふぁっ!?ひ、卑怯…っ!うぅ…あ、あぁ…はぁっ!は、反則よぉ…っ!」

P(瑞樹さんも限界が近いの明らかだ。足がガクガクと震えて、今にもその場に崩れ落ちそうな状態だ)

P(ああ、でも…俺の方が先に…うあっ!?だ、ダメだ…!!)

P「で、でるっ!!ぐうぅううっ!!」

びじゅっ!!びゅるるるっ!!

瑞樹「で、でてる…!熱いのがたくさんっ…!膣内に…はぁ..ふあ、ああ…っ!?」

ぐびゅっ!!ぶりゅ…ごぷっ!ぐぷっ!ぐぷっ!!ぐぷぷっ!!

瑞樹「ま、まだ出てる…!?昨日も、今朝もあれだけ出してたのに!?」

160: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:14:47.17 ID:WSni9vZL0
瑞樹「ああ…私の膣内がいっぱい…いっぱいになったのに、まだ….でる…の?う、ふっ…くぅ…!!」

ぐぷぷぷっ…!!ぐじゅっ、じゃぷぅ…!!

瑞樹「はあっ!ううっ!!どんどんっ、流れ込んできて…膣内が、膣内がP君ので掻き回されて….んんっ!ううっ!!」

瑞樹「イ、イくっ!!膣内に、いっぱい出されて…イっちゃう!!あ…は…ああっ…!!」

瑞樹「あっ!はっ!ああぁああっ!イくっ!!膣内だしでっ、イっくぅぅぅぅぅ!!!」

瑞樹「ううっ!!はぁ…はぁんんっ!!?イってるのにぃ…まだ出てる…っ!く、ふぅううっ!ど、どれだけ…でるのぉ…おっ、おおあっ!!?」

P「そ、そう言われても…俺も驚いているんです。こ、こんなに…ま、まだ出そうです…うっ!?」

P「瑞樹さんの膣内が締まって、それに痙攣が伝わって…振動で、搾りとられるんですっ!!」

瑞樹「そ、そんなこと言われても…P君が出すの止めてくれないから…イくの止まらなくて…ま、またっ!?」

瑞樹「ひっ!ひうぅうううううんっ!!!ううっ…ああっ!!ああっ!!ああっ!!膣内でっ!P君のずっと暴れ回ってるっ!!!」

瑞樹「お、おかしくなる!!おかしくなっちゃうのぉ!!」

161: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:16:08.93 ID:WSni9vZL0
P(瑞樹さんの声が追い詰められたものになってきてる!?どうすれば….て、抜けばいいだけじゃないか!!)

ずりゅっ!!

瑞樹「はぅううっ!!….そっか、そうよね…抜いてもらえばよかったのよね。ダ、ダメ…足腰ががたついて…」

P(四つん這いの姿勢を維持できなくなった瑞樹さんは、下にいる楓さんを避けながら仰向けになった)

P(その間俺は射精が止まらず、瑞樹さんと楓さんを汚し続けていた)

楓「あぷっ….熱いのが、たくさん…ふふっ♪」

P(顔に浴びせられた液を手で拭いながら、挑発的な眼差しを向ける楓さん)

P(淫靡なその姿は俺を誘いだすのに十分すぎる色香を放っている…けど)

瑞樹「はぁ…ふぅ….ん、んん….は、あ….う…あ、熱い…」

瑞樹「膣内も….身体もPくんので….いっぱい…」

162: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:18:27.64 ID:WSni9vZL0
P(仰向けになって呻くように呼吸をする瑞樹さん….)

P(いまだに痙攣が治まらず、疲労の度合いが見て取れる…そう弱った女性…)

P(全身を汚され、秘部から白濁液を溢れさせている….息も絶え絶えの瑞樹さんに対して、俺は強い衝動を覚えた)

P(屋外という環境も相まって、俺はケダモノそのものの視線を向けていたのだろう)

P(そんなケダモノに対して、瑞樹さんは優しく声を掛けてくれた)

瑞樹「…いいわよ?」

P「え?」

瑞樹「そんな視線を浴びせられたら、誰だってわかるわよ?ふふっ…本当に、イケナイ子なんだから」

瑞樹「こんなになった私に欲情しちゃって…でも、いいわ…P君だから。それに今日は…」

瑞樹「君のお願い、叶えてあげるって約束したしね♪」

163: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:21:34.45 ID:WSni9vZL0
P「け、けど…」

瑞樹「はぁ…土壇場になって二の足を踏むんだから…こうしたらどうかしら?」

くぱぁ…

瑞樹「さぁ…好きにして、いいわよ?」

P(自分で秘部を広げ、俺に自分を投げ出した瑞樹さん)

P(自分の中で何かがはじけた音がした気がした、気づいた時には瑞樹さんに覆いかぶさっていた)

P「はぁ…瑞樹さん…瑞樹さん…!はむっ!!」

瑞樹「ふうっ!!?あんっ!んっ!んっ…もぉ、そんな吸っても…ふくっ!んんっ!」

瑞樹「まだ、おっぱいは…ふ…うっ!で、でないわよ?」

P「こんな美味しそうなおっぱいが、目の前で揺れていたら…こうしない理由はありません…はむ…ちゅる!」

164: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:23:32.73 ID:WSni9vZL0
瑞樹「はぁ…んっ…んっ…す、すごい理屈ね?じゃあ、P君はおっぱいだけで…満足なの?」

P「んむっ…ぷはぁ!!まさか!」

P(俺は瑞樹さんの腕を抑え込んで、一気に挿入した!)

ぐぶぶぶっ!!

瑞樹「ひぃん!!?くあ…は、ああああっ…はぁ….っ!!あっ…!!?」

P「イっちゃいましか?でも、好きにさせてもらいます…よっ!」

ずぶっ!!ぐぶっ!!ずぶっ!!ぐぶっ!!ずぶんっ!!ずぐんっ!!

瑞樹「ひっ!!あっ!!あんっ!!んっ!!んんっ!!んっ!!んんっ!!?」

瑞樹「こ、こうしてっ、あ、あんっ!!あうっ!!腕を押さえつけられて、ふっ!ううんっ!!うっ!!」

瑞樹「乱暴に…突かれると…お、おおっ!!おおっ!!?無理やりされる、みたいに…感じ、ちゃう…ううっ!!ううっ!!」

165: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:26:03.38 ID:WSni9vZL0
瑞樹「でも…気持ちいいっ!!ケダモノP君に、乱暴に…滅茶苦茶にされるの…気持ちいいのぉ…おおっ!!」

楓「お姉さんとして、Pさんに気持ちよくなってもらいたいんじゃ…なかったんですか?」

P(再度のお預けを食らった楓さんは、唇を尖らせながら茶々をいれてきた)

瑞樹「はぁ!そ…あんっ!!んっ!その気持ちは…うっ!はぁ…くぅ…んんっ!!今も…あるわ、よ?」

瑞樹「ただ…あっ!あうっ!あっ、ああっ!どっちも…はうっ!うっ!好きなだけよ…んくっ!!ふぅ!!」

瑞樹「いつもみたいに…にぃっ!!優しい…P君もぉ…おほっ!!おぉ…っ!!」

瑞樹「今みたいに…ケダモノで乱暴に…私を…う、ふっ!ううっ!荒々しく、求めるP君も…」

瑞樹「どっちも…好きなのっ!!ふっ、ううっ!ううぅううっ!!ね、ねぇ…P君は…」

瑞樹「P君は…あんっ!!んっ!!どう…なの?お姉さんの…おふっ!!うっ!私と…」

瑞樹「今の…今みたいに、滅茶苦茶にされて…喜んでる、うっ!ふっ!!」

瑞樹「淫乱な私…どっちが…好きっ、いいいっ!うふぅうううううっ!!?」

166: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:29:44.65 ID:WSni9vZL0
P「俺もどっちも大好きです!お姉さんな瑞樹さんも、淫乱な瑞樹さんもどっちも!」

P「だから、そんな小さい事なんて…気にせずに、一緒に気持ちよくなりましょう!!」

瑞樹「う、うんっ!!んんっ!!もっと気持ちよくなるぅ…なぁ、なりましょう!!」

P「ええっ!!もっと激しく、いきますよ!!」

ずんっ!!ばんっ!!ぐぶんっ!!ずぐっ、ずんっ!!

瑞樹「くふぅううんっ!!うんっ!!あっ!!すごい….突かれるたびにっ、腰が…あうっ!!ああうっ!!うっ….浮き上がっちゃう!!」

P「はぁ…あぁ…また、こんなに揺らして…はむ、んっ…!」

瑞樹「ひぃんっ!!?また…いやぁ…!!激しく突きながら…っ!あんっ!!んんっ!!」

瑞樹「おっぱい…そんなに強く吸っちゃ…はぁ…ああぁ…ああっ!!あっ!あんっ!!ああっ!!」

167: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:33:41.03 ID:WSni9vZL0
瑞樹「やぁ…イっちゃう…瑞樹、簡単にぃ…イっちゃう、からぁ…あんっ!!あふっっ!!」

瑞樹「ふあぁ…ああっ!!あっあっあっあっ、あうっ!!ううぅううっ!!ダメっ!!イく…イっちゃう…うっ!!」

瑞樹「イく、うぅううっ!んんっ!!んんんっ!!?んっ!うっ!あ…はぁ…止まらない….いぃ…いぃ…!」

ずちゅ!ずちゅ!ずちゅ!ずちゅ!!

瑞樹「イくの、止まらない…P君も止まらない…はっ、ああっ!!ああっ!!ああっ!!あぁああっ!!!」

瑞樹「突かれるたびに…イくぅ…イくっ、ううぅううっ….うあっ、アッアッアぁあああっっ!!」

瑞樹「わ、私…っ!私たちしかいない…はっ!!かっ、からって…はぁ…ああっ!!はあっ!!」

瑞樹「外で…空を見上げながら…あっ!!あっ!!何度もイってる…っ!!んんっ!!」

瑞樹「でも…最高…最高に気持ちいいのぉ!!ふぅううっ…ああっ!!あんっっ!!」

168: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:35:35.37 ID:WSni9vZL0
P「瑞樹さんの膣内、イく度に俺の強く…気持ちよく締め上げます…っ!」

P「また出します!瑞樹さん、膣内と外どっちが…ぐっ、いいですか?」

瑞樹「膣内…膣内がいいわ…それとぉ…んっ!んっ!P君、キス…キスしてぇ…!」

瑞樹「あっ!はっ!おっぱいじゃなくて…私の口に、キスしながら…あぁ…出して…出してぇ…!!んむぅっ!!」

P(俺は何の返事もせずに瑞樹さんの唇を奪い、咥内をむしゃぶった)

瑞樹「んーっ!!んんっ…♪んぁ、んっ…んっんっんっ….んんっ!!」

瑞樹「んんっ!!んっ!んっ…んぁ、はんっ!!んっ!んんんんぅうううんっっ!!」

びじゅっ!!びじゅるるるっ!!ぶじゅ…ぶじゅ…!

瑞樹「はぁ…っ!はぁ…っ!また…私の膣内が…あぁ…P君ので一杯になって…てぇ…」

瑞樹「溢れて…きちゃってる…ふぅ…は、あ…はぁ…っ!」

P「はぁ…はぁ…瑞樹さん、大丈夫…ですか?」

169: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:37:54.11 ID:WSni9vZL0
瑞樹「はぁ…ん…え?私…?ん…P君、はどうだった?気持ち…よかったの?」

P「俺が、ですか?…あの、あんなに乱暴にしていたのに、それでも受け入れてくれる瑞樹さんが」

P「とても可愛くて、愛おしくて…だからすごい、最高に気持ちよかったです」

瑞樹「ふ…ふふっ…そう♪P君がそう思ってくれて、気持ちよくなってくれたのなら…私も大丈夫、心配しないでね♪」

瑞樹「でも流石に限界…少し休ませてもらうわ」

P「ははっ、はい…あの、最初から気になっていたんですけど…美優さんはどちらに?」

楓「美優さんはコテージを挟んで、反対側にいると思いますよ」

瑞樹「あの子ったら、今更恥ずかしがって…そうだわ!P君ちょっと耳を貸して…あのね」

P「…えっ!?いや流石にそれはマズイ…美優さんを傷つけるんじゃあ!?」

瑞樹「大丈夫よ♪美優ちゃんだって、本心じゃあ私たちと同じよ」

瑞樹「だから、美優ちゃんの事はP君にお任せするわね?その間に私は…」

楓「瑞樹さん…?どうして、私をそんな…獲物をみるような目で、見てるんです…か?」

瑞樹「ふっふっふっ…楓ちゃん?さっきはよくもやってくれたわね?」ワキワキ

楓「ちょっと、待ってください!?さっき限界だって…きゃっ!?きゃあああっ!!?」

170: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:38:51.69 ID:WSni9vZL0
——

美優「….はぁ….一人で何をしてるのかしら…私…」

美優(三人がいるビーチとはコテージを挟んだ反対側で、私はすることも無く座り込んで…水平線を眺めていた)

美優(今度は楓さんの声が….私たちしかいないこの島、漣や風の音しかないこの島)

美優(行為をしている際の声は、このくらい離れていてもよく聞こえる….)

美優(先ほどまで行われていた、Pさんと瑞樹さんの激しい交わりの声も)

美優「…っ!」

美優(身体が熱くなっているのが分かる…だって、あんなものを聞いてしまったら….)

美優(私だってまた、Pさんと交わりたい….けど誰もいないとはいえ、外でだなんて…)

171: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:39:40.19 ID:WSni9vZL0
美優(羞恥心が勝ってしまって、Pさんのしたい事に…応えあげられない)

美優(応えてあげられる二人、楓さんと瑞樹さんに…Pさんの気持ちが傾いてしまうかもしれないと…分かっていても)

美優「はぁ….」

美優(自分の情けなさで、何度目か分からない溜息を吐いた時…後ろに気配を感じた)

美優「瑞樹さ…え?きゃあっ!?」

P「美優さん、一人でなにをしているんですか?」

美優「え!?P、Pさん!?どうして!?だって…」

P「今楓さんの喘ぎ声が聞こえるのは、瑞樹さんが楓さんに仕返しをしているからですよ」

美優「仕返し…?あんっ!!?P、Pさん…駄目で、す…こんなところで…んんっ!」

172: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:42:20.30 ID:WSni9vZL0
美優(後ろから羽交い絞めにするように、私を抱きしめたPさんは…そのまま私の身体を愛撫し始めた)

美優(左手で水着の上から胸の先端を指先でひっかくように愛撫され、右手は水着の隙間から手を差し込まれて、直接胸を揉みしだかれている…)

美優(左右から襲い掛かってくる、異なった快感に抵抗しながら…私はPさんに懇願した)

美優「はぁ…はんっ、つっ…P、Pさん…お願いです…場所を、場所を変えてください…」

美優「コテージの、んっ!な、中に移動しま、しょう…?」

美優「室内…くっ、ふぅ…はんっ…好きにして、何をしてもかまいませんから…あっ!やっ!!」

美優「だから、お願い…します…!」

P「美優さん…すみません。それはできません」

美優「ど、どうして…ですか?あっ、きゃあ!!?」

173: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:44:01.92 ID:WSni9vZL0
美優(胸を愛撫しながら、両脇を抱え私を立ち上がらせると…Pさんは熱く、硬く反り返ったPさんの男性の象徴を….私の両腿の間から差し込んで…秘部に嬲るように、こすりつけました)

美優「ひうっ…!うぁ…は…あぁ…」

美優(昨晩私の処女を散らしたもの…薄暗い中でもその存在感、大きさを感じさせたそれが…太陽のもとに晒されている…)

美優(き、昨日見た時も、大きいと思ったけど…こうして、明るいところでみると…より大きさを実感する…)

美優(20cmくらい…あるかしら?これが、これが私の膣内に入っていたなんて…)

美優「…ごくっ…あっ!?」

美優(昨日の情事を思い出し、無意識に唾をのみ込んだ音を、Pさんは聞き逃しませんでした…)

美優(その音を合図にして、Pさんはまた動き出して…水着越しにその大きなもので、私の秘部を嬲り始めました)

P「はぁ…!はぁ…!これすごいです!直接擦り付けるのとはまた違って…」

P「水着のすべすべと、太ももの温もりと圧迫を一度に感じられて…いいです!すごくいいです!」

美優「はぁ…!やぁ…やぁああっ!Pさん!お願いします!動かないで…くだ…はっ!んんぅ…!!」

174: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:47:02.16 ID:WSni9vZL0
美優「屋内に…屋内に移動…やっ!!ダメっ!胸もそんなに、いじめたら…」

美優「あ、あ、あ、あ、あ…ああ…!!あ、はぁ…ん…んっ!んっ!」

美優「んくっ!!くふぅ、うううううぅうううっ!!!」

P「温かい…美優さんの愛液、水着にから溢れて俺のを濡らしてますよ?」

美優「あぅ…やぁ…言わないで、ください….うぅ…うっ…!!」

美優(快楽と羞恥心で涙がこぼれてしまいました…気持ちがいいのは事実ですが、恥ずかしいのも事実です…)

P「…美優さん、まだ終わってませんよ?」

美優「え…?あ、ああ…!?」

美優(そうでした…絶頂に達したのは私だけで、Pさんのものは硬いまま…)

美優(”終わっていない”、その言葉が何を意味するのかは…明確でした)

175: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:48:00.31 ID:WSni9vZL0
美優「いぁ…いやぁ…!!ゆ、許して下さい!それだけは、許して下さい…!」

美優「外で…外でそんなことするのは…駄目です…駄目なんです」

美優「コテージの中…ひゃっ!!?」

美優(私の懇願を全く聞き入れないまま、Pさんは胸から右手を離し…挿入ができるように、水着をずらしました)

美優(そして先端を秘部に…)

ぐぢゅう…

P「あとは少し腰を動かすだけで…挿入いりますよ?」

美優「ひくっ…うっ…どうして…」

P「逆に質問させてください。美優さんがそれほど嫌がるのは…どうしてですか?」

美優「どうしてって…そんなの、恥ずかしいからに…決まってるじゃないですか!?」

176: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:53:57.96 ID:WSni9vZL0
P「恥ずかしい…それは何故をそう感じるんですか?」

美優「何故…それは…」

P「確かに外ですけど…ここは無人島です。見渡す限りの水平線に、俺たちの声しか聞こえない…そんなところです」

P「誰かに見られる心配はありませんよ?」

美優「それは…そうですけど…けど…じゃ、じゃあどうしてPさんは、外でしたいんですか?」

美優(恥ずかしさを感じる理由を否定され…それを打ち消す言葉がない私は、さらに質問を投げ返すことしかできません)

P「初めに、俺は別に美優さんを辱めたいわけじゃありません。美優さんとの情事を誰かに見せたいなんて気持ちは、微塵もありません」

P「むしろ見せたくないです。ただ普段ではできない特別な場所で…美優さんとしたい…ただそれだけです」

美優「…Pさんの気持ちは、それは…嬉しい、です…けど…私は…」

177: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:56:06.43 ID:WSni9vZL0
P「じゃあ…こうしましょう」

美優(そう言うと、Pさんは抱きしめていた腕の力を抜いて、私の二の腕を掴みました)

美優(掴んだといっても、優しく…添えていると表した方がふさわしい力加減です)

美優「これは…なんです、か?」

P「美優さんが本当に嫌なら、この手を振りほどいて下さい」

P「もし、俺のお願いを聞いてくれるんでしたら…腰を落として、自分で挿入れてください」

美優「わ、私に決めろ…そう、言っているんですよ…ね?」

P「はい。美優さんの意思を、尊重します」

美優「…っ、今日のPさんは、本当に…イジワルな人です」

178: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 02:57:40.61 ID:WSni9vZL0
美優(どうすれば…正直に言えば…したい…激しく交わりたい…)

美優(羞恥心…Pさんの言葉を聞いて、その気持ちはゆっくりと….溶けて無くなってしまいました…)

美優(それにPさんは乱れた…浅ましい私を見たい…受け入れてくれるって)

美優(だから…だから、私は…私も…)

P(美優さん、ピタッと動きが止まったな…)

P(うぅ…俺無茶苦茶な事を言ったけど、大丈夫かな?)

P(瑞樹さんが強引に攻めてみろって言ったから、実践してみたけど…やり過ぎたよな)

P(さっきまで瑞樹さんとあんなことしてたから、感覚がおかしくなってたよ…後悔してきた)

P(振り向きざまにビンタが飛んできても…おかしくないよ)

179: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:00:46.46 ID:WSni9vZL0
P「み、美優さん…?その…」

ぐぷぷぷっ!!ずちっ!!

P「ぐぅ!!?み、美優さん!?」

P(美優さんは腰を落とし、俺は最奥部まで達した。急なことで、思わずうめき声が漏れてしまった)

美優「はぁ…はあっ!!き、来ました…!私の奥までっ!これが、これが欲しかったんです…!」

美優「Pさん…Pさん…!私を滅茶苦茶に…昨日よりも、さっき瑞樹さんにしていたときよりも、激しく…」

美優「激しく私を…犯してください!!私の膣内が、Pさんの形に変わってしまうほど、激しく犯してください!!」

P「なっ!?」

P(”犯してください”、普段の美優さんを考えると、とても飛び出しそうにない言葉を聞いて、少々面喰ってしまった)

P(だけど、その言葉は俺の頭の中を駆け回って…その結果は如実に体に現れた)

180: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:03:05.59 ID:WSni9vZL0
美優「あうっ!!?ふぅ…あぁ…Pさんが私の中で…大きく、一層反り返って…あっ…ふぅ…!」

P「美優さんのせい…ですよ?もうやっぱり無理だって言っても…やめませんから!!」

P(俺は手に力を込めて、美優さんの腕を引き寄せながら腰を叩きつけた)

ずちゅ!ずっ!ずっ!ぐちゅっ!!

美優「はうっ!!?きゃうっ!!い、いい…いいです…いいですっ!!いい…いいっ!!」

美優「すごい、すごい気持ちいい…昨日より、んあっ、はっ!!も、お、おぉ…ずっと気持ちいいです…!!」

美優「な、なんで…こんなにぃ…ああっ!ああぁ…気持ちいいの…?んっ!はぁ…くぅ…やっ、あはっ!!」

美優「ダメぇ…恥ずかしいけど…声、抑えられない…んっ!んっ!ん、はあぁあああっ!!」

181: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:05:16.66 ID:WSni9vZL0
P「お、俺も…昨日よりも感じて…気持ちいい!昨日も…まるで俺に合わせたように、いっ!感じましたけど」

P「今はそれ以上に…くっ!」

美優「Pさんも、昨日よりっ、いっ!か、感じてくれてる…ううっ!ふっ!!ん…ですか…っ?」

美優「うれっ、嬉しいですぅ、ううっ!!私の身体ぁ…どんどん、Pさんの為のものに、なって…いって、えあっ!はぁ、ああぁアアアっ!!!」

美優「もっと、もっと…!!私の身体を…私をPさんだけのものに、してくださいっ!!」

P「っ!!」

美優「っ!?ああっ!!また…また膣内で…大きくなりまし…ました…あぁ、はぁあああっ!!」

ごじゅっ!!ぐぶじゅっ!!ずりゅっ!!じゅっぷ、じゃぷゅっ!!

美優「ひうっ!!はうっ!!膣内がっ!?膣内が抉られるっ!!?形が変えられるっ、ううぅ…う、あはっ!ああっ…ああぁあああっ!!!」

ずじゅっ!!ぶじゅ!ぶじゅ!ぶじゅ!ぶじゅ!ぶじゅ!ぶじゅ!

美優「くっ…はぁ!ああっ!ああっ!硬いのが…硬いの私の膣内を…」

美優「ああぁ!!…ごりごり…ごりごりしてぇ…はぁああんっ!!んんっ!ううぅぅぅっ!!うくぅううっ!!!」

美優「気持ちいいっ!!気持ちよすぎて…身体が、だんだん言う事っ、聞かなくなって…」

美優「あっ、足がガクガクして…立って、られなくなる…っ!!あ、あぁ…ああっ!!」

182: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:07:50.88 ID:WSni9vZL0
P「そう、ですね!ほとんど俺が支えてるもんです!けど膣内の具合は、どんどんよくなっています!!」

美優「いやぁ、いやぁ!!そんな恥ずかしいな事、言わないで…下さ、あっ!んっ!い、いいっ!!」

美優「私が…ああっ!!こんなに、こんなにいやらしく…く、くうぅううっ!!なったのは」

美優「Pさんっ…Pさんのせいなんですからっ!!あ、あうっ!!」

P「俺のせいですか?じゃあ責任を取って、美優さんをもっと気持ちよくします!」

ぐちゅぐちゅっちゅっちゅっちゅっちゅっちゅっ!!

美優「ひうっ!!ひゅっ!!うっ!!うっ!!うっ!!そこぉ…んっ…は、あっ!!?ダメ….ダメ…!!!」

美優「そこを…そんな、あっ!小刻みに…いいっ!!突いたら、ダメで…すぅ、うっ!んっ!んっ!!」

P「ここが弱点…美優さんが一番感じる場所ですからね。昨日俺が見つけた、美優さんも知らなかった弱点」

美優「そ、そうです…あうっ!はあっ!!は、あ…く、くうっ!!私の弱点…」

美優「Pさんに突かれると…はしたなく、うっ!ああっ!あうっ!喘いでしまう…弱点っ…です…っ!」

183: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:11:17.58 ID:WSni9vZL0
美優「あんっ!!あっあっあっ!!は、恥ずかしい…!こんな私を見られて、あうっ!!恥ずかしいで…ふぁ、あああっ!!」

美優「けど…けど…気持ちよくて…そこを突かれるのが…大好き、なんです!!」

P「俺ははしたない美優さんも、大好き…ですよ!」

美優「ほぉ、本当、ですか…?なら…あっ、はあっ…ああぁ!もっと、もっと突いて…ください!」

P「頼まれなくても…俺が我慢できませんからっ!!」

ぐちゅ!!ちゅっ!!ぬちゅっ!!ぬぼぉっ!!ぐじゅっ!!!

美優「あぅ!!うっ!!あっ!あ、ああっ!!す、すご…あぐ、ううぅ…イ…イくぅ…!!私…私っ、もう!!」

P「俺も限界…最後は深く、深く突き上げますよ!!」

美優「はいっ!イきます!!私…Pさんに突き上げられてイきますっ!!イかせて…下さいっ!!」

P「思いっきりイッてください!いきます…よっ!!」

ぐぶじゅっ!!!

美優「はひっ!!いっ!!!あうっ!あっあっあ….ああっ!!あうっ…!うっ、あああぁああっ!!!ああぁああんんっ!!!」

184: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:17:58.31 ID:WSni9vZL0
P「でるっ!!!」

ぶじゅじゅるるるっ!!ぶじゅ!!ぶりゅっ!!ぶりゅりゅりゅりゅ….!!!

美優「ひぅ…!!う、ふぅ…うっ!!熱いのが、たくさん子宮に…流れて込んできて…!」

美優「膣内に出されて…またぁ…!く、くぅ…ううぅううっ!!うぁ…はぁ…はぁ……はぅ…ぅ」

P「はぁ…はぁ…大丈夫ですか、美優さん?」

P(後ろに大きく身体を逸らして絶頂した後、前に倒れ込みそうな体勢になって荒い息を吐き続けている)

P(一旦抜いて美優さんを介抱しようとしたとき、俺の腕がギュッと掴まれた)

P「え、美優さん?」

美優「まだです…まだ、してください…」

P「でも、美優さんの身体痙攣したままで、明らかに疲れがあります。一旦身体を休めないと…」

美優「か、構いません…私も箍が外れたんです。今までつもりにつもった、Pさんへの想いが…一気に溢れて…」

美優「身体が無理でも…まだPさんと繋がっていたい、そんな気持ちで一杯で…だから、お願い…します…!」

185: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:19:10.64 ID:WSni9vZL0
P「う….」

P(背面立位のため美優さんの表情は伺えないが、美優さんのような女性にここまで言われて)

P(欲望に正直なれない男はいるのだろうか?)

P「美優さんっ!!」

P(俺は一度美優さんから抜いて、強引にこちらに振り向かせた)

美優「Pさ….んっ!!?…ん…くちゅ…ふぅ、ん….っ….んんっ…ちゅる….」

P(不意打ちで美優さんにキスをし、舌を押し込んだ)

P(突然のことで反応が出来なかった美優さんだが、舌が触れたところで事態を飲み込み)

P(彼女の舌で俺のものを受け入れてくれた。唾液を交換し合うように何度か舌を絡めあったあと)

P(俺は口を離した。恍惚した表情から少し残念そうな表情に変わる美優さん)

P(名残惜しさがあるのか、美優さんの口から舌先が覗いていた)

186: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:23:44.38 ID:WSni9vZL0
P(その想いを払しょくさせようと、美優さんの膣内に戻ることを熱望する俺のモノの美優さんの腿に当てて)

P(次の段階に進むことを伝える。当たっている物を一瞥すると、嬉しさと恥じらいが混じった艶やかな眼差しを向けてくれた)

P「美優さん俺の首に手を回して、しっかり掴んで下さい」

美優「こう、ですか?」

P(キスをしている時間に若干の回復はできたのだろう、美優さんの手に力がこもっているのを確認して)

P(俺は美優さんの足の付け根あたりを掴んで、一気に持ち上げた)

P(そして亀頭の先端を秘部の入り口に当てたところで、挿入れるのをとめた)

美優「んっ….え?あ…そ…….むぅ….」

P(歓喜、困惑、哀願…不満と美優さんの表情が移り変わるのを楽しんだところで….)

ぐぶっ…ごちっ!!!

美優「はぁああっ!はああぁんんっ!!?奥にっ、奥まで…!ああぁ….!し、子宮の入り口…押し上げられて….っ!!」

美優「さっきもあんなに出したのに、まだこんなに大きくて硬い…すごい、です…!」

187: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:27:50.61 ID:WSni9vZL0
P「美優さんにあんなお願いをされたら、こうもなりますよ。じゃあ…いきますよ!」

ぬびゅっ!!ぐぶっ!!ずぶっ!!ぬぶっ!!

美優「は…い、うっ!!ふっ、ああ…あっ!はぁ…あ、あんっ!んっ!うっ!っ!!」

美優「Pさんが…う、動くと…あうっ!さっき注いで、あっ!あんっ!!もらった….精液も…」

美優「一緒に、膣内を這いずりまわって…あうっ!うっ!…っ、これ、一番好きかも…です…んっ!はぁああんっ!!んっ!!」

P「昨日も…ぐぅ!言って、ましたよね?ぬるぬるして、気持ちいいって」

美優「ぬるぬるして…うっ!ふぅ…っ!!動く度に…膣内にしみ込んでぇ…ふあっ…ああっ!!」

美優「一層、Pさんの事を感じられて…気持ちよくて…んっ、んんっ!!」

美優「身体がっ、はぁ…んっ!言うこと、を聞かなくて…Pさんに支えてもらってた、のに…ひっ!ふっ!!んっ!!」

美優「自分で…んあっ!はあぁ…!!動いちゃい、ます…っ!!んっ!んうっ!んんっ!!」

188: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:28:41.30 ID:WSni9vZL0
P「いいです…いいですよ、美優さん!もっと、もっと見せてください」

P「もっと激しく動いて…胸をゆらして…腰を振って、喘ぐいやらしい姿を…もっと見せてください!」

美優「見せます…!うっ…はっ!あっ!Pさんだけに見せます…っ!あうっ!!あっ!!」

美優「私のいやらしい…ふっ、ううっ…!あううっ!!たくさん、見せますから….!」

美優「もっと気持ちよくして下さい!もっと気持ちよくなってくださいぃ…!」

じゅぶ!ずびゅっ!ぐちゅっ…ちゅっ、ぐちゅ!!!

美優「はぁんっ!!あんっ!!すごいっ!!すごいのぉ…くぅうううっ!!うっ!は…ああっ!」

美優「あっ!?Pさんの…ビクビクして…でるっ!でるんですね!?」

189: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:30:05.00 ID:WSni9vZL0
P「はいっ…いっ…でます…出します…!」

美優「出してっ!出して下さい!全部私の膣内に…いっぱいにして…下さい!」

P(足で俺をがっちりと俺を抑え込み、膣内出しを望むことを身体でも示す美優さん)

P(心理的にも、肉体的にも高揚させられ、俺はあっという間に限界を迎えた)

P「くふぅ…!美優さん、出しますよ!残りを全部美優さんの膣内に!」

美優「お願い…うっ、ふぅ!..します!残さず、私の膣内に…私も、もぉ…んっ、くぅ…うっ!」

P「ぐあっ!?でるっ!!」

びちゅるるるっ!!びゅるっ!!びゅるっ!!びゅっ!!

美優「イ、イく…!!はぁあああっ!!ああっ!はあっ!!…はぁ…はぁ…っ!!すご、い…私の子宮が広がってます…ふぅ…は、はぁ…あっ!!」

美優「あ…ああぁ…あっ!あっ!あんんっ、うぅ…膣内に一杯出されて…」

美優「子宮から…溢れてるので…ふうっ!!…また、私…っ!!」

美優「くふぅ、うぅううんっ!んっ…はっ!はぁ…あ、ああぁあっ!!ああんっ、んっ!んあっ、ああぁあああっ…!!」

190: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:31:40.21 ID:WSni9vZL0
美優「はぁ….はぁ…はぁ…は、ふっ…う…っ…ふふっ…ふぅ…」

P(俺にしがみついて絶頂の余韻に浸る美優さん。荒く息を吐く度に美優さんの汗ばんだ胸が俺を撫で上げて、大変気持ちいい)

P(気持ちがよくて…うん、本当に自分でも呆れかえる…)

美優「ふぅ…ふぅ…ん…?もう、Pさん…全部出して下さいって、言ったのに…」

美優「また大きく…なってますよ?」

P「いやぁ…こうなってしまうのは、美優さんの…せいですよ?」

美優「私の?…ふふっ、でしたら…」

楓「むぅ~~~~!!私の事もかまって下さい!」

191: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:33:55.65 ID:WSni9vZL0
P「おわっ!?楓さん!?瑞樹さんも!?」

美優「え…きゃあ!?い、いつから、いたんですか?」

瑞樹「美優ちゃんが自分で腰を振り始めた頃…ぐらいかしら?」

美優「一番、見られたくない所からじゃないですか…!?」

瑞樹「いやぁ…情熱的だったわ。お預け食らってた楓ちゃんだけじゃなくて」

瑞樹「あんなに激しくされた私も、火照っちゃったわ….ふふっ♪」

P「こ、今度は瑞樹さんがケダモノみたいな目になってますよ?」

瑞樹「そう?まあ細かい事は置いといて…P君?今日は休ませてあげないんだから♪」

楓「うぅ…次は私ですから!もう許して下さい!」

P「ふ、ふたりとも…お元気ですね」

美優「それは…Pさんも同じだと、思いますよ?」

P「あはは、違いありません」

P(そのあとコテージにもどり、俺たちは言葉通り、倒れるまで交わり続けた)

P(そして非日常の快楽の宴が終わり、俺たちは日本に帰ってきた)

192: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:35:36.18 ID:WSni9vZL0
-二週間後-

(事務所)

P「あの撮影から二週間…まずい…誰の気持ちに応えるべきか、全く決められない…!?」

P(しかも日本に戻ってからも三人と何度も肌を重ねている…だって、あの三人に誘われたら断ることなんてできないしっ!!)

P(昨日に至っては三人一緒に4…まずい…どうしよう!?)

P「このままだと三人に見限られて…そ、それは避けたいっ!!でも…う~~…選べな…」

瑞樹「P~君っ♪」

P「うわっ!?…瑞樹さん?それに楓さんと美優さん」

瑞樹「もぉ、驚き過ぎよ?それよりもP君、P君に話したいことがあるのよ」

瑞樹「ここで話す内容じゃあないから、場所を変えたいの。ちょっと着いて来てくれる?」

P「は、はい。分かりました」

P(話って…そりゃ、あれだよな…?でもなんだ?三人とも上機嫌…楽しそうな顔をしてるぞ?)

瑞樹「ふふふふっ….♪」

楓「ふふっ♪」

美優「ふふふっ♪」

193: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:36:32.84 ID:WSni9vZL0
(事務所 休憩室)

瑞樹「みんなっ、P君を連れてきたわよ」

P「えっ?」

P(休憩室には先客がいた)

P(優しく微笑みかけてくれる桃華、肇、紗枝….)

P(そわそわして落ち着きがないが、どことなく嬉しそうな琴歌と雪乃さん…)

P(いつも通りマイペースなライラと芳乃…)

P(それに少し不機嫌そうな千秋…)

P「ここで…話をするんですか?」

瑞樹「そうよ。みんなにも関係があることだしね」

P「みんな…にも?」

紗枝「みなはん、そろそろ始まるどすえ?」

ライラ「はじまりますですねー。P殿の反応が楽しみですよ」

P(な、なんなんだ?一体…?みんなテレビに注目している?)

194: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:43:38.27 ID:WSni9vZL0
アナウンサー『緊急速報です!!本日、一夫多妻制を導入する法案が突如として提出されました!!』

P「はっ?」

アナウンサー『少子化対策として提出された本法案ですが、与党内から”前時代的だ”、”男尊女卑の制度だ”などと反発の声が上がっています!!』

アナウンサー『しかし各野党の一部党派からは”少子化対策になりえる”、”一家庭当たりの育て手が増え、個人の育児負担もへるのでは”といった賛同する声もあり』

アナウンサー『現在の情勢では本国会中に成立、来年度には施行される可能性が高いとのことです』

アナウンサー『尚少子化対策であるため、一夫多妻となった男性は妻一人に対して子供二人以上儲けなければならないなど…』

P「はぁ…なんだか急というか、とんでもない事が起きて…」

瑞樹「ふふふっ♪良かったわねP君♪これで悩む必要はなくなったわよ?」

P「え?」

美優「みんなが力を貸してくれたおかげで、できたこと…なんですよ?」

P「み、みんな?…な、なんですと?」

195: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:44:36.52 ID:WSni9vZL0
桃華「私のおじい様と縁のある方々に、協力していただきましたのよ」

紗枝「うちのおじいはんも、偉い人たちがぎょうさんお友達にいらはって…うふふ、協力してもろうたんですわぁ」

ライラ「ライラさんもパパにお願いしたのですよー。油田二つのお買い得な買い物だったって、言ってましたですよ」

芳乃「わたくしにきた悩み相談でー、日本の少子化はどうすればよいのというものがありましてー」

芳乃「温故知新、古きを尊び新しきを知るとをー…もっと具体的に伝えただけでしてー」

芳乃「それが偶々、偶々日本の偉い方だっただけなのですー」

P「なっ!?ちょっと!?怖い!!みんなの政治力、怖いっ!!」

楓「これからみんな、Pさんの奥さんになりますけど…平等に愛してくれないと、拗ねますからね?ふふっ♪」

P「え、ええぇっ!!?」

196: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:46:22.92 ID:WSni9vZL0
肇「最低でも二人の子供を儲けなければいけないことになってますけど….ふふっ、私はそれ以上でも、全然かまいませんからね♪」

琴歌「そうですね♪ふふっ♪P様との…ふふふっ♪」

ライラ「家族がたくさんいるのは楽しい事ですよー。ライラさん故郷にお母さんがたくさんいて、兄弟姉妹もたくさんいますです」

ライラ「毎日がお祭りみたいで、賑やかで楽しいですよー♪」

雪乃「いまから楽しみですわ♪」

P「おいおいおいおい…いやっ、みんなが良くても回りは?特にご両親はっ!?」

紗枝「いやですわぁ、Pはん?おじいはんらが手伝ってくれはったから、こうしてみんなPはんの伴侶になれるんどすえ?」

琴歌「私のお父様とお母様、おじい様もP様が旦那様になることを祝福してくれてますわ」

芳乃「わたくしー、ばばさまよりよき人と巡り合ったと祝言をいただきましてー」

肇「おじいちゃん、ひ孫の顔が早くに見れそうだって、喜んでました」

瑞樹「ふっふっふっ…みんなのご両親、ご親戚も納得済みよ♪」

197: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:47:13.74 ID:WSni9vZL0
P「…!?なんと…!?」

雪乃「Pさんは快く思わない話かもしれませんけど…100人以上のアイドルを独りでプロデュースして、成功させているPさんを迎えたら」

雪乃「家をより繁栄させて、世継ぎも期待ができる…そんな話がありましたの」

雪乃「それに今回の件はPさんを迎え入れるだけでなく、他の名家との繋がりがもてますわ」

雪乃「だから私の家は、積極的に協力しましたのですわ」

ライラ「ライラさんのパパも日本と強いつながりができること、バンザイしてましたです」

桃華「櫻井家も、Pちゃまが夫になることは望んでおりましたわ。….他の皆さんと家と同じ理由で…」

雪乃「けどっ!私がPさんをお慕いしている気持ち、その気持ちに偽りはありませんわ!信じてください!」

ライラ「ライラさんも、P殿と家族になりたいのです!嘘じゃないです!」

桃華「もちろん、わたくしもですわ!」

P「うっ…」

P(俺を見つめる三人の瞳は、嘘ついている瞳ではなかった。他みんなも三人と同じ瞳で俺を見つめていた)

198: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:49:07.27 ID:WSni9vZL0
P「…わかったよ。その…みんなの気持ちは…でも一つだけ、千秋?千秋は最初不機嫌そうな顔をしていたけど…それは…」

千秋「え?ああ、ごめんなさい!あれは…その…」

P「その?」

千秋「今の事態は最終手段として考えていたけど、そうなる前にPさんを私だけに振り向かせたかったなって…」

千秋「私だって、独占欲くらいあるわよ。悪い?」ぷすー

P(頬を膨らませて抗議する千秋可愛いなぁ…というか千秋、千秋も最終手段として考えていたんかい)

千秋「でもこれはこれで…楽しくなりそうだわ。ふふっ♪」

瑞樹「さてと…納得と、覚悟はしてもらえたかしら?女の子にここまでさせるほど、慕われてるんだから…わかるわよね?」

美優「それにあんなことまでして…身も心もPさんのものにされたんです…責任、取って下さいね?」

楓「大丈夫ですよ?私たちの強い、心が通った関係が…もう三歩ほど進んだ。それだけ、ですから♪」

199: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 03:51:24.77 ID:WSni9vZL0
P「あ、ははっ…ははははっ…..かしこまりました。皆さんに愛想を尽かされないように、精一杯努力します」

千秋「ふふ、よろしい♪それと一つ、Pさんに報告があるわ」

琴歌「瑞樹さんたちの写真集の予約数がすごい事になっていますわ。それで急遽…第二弾の発売が決定したんですよ」

ライラ「第二弾は千秋さん、琴歌さん、ライラさんの三人で、ライラさんのパパが持っているむ、無人島が撮影場所になる…です」

千秋「カメラマンはもちろんPさん、あなただから…だから…えっと…ふふっ」

P「お、おぅ….」

P(もう俺に選択肢、および決定権はないようだ…いや、確かに男冥利に尽きる状況なんだろう)

P(俺と一緒に頑張ってくれるアイドル、極上の女性たちが俺の伴侶になってくれるんだから)

P(これからどうなってしまうのか、想像ができないが…これだけは言える)

P(絶対早死にするな俺っ!!)

おわり

200: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 04:14:02.94 ID:WSni9vZL0
>>1です。これで完結です。

こんなに時間を掛けるつもりはありませんでしたが、わたくし事で時間が取れなかっため、こうなってしまいました。
(バイクにひかれたり、こちら原因で顧客のサーバがぶっ飛んで復旧・謝罪行脚したりで)

前回次は志希の話を書くと言いましたが、バックアップや復旧作業中のただサーバを見守る状況の中でいくつか話を思いついたので安価させて頂きます。
安価は番号でお願いします。ご協力頂ければ幸いです。

1.主要アイドル:志希と時子
 薬の話の続き。前半軽い凌辱。後半どちらかの甘めの話(話の構成は同じなので、前半終了時に安価予定)

2.主要アイドル:アナスタシアとナターリアとフレデリカ
 薬の話関連。時系列的には1の後のお話。逆レイプもの、一部例外有。
 おまけでアナスタシア単品予定。少しPがhentai(薬の影響で)

3.主要アイドル:ありすと梨沙と莉嘉
 薬の話関連。時系列的には1と2の後のお話。内容はロリコン、一部搾乳。
 ありすと梨沙と晴と巴と麗奈のおまけ予定。なにかしらコスプレした話(カワイイ動物…)

4.主要アイドル:千秋と琴歌とライラ
 今回の話の続き。セルフ二番煎じ。ただ食べ物を微妙に粗末にする要素と剃毛要素有。
 苦手な人は注意(何を粗末にするかは、主要アイドルで察して頂ければ)

5.主要アイドル:桃華と紗枝と芳乃
 今回の話の続き。時系列的には4などの後のお話。緊縛要素とロリ…コン?要素有

以上となります。
今後は7か月前の生活に戻るので、今回みたいな長期スパンにはならない予定です。
長くて一か月くらいには。

安価がなかった場合は前回言った通り1で書かせていただきます。
また今回と前回でわたくし的には長い!と感じたので、次回以降は今までの
半分くらいにする予定です。

長々と書かせていただきましたが、安価ご協力の程、宜しくお願い致します。
最初に5カウントしたものを次回作にさせて頂きます。

それでは宜しくお願い申し上げます。

219: ◆NYveOZGgcg 2016/07/10(日) 19:04:45.53 ID:WSni9vZL0
>>1です

安価ご協力ありがとうございました。次回は2を書かせていただきます。

もしくはコンプで重巡棲姫のデザインを見て、一つ思いついたことがあるので艦これのショタ提督ものを
書くかも…

HTML化の依頼を致します。それでは失礼いたします。


元スレ
タイトル:【モバマス】モバP「楓さん、瑞樹さん、美優さんの鬱憤が爆発した!?」【R-18】
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1450108038/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP